2019/02/22

週刊誌や雑誌、書籍の支出額をグラフ化してみる(拡大版)…購入世帯率や世帯購入頻度の移り変わり(家計調査報告(家計収支編)・二人以上世帯版)(最新)

2019-0214デジタル媒体の伸長とともに、さらには金属疲労的体質の変容に伴う品質の劣化に伴い、新聞や雑誌、週刊誌をはじめとした紙媒体が、かつて有していた勢いを減じているのは、多方面の状況変化、各種調査結果から明確な形として表れている。またその変化も一様なものでは無く、各媒体毎にその特質に連動する形で差が生じている。今回は総務省統計局が2019年2月8日付で発表した、【家計調査報告(家計収支編)における2018年分平均速報結果】を基に、世帯の大部分を構成する「二人以上世帯」における、週刊誌や雑誌、書籍など紙媒体に対する支出額の推移を確認し、状況の把握を行うことにする。

続きを読む "週刊誌や雑誌、書籍の支出額をグラフ化してみる(拡大版)…購入世帯率や世帯購入頻度の移り変わり(家計調査報告(家計収支編)・二人以上世帯版)(最新)"

4時55分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

一人暮らしと夫婦世帯との間の「週刊誌や雑誌、書籍の支出額」の違いをグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)

2019-0213先に【週刊誌や雑誌、書籍の支出額をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編)・総世帯版)】において、「二人以上の世帯」と「一人暮らしの世帯(単身世帯)」を合わせた「総世帯」、つまり全部の世帯における、「新聞や雑誌、書籍などの購入度合い」を検証した。今回は「二人以上の世帯」「単身世帯」それぞれ別個の紙媒体の購入頻度や購入額の違いを、2019年2月8日に年次データが更新され直近分となる2018年分が反映された【家計調査報告(家計収支編)】の内容を元に、精査していくことにする。

続きを読む "一人暮らしと夫婦世帯との間の「週刊誌や雑誌、書籍の支出額」の違いをグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)"

4時53分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

週刊誌や雑誌、書籍の支出額をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編)・総世帯版)(最新)

2019-0213先行する記事【週刊誌や雑誌、書籍の支出額をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))】において、2019年2月8日に2018年分までの年次データが更新された【家計調査報告(家計収支編)】をベースにした記事展開を行った。これらの結果は基本的に「二人以上の世帯」のもので、一人暮らしの世帯(単身世帯)の動きは反映されていない。そして両世帯種類間では消費性向に小さからぬ違いがある。そこで今回は双方の種類世帯から構成される「市場全体の動向」を明確に把握するため、「総世帯」(二人以上世帯+単身世帯)で先の記事同様の「新聞や雑誌、書籍などはどの程度買われているのか」の移り変わりを調べることにした。

続きを読む "週刊誌や雑誌、書籍の支出額をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編)・総世帯版)(最新)"

4時50分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

2019/02/21

農産品は相場安で苦戦、衣料品も軟調…2019年1月度チェーンストア売上高、前年同月比マイナス3.4%

チェーンストア(スーパーマーケットやデパートなど)の業界団体である【日本チェーンストア協会】は2019年2月21日付で同協会公式サイトにおいて、チェーンストアの2019年1月度分販売統計速報(月報)を発表した。その内容によると2019年1月は食料品では相場安の影響を受けて苦戦、衣料品も動きは鈍く、売上総額の前年同月比はマイナス3.4%(店舗調整後)を示す形となった(【同協会内発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "農産品は相場安で苦戦、衣料品も軟調…2019年1月度チェーンストア売上高、前年同月比マイナス3.4%"

15時0分チェーンストア売上, noindex

カウンター商材や中食が引き続き堅調…2019年1月度のコンビニ売上高は既存店が0.8%のプラス、3か月連続

日本フランチャイズチェーン協会は2019年2月20日に、コンビニエンスストアの同年1月度分統計調査月報を、同協会公式サイト上で公開した。その内容によると協会加盟コンビニの同月度の売上高は既存店前年同月比でプラス0.8%となり、3か月連続のプラスを示すこととなった。今回月はカウンター商材や中食関連品の売れ行きがよかったことで客単価が底上げされ、結果として売上もプラスを計上した(【日本フランチャイズチェーン協会公式ページ】)。

続きを読む "カウンター商材や中食が引き続き堅調…2019年1月度のコンビニ売上高は既存店が0.8%のプラス、3か月連続"

10時0分コンビニ売上, noindex

世帯年収でソーシャルメディアの利用率に違いは生じるのか、その世界主要国の実情をグラフ化してみる(最新)

2019-0211ソーシャルメディアは非常に便利なツールだが、すべての人が利用しているわけでは無い。経済的に苦しいとアクセス可能な道具の利用機会が無く、あるいは時間的な余裕が無く、利用し難いとの指摘もある。今回はそのソーシャルメディアの世界主要国における世帯年収別利用実情を、アメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年春に実施した携帯電話関連の世界規模での調査結果報告書【Smartphone Ownership Is Growing Rapidly Around the World, but Not Always Equally】を基に確認する。

続きを読む "世帯年収でソーシャルメディアの利用率に違いは生じるのか、その世界主要国の実情をグラフ化してみる(最新)"

5時13分海外, ソフト・ウェブサービス

世界主要国の年齢階層別携帯電話所有率をグラフ化してみる(最新)

2019-0210最近は従来型携帯電話(ガラケー、フィーチャーフォン)のことを携帯電話と呼ぶことも多くなったが、本来携帯電話は従来型携帯電話とスマートフォンを合わせた、携帯できる電話全体を指す言葉。その携帯電話の世界主要国における所有実情を、アメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年春に実施した携帯電話関連の世界規模での調査結果報告書【Smartphone Ownership Is Growing Rapidly Around the World, but Not Always Equally】を基に確認する。

続きを読む "世界主要国の年齢階層別携帯電話所有率をグラフ化してみる(最新)"

5時12分海外, モバイル

イスラエルでは50歳以上でも6割近くが利用中…世界主要国の年齢階層別ソーシャルメディア利用率をグラフ化してみる(最新)

2019-0211ソーシャルメディアは情報のやり取りのツールとして非常に便利で有益な存在に違いないが、ここ数年の間に急速に普及したものであることから、忌み嫌う、敬遠する人も少なくない。特に高齢者の間では避ける人が多いとの話も聞く。今回はそのソーシャルメディアの世界主要国における年齢階層別利用実情を、アメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年春に実施した携帯電話関連の世界規模での調査結果報告書【Smartphone Ownership Is Growing Rapidly Around the World, but Not Always Equally】を基に確認する。

続きを読む "イスラエルでは50歳以上でも6割近くが利用中…世界主要国の年齢階層別ソーシャルメディア利用率をグラフ化してみる(最新)"

5時10分海外, ソフト・ウェブサービス

2019/02/20

アルバイトの時給動向をグラフ化してみる

雇用市場における需給関係の変化は建設業やパート・アルバイト界隈で特に活発化しており、単なる人手不足の動向に留まらず、その状況を起因としたさまざまな方面への影響が話題に上り、ニュースとして配信される。その一面は【建設業界の人手不足状況を長期的にグラフ化してみる】でお伝えしている通りだが、今回は非正規雇用の中でもメインとなるパート・アルバイトの時給の推移を通し、市場動向をかいま見ることにする。

続きを読む "アルバイトの時給動向をグラフ化してみる"

15時0分RC-アルバイト時給, noindex

原油先物(WTI)価格の推移をグラフ化してみる

昨今ガソリン価格、そしてその大本となる原油価格の動向に大きな注目が集まっている。為替にも影響されるため日本国内のガソリン・灯油価格の変動は海外と比べればゆるやかなものだが、それでも小さからぬ値の動きが生じている。そして国際情勢は原油価格の変動を受け、大きな変化が生じ、また逆に国際情勢も原油価格の変動を起因として変化が起きている。そこで今回は原油先物(WTI、アメリカ南部などで産出される原油ウェスト・テキサス・インターミディエイト(West Texas Intermediate)の先物価格。原油価格の指標的な立ち位置にある)の動向を確認し、石油(原油)価格の変遷を眺めることにした。

続きを読む "原油先物(WTI)価格の推移をグラフ化してみる"

10時0分ガソリン動向, noindex

世界主要国の世帯年収別スマートフォン所有率をグラフ化してみる(最新)

2019-0210スマートフォンはソーシャルメディアをはじめ多様なインターネットサービスを容易に利用できる大変に便利なツールで、生活の豊かさに貢献するインフラ的存在として認識されつつある。他方、そのスマートフォンを利用するのにはそれなりのお金が必要になるため、経済格差が大きく反映されるのではとの指摘がある。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年春に実施した携帯電話関連の世界規模での調査結果報告書【Smartphone Ownership Is Growing Rapidly Around the World, but Not Always Equally】を基に、主要国のスマートフォン所有率の実情を世帯年収別に確認していくことにする。

続きを読む "世界主要国の世帯年収別スマートフォン所有率をグラフ化してみる(最新)"

5時8分海外, モバイル

世界主要国の学歴別ソーシャルメディア利用率をグラフ化してみる(最新)

2019-0210情報発信と受信のハードルを低くして、情報の取り扱いを誰もが容易にできるようにした画期的なインターネットサービスのソーシャルメディアは、人々の生活を大きく変えるほどの影響力を持っている。今や電気や水道、自動車のようなインフラ的存在と評しても過言では無いが、未だに利用していない人も多い。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年春に実施した携帯電話関連の世界規模での調査結果報告書【Smartphone Ownership Is Growing Rapidly Around the World, but Not Always Equally】を基に、主要国のソーシャルメディア利用率の実情を学歴別に確認していくことにする。

続きを読む "世界主要国の学歴別ソーシャルメディア利用率をグラフ化してみる(最新)"

5時7分海外, ソフト・ウェブサービス

2019/02/19

世界主要国の年齢階層別スマートフォン所有率をグラフ化してみる(最新)

2019-0210インターネットともに情報革命を引き起こした立役者であるスマートフォンは、若年層は多くの人が持ち、高齢層は忌避する傾向があるなど、年齢によって所有率に大きな違いがあると言われている。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年春に実施した携帯電話関連の世界規模での調査結果報告書【Smartphone Ownership Is Growing Rapidly Around the World, but Not Always Equally】を基に、主要国のスマートフォン所有率の実情を年齢階層別に確認していくことにする。

続きを読む "世界主要国の年齢階層別スマートフォン所有率をグラフ化してみる(最新)"

5時13分海外, モバイル

先進国の中央値は67%…主要国のソーシャルメディア利用状況をグラフ化してみる(最新)

2019-0209インターネットの普及、特にスマートフォンの利用拡大に伴い、人々の生活に大きな変化をもたらしている技術・サービスのトップに挙げられるのがソーシャルメディア。不特定多数への情報伝達を容易にし、情報の価値や性質も大きな変化を生じさせている。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年春に実施した携帯電話関連の世界規模での調査結果報告書【Smartphone Ownership Is Growing Rapidly Around the World, but Not Always Equally】を基に、主要国のソーシャルメディアの利用状況を確認していくことにする。

続きを読む "先進国の中央値は67%…主要国のソーシャルメディア利用状況をグラフ化してみる(最新)"

5時12分海外, ソフト・ウェブサービス

2019/02/18

世界主要国のスマートフォン普及状況をグラフ化してみる(最新)

2019-0207携帯電話はコミュニケーションのスタイルを大きく変化させたが、中でもインターネットの利用機能が充実しているスマートフォンは、人の表現能力を大きく飛躍させ、情報の価値をけた違いに大きなものとすることとなり、社会構造にも小さからぬ影響を与えている。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年春に実施した携帯電話関連の世界規模での調査結果【Smartphone Ownership Is Growing Rapidly Around the World, but Not Always Equally】を基に、主要国の携帯電話、そしてその中でもスマートフォンの所有状況を確認していくことにする。

続きを読む "世界主要国のスマートフォン普及状況をグラフ化してみる(最新)"

4時33分海外, モバイル

アメリカ合衆国では「トランプ大統領の話がしばしば話題に上る」人は25%(最新)

2019-0206対立する民主党の支持層やリベラルのイデオロギーを持つ人からは、まるで悪魔の象徴であるかのごとく忌み嫌われている感の強いアメリカ合衆国のトランプ大統領だが、実際に人々の日常生活の間ではどれほどまでに会話に上っているのだろうか。その実情について、アメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年11月5日に発表した調査結果【More Now Say It’s ‘Stressful’ to Discuss Politics With People They Disagree With】の結果から確認していく。

続きを読む "アメリカ合衆国では「トランプ大統領の話がしばしば話題に上る」人は25%(最新)"

4時31分海外, 政治・外交・行政・郵便

「New スーパーマリオブラザーズ U デラックス」が再びトップに…ゲームソフトランキング更新(2019/02/04-2019/02/10)

そろそろ目薬とマスクとティッシュの大量消費の気配がしてきた今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、任天堂の新作「New スーパーマリオブラザーズ U デラックス」(Nintendo Switch)がついた。お馴染みの横スクロール型のジャンプアクションゲーム「スーパーマリオブラザーズ」シリーズの派生的タイトルで、任天堂のゲーム機Wii Uの本体と同時に発売された「New スーパーマリオブラザーズ U」のNintendo Switch版。プレイヤーはマリオ達の立場から、占領されたピーチ城を目指して仕掛けが盛りだくさんのコースに挑戦することになる。今作ではルイージが主人公の「New スーパールイージ U」(Wii U版では有料追加コンテンツとして提供された)も収録されている。発売第5週目に突入したが、単週セールスは4万本近くと堅調。プレイヤーの意見もさほど悪くない。

続きを読む "「New スーパーマリオブラザーズ U デラックス」が再びトップに…ゲームソフトランキング更新(2019/02/04-2019/02/10)"

4時0分ゲームランキング

2019/02/17

「政治的な思惑が異なる相手と話しても共通点を見出すのは難しい」アメリカ合衆国では63%が同意(最新)

2019-0206政治的思惑は宗教的な方向性があり、物理的・論理的事実を覆してでも信奉をしてしまうことも少なくない。異なる思惑を持つ者同士の会話は、新たな見地を得たり理解を深めたりする機会をもたらしてくれるが、言葉が通じるのに話が通じないという認識のような、反発やストレスを覚えさせ、自分自身の思惑への思いを(それが正しいか否かを問わず)より強固なものとしてしまうこともある。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年11月5日に発表した調査結果【More Now Say It’s ‘Stressful’ to Discuss Politics With People They Disagree With】を基に、同国内の政治的思惑の違いやイデオロギーによる対立構造の実情を、政治的思惑が異なる相手との会話をした際に、共通点を覚えるか否かという観点から確認していくことにする。

続きを読む "「政治的な思惑が異なる相手と話しても共通点を見出すのは難しい」アメリカ合衆国では63%が同意(最新)"

5時4分海外, 政治・外交・行政・郵便

アメリカ合衆国の民主党支持者のうちリベラルな人は政治的な対立相手との会話で63%がストレスを感じている(最新)

2019-0206主張が異なる相手との会話は有意義な見識を得たり新しい発見を覚える機会となることもあれば、別次元の世界の人との会話のようにストレスを感じてしまうこともある。対立が生じることが多い政治面での会話は特に反発的な感情が生じやすい。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年11月5日に発表した調査結果【More Now Say It’s ‘Stressful’ to Discuss Politics With People They Disagree With】を基に、同国内の政治的思惑の違いやイデオロギーによる対立構造の実情を、会話をした時の心境から確認していくことにする。

続きを読む "アメリカ合衆国の民主党支持者のうちリベラルな人は政治的な対立相手との会話で63%がストレスを感じている(最新)"

5時3分海外, 政治・外交・行政・郵便

2019/02/16

政治的に対立する意見を持つ人との政治的会話で感じることは、そのアメリカ合衆国事情(最新)

2019-0206他人との意見のやり取りは情報交換や新しい考え方を知ることができるなどの有意義な成果を得られることもあれば、価値観や視点の違いなどからストレスを感じさせる結果に終わることもある。主義などで対立する要素が多い政治関連の話では、対立構造が明確化している場合が多く、異なる考え方を持つ人同士の間の会話では、ストレスを覚えてしまうことも少なくない。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年11月5日に発表した調査結果【More Now Say It’s ‘Stressful’ to Discuss Politics With People They Disagree With】を基に、同国内の政治的思惑の違いによる対立構造の実情を、会話をした時の心境から確認していくことにする。

続きを読む "政治的に対立する意見を持つ人との政治的会話で感じることは、そのアメリカ合衆国事情(最新)"

5時19分海外, 政治・外交・行政・郵便



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN