2019/02/12

法人税額の国際比較をグラフ化してみる(最新)

2019-0202経済行動の単位は大まかに個人と企業に区切ることができる。税金や社会保障などの国民負担もその単位で課せられることが多い。今回はOECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の公開値を基に、OECD加盟国限定ではあるが、企業における国民負担のうち租税に該当する法人税などについて、諸外国の実情をその国のGDPと税額との比率の観点から確認していくことにする。

続きを読む "法人税額の国際比較をグラフ化してみる(最新)"

5時12分OECD(金融), 逐次新値反映記事

日本の国民負担率の詳細推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0202先に【国民負担率の国際比較をグラフ化してみる】でOECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の公開値を基に、社会全体を維持するために租税や社会保障として徴収される金銭的な負担(国民負担)の国際的な比較を行った。今回は日本に焦点を当てて、その詳細な実情と経年推移を確認していくことにする。

続きを読む "日本の国民負担率の詳細推移をグラフ化してみる(最新)"

5時9分OECD(金融), 逐次新値反映記事

2019/02/11

国民負担率の内情の国際比較をグラフ化してみる(最新)

2019-0202先行記事【国民負担率の国際比較をグラフ化してみる】において、OECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の公開値を基にOECD加盟国における国民負担率の実情を確認した。その記事では国民負担を租税負担と社会保障負担の合算としてのみ表現したが、今回は租税負担の部分をもう少し詳しく仕切り分けした上で、その実情を確認していく。

続きを読む "国民負担率の内情の国際比較をグラフ化してみる(最新)"

5時12分OECD(金融), 逐次新値反映記事

2019/02/10

一般政府歳出の国際比較をグラフ化してみる(最新)

2019-0131先行記事【国民負担率の国際比較をグラフ化してみる】において、OECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の公開値を基にOECD加盟国における国民負担率の実情を確認したが、その中で日本は対GDP比において国民負担率が低く、結果として一般政府(中央政府だけでなく地方政府や公的な社会保障基金を合わせた公的機関の総体)の金銭的な規模が小さなものとなっている、いわゆる「小さな政府」状態であることについて触れた。今回は一般政府の支出、つまり歳出側からその実情を確かめることにする。

続きを読む "一般政府歳出の国際比較をグラフ化してみる(最新)"

5時3分OECD(金融), 逐次新値反映記事

2019/02/09

国民負担率の国際比較の推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0130先行記事【国民負担率の国際比較をグラフ化してみる】において、OECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の公開値を基にOECD加盟国における国民負担率の実情を確認した。今回は同じ公開値を用いてG7など主要国の国民負担率の推移を見ていくことにする。

続きを読む "国民負担率の国際比較の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時27分OECD(金融), 逐次新値反映記事

2019/02/08

国民負担率の国際比較をグラフ化してみる(最新)

2019-0130消費税や社会保険料の料率や金額の動向が定期的に話題に上るが、これは生活に直結するお金関連の話だからに他ならない。これらの国、社会全体のための個人や組織の金銭的負担は、他国と比べてどのような水準にあるのだろうか。今回はOECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の「Public Sector, Taxation and Market Regulation」内「Taxation」にある【「Revenue Statistics - OECD Member Countries」】の公開値を基に、OECD加盟国における実情を確認していくことにする。

続きを読む "国民負担率の国際比較をグラフ化してみる(最新)"

5時12分OECD(金融), 逐次新値反映記事

2019/02/07

高齢者の仕事を辞めた理由をグラフ化してみる(最新)

2019-0128仕事を辞める機会にはいつでも遭遇し得る。定年退職はもちろんだが、何らかのトラブルや意見の一致が得られずに辞める場合もあれば、健康がすぐれずに退職せざるを得ないこともある。勤めていた会社が倒産してしまい、離職状態となってしまうこともあるだろう。今回は厚生労働省が2018年11月28日に発表した中高年縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)の第13回分の結果から、高齢者に該当する年齢となる62-71歳の離職事情について確認していく(【第13回中高年者縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)の概況】)。

続きを読む "高齢者の仕事を辞めた理由をグラフ化してみる(最新)"

5時6分労働・就業・就活, 医療・保険・健康

高齢者の「日頃から何かと頼りにしている相手」の実情をグラフ化してみる(最新)

2019-0128年を取ると定年退職を迎え職場に足を運ぶ機会が無くなる人も増え、日常の生活リズムも行動スタイルも大きな変化を生じることになる。職の話は別にしても、心身の衰えで行動範囲も狭まり、行動への意欲も失われていく。そのような高齢者にとって、日頃から頼りにしている人にはどのような相手がいるのだろうか。厚生労働省が2018年11月28日に発表した中高年縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)の第13回分の結果から確認していく(【第13回中高年者縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)の概況】)。

続きを読む "高齢者の「日頃から何かと頼りにしている相手」の実情をグラフ化してみる(最新)"

5時5分出産・高齢化・寿命, 医療・保険・健康

60代がお金をもらえる仕事をする主な理由とは(最新)

2019-0128定年退職を迎え長年の仕事の稼ぎが得られなくなると、公的年金やこれまでの蓄財では生活の維持が難しくなるなどの理由から、再び仕事に就く人は少なくない。高齢者の就業のうち、収入のある仕事をするのはなぜだろうか。本当にお金が足りないからだけだろうか。その実情を、厚生労働省が2018年3月23日に発表した、中高年縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)特別報告の結果から確認していく(【中高年者縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)特別報告の概況】)。

続きを読む "60代がお金をもらえる仕事をする主な理由とは(最新)"

5時5分労働・就業・就活, 経済・金融・市場・家計

2019/02/06

高齢層の住宅事情と労働時間との関係をグラフ化してみる(最新)

2019-0128子供がいる世帯の世帯主が定年退職を迎えると、子供もすでに巣立ち自宅の無駄な広さを覚えることから、子供に住宅を譲渡して自分は部屋を間借りしたり賃貸住宅に引っ越す事例が見受けられる。一方で管理費や積立金、固定資産税などの負担はあるが、住居費の観点では賃貸住宅よりも所有住宅の方が、金銭的負担は軽いのが一般的。それでは定年退職を迎えるであろう年齢において、住宅事情と多分に生活費の補てんに使われる労働の時間との間には、どのような関係があるのだろうか。厚生労働省が2018年3月23日に発表した、中高年縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)特別報告の結果から確認していく(【中高年者縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)特別報告の概況】)。

続きを読む "高齢層の住宅事情と労働時間との関係をグラフ化してみる(最新)"

5時22分経済・金融・市場・家計, 労働・就業・就活

定年退職が始まる60代における公的年金の給付額と就業率の関係をグラフ化してみる(最新)

2019-0127厚生労働省は2018年3月23日、中高年縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)特別報告の結果を発表した。今回はその内容を基に、定年退職を迎えつつある60代前半の人における、就業と公的年金の給付を受けているか否かの関係の実情を確認していくことにする(【中高年者縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)特別報告の概況】)。

続きを読む "定年退職が始まる60代における公的年金の給付額と就業率の関係をグラフ化してみる(最新)"

5時21分労働・就業・就活, 医療・保険・健康

「公的年金は現役で働いている世代が年金を受け取っている高齢者を扶養する制度である」知っている人は67.1%(最新)

2019-0126日本の公的年金制度は原則として現役で働いている世代が年金保険料を支払い年金受給資格を得る一方、その保険料を基に年金を受け取る資格を持つ高齢者を扶養する制度である。年金保険料は自分が将来受け取るために積み立てられてるものではなく、年金を受け取る資格を得るための資格取得料料金のようなもの。今回は内閣府が2019年1月18日に発表した老後の生活設計と公的年金に関する世論調査の結果から、このような公的年金の基本的な仕組みがどこまで認知されているか、その実情を確認していく(【発表リリース:老後の生活設計と公的年金に関する世論調査】)。

続きを読む "「公的年金は現役で働いている世代が年金を受け取っている高齢者を扶養する制度である」知っている人は67.1%(最新)"

5時19分世論調査(内閣府), 逐次新値反映記事

2019/02/05

老後の生活設計を考えたことが無く今後も考えない人は1割近く(最新)

2019-0126年を重ねるに連れて体力も精神力も衰え、若い時のような就業の継続は望めず、職から離れて第二の人生こと引退人生を歩むようになると、生活に必要となるお金を工面する方法を考える必要がある。公的年金以外に私的年金に加入しておいたり、蓄財をしたり、さらには年老いてもこなすことが可能な作業で利益を得られる財産を確保しておくなど、手立てはさまざま。そのような主に金銭面における老後の生活設計をしていない人はどれほどいるのだろうか。内閣府が2019年1月18日に発表した老後の生活設計と公的年金に関する世論調査の結果から確認していく(【発表リリース:老後の生活設計と公的年金に関する世論調査】)。

続きを読む "老後の生活設計を考えたことが無く今後も考えない人は1割近く(最新)"

5時17分世論調査(内閣府), 逐次新値反映記事

公的年金以外に老後の生活に向けた資産の実情をグラフ化してみる(最新)

2019-0125年とともに生じる心身的な老化は避けられず、若い頃と同じような就業は不可能になる老後の生活では、基本的には蓄財や公的年金で生活費をまかなうことになる。公的年金制度で公的年金は需給されるものの、それだけでは到底生活を維持することはできないのが実情。現状では人々はどのような資産を老後に備えて準備しているのだろうか。内閣府が2019年1月18日に発表した老後の生活設計と公的年金に関する世論調査の結果から確認していく(【発表リリース:老後の生活設計と公的年金に関する世論調査】)。

続きを読む "公的年金以外に老後の生活に向けた資産の実情をグラフ化してみる(最新)"

5時17分世論調査(内閣府), 経済・金融・市場・家計

2019/02/04

「全面的」は23.0%…老後の生活では公的年金をどれほどあてにしているのか(最新)

2019-0124心身的に老化を来たし若い頃と同じような就業は不可能になる老後の生活においては、場合によっては低賃金の軽労働で補てんをしながら、基本的にはこれまでの蓄財や公的年金で生活費をまかなうことになる。そのような老後の生活において、公的年金はどれほどあてにされているのだろうか。内閣府が2019年1月18日に発表した老後の生活設計と公的年金に関する世論調査の結果から確認していく(【発表リリース:老後の生活設計と公的年金に関する世論調査】)。

続きを読む "「全面的」は23.0%…老後の生活では公的年金をどれほどあてにしているのか(最新)"

5時1分世論調査(内閣府), 労働・就業・就活

老後の生活設計を考えたことがある人、18-29歳では3割足らず(最新)

2019-0124よほどの資産家や恵まれた環境に無い限り、人は年を経て心身に衰えを覚えるにつれて就業による収入を得難くなり、年金や蓄財などで生活を立てる必要が生じてくる。そのような「老後の生活」を中心とした、お金の上での生活のやりくりの計画をライフプランと呼んでいる。このライフプランをどれほどの人が考えているのか、内閣府が2019年1月18日に発表した老後の生活設計と公的年金に関する世論調査の結果から確認していく(【発表リリース:老後の生活設計と公的年金に関する世論調査】)。。

続きを読む "老後の生活設計を考えたことがある人、18-29歳では3割足らず(最新)"

5時0分世論調査(内閣府), 政治・外交・行政・郵便

2019/02/03

何歳までお金をもらえる仕事をしたいか、平均年齢は62.9歳(最新)

2019-0124内閣府は2019年1月18日、老後の生活設計と公的年金に関する世論調査の結果を発表した。それによると調査対象母集団においては、「この年齢までは収入を伴う仕事をしたい」とする年齢の平均は62.9歳であることが分かった。男女別では男性が、年齢階層別では男性は年が上になるほど伸びる傾向がある(【発表リリース:老後の生活設計と公的年金に関する世論調査】)。

続きを読む "何歳までお金をもらえる仕事をしたいか、平均年齢は62.9歳(最新)"

5時8分世論調査(内閣府), 労働・就業・就活

アメリカ合衆国の子供達のソーシャルメディア利用実情をグラフ化してみる(最新)

2019-0123多くの子供達にスマートフォンが浸透している昨今において、それを用いて容易に利用ができるコミュニケーションツールのソーシャルメディアもまた、急速に普及が進んでいる。むしろ逆で、ソーシャルメディアの普及がスマートフォンの浸透を後押ししているとも表現できる。今回はアメリカ合衆国の子供達の間でどのソーシャルメディアが使われているかの実情について、同国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年11月28日に発表した調査報告書【Teens’ Social Media Habits and Experiences】から確認していくことにする。

続きを読む "アメリカ合衆国の子供達のソーシャルメディア利用実情をグラフ化してみる(最新)"

5時7分海外, ソフト・ウェブサービス

2019/02/02

アメリカ合衆国の子供達の親友事情をグラフ化してみる(最新)

2019-0123単なる近所付き合いのある人、同じ学校の同級生というだけでなく、長い時間をともに過ごし心から打ち解け合う立ち位置にある相手を「親友」と呼ぶことがある。英語では「close friend」と表記するこの関係の友達が、アメリカ合衆国の子供達において、どのような属性で存在しているのだろうか。その実情を同国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年11月28日に発表した調査報告書【Teens’ Social Media Habits and Experiences】から確認していくことにする。

続きを読む "アメリカ合衆国の子供達の親友事情をグラフ化してみる(最新)"

5時18分海外, 結婚・離婚・恋愛

子供達のインターネット上での話題は、そのアメリカ合衆国事情をグラフ化してみる(最新)

2019-0122インターネット上でのやり取りでは、多様な内容が交わされる。何気ない世間話やあるテーマに対する意見の交換、自分自身の好きなものの披露とその同意や反論、社会のあれこれに対する評論など。大人と比べればまだ人生経験も知識も浅く、分別をわきまえているとは言い難い人も多い子供達は、どのような物事を話のテーマにしているのだろうか。アメリカ合衆国における実情について、同国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年11月28日に発表した調査報告書【Teens’ Social Media Habits and Experiences】から確認していくことにする。

続きを読む "子供達のインターネット上での話題は、そのアメリカ合衆国事情をグラフ化してみる(最新)"

5時17分海外, ソフト・ウェブサービス



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS