2019/04/27

新社会人が思う「よい会社」の判断基準とは(最新)

2019-0421毎日長時間にわたり生活の糧となる給金をもらうための就業を行う場となる会社(職場)。単に働くだけで無く、日常生活の上でも多様なつながりを得る場にもなる、大切な存在であることは誰も否定できない。学業を終えて新たに職に就く新社会人は、自分の人生の少なからずをあずける場となる会社(職場)に対し、どのような希望を持っているのだろうか。ソニー生命保険が2019年4月18日に発表した、新社会人に対して行った意識調査の結果から、新社会人の「よい会社」の判断基準を確認していくことにする(【発表リリース:社会人1年目と2年目の意識調査2019】)。

続きを読む "新社会人が思う「よい会社」の判断基準とは(最新)"

5時32分SL-新社会人意識, 逐次新値反映記事

2019/04/26

働く女性の想い、「本当は専業主婦になりたい」は3割台(最新)

2019-0425今や1000万世帯を超えた共働き世帯だが、女性は就業以外に家事のほとんどに従事する場合が多く、必然的に個人に課せられる負担が多くなる。他方、就業そのものでも男性と比べ女性は、就業技術には関係なく不利なポジションに置かれている事例が多々あるとの指摘もある。今回はソニー生命保険が2019年4月24日に発表した【女性の活躍に関する調査2019】から、働く女性における就業そのものや世帯への思いについて確認をしていくことにする。

続きを読む "働く女性の想い、「本当は専業主婦になりたい」は3割台(最新)"

5時16分SL-女性活躍, 逐次新値反映記事

子供の育児や世話、食事の準備、時給換算するといくらだろう? 女性自身に聞いてみました(最新)

2019-0425育児や家事は世帯維持には欠かせない行動である一方、その行為に具体的な対価が現金の形で支払われることは無い。兼業世帯の増加に伴い男性の家事参加が声高に叫ばれるようになる中で、これらの行動を時給換算し、一つの指針とする、あるいは重要性を再確認する動きが定期的に生じ、男女を問わずさまざまな想いを馳せる数字が算出されている。今回はソニー生命保険が2019年4月24日に発表した【女性の活躍に関する調査2019】から、女性自身が認識している、家事などの行動に関する時給換算の結果を見ていくことにする。

続きを読む "子供の育児や世話、食事の準備、時給換算するといくらだろう? 女性自身に聞いてみました(最新)"

5時14分SL-女性活躍, 逐次新値反映記事

2019/04/24

ツイッターのアクセス動向をグラフ化してみる(2019年第1四半期まで)

チャット形式のミニブログサービス「Twitter(ツイッター)」を提供しているツイッター社は2013年11月7日付でニューヨーク証券取引所に上場(コードはTWTR)、大型のインフラサービス系IT企業の上場として大いに市場の話題を集めることとなった。上場以降は基本方針・事業内容こそ変わらないものの、それまで以上に株主の視線を気にする、収益確保の姿勢をより強く示す動きを示している。今回はそのツイッター社の公開資料を基に、ツイッターのアクセス動向を確認していくことにする。

続きを読む "ツイッターのアクセス動向をグラフ化してみる(2019年第1四半期まで)"

10時0分海外企業決算動向

2019/04/22

意外と長いスマートスピーカでの音楽聴取時間(最新)

2019-0420昨今の生活デジタル機器で注目を集めているアイテムとして筆頭に挙げられるのがスマートスピーカー。対話型の音声入力式によるインターフェイスを持つスピーカーで、AIアシスタントのサーバーとのやり取りにより、自然な対話をしながらさまざまな情報を取得したり家電のコントロールを行うことができる。このスマートスピーカーと音楽聴取の関係について、日本レコード協会が2019年4月に発表した最新調査の結果「音楽メディアユーザー実態調査」(2018年度版)を基に、その実状を確認していく(【発表リリース:2018年度「音楽メディアユーザー実態調査」報告書公表】)。

続きを読む "意外と長いスマートスピーカでの音楽聴取時間(最新)"

5時21分日本レコード協会, 逐次新値反映記事

2019/04/21

「新曲知ったけど買ってない」最大の理由は「無料の配信サイトやアプリで満足」(最新)

2019-0419インターネットとそれを利用したサービスの拡充で、対価を支払わなくとも音楽を楽しめる場面は大いに拡大した。音楽に興味はあるが、新曲を見聞きしても購入までには至らず、無料の機会で満足する層の割合は、確実に増加している。今回は日本レコード協会が2019年4月に発表した最新の調査結果資料「音楽メディアユーザー実態調査」(2018年度版)から、音楽にお金を支払ってはいないが、無料の機会で新曲を聴いた経験がある人に、なぜ購入にまで至らなかったのかについて尋ねた結果を見ていく。対価支払いというハードルを超えなかった人たちの理由から、音楽業界の問題の一端を知ることができるかもしれない(【発表リリース:2018年度「音楽メディアユーザー実態調査」報告書公表】)。

続きを読む "「新曲知ったけど買ってない」最大の理由は「無料の配信サイトやアプリで満足」(最新)"

5時0分日本レコード協会, 逐次新値反映記事



(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS