2019/03/31

「とりあえず」はよく食べる、一番人気はあのネタ…回転寿司ネタ選択事情(最新)

2019-0330食欲を思う存分、そして自在に満たすことが回転寿司で許されるなら、お皿の色(価格)を気にせずに自分の好きなネタを何度でも繰り返し注文し食べることだろう。しかし実際にはお財布事情や品揃え、ネタの組合せなど色々な制約があり、自分の好きなネタばかりを食べるわけにはいかない。またその「自分の好きなネタ」自身、人によって好みは異なるため、すべての人が同じネタを一番好む事態もありえない。今回はマルハニチロが2019年3月27日に発表した回転寿司に関する消費者実態調査から、普段最初・最後に食べることが多いネタ、さらには普段よく食べている・食べたいけれど多様な事情で我慢することが多いネタに関して見ていくことにする(【発表リリース:回転寿司に関する消費者実態調査2019】)。

続きを読む "「とりあえず」はよく食べる、一番人気はあのネタ…回転寿司ネタ選択事情(最新)"

5時16分マルハ-回転寿司, 逐次新値反映記事

回転寿司店での平均利用枚数、利用頻度…8年間の変化を探る(最新)

2019-0329【利用者7割強、そのうち月一以上は4割近く…回転寿司の利用実態(最新)】をはじめ複数の記事で、マルハニチロが2019年3月27日に発表した調査結果【回転寿司に関する消費者実態調査2019】を基に、回転寿司に関する状況確認を行った。今回は同社の過去における同様の調査結果を抽出し、状況の経年推移を探っていくことにする。

続きを読む "回転寿司店での平均利用枚数、利用頻度…8年間の変化を探る(最新)"

5時14分マルハ-回転寿司, 逐次新値反映記事

2019/03/30

気になる他人の食べた枚数、回転寿司であなたは何皿食べてます?(最新)

2019-0329今やお寿司だけでなく多彩なメニューが網羅され、それらを自在に取って好きなだけ食べることができる、食道楽にはパラダイスな存在の回転寿司店。お皿の種類や枚数で清算される合理的なシステムも人気要素の一つだが、自分が食べている皿数が他人と比べて多いのか少ないのか、気になる人もいることだろう。今回はマルハニチロが2019年3月27日に発表した【回転寿司に関する消費者実態調査2019】から、回転寿司利用者における、平均的な利用枚数を探っていくことにする。

続きを読む "気になる他人の食べた枚数、回転寿司であなたは何皿食べてます?(最新)"

5時18分マルハ-回転寿司, 逐次新値反映記事

利用者3/4強、そのうち月一以上は4割近く…回転寿司の利用実態(最新)

2019-0329おにぎりと並び日本風のファストフードとして知られている一方、食生活の変化や競合他サービスの領域拡大で苦戦を強いられ、多様な商品展開で起死回生を図る動きがみられる、回転寿司業界。現状ではどれほどの人が、どれ位の頻度で利用しているのだろうか。今回はマルハニチロが2019年3月27日に発表した【回転寿司に関する消費者実態調査2019】を基に、確認していくことにする。

続きを読む "利用者3/4強、そのうち月一以上は4割近く…回転寿司の利用実態(最新)"

5時16分マルハ-回転寿司, 逐次新値反映記事

2019/03/29

6.0%は「条件にこだわらないが仕事が無い」…完全失業者の「仕事につけない理由」とは?(最新)

2019-0321仕事ができる状態にあり、仕事をしたくて探しているが見つからずに無職状態にある「完全失業者」の人において、どのような仕事を探しているかについて論議の的となることがある。頭に浮かべている理想の職種での就業を目指しているのか、仕事にありつければ何でもよいのか、職種は選ばないが高賃金が望ましいのかのような、どのような理由で職を見極め、現時点では選択をしていないのか。高望みをしているから職に就けないのだと非難する声がある一方、中長期にわたり生活を支え時間を費やす仕事であるからこそ、自分の望みは極力充足させるべきであるとの声も多い。そこで今回は完全失業者における、仕事に就けない理由に関して、総務省統計局が2019年2月15日に発表した、2018年分となる労働力調査(詳細集計)の速報結果を基に、探りを入れていくことにする(【労働力調査(詳細集計)年平均(速報)結果発表ページ】)。

続きを読む "6.0%は「条件にこだわらないが仕事が無い」…完全失業者の「仕事につけない理由」とは?(最新)"

5時20分労働力調査, 逐次新値反映記事

「真の失業率」も算出…完全失業者に含まれない「仕事はしたいが求職活動はしなかった」人の推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0320失業問題では多様な考えを持つ人により、喧々ごうごうの論議が交わされる場合が多い。中でも失業の定義に関して「公的情報は偽り。真の失業者はこれだけいる。国際的な基準ではこの通り」と声高に語る論者も目に留まる(ちなみに官公庁のデータは概してILOの国際基準に則った計測をしている)。今回はそれらの意見でよく取り上げられる「隠れた失業者」と呼ばれる人達、つまり完全失業者には該当しない「仕事をする意思はあるが、求職活動をしなかった」について、総務省統計局が2019年2月15日に発表した、2018年分の労働力調査(詳細集計)の速報結果を基に、確認をしていく(【労働力調査(詳細集計)年平均(速報)結果発表ページ】)。

続きを読む "「真の失業率」も算出…完全失業者に含まれない「仕事はしたいが求職活動はしなかった」人の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時18分労働力調査, 逐次新値反映記事

2019/03/28

日本における学歴・男女別と完全失業率との関係をグラフ化してみる(最新)

2019-0318先行する記事【日本の学歴・年齢階層別失業率をグラフ化してみる】で日本における学歴と失業率の関係・現状について分析をしたが、そこでは男女の区分はせずに男女を合わせた値での検証だった。実際には男女においても大きな差異が見受けられる。そこで今回は総務省統計局が2019年2月15日に発表した、2018年分の労働力調査(詳細集計)の速報結果を基に、学歴や男女別と完全失業率の関係・推移を確認していくことにする。

続きを読む "日本における学歴・男女別と完全失業率との関係をグラフ化してみる(最新)"

5時13分労働力調査, 逐次新値反映記事

2018年は143万人、前年比で9万人減少・フリーターの推移をグラフ化してみる(最新)

2019-03181980年代から1990年代にかけてバブル時代の世相を背景に、在学中で無くパートやアルバイトで生計を立てるライフスタイル・就労状態を示す「フリーター」(時間を自由にとれる「フリー」な、アルバイトをする人「アルバイター」を意味する、2つの言葉を合わせた造語)なる言葉が生まれ、注目を集める時代があった。当時は高給を稼ぎ自由な生活を営むとの観点から、自由人的な生き方として半ば持てはやされた「フリーター」だったが、昨今では職業、そして生活の上での不安定さから、避けるべき状況を意味する場合が多い。今回は総務省統計局が2019年2月15日に公開した、2018年分となる労働力調査(詳細集計)の速報結果から必要なデータを集め、「フリーター」の現状推移を確認していくことにする(【労働力調査(詳細集計)年平均(速報)結果発表ページ】)。

続きを読む "2018年は143万人、前年比で9万人減少・フリーターの推移をグラフ化してみる(最新)"

5時10分労働力調査, 逐次新値反映記事

2018年は前年比変わらずで100万人を割り込んだままだが…高齢フリーターの推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0317職業選択の自由は日本国憲法に定められた基本的人権の一つではあるが、一方で社会的論点として「ニート」と並ぶ形で「フリーター」に関する問題がしばしば挙げられる。さらにこの「フリーター」と立場はほぼ同じものの、一般的定義では年齢の上限を超えるために該当しない「高齢フリーター(壮齢フリーター)」にも注目が集まりつつある。今回は総務省統計局が2019年2月15日に発表した、2018年分の労働力調査(詳細集計)の速報結果から必要な値を抽出し、この高齢フリーターの動向を推し量ることにする(【労働力調査(詳細集計)年平均(速報)結果発表ページ】)。

続きを読む "2018年は前年比変わらずで100万人を割り込んだままだが…高齢フリーターの推移をグラフ化してみる(最新)"

5時8分労働力調査, 逐次新値反映記事

2019/03/27

自動車の国内需要をグラフ化してみる(最新)

2019-0326日本自動車工業会は2018年3月25日、2018年度における新車の販売台数(一部推定による見込み)と2019年度の見通しを発表した。それによると2018年度の自動車(四輪車)の需要は532.8万台・前年度比プラス2.5%の実績(見込み)を示した一方、2019年度には522.3万台・前年度比マイナス2.0%の縮小を見せる予想を算出したことが明らかになった。2019年度における減少理由は排ガス規制強化の駆け込み需要からの反落や建設需要の落ち着き、およびドライバー不足の深刻化で普通トラックが、排ガス規制強化の駆け込み需要からの反落や法人の買い替え需要の一巡で小型トラックが、買い替え需要が一巡することや小規模商店や農家世帯の減少等の構造的な要因で軽トラックが減るためと説明している。また軽四輪車も景気拡大傾向が緩まり需要の押し下げが起きるため、大きな減少幅が生じるとの予想が確認できる(【発表リリース:2019年度年(平成31年度)自動車国内需要見通し】)。

続きを読む "自動車の国内需要をグラフ化してみる(最新)"

5時15分鉄道・交通, 逐次新値反映記事

転職者の正規・非正規状況をグラフ化してみる(最新)

2019-0317現在就業している職場の労働条件に耐え切れない、無理な長期出張を強要されるなどの自発的離職を余儀なくされる場合以外に、リストラの対象になる、定年退職や早期退職制度を活用して職を辞する、あるいは他企業からの引き抜きにあう、そして勤めている会社が倒産するなど、さまざまな理由で現職から離れ、新たな職に就くことを転職と呼んでいる。転職者の中には正規社員(職員・従業員)だったものが再就職の中で非正規社員としてしか再就職できない場合や、逆に非正規社員から正規社員への転職を果たす人もおり、雇用形態上の観点でもさまざまな人生の躍動感を垣間見ることができる。今回は総務省統計局が2019年2月15日に発表した、2018年分の労働力調査(詳細集計)の速報結果を基に、直近1年間に離職して新たな職についた人における、正規・非正規の雇用形態の変化について確認をしていくことにする(【労働力調査(詳細集計)年平均(速報)結果発表ページ】)。

続きを読む "転職者の正規・非正規状況をグラフ化してみる(最新)"

5時13分労働力調査, 逐次新値反映記事

2019/03/26

相談件数わずかに減少だが年間で12万件台…警察庁、2018年のサイバー犯罪の検挙状況などを発表

2018-0323警察庁は2019年3月7日、2018年中のサイバー犯罪(コンピュータ技術及び電気通信技術を悪用した犯罪。ハイテク犯罪と同義)に関する検挙状況をはじめとした脅威に関する情勢の情報を発表した。それによると2018年中に各都道府県警察の相談窓口で受理した、サイバー犯罪などに関する相談件数は12万6815件となり、前年比で3196件の減少となったことが明らかになった。前年比で迷惑メールに関する相談は4954件増え1万6465件に、詐欺・悪質商法に関する相談は8791件減少し5万8477件となった。不正アクセスに関する相談件数は前年比で1.5%増、違法・有害情報関連の相談は3.6%減となっている(【発表リリース:平成30年中におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について】)。

続きを読む "相談件数わずかに減少だが年間で12万件台…警察庁、2018年のサイバー犯罪の検挙状況などを発表"

10時45分セキュリティ・防犯, 逐次新値反映記事

学生と高齢層でパート・アルバイトが大幅増加…非正規社員の現状をグラフ化してみる(最新)

2019-0316労働市場に関する状況の変化において、注目を集めている事象の一つが非正規社員(職員・従業員)問題。雇用者全体に占める非正規社員の比率が増加し、該当者の生活の安定性への懸念はもちろんのこと、職場における技術や経験の継承が困難となり、企業・業態そのものが脆弱化するとの指摘、報告もある。今回は総務省統計局が2019年2月15日に発表した、2018年分の労働力調査(詳細集計)の速報結果を基に、最新のデータによる非正規社員の現状を複数の視点から確認し、現状を精査していくことにする(【労働力調査(詳細集計)年平均(速報)結果発表ページ】)。

続きを読む "学生と高齢層でパート・アルバイトが大幅増加…非正規社員の現状をグラフ化してみる(最新)"

4時51分労働力調査, 逐次新値反映記事

2019/03/25

日本の学歴・年齢階層別完全失業率をグラフ化してみる(最新)

2019-0315世間一般には高学歴ほど就職は容易で、また失業もし難いとのイメージがある。そのイメージが確かなものかを確認するデータの一つが、総務省統計局が毎年発表している労働力調査。同局では2019年3月15日付で2018年における労働力調査(詳細集計)の年次分・速報結果を発表したが、その内容によればほとんどの年齢階層で高学歴ほど低失業であることが確認できる。今回は同発表内容を基に、学歴を絡めた完全失業率について、現状の精査を行うことにする(【労働力調査(詳細集計)年平均(速報)結果発表ページ】)。

続きを読む "日本の学歴・年齢階層別完全失業率をグラフ化してみる(最新)"

5時19分労働力調査, 逐次新値反映記事

諸外国ではインターネットニュースやSNSはどの程度見られているのか、またその端末は(最新)

2019-0314インターネットの普及浸透で情報の伝達や取得、検索精査の概念は大きな変化をとげつつある。特に恩恵を受けたのがニュース分野で、また意思疎通ツールとして普及したSNS(ソーシャルメディア)でも多数のニュースが日々流れている。人々はどれほどネットニュースやSNSを見ているのか、そしてどのような端末を利用しているのだろうか。今回は新聞通信調査会が2019年3月11日までに発表した、アメリカ合衆国やイギリス、フランス、中国、韓国、タイへのメディアに関する世論調査「諸外国における対日メディア世論調査(2017年調査)」の内容を元に、その実状を確認していく(【発表リリース:諸外国における対日メディア世論調査】)。

続きを読む "諸外国ではインターネットニュースやSNSはどの程度見られているのか、またその端末は(最新)"

5時13分メディア世論調査(新聞通信), 逐次新値反映記事

2019/03/24

ニュースはどの媒体で見ているのか、その各国事情(最新)

2019-0314日々生じるさまざまな出来事の内容を迅速に取得し正しい判断を下すために、人々は多様な手段を用いてニュースを確認する。インターネットの普及に伴い、ニュースの取得確認のスタイルも大きな変化を遂げている。今回は新聞通信調査会が2019年3月11日までに発表した、アメリカ合衆国やイギリス、フランス、中国、韓国、タイへのメディアに関する世論調査「諸外国における対日メディア世論調査」の内容を基に、諸国におけるニュース取得の利用媒体の違いを見ていくことにする(【発表リリース:諸外国における対日メディア世論調査】)。

続きを読む "ニュースはどの媒体で見ているのか、その各国事情(最新)"

5時15分メディア世論調査(新聞通信), 逐次新値反映記事

相手の国の好き嫌い、諸外国の他国への好感度をグラフ化してみる(最新)

2019-0314先行記事【答えは二極化、日本を信頼できるか好感を持てるか】において、新聞通信調査会が2019年3月11日までに発表した、アメリカ合衆国やイギリス、フランス、中国、韓国、タイへのメディアに関する世論調査「諸外国における対日メディア世論調査」の内容を基に、諸外国における日本への好感度の実情を確認した。実は今調査項目では調査対象国における日本への好感度だけで無く、他の調査国に対する好感度も問われており、その値が公開されている。今回はその動向を見ていくことにする。各国の一般市民における他国への認識をうかがい知ることができよう(【発表リリース:諸外国における対日メディア世論調査】)。

続きを読む "相手の国の好き嫌い、諸外国の他国への好感度をグラフ化してみる(最新)"

5時12分メディア世論調査(新聞通信), 逐次新値反映記事

2019/03/23

日本が見せる独自性…メディアと「報道の自由」に関する人々の見方(最新)

2019-0314一般市民がより健全で正しい判断ができる材料を提供するとの観点から、公明正大なスタンスを前提として、報道の自由は民主主義国家において保証されてしかるべきものとの認識がある。他方、報道の質の劣化や偏向化(の露呈)、不特定多数が情報発信・受信を可能とするメディア環境の激変に伴い、「報道の自由」が意味するものの再定義と現状認識への問いかけが世界各国で行われるようになっている。今回は新聞通信調査会が2019年3月11日までに発表した、アメリカ合衆国やイギリス、フランス、中国、韓国、タイへのメディアに関する世論調査「諸外国における対日メディア世論調査」の内容から、各国の一般市民が考える、報道の自由に関する現状について確認をしていくことにする(【発表リリース:諸外国における対日メディア世論調査】)。

続きを読む "日本が見せる独自性…メディアと「報道の自由」に関する人々の見方(最新)"

5時37分メディア世論調査(新聞通信), 逐次新値反映記事

2019/03/22

答えは二極化、日本を信頼できるか好感を持てるか(最新)

2019-0313国家同士の関係はその国全体の利益、歴史観、周辺国とのつながり方など多要素によって形成されるため、単純な国民感情のみで決定されることは滅多に無い。一方で多くの国で採用されている民主主義的政治体系においては、国民の意志が多分に反映されるため、国民の強い意志により国政そのものが変化を受ける事態も少なくない。今回は新聞通信調査会が2019年3月11日までに発表した、アメリカ合衆国やイギリス、フランス、中国、韓国、タイへのメディアに関する世論調査「諸外国における対日メディア世論調査」などの内容から、国そのものの施策にも影響を及ぼすかもしれない、国民ベースにおける日本への信頼度合い、好感を持つか否かについて確認をしていくことにする(【発表リリース:諸外国における対日メディア世論調査】)。

続きを読む "答えは二極化、日本を信頼できるか好感を持てるか(最新)"

5時24分メディア世論調査(新聞通信)

自国のテレビや新聞、雑誌が情報源として一番…諸外国の日本の情報入手先や期待する報道内容(最新)

2019-0313自国と異なる生活様式や文化を持つ他国へ、興味や関心を抱くことは誰にでもある好奇心の発芽に違いない。そしてそれは同時に、他国からもまた、自国がそのような興味を抱かれることを意味する。自国が他国からどのように思われ、どの部分に興味を持たれているかは、知る機会が少ない一方で、気になる話ではある。今回は新聞通信調査会が2019年3月11日までに発表した、アメリカ合衆国やイギリス、フランス、中国、韓国、タイへのメディアに関する世論調査「諸外国における対日メディア世論調査」などの内容から、どのようなルートで日本の情報を入手しているかについて確認していくことにする(【発表リリース:諸外国における対日メディア世論調査】)。

続きを読む "自国のテレビや新聞、雑誌が情報源として一番…諸外国の日本の情報入手先や期待する報道内容(最新)"

5時22分メディア世論調査(新聞通信), 逐次新値反映記事



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS