2019/07/31

日本の平均寿命の推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0731厚生労働省は2019年7月30日、2018年分の簡易生命表の概況を発表した。それによると2018年における日本の平均寿命は、男性が81.25年、女性が87.32年となった。男性の平均寿命80年超えは2013年分が初めてで今2018年が連続の6年目となる。今回は各発表データを基に、経年の寿命推移について、各種グラフに最新値を反映・更新させ、状況の再確認を行う(【発表リリース:平成30年簡易生命表の概況】)。

続きを読む "日本の平均寿命の推移をグラフ化してみる(最新)"

9時23分出産・高齢化・寿命, 逐次新値反映記事

パソコンを大きく上回るスマホやタブレットなど…利用端末別ソーシャルメディア利用率動向(最新)

2019-0722昨今ではモバイル端末のスマートフォンとタブレット型端末の普及が目覚ましいが、これらの端末の浸透を大いに助け、また逆にそれらの普及で利用者が大きく伸びているのが、ウェブサービスのソーシャルメディア。それでは実態としてどれぐらいの人が、どの端末を使ってソーシャルメディアを利用しているのだろうか。総務省が2019年5月31日に発表した「通信利用動向調査」の詳細公開値を用い、その実情を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "パソコンを大きく上回るスマホやタブレットなど…利用端末別ソーシャルメディア利用率動向(最新)"

5時2分通信利用動向調査, 逐次新値反映記事

高年収ほど高利用率…インターネット機器としての携帯電話やパソコンなどの世帯年収別利用率をグラフ化してみる(最新)

2019-0721インターネットの窓口となるパソコンも携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォンの双方)も、そして家庭用ゲーム機やタブレット型端末ですら、昔と比べると随分と価格は安くなったものだが、まだまだ誰もが気軽に購入できる領域のものでは無い。当然その所有率・利用率は個々のお財布事情と浅からぬ関係がある。いわゆる「デジタルデバイド」の要因として経済力が挙げられるのも納得がいく話。今回は総務省が2019年5月31日に詳細版を発表した「通信利用動向調査」の公開値などを基にして、所属世帯の世帯年収別に主要インターネットアクセス機器の利用状況を検証していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "高年収ほど高利用率…インターネット機器としての携帯電話やパソコンなどの世帯年収別利用率をグラフ化してみる(最新)"

5時0分通信利用動向調査, 逐次新値反映記事

2019/07/30

じわりと増加する携帯電話代負担…電話料金と家計支出に占める割合をグラフ化してみる(最新)

2019-0721携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォンの双方。以下同)が人々の生活において欠かせぬ存在となり、利用層がますます広域化し、それこそ老若男女を問わずに利用されるようになるに連れ、その携帯電話の利用によって生じる金銭的負担は当然増加する。昨今では従来型携帯電話から、より負担が大きいスマートフォンへの世代シフトも起き、それも負担増の一端として影響を与えている。それでは実態としてどれほどの金額が使われ、家計にどの程度の負担・影響を与えているのだろうか。その点について総務省が2019年5月31日に発表した「通信利用動向調査」の公開値などを用い、検証していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "じわりと増加する携帯電話代負担…電話料金と家計支出に占める割合をグラフ化してみる(最新)"

5時18分通信利用動向調査, 逐次新値反映記事

年齢階層別インターネット利用率をグラフ化してみる(最新)

2019-0715パソコン世代が年を重ね、生活への浸透に伴う必要性が増加し、機能拡大による利便性向上が進むなど、多様な環境変化により、インターネットは老若男女を問わず浸透しつつある。一方、高年齢層における利用率は、デジタル系・先端技術系の利用状況ではよく見られるように、若年層と比べて今一つ値が低めな状態にあることも否定できない。現状ではどのような状況で、過去からはいかなる推移を示しているのか。総務省が2019年5月31日に詳細版を発表した「通信利用動向調査」の公開値をたどり、「年齢階層別のインターネット利用率」を確認し、シニア層を中心に年齢階層別のインターネット利用状況を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "年齢階層別インターネット利用率をグラフ化してみる(最新)"

5時16分通信利用動向調査, 逐次新値反映記事

2019/07/29

個人ベースでは79.8%…インターネット普及率の推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0718パソコンやスマートフォンをはじめとした携帯電話はもちろん、家庭用ゲーム機、さらには各種家電製品にまで実装されるようになったインターネットへのアクセス機能。それら直接アクセスする機器だけで無く、多様な場面・部門でインターネットは活用されており、電気や水道と同レベルの、生活に欠かせないインフラ的な立ち位置を示している。それではそのインターネットは日本において、どれほどの人達にまで普及しているのだろうか。複数の視点でこの「インターネット普及率」は推し量ることができるが、今回は総務省が2019年5月31日に発表した「通信利用動向調査」の公開値を中心に、その実情を確認していく(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "個人ベースでは79.8%…インターネット普及率の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時6分通信利用動向調査, 逐次新値反映記事

全年齢階層で携帯>パソコンの時代…インターネット機器としての個人の携帯電話やパソコン利用率をグラフ化してみる(最新)

2019-0718パソコンや携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォン双方)は現状ではほぼイコール「インターネット利用機器」として存在している。家庭用ゲーム機ですら、パソコンなどと比べると融通は利かないものの、インターネットへのアクセスが当たり前となっている。それでは実状として、それらの機器のインターネット端末としての利用率はいかなる状況なのだろうか。総務省が2019年5月31日に詳細値を発表した「通信利用動向調査」を基に、その実情を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "全年齢階層で携帯>パソコンの時代…インターネット機器としての個人の携帯電話やパソコン利用率をグラフ化してみる(最新)"

5時4分通信利用動向調査, 逐次新値反映記事

「プロ野球スピリッツ2019」が初登場で上位独占…ゲームソフトランキング更新(2019/07/15-2019/07/21)

多くの地域で梅雨も明け、ようやく夏本番を迎えるかなと思っていたら、台風がもりもりやってきてせわしなさを覚える今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、コナミの新作「プロ野球スピリッツ2019」(PlayStation4)がついた。リアル系プロ野球ゲームシリーズ「プロ野球スピリッツ」の最新版で、4年ぶりの登場となる。プラットフォームがPlayStation4となったため。ビジュアル面でさらなるリアル感を表現、各選手の行動様式の特徴もより精密に再現している。データは2018年シーズンの実績を基にして作られており、ゲーム上ではより本物らしい活躍が期待できる。初週感想は高安まちまちややネガティブ多し。前作と比べてシステム面で難儀、失望している人が多い。なお第3位には同タイトルのPS Vita版がランクインしているが、評価は大きな違い無し。

続きを読む "「プロ野球スピリッツ2019」が初登場で上位独占…ゲームソフトランキング更新(2019/07/15-2019/07/21)"

5時0分ゲームランキング

2019/07/28

従来型携帯電話とスマートフォンのインターネット利用状態をグラフ化してみる(年齢階層&男女別編)(最新)

2019-0716先行記事【従来型携帯電話とスマートフォンのインターネット利用状態をグラフ化してみる】において、総務省が2019年5月31日に発表した「通信利用動向調査」の詳細値を基に、携帯電話(従来型携帯電話(PHSを含む)・スマートフォン双方)を用いたインターネットの利用状態を確認したが、スマートフォンの浸透が大いに進んでいる実情を知ることができた。一方、スマートフォンの利用においては親和性の高いソーシャルメディアとの相性がよい女性の方が、男性よりも積極的であるとの調査結果も複数見つけることができる。それでは今件「従来型携帯電話・スマートフォンによるインターネットの利用状態」では男女差は生じているのか、出ているとすればどれほどのものなのか。その実態を確認していく(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "従来型携帯電話とスマートフォンのインターネット利用状態をグラフ化してみる(年齢階層&男女別編)(最新)"

5時16分通信利用動向調査, 逐次新値反映記事

従来型携帯電話とスマートフォンのインターネット利用状態をグラフ化してみる(最新)

2019-0716従来型携帯電話の高性能ぶりが仇となり欧米から数年遅れる形となったが、日本でもようやく携帯電話の主流が従来型携帯電話からスマートフォンへとシフトしつつある。スマートフォンに利用機種が移行されるもっとも大きな理由は、インターネットへのアクセス機能のケタ違いの向上ぶりにあるわけだが、それでは現時点において、携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォンの双方)を用いたインターネット利用状況はどのようなパワーバランスにあるのだろうか。総務省が2019年5月31日に詳細を発表した「通信利用動向調査」を基に、その実情を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "従来型携帯電話とスマートフォンのインターネット利用状態をグラフ化してみる(最新)"

5時13分通信利用動向調査, 逐次新値反映記事

2019/07/27

ツイッターの売上推移などをグラフ化してみる(最新)

2019-07272013年にアメリカ市場で上場を果たし、日本でも多くの人がインフラ的に活用している、チャット的なミニブログことツイッター(Twitter)。今回はそのツイッターを運営するツイッター社の売上推移などについて、【アマゾンドットコムの売上推移などをグラフ化してみる】にて用いた取得方法を流用し、ツイッター社の上場時の登録届出書「S-1」や上場後の決算書類(年次報告書)「10-K」など各種財務関連の報告書を取得し、そのデータを基に売上などの財務動向をグラフ化し、状況の確認をしていくことにする。

続きを読む "ツイッターの売上推移などをグラフ化してみる(最新)"

9時23分海外企業決算動向, 逐次新値反映記事

ツイッターのアクセス動向をグラフ化してみる(最新)

2019-0727チャット形式のミニブログサービス「Twitter(ツイッター)」を提供しているツイッター社は2013年11月7日付でニューヨーク証券取引所に上場(コードはTWTR)、大型のインフラサービス系IT企業の上場として大いに市場の話題を集めることとなった。上場以降は基本方針・事業内容こそ変わらないものの、それまで以上に株主の視線を気にする、収益確保の姿勢をより強く示す動きを示している。今回はそのツイッター社の公開資料を基に、ツイッターのアクセス動向を確認していくことにする。

続きを読む "ツイッターのアクセス動向をグラフ化してみる(最新)"

8時49分海外企業決算動向, 逐次新値反映記事

携帯電話などでのインターネット利用率をグラフ化してみる(最新)

2019-0716従来型携帯電話では一部においてインターネットへのアクセスが不可能、あるいは意図的に止められる機種もあるが、昨今の携帯電話(従来型携帯電話、スマートフォン双方)では機種の保有・利用がほぼそのままイコールでインターネットの利用となっているのが実情。それでは実態として、現在における携帯電話などを利用したインターネットへのアクセスは、どの程度行われているのだろうか。総務省が2019年5月31日に詳細値を発表した「通信利用動向調査」を基に、「携帯電話(従来型携帯電話だけで無くPHSやスマートフォンなどを含む)におけるインターネットの利用率」を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "携帯電話などでのインターネット利用率をグラフ化してみる(最新)"

4時47分通信利用動向調査, 逐次新値反映記事

光回線は6割超えて漸増中…自宅パソコンのインターネット接続回線の種類をグラフ化してみる(最新)

2019-0715総務省は2019年5月31日、平成30年(2018年)調査の結果による「通信利用動向調査」を発表した(【発表ページ:通信利用動向調査】)。この調査結果は独自調査を中心にした、日本のインターネットや携帯電話など、情報通信関連の各種調査結果をまとめた調査結果であり、毎年夏に発表される予定の【情報通信白書】の情報の基盤としても用いられる、同省の情報通信統計として非常に有益なものである。今回はそれらの公開データを用い、「自宅のパソコンなどを介したインターネット接続回線の種類(世帯単位)」について、その実情を確認し、過去のデータと合わせて検証することにより、状況の変化を推し量ることにする。ブロードバンド化の進行、インターネットの窓口としての端末の移り変わりなども見て取れよう。

続きを読む "光回線は6割超えて漸増中…自宅パソコンのインターネット接続回線の種類をグラフ化してみる(最新)"

4時44分通信利用動向調査, 逐次新値反映記事

2019/07/26

ようやく梅雨も明けるか…株式市場雑感(19/07/22-19/07/26週)(週終値:2万1466円99銭)

■19/07/22:日経平均終値2万1390円60銭/95.2
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。米国や中国の市場の軟調さを受け、寄り付きから売りが優勢。もっとも、為替がいくぶん円安に動いたこともあり、明確な売り基調というほどでもなく、下げ幅は限定的。出来高は9億0530万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.23%、TOPIXは-0.09%、マザーズ指数は-0.79%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-1.12%となる。

続きを読む "ようやく梅雨も明けるか…株式市場雑感(19/07/22-19/07/26週)(週終値:2万1466円99銭)"

19時0分株式市場雑感

アマゾンドットコムの売上推移などをグラフ化してみる(最新)

2019-0726アマゾン文房具や書籍、各種玩具、さらには飲料食料品や大型動物の実物大模型に至るまで、多種多彩な商品を取り扱い、条件が合えば注文翌日どころか当日に商品を入手できる通販サービス「アマゾン」。その浸透ぶりに「konozama」をはじめ多種多様な造語もごく普通に使われるようになったが、今や多くの人にとって欠かせないインフラの立ち位置にある事実は、誰一人として否定はできない。今回はそのアマゾンに関して、日本国内だけでは無く世界全体の同社における財務状態の推移を眺めることにした。

続きを読む "アマゾンドットコムの売上推移などをグラフ化してみる(最新)"

10時21分海外企業決算動向, 逐次新値反映記事

飲み代から昼食代へ…40年近くにわたるサラリーマンのこづかい対策推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0714いくらでも好きなだけのこづかいが使える立場にある人はごく少数に過ぎず、特に日本の就業者の大部分を占めるサラリーマンは厳しいお財布事情の中にある。欲しいものは次々沸いてくるが、使えるお金は限られる。それではこづかい対策として、どのような分野の出費を節約しているのだろうか。その数十年にわたる節約推移を、こづかい動向を中心にサラリーマンのライフスタイルを定点観測している、新生銀行の「サラリーマンのお小遣い調査」、および2012年に発表したその調査の中長期的な集約レポート「サラリーマンのお小遣い調査30年白書」から、確認していくことにする(【新生銀行・おこづかい調査一覧】)。

続きを読む "飲み代から昼食代へ…40年近くにわたるサラリーマンのこづかい対策推移をグラフ化してみる(最新)"

5時2分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

サラリーマンの昼食時間の変化をグラフ化してみる(最新)

2019-0714一日の多分を職場で過ごすことになるサラリーマンにとって、数少ない憩いのひとときが、お昼休みの間に取る食事の時間こと昼食時間。それでは昼食時間は、昔も今もその長さに変化は無いのだろうか。それとも昼食スタイルの変化や食事そのものの移り変わりとともに、変わり映えを見せているのだろうか。今回はこづかい動向を中心にサラリーマンのライフスタイルを長年にわたって定点観測している、新生銀行の「サラリーマンのお小遣い調査」、および2012年に発表したその調査の中長期的な集約レポート「サラリーマンのお小遣い調査30年白書」を基に、公開されている範囲での動向を探ることにする(【新生銀行・おこづかい調査一覧】)。

続きを読む "サラリーマンの昼食時間の変化をグラフ化してみる(最新)"

5時0分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

2019/07/25

ソフトハード合わせて国内市場規模は3506億円、プラスダウンロードが174億円…CESA、2018年分の国内外家庭用ゲーム産業状況発表(最新)

2019-0725社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は2019年7月22日、「2019 CESAゲーム白書(2019 CESA Games White Paper)」の発刊を公知するとともに、2018年における日本国内外の家庭用ゲーム(据置型に加えて携帯型も含む)市場の概要を発表した。それによると2018年の日本国内ゲームメーカーによる家庭用ゲームの市場規模(ハードとソフト双方)は3506億円であることが分かった。またそれとは別にダウンロードゲームソフトウェア市場は174億円であると推計されている。今回は発表されたデータを基に、各種状況を確認していくことにする(【発表リリース:「2018CESAゲーム白書(2018CESA Games White Paper)」発刊!】)。

続きを読む "ソフトハード合わせて国内市場規模は3506億円、プラスダウンロードが174億円…CESA、2018年分の国内外家庭用ゲーム産業状況発表(最新)"

10時13分ゲーム, 経済・金融・市場・家計

40年にわたるサラリーマンの昼食代の推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0714先行する記事【前年比で大きく減少…2019年のサラリーマンこづかい事情(最新)】など複数の記事で解説した通り、新生銀行は2019年6月21日付でサラリーマンのこづかい事情などを解説する、年一回のペースによる定点観測調査の報告書「サラリーマンのお小遣い調査」最新版を発表した。一方同社では2012年に同調査の長期間にわたる動向を確認できる白書「サラリーマンのお小遣い調査30年白書」を公開しており、昔からの調査結果を知ることができる。そこで今回はそれらの値を用い、長期的な視野で見たサラリーマンの昼食代の推移を精査していくことにする(【新生銀行・おこづかい調査一覧】)。

続きを読む "40年にわたるサラリーマンの昼食代の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時5分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN