2019/07/22

株式市場雑感(19/07/22-19/07/26週)(週終値:-)(最新)

株式市場雑感■19/07/22:日経平均終値2万1390円60銭/95.2
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。米国や中国の市場の軟調さを受け、寄り付きから売りが優勢。もっとも、為替がいくぶん円安に動いたこともあり、明確な売り基調というほどでもなく、下げ幅は限定的。出来高は9億0530万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.23%、TOPIXは-0.09%、マザーズ指数は-0.79%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-1.12%となる。

19時0分株式市場雑感, 逐次新値反映記事

カウンター商材や中食が引き続き堅調、悪天候で足引っ張られる…2019年6月度のコンビニ売上高は既存店が0.02%のマイナス、8か月ぶり

2019-0722日本フランチャイズチェーン協会は2019年7月22日に、コンビニエンスストアの同年6月度分統計調査月報を、同協会公式サイト上で公開した。その内容によると協会加盟コンビニの同月度の売上高は既存店前年同月比でマイナス0.02%となり、8か月ぶりのマイナスを示すこととなった。今回月は全国的に平均気温が低くアイスクリームや飲料などの冷え物の売行きが軟調だったものの、引き続き中食関連品、そしてたばこの売行きが順調で客単価が押し上げられ、結果として売上は最小限のマイナスで済む形となった(【日本フランチャイズチェーン協会公式ページ】)。

続きを読む "カウンター商材や中食が引き続き堅調、悪天候で足引っ張られる…2019年6月度のコンビニ売上高は既存店が0.02%のマイナス、8か月ぶり"

16時38分コンビニ売上, 逐次新値反映記事

核家族世帯と三世代、そして単身世帯それぞれで大きく異なる世帯所得…世帯構成の世代別・平均世帯所得金額をグラフ化してみる(最新)

2019-0712厚生労働省が2019年7月2日に発表した平成30年版(2018年版)の「国民生活基礎調査の概況」によると、2017年時点における全世帯の平均世帯所得は551.6万円とのこと。この金額は世帯構成や各世帯の事情によって大きな違いを見せる。例えば三世代世帯で稼ぎ頭が複数いれば世帯所得は大きく増え、単身世帯で年金暮らしならば世帯所得は小さなものとなる。そこで今回は、世帯における世代構成による、平均世帯所得の違いを見ていくことにする(【発表ページ:平成30年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "核家族世帯と三世代、そして単身世帯それぞれで大きく異なる世帯所得…世帯構成の世代別・平均世帯所得金額をグラフ化してみる(最新)"

5時22分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

日雇い、短期、そして自営業…雇用期間や形態別の平均世帯所得金額をグラフ化してみる(最新)

2019-0712厚生労働省が2019年7月2日に発表した平成30年版(2018年版)の「国民生活基礎調査の概況」では、多くの視点から国民生活の基本事項を確認することができる。今回はその公開資料を基に、雇用期間や形態別の平均世帯所得の動向を確認していくことにする。雇用契約期間による所得の違いは、実態としてどの程度生じているのだろうか(【発表ページ:平成30年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "日雇い、短期、そして自営業…雇用期間や形態別の平均世帯所得金額をグラフ化してみる(最新)"

5時19分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

スーマリの舞台を自分で作る夢のソフトが3週連続トップに…ゲームソフトランキング更新(2019/07/08-2019/07/14)(最新)

ゲームランキング早くも台風の接近で季節感が色々とずれた感は否めない今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、前回週に続き任天堂の新作「スーパーマリオメーカー 2」(Nintendo Switch)がついた。アクションゲーム「スーパーマリオ」の舞台を自由に作って遊ぶことができる「スーパーマリオメーカー」の新作で、多様な(原作のマリオシリーズにすらないものも含め)パーツ、ゲームスキンが実装されている。また4人までで遊べるオンラインマルチプレイの機能もあるのがポイント。3週目に突入したが感想はおおむね堅調。「マインクラフト」のような楽しみに近いものがある。

続きを読む "スーマリの舞台を自分で作る夢のソフトが3週連続トップに…ゲームソフトランキング更新(2019/07/08-2019/07/14)(最新)"

5時17分ゲームランキング, 逐次新値反映記事

2019/07/21

厳しさつのる「子供がいる世帯」の生活感…児童あり世帯の生活意識の変化をグラフ化してみる(最新)

2019-0711先に【生活意識の変化をグラフ化してみる(最新)】で、厚生労働省が毎年実施、その結果を発表している【国民生活基礎調査】の公開値をベースとして、「生活意識の状況」の変化のグラフ化を行い状況を精査した。今項目では「全体値」の他に「高齢者世帯」「児童のいる世帯」などに限定した公開値もあり、こちらも経年動向を取得できる。そこで今回は「児童のいる世帯」に焦点を当てて、生活意識の動きを見ていくことにする。

続きを読む "厳しさつのる「子供がいる世帯」の生活感…児童あり世帯の生活意識の変化をグラフ化してみる(最新)"

5時30分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

生活意識は全体と比べややゆとり…高齢者の生活意識の変化をグラフ化してみる(最新)

2019-0711先に【生活意識の変化をグラフ化してみる(最新)】において、厚生労働省が毎年実施し結果を発表している【国民生活基礎調査】の結果をもとに「生活意識の状況」の変化について状況の精査を行った。今項目では他に「高齢者世帯」「児童のいる世帯」など、世帯条件を限定した設問もあり、こちらも経年データを取得確認できる。そこで今回は「高齢者世帯」にスポットライトをあてて、生活意識の変化を見ていくことにする。

続きを読む "生活意識は全体と比べややゆとり…高齢者の生活意識の変化をグラフ化してみる(最新)"

5時28分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2019/07/20

5割台後半が「厳しい」意識…生活意識の変化をグラフ化してみる(最新)

2019-0711厚生労働省は2019年7月2日に同省公式サイト上で、平成30年版(2018年版)となる「国民生活基礎調査の概況」を発表した。今調査は国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われているが、多彩な方面から日本の社会生活の実情を確認することができるものとなっている。今回はその中から「生活の苦しさ・ゆとりさの意識」に関して尋ねた結果をまとめ、生活感についての現状と過去からの推移を精査する(【発表ページ:平成30年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "5割台後半が「厳しい」意識…生活意識の変化をグラフ化してみる(最新)"

5時14分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

世帯平均所得は552万円…世帯あたりの平均所得金額推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0711厚生労働省は2019年7月2日に、平成30年版(2018年版)の「国民生活基礎調査の概況」を発表した。この調査は国民生活の基本事項を調べ、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われているが、日本における市民生活の実情を把握できる多彩なデータが盛り込まれている。今回はその中から「世帯単位での平均所得金額」を確認し、その動向について精査していくことにする(【発表ページ:平成30年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "世帯平均所得は552万円…世帯あたりの平均所得金額推移をグラフ化してみる(最新)"

5時12分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2019/07/19

嵐が来る週末…株式市場雑感(19/07/16-19/07/19週)(週終値:2万1466円99銭)

■19/07/16:日経平均終値2万1535円25銭/98.2
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。FRBによる利下げ期待の高まりで買い基調の要素はあったものの、為替が円高に動いており、加えてここ数日の高値からの利益確定売りの売り圧力によって、全般的に売り優勢の相場展開となった。出来高は10億4065万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.69%、TOPIXは-0.48%、マザーズ指数は+0.84%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.93%となる。

続きを読む "嵐が来る週末…株式市場雑感(19/07/16-19/07/19週)(週終値:2万1466円99銭)"

19時0分株式市場雑感

アルバイトの時給動向をグラフ化してみる(最新)

2019-0719雇用市場における需給関係の変化は建設業やパート・アルバイト界隈で特に活発化しており、単なる人手不足の動向に留まらず、その状況を起因としたさまざまな方面への影響が話題に上り、ニュースとして配信される。その一面は【建設業界の人手不足状況を長期的にグラフ化してみる】でお伝えしている通りだが、今回は非正規雇用の中でもメインとなるパート・アルバイトの時給の推移を通し、市場動向をかいま見ることにする。

続きを読む "アルバイトの時給動向をグラフ化してみる(最新)"

11時8分RC-アルバイト時給, 逐次新値反映記事

男性21.2%・女性55.3%は非正規…就労者の正規・非正規社員率をグラフ化してみる(最新)

2019-0708厚生労働省は2019年7月2日、平成30年版(2018年版)の「国民生活基礎調査の概況」を発表した。今件調査は国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われており、多彩な方面から日本の社会生活の実情を確認することができる。今回はその中から「役員以外の雇用者における、正規・非正規社員比率」に関して具体的値を算出してグラフ化を行い、状況の把握を試みることにする(【発表ページ:平成30年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "男性21.2%・女性55.3%は非正規…就労者の正規・非正規社員率をグラフ化してみる(最新)"

5時21分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

1000万世帯を超えなお増加中…共働き世帯の現状をグラフ化してみる(最新)

2019-0708厚生労働省は2019年7月2日に同省公式サイトおよび総務省統計局のデータベースe-Statにおいて、平成30年版(2017年版)の「国民生活基礎調査の概況」を発表した。今件調査は国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われているもので、日本の社会環境の概要を把握できるデータが数多く盛り込まれている。今回はその中などから「共働き世帯の増減」などについて確認をしていくことにする。日本では核家族化の進行と消費性向や可処分所得の変化に伴い、共働きはごく普通のライフスタイルとなりつつあるが、現状ではどこまで浸透しているのだろうか(【発表ページ:平成30年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "1000万世帯を超えなお増加中…共働き世帯の現状をグラフ化してみる(最新)"

5時19分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2019/07/18

2019年6月のたばこ販売本数はマイナス11.4%、減少継続中(最新)

2019-0718日本たばこ協会は2019年7月17日に同協会公式サイトにおいて、2019年6月の紙巻きたばこの販売実績を発表した。その発表データによれば2019年6月の紙巻きたばこの販売実績は100億本となり、前年同月比ではマイナス11.4%となった。販売代金はマイナス4.9%の2358億円を示している(【日本たばこ協会:公式ページ・トピックス一覧】)。

続きを読む "2019年6月のたばこ販売本数はマイナス11.4%、減少継続中(最新)"

10時59分たばこ売上, 逐次新値反映記事

原油先物(WTI)価格の推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0718昨今ガソリン価格、そしてその大本となる原油価格の動向に大きな注目が集まっている。為替にも影響されるため日本国内のガソリン・灯油価格の変動は海外と比べればゆるやかなものだが、それでも小さからぬ値の動きが生じている。そして国際情勢は原油価格の変動を受け、大きな変化が生じ、また逆に国際情勢も原油価格の変動を起因として変化が起きている。そこで今回は原油先物(WTI、アメリカ南部などで産出される原油ウェスト・テキサス・インターミディエイト(West Texas Intermediate)の先物価格。原油価格の指標的な立ち位置にある)の動向を確認し、石油(原油)価格の変遷を眺めることにした。

続きを読む "原油先物(WTI)価格の推移をグラフ化してみる(最新)"

10時20分ガソリン動向, 逐次新値反映記事

増える「子供無し世帯」「一人親と子供のみ世帯」…核家族の中身の推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0707厚生労働省では2019年7月2日に、平成30年版(2018年版)となる「国民生活基礎調査の概況」を公開した。これは国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画、運用に必要となる資料を収集する目的で実施されているもので、誰もが自由にその内容を確認できる。今回はその公開値を基に、「核家族の具体的な構成状況」を各種計算の上でグラフ化し、状況の推移を推し量ることにする。日本の世帯構成でも主流を占める核家族は、具体的にはどのような構成なのだろうか(【発表ページ:平成30年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "増える「子供無し世帯」「一人親と子供のみ世帯」…核家族の中身の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時25分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

増える核家族と単身世帯…種類別世帯数の推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0706厚生労働省では2019年7月2日付で、平成30年(2018年)版となる「国民生活基礎調査の概況」を発表した。この調査は国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画、運用に必要な資料を収集する目的で行われており、詳細なレベルで日本国内における世帯の現状を数量的に知ることができる。今回はその中から「核家族や単独家族など、内部構成別の世帯数推移」に関して各種計算の上グラフ化を行い、中長期的な家族構造の変化を推し量ることにした。よく見聞きする「核家族」「単身世帯」の状況推移を詳しく知ることができる次第である(【発表ページ:平成30年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "増える核家族と単身世帯…種類別世帯数の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時23分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

3人までの世帯は間もなく8割…構成人数別世帯数の推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0706日本国内に住む人たちの家族構成状況を詳しく確認できる公的データの一つとして、2019年7月2日に最新データとなる平成30年版(2018年版)が発表された、厚生労働省の「国民生活基礎調査の概況」がある。今回はその公開データを基に、構成人数別に世帯数の推移を見極めていくことにした。元々少子化・小世帯人数化が進んでいることは多様な調査結果から明らかにされているが、その実情をより詳しく知ることができる次第である(【発表ページ:平成30年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "3人までの世帯は間もなく8割…構成人数別世帯数の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時21分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2019/07/17

関西地方で多め…熱中症による搬送者数は1週間で797人(2019年7月8日-7月14日)(最新)

2019-0717総務省消防庁は2019年7月17日、同年7月8日から7月14日の一週間における熱中症搬送人数が797人(速報値)であることを発表した。今年分は4月29日から熱中症による搬送人数の調査を始めており、消防庁が掌握している累計人数は1万0359人(速報値)となっている。初診時に熱中症を起因とする死亡者は幸いにもゼロ人だったが、3週間以上の入院加療が必要な重症判定を受けた人は14人が確認されている。なお前年2018年の同時期における熱中症による救急搬送人数は7877人(確定値)で、今回週の人数はその1割強となる(【消防庁:熱中症情報ページ】)。

続きを読む "関西地方で多め…熱中症による搬送者数は1週間で797人(2019年7月8日-7月14日)(最新)"

14時53分熱中症搬送状況, 逐次新値反映記事

仕事ありの母親は7割強・2001年比で19.7%ポイント増…末子の年齢別「仕事ありの母親の割合」をグラフ化してみる(最新)

2019-0706厚生労働省は同省公式サイトで2019年7月2日に、平成30年版(2018年版)となる「国民生活基礎調査の概況」を発表した。この調査は国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われ、毎年1回更新・公開されている。今回はその中から「末子の年齢階層別に見た、仕事を持つ母親の割合」について、状況の把握・精査を行うことにする。子供を抱えた共働き世帯の現状はいかなるものとなっているのだろうか(【発表ページ:平成30年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "仕事ありの母親は7割強・2001年比で19.7%ポイント増…末子の年齢別「仕事ありの母親の割合」をグラフ化してみる(最新)"

5時17分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN