2018/11/19

TBSとテレビ朝日が上昇、日本テレビが大きく下げる…主要テレビ局の直近視聴率をグラフ化してみる(2019年3月期・上期)

2018-1118従来型4マスメディア、具体的にはテレビ・新聞・雑誌・ラジオの中で、最大の広告市場規模と媒体力を持つとともに、昨今の広告市場動向では、唯一復調の兆しを示しているのがテレビ。そのテレビ全体、あるいは各局、さらには各番組のすう勢を推し量るのに、もっともシンプル、かつ明確な指標が「(世帯)視聴率」。要は世帯単位でどれだけその番組・テレビ局、さらにはテレビ放送そのものが視聴されているかを指し示したもので、雑誌や新聞ならば購読者数、販売部数に相当する。今サイトではテレビ局の中でもキー局、そして上場を(直接、あるいは間接的に)果たしている企業の(半期)決算短信資料などを基に、ほぼ半年毎にキー局の視聴率動向を確認している。今回は2018年11月に発表された各社の半期決算短信資料を基に、2019年3月期(2018年4月から2019年3月)における上期の視聴率動向を確認していくことにする。

続きを読む "TBSとテレビ朝日が上昇、日本テレビが大きく下げる…主要テレビ局の直近視聴率をグラフ化してみる(2019年3月期・上期)"

5時12分テレビ視聴率, 逐次新値反映記事

2018/11/18

日本同様に減少中…!? アメリカ合衆国の喫煙率推移をグラフ化してみる(CDC版)(最新)

2018-1107先に【アメリカ合衆国の喫煙状況をグラフ化してみる】でアメリカ合衆国のCDC(Centers for Disease Control and Prevention:米疾病予防管理センター)内部局Behavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)にある【BRFSS Prevalence & Trends Data】の公開値を基に、同国の直近における喫煙状況について確認を行った。今回はその補足版として、喫煙率の経年推移を精査していくことにする。日本では喫煙率は漸減傾向にあることが知られているが、アメリカ合衆国ではどのような動きを見せているのだろうか。

続きを読む "日本同様に減少中…!? アメリカ合衆国の喫煙率推移をグラフ化してみる(CDC版)(最新)"

5時29分米国飲酒・喫煙・肥満(CDC), 逐次新値反映記事

アメリカ合衆国の飲酒状況をグラフ化してみる(CDC版)(最新)

2018-1107たばこ同様に大人だけのたしなみ、し好品であるとともに、身体にはマイナスの影響を与えることが多いため、昨今の健康志向を受けて飲む人が減っているといわれている「お酒」。今回はそのお酒の飲まれ具合について、アメリカ合衆国の現状を公的機関のデータを基に探ることにした。

続きを読む "アメリカ合衆国の飲酒状況をグラフ化してみる(CDC版)(最新)"

5時26分米国飲酒・喫煙・肥満(CDC), 逐次新値反映記事

2018/11/17

喫煙者2割を下回る…アメリカ合衆国の喫煙状況をグラフ化してみる(CDC版)(最新)

2018-1107たばこの喫煙率は日本では【年齢階層別成人喫煙率をグラフ化してみる】【2018年の全体喫煙率17.9%、男性3割切れ継続・女性は9%割れまで減少(JT発表)】にある通り、漸減状態にある。たばこの健康上におけるマイナス面に関しては日本以上に厳しい眼差しを向けているアメリカ合衆国では、たばこの喫煙状況はいかなる状況となっているのだろうか。今回は直近の喫煙動向について、同国の公的機関が提示しているデータを基に確認していくことにする。

続きを読む "喫煙者2割を下回る…アメリカ合衆国の喫煙状況をグラフ化してみる(CDC版)(最新)"

5時25分米国飲酒・喫煙・肥満(CDC), 逐次新値反映記事

2018/11/16

約3割は肥満か過体重…アメリカ合衆国の子供における肥満状態をグラフ化してみる(CDC版)(最新)

2018-1106先行記事【アメリカ合衆国の肥満状態をグラフ化してみる】でアメリカ合衆国のCDC(Centers for Disease Control and Prevention:米疾病予防管理センター)の公開値を用い、同国の成人における肥満状況を確認した。CDCでは大人以外に、子供(14-17歳)に関する肥満状況の値も収録されている。調査頻度は大人の毎年と違い、2年毎ではあるが、大いに参考になる値に違いない。今回は大人の場合同様に、アメリカ合衆国の子供における肥満状況を確認していくことにした。

続きを読む "約3割は肥満か過体重…アメリカ合衆国の子供における肥満状態をグラフ化してみる(CDC版)(最新)"

4時53分米国飲酒・喫煙・肥満(CDC), 逐次新値反映記事

2018/11/14

31の州・地域は成人の3割以上が肥満判定…アメリカ合衆国の肥満状態をグラフ化してみる(CDC版)(最新)

2018-1106ベーコンのような油気の強い物への飽くなき願望に代表されるダイナミックな食生活、ファストフードをはじめとする外食産業の浸透、加工食品の普及ぶりなど、特徴的な生活様式もあり、アメリカ合衆国では肥満体系を持つ人が多いことで知られている。今回は同国の公的機関のデータを基に、その実情をグラフで確認してみることにする。

続きを読む "31の州・地域は成人の3割以上が肥満判定…アメリカ合衆国の肥満状態をグラフ化してみる(CDC版)(最新)"

5時21分米国飲酒・喫煙・肥満(CDC), 逐次新値反映記事

ソーシャルメディア上でのbotのよし悪し、アメリカ合衆国の人はどのように考えているのか…比較的肯定意見が少ない編

2018-1105ソーシャルメディアは多数の人の意見や情報を得ることができる、情報の流れの概念の上でも回転寿司をイメージすると理解しやすい存在。その特性を利用したbot(Robotが由来。機械的に情報を生成し、定められた仕組みに従って情報を公開する自動プログラム)もまた、人と同じように情報を流していき、利用者はその情報を取得していく。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年10月15日に発表した調査結果【Social Media Bots Draw Public’s Attention and Concern】を基に、ソーシャルメディア上でのbotの使い方について、どのようなものであれば許されるのか、その実情に関して、比較的肯定意見が少ない選択肢の中身を見ていくことにする。

続きを読む "ソーシャルメディア上でのbotのよし悪し、アメリカ合衆国の人はどのように考えているのか…比較的肯定意見が少ない編"

5時19分海外, インターネット

2018/11/13

ソーシャルメディア上でのbotのよしあし、アメリカ合衆国の人はどのように考えているのか…比較的肯定意見が多い編

2018-1105ソーシャルメディアは多数の人の意見や情報を取得可能な、情報の流れの概念の上でも回転寿司をイメージすると理解しやすい存在ではある。その特性を利用したbot(Robotが由来。機械的に情報を生成し、定められた仕組みに従って情報を公開する自動プログラム)もまた、人と同じように情報を流していき、利用者はその情報を取得していく。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年10月15日に発表した調査結果【Social Media Bots Draw Public’s Attention and Concern】を基に、ソーシャルメディア上でのbotの使い方について、どのようなものであれば許されるのか、その実情に関して、比較的肯定意見が多い選択肢の中身を見ていくことにする。

続きを読む "ソーシャルメディア上でのbotのよしあし、アメリカ合衆国の人はどのように考えているのか…比較的肯定意見が多い編"

5時11分海外, インターネット

ソーシャルメディア上のニュースがbotによるものかどうか、どのような影響を及ぼすと考えているのか、アメリカ合衆国での見方をグラフ化してみる

2018-1105ソーシャルメディアは多数の人の意見や情報を取得可能な、情報の流れの概念の上でも回転寿司的な存在といえる。その特性を利用したbot(Robotが由来。機械的に情報を生成し、定められた仕組みに従って情報を公開する自動プログラム)もまた、人と同じように情報を流し、人々はその情報を取得していく。特にソーシャルメディアによって恩恵を受けているニュースの分野の情報は、どれほどまでがbotによるものだろうか。アメリカ合衆国の人達の認識について、同国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年10月15日に発表した調査結果【Social Media Bots Draw Public’s Attention and Concern】を基に確認していく。

続きを読む "ソーシャルメディア上のニュースがbotによるものかどうか、どのような影響を及ぼすと考えているのか、アメリカ合衆国での見方をグラフ化してみる"

5時10分海外, インターネット

2018/11/12

ソーシャルメディア上のbotは善か悪か、そしてbotか否かを見分けられるか、アメリカ合衆国の人達の実情をグラフ化してみる

2018-1104ソーシャルメディアは気軽に多数の人の意見や情報を取得できる回転寿司的な存在で、その特性を利用したbot(Robotが由来。機械的に情報を生成し、定められた仕組みに従って情報を公開する自動プログラム)もまた、人と同じように情報を流していく。その仕組みは人々からどのような認識を受けているのだろうか。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年10月15日に発表した調査結果【Social Media Bots Draw Public’s Attention and Concern】を基に、同国の人達におけるソーシャルメディア上のbotへの認識の実情を確認していく。

続きを読む "ソーシャルメディア上のbotは善か悪か、そしてbotか否かを見分けられるか、アメリカ合衆国の人達の実情をグラフ化してみる"

5時22分海外, ソフト・ウェブサービス

2018/11/11

ソーシャルメディア上のbotの存在を知っているアメリカ合衆国の人は66%

2018-1104ソーシャルメディアは気軽に多数の人の意見や情報を取得できる回転寿司的な存在であり、その特性を利用したbot(Robotが由来。機械的に情報を生成し、定められた仕組みに従って情報を公開する自動プログラム)もまた、人に成りすまして情報を流していく。botによって情報が自動生成・配信される仕組みそのものは使い方次第で有益なものとなることもあれば、人をかどわかし混乱に陥れる悪しき存在ともなりうる。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年10月15日に発表した調査結果【Social Media Bots Draw Public’s Attention and Concern】を基に、同国の人達がどれほどまでにソーシャルメディア上のbotを認識しているか、その実情を確認する。

続きを読む "ソーシャルメディア上のbotの存在を知っているアメリカ合衆国の人は66%"

5時26分海外, ソフト・ウェブサービス

2018/11/10

36%は「長いな」と認識…アメリカ合衆国での保護者本人の携帯電話やソーシャルメディアの利用時間

2018-1103昔は単なる外遊び、少し前まではテレビゲーム、そして最近では携帯電話の利用に関して、保護者は子供の過度な利用を心配してしまう。暇さえあれば夢中になるその様子に、もっと勉強してほしい、そればかりにとらわれて他のことをしなくなるのでは、まるで病気みたいに見える、色々と想像するのも無理はない。それではそのような不安を子供に抱く保護者自身は、同様に夢中になりすぎてはいないだろうか。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年8月22日に発表した調査報告書【「How Teens and Parents Navigate Screen Time and Device Distractions」】から、同国の保護者の立場にある人達における、自分の携帯電話などの利用をどのように認識しているのか、その実情を確認する。

続きを読む "36%は「長いな」と認識…アメリカ合衆国での保護者本人の携帯電話やソーシャルメディアの利用時間"

5時10分海外, モバイル

2018/11/09

「もし携帯電話が無かったら」アメリカ合衆国の子供達の心境をグラフ化してみる

2018-1103今や携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォンの双方)は日々の生活において欠かせない存在となりつつある。携帯電話を通じて得られる情報は世界に通じ、瞬時に必要な情報を手にすることができ、さらには発信することができる。利用者にとっては宇宙空間における酸素補給装置のような存在に違いない。それではその携帯電話が無かったら、人はどのような思いを抱くのだろうか。アメリカ合衆国の子供達の思いについて、同国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年8月22日に発表した調査報告書【「How Teens and Parents Navigate Screen Time and Device Distractions」】から確認する。

続きを読む "「もし携帯電話が無かったら」アメリカ合衆国の子供達の心境をグラフ化してみる"

5時13分海外, モバイル

「携帯利用しすぎ」54%、「SNSやりすぎ」41%…アメリカ合衆国の子供達の過度な熱中の自覚度合いをグラフ化してみる

2018-1102携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォン双方)は多様な機能を使うことで永遠に時間を費やせそうな気がするほどの楽しみを覚えるし、中でもSNS(ソーシャルメディア)はこの世の終わりまで画面を見続け情報を追いかけリアクションをしたくなるような不思議な感覚すら覚える。自制心の鍛え方に不足感がある子供は、ついつい携帯電話の利用に長時間を過ごしてしまうもの。今回はアメリカ合衆国の子供達の携帯電話に対する夢中度の実情を同国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年8月22日に発表した調査報告書【「How Teens and Parents Navigate Screen Time and Device Distractions」】から確認する。

続きを読む "「携帯利用しすぎ」54%、「SNSやりすぎ」41%…アメリカ合衆国の子供達の過度な熱中の自覚度合いをグラフ化してみる"

5時12分海外, モバイル

2018/11/08

「携帯やりすぎ」との自覚、子供は54%・保護者36%…アメリカ合衆国の携帯電話利用実情をグラフ化してみる(最新)

多様な機能を搭載しインターネットを使ってあらゆる情報を即時に入手でき、色々な情報発信をすることすら可能な携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォンの双方)。まるで魔法の杖を手に入れたかのような魅力に取りつかれ、夢中で時間を溶かしてしまう人も多い。携帯電話では日本に先を行くアメリカ合衆国における子供やその保護者の、携帯電話に夢中な日常生活の実情を、同国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年8月22日に発表した調査報告書【「How Teens and Parents Navigate Screen Time and Device Distractions」】から確認する。

続きを読む "「携帯やりすぎ」との自覚、子供は54%・保護者36%…アメリカ合衆国の携帯電話利用実情をグラフ化してみる(最新)"

4時50分海外, インターネット

ロボットやコンピューターが人の仕事を代替する世の中で、人々の仕事を確保するために誰が責任を持つべきか

新技術は人の生活を豊かに、便利に、不可能なことを可能にするために生み出されるものだが、多分において同時に人の仕事を奪い、その人を不幸にする。昨今の新技術の代表格であるロボットやコンピューターは労働市場の構造を変え、多くの人の職を奪うのではとの懸念もある。それではこのような状況において、政府や学校、そして自分自身は対応の責任を負うべきなのだろうか。アメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年9月13日に発表した調査報告書【In Advanced and Emerging Economies Alike, Worries About Job Automation】を基に、諸国の人達の考えを確認していく。

続きを読む "ロボットやコンピューターが人の仕事を代替する世の中で、人々の仕事を確保するために誰が責任を持つべきか"

4時48分海外, 科学・技術

2018/11/07

ロボットやコンピューターが人の仕事を代替したら、貧富の差は拡大するのだろうか

技術革新は人の生活をより便利に、豊かに、できないこともできるようにするために行われる。しかしそれは同時に、これまで人がしてきた仕事を新技術が代替し、人の役割が失われることをも意味する。技術の進歩に伴う就業構造の変化に代表される、経済の構造の変化はいつの世にも生じていることだが、昨今のロボットやコンピューターなどの新技術は、社会にこれまでに無い大きな動きをもたらすのではないかと予想されている。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年9月13日に発表した調査報告書【In Advanced and Emerging Economies Alike, Worries About Job Automation】を基に、昨今の新技術の代表格であるロボットやコンピュータが人の仕事の多くを代替するようになると、どのような社会となるのか、諸国の人々の想像の実情を確認していく。

続きを読む "ロボットやコンピューターが人の仕事を代替したら、貧富の差は拡大するのだろうか"

5時7分海外, 科学・技術

「半世紀後にロボットやコンピューターが多くの仕事で人にとって代わる」世界の人達の思いをグラフ化してみる

技術革新は人の苦労を減らし不可能なことができるようにするために行われるが、それによって従来人がこなしていた仕事が新技術に奪われる、競争力で太刀打ちできなくなることが多々ある。利用者側の観点では便利になり快適さが増し低コストで利用できることになるが、それは同時に今までそれに従事していた人の仕事を奪うことにもなる。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年9月13日に発表した調査報告書【In Advanced and Emerging Economies Alike, Worries About Job Automation】を基に、昨今の技術革新の代表格であるロボットやコンピュータに関して、人の仕事を代替しうる立場となるのか否かについて、諸外国の人達がどのような考えを抱いているのかを確認していく。

続きを読む "「半世紀後にロボットやコンピューターが多くの仕事で人にとって代わる」世界の人達の思いをグラフ化してみる"

5時6分海外, 科学・技術

2018/11/06

米国の子供達のデジタル格差の実情をグラフ化してみる

情報取得のツールとして、今では日常生活において欠かせない存在となったインターネット。気軽さや機動力の観点ではスマートフォンがもっとも優れているが、本格的な調べものをする時や情報の精査の上では、パソコンの方が使いやすいことは否定できない。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerによる調査結果を基に、同国の子供達におけるインターネット接続やパソコンの利用環境の実情を確認していくことにする(【Nearly one-in-five teens can’t always finish their homework because of the digital divide】)。

続きを読む "米国の子供達のデジタル格差の実情をグラフ化してみる"

5時2分海外, 科学・技術

2018/11/05

デジタル格差は米国の子供達の間にも生じている

今では子供達の勉強スタイルにおいても、インターネットを辞書や先生の代わりに用いて勉強をするのが当たり前になっている。しかしそれは見方を変えれば、インターネットが使える人と使えない人との間では、子供達の間においてもデジタル格差が勉強面で生じていることになる。実際にはどの程度の格差が生じているのか、インターネット関連の教育では先進的なイメージの強い、アメリカ合衆国の事例を確認してみることにする(【Nearly one-in-five teens can’t always finish their homework because of the digital divide】)。

続きを読む "デジタル格差は米国の子供達の間にも生じている"

5時15分海外, 教育・育児



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN