2018/05/23

株式市場雑感(18/05/21-18/05/25週)(週終値:-)(最新)

株式市場雑感■18/05/21:日経平均終値2万3002円37銭/125.3
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。寄り付きは前営業日の米国市場の動向を反映してわずかながらのプラスだったが、米中間の貿易摩擦が緩和する方向で話が伝わると買い進まれた。また円安に為替が動いたのもプラス材料に。ただしここ数日間の上昇ぶりからの警戒感もあり、上げ幅は限定的となった。出来高は12億9359万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.31%、TOPIXは-0.08%、マザーズ指数は+1.40%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+0.24%となる。

続きを読む "株式市場雑感(18/05/21-18/05/25週)(週終値:-)(最新)"

20時28分株式市場雑感, 逐次新値反映記事

聴いてる人でも1日平均2時間近く…ラジオ視聴者の平均視聴時間などをグラフ化してみる(2018年4月度版)(最新)

2018-0519主要なメディアの中でも広告費の落ち込みが著しい、震災で大きくクローズアップされたなど、周辺環境が大きく揺れ動いているのがラジオ。メディアとしての躍進著しいインターネットとの相性も決して悪くは無いはずなのだが、効果的な連動の仕組みが構築できず、状況の回復は思わしく無いとの話も見聞きする。それではラジオの聴取動向はどのような推移を見せ、また聴取している人の聴取時間はいかなる変化を示しているのだろうか。ビデオリサーチが定期的にプレスリリースを公開しているラジオ聴取動向の最新データ(【発表リリース:ビデオリサーチ2018年4月度首都圏ラジオ調査結果まとまる】)をはじめ取得可能な値を基に、震災前後のラジオ聴取動向について、聴取時間などの観点から確認をしていくことにする。

続きを読む "聴いてる人でも1日平均2時間近く…ラジオ視聴者の平均視聴時間などをグラフ化してみる(2018年4月度版)(最新)"

4時52分首都圏ラジオ調査, 逐次新値反映記事

下方トレンドの終わりが見えてきた!?…震災後のラジオ聴取動向をグラフ化してみる(2018年4月度版)(最新)

2018-0519従来型4大メディア(テレビ・新聞・雑誌・ラジオ)の中で、この数年においてもっとも大きな状況変化にさらされているのがラジオ。インターネットや携帯電話の普及でメディア力(りょく)の減退著しく、広告費は減退するばかりの中、先の震災をきっかけにその存在意義を認められ、新たな立ち位置を確保しつつあるとも言われている。今回はビデオリサーチが定期的にプレスリリースとして公開を実施しているラジオ聴取動向の最新発表値(【発表リリース:ビデオリサーチ2018年4月度首都圏ラジオ調査結果まとまる】)をはじめとした各種経年データを基に、震災前後のラジオ聴取動向について探りを入れていく。

続きを読む "下方トレンドの終わりが見えてきた!?…震災後のラジオ聴取動向をグラフ化してみる(2018年4月度版)(最新)"

4時50分首都圏ラジオ調査, 逐次新値反映記事

ラジオはどこで聴いているか…場所別・年齢階層別のラジオ聴取動向をグラフ化してみる(2018年4月度版)(最新)

2018-0519インターネットや携帯電話など新メディアの普及で大きな影響を受け、大手従来型メディアの中でも紙媒体とともにメディア力(りょく)の減退が著しいラジオ。一方で先の震災によりその存在意義を見直され、復権の様相も呈しつつある。そのラジオが活躍の場を与えられるのは、何も自宅内だけでは無い。特に震災後の非日常的な状況下では屋外での活躍ぶりが注目された。今回はビデオリサーチが定期的にプレスリリースの形で公開を実施しているラジオ聴取動向の最新データ(【発表リリース:ビデオリサーチ2018年4月度首都圏ラジオ調査結果まとまる】)を基に、直近の状況における聴取場所別のラジオ視聴動向を確認していくことにする。

続きを読む "ラジオはどこで聴いているか…場所別・年齢階層別のラジオ聴取動向をグラフ化してみる(2018年4月度版)(最新)"

4時48分首都圏ラジオ調査, 逐次新値反映記事

全体平均で5.2%、しかし男性60代は2倍近くの10.1%…年齢階層別・ラジオを聴く人の割合をグラフ化してみる(2018年4月度版)(最新)

2018-0519ビデオリサーチが定期的にプレスリリースとして公開しているラジオ聴取動向の最新データ(【発表リリース:ビデオリサーチ2018年4月度首都圏ラジオ調査結果まとまる】)によれば、首都圏の平均ラジオ聴取率は5.2%とのこと。しかし男女別、年齢階層別には大きな違いが生じていることが確認できる。そこで今回は公開データを基に、男女別、そして10歳区切りでの年齢階層別における聴取率を精査していく。他の大手従来型メディア同様に、シニア層ほど聴取率は高いのだろうか。

続きを読む "全体平均で5.2%、しかし男性60代は2倍近くの10.1%…年齢階層別・ラジオを聴く人の割合をグラフ化してみる(2018年4月度版)(最新)"

4時47分首都圏ラジオ調査, 逐次新値反映記事

首都圏のラジオ平均聴取率5.2%、高齢者は平日で8.2%(2018年4月度版)(最新)

2018-0519従来型の大手4メディア、具体的にはテレビ・新聞・ラジオ・雑誌のうち、広告費動向から考察すると、電波媒体においては影響力の低下が目立つのがラジオ。一方、先の震災をきっかけに、その存在意義について価値の見直しがなされ、多くの人が再びラジオを手にするようになったことも記憶に新しい。今回はビデオリサーチが定期的にリリースとして配信している、首都圏(東京駅を中心とした半径35キロ圏内)を対象にした自主ラジオ個人聴取率結果のうち、現時点で最新の値となる2018年4月度分を中心に、聴取率などについて確認をしていくことにする(【発表リリース:ビデオリサーチ 2018年4月度首都圏ラジオ調査の結果まとまる】)。

続きを読む "首都圏のラジオ平均聴取率5.2%、高齢者は平日で8.2%(2018年4月度版)(最新)"

4時44分首都圏ラジオ調査, 逐次新値反映記事

2018/05/22

全体的に軟調でマイナスに…2018年4月度チェーンストア売上高、前年同月比マイナス1.2%

チェーンストア(スーパーマーケットやデパートなど)の業界団体である【日本チェーンストア協会】は2018年5月22日付で同協会公式サイトにおいて、チェーンストアの2018年4月度分販売統計速報(月報)を発表した。その内容によると2018年4月は食料品、衣料品、住関品すべてにおいて不調で、売上総額の前年同月比はマイナス1.2%(店舗調整後)を示す形となった(【同協会内発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "全体的に軟調でマイナスに…2018年4月度チェーンストア売上高、前年同月比マイナス1.2%"

16時29分チェーンストア売上, 逐次新値反映記事

熱中症による搬送者数は1週間で957人(2018年5月14日-5月20日)(最新)

2018-0522総務省消防庁は2018年5月22日、同年5月14日から5月20日の一週間における熱中症搬送人数が957人(速報値)であることを発表した。今年分は4月30日から熱中症による搬送人数の調査を始めており、消防庁が掌握している累計人数は1502人(速報値)となっている。初診時に熱中症を起因とする死亡者は今回週では1人が、3週間以上の入院加療が必要な重症判定を受けた人は24人が確認されている(【消防庁:熱中症情報ページ】)。

続きを読む "熱中症による搬送者数は1週間で957人(2018年5月14日-5月20日)(最新)"

10時22分熱中症搬送状況, 逐次新値反映記事

約40年にわたる学習塾の月謝推移をグラフ化してみる(最新)

2018-0520先の記事【70年近くにわたる大学授業料の推移をグラフ化してみる(最新)】で総務省統計局における公開値【小売物価統計調査(動向編)調査結果】を基に、大学生の授業料負担に関する検証を行った。その際に「授業を行う側、教鞭を取る側の給与はいかなる推移を示しているのだろうか」と、視点を変えた疑問が生じることとなった。そこで今回は同じく「小売物価統計調査」を基に、教鞭を取る側の給与を推測できる値の一つ、学習塾の月謝についてその推移を確認していくことにする。

続きを読む "約40年にわたる学習塾の月謝推移をグラフ化してみる(最新)"

5時20分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

50年近くにわたる乗用車価格の推移をグラフ化してみる(最新)

2018-0518もはや陳腐化した感すら否めない「若者の自動車離れ」なる言葉。若年層が自動車を乗らなくなった、買い求めなくなったとするものだが、原因は多種多様におよび、また自動車離れが生じているのは都市部在住者のみであるとの話もある。そしてその「自動車離れ」の最大の原因とされるのが「自動車の価格・維持費が高いため、若年層の購買力では維持できない」とするもの。そこで今回は【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】で用いた手法を流用する形で、総務省統計局における公開値【小売物価統計調査(動向編)調査結果】から各種計算を施し、自動車のお金関連の要素「本体価格」「維持費」のうち前者である価格の推移を確認していくことにする。

続きを読む "50年近くにわたる乗用車価格の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時17分長期価格・数値推移

2018/05/21

客数減少続くも客単価上昇で売上アップ…2018年4月度のコンビニ売上高は既存店が0.7%のプラス、3か月連続

2018-0521日本フランチャイズチェーン協会は2018年5月20日に、コンビニエンスストアの同年4月度分統計調査月報を、同協会公式サイト上で公開した。その内容によると協会加盟コンビニの同月度の売上高は既存店前年同月比でプラス0.7%となり、4か月連続のプラスを示すこととなった。好天に恵まれ平均気温も高く、行楽需要を受けてカウンター商材や中食、各種飲料やアイスクリームなどが好調に推移したことから客単価が底上げされ、売上を伸ばすのに貢献する形となった(【日本フランチャイズチェーン協会公式ページ】)。

続きを読む "客数減少続くも客単価上昇で売上アップ…2018年4月度のコンビニ売上高は既存店が0.7%のプラス、3か月連続"

17時9分コンビニ売上, 逐次新値反映記事

アルバイトの時給動向をグラフ化してみる(最新)

2018-0521雇用市場における需給関係の変化は建設業やパート・アルバイト界隈で特に活発化しており、単なる人手不足の動向に留まらず、その状況を起因としたさまざまな方面への影響が話題に上り、ニュースとして配信される。その一面は【建設業界の人手不足状況を長期的にグラフ化してみる】でお伝えしている通りだが、今回は非正規雇用の中でもメインとなるパート・アルバイトの時給の推移を通し、市場動向をかいま見ることにする。

続きを読む "アルバイトの時給動向をグラフ化してみる(最新)"

16時33分RC-アルバイト時給, 逐次新値反映記事

70年近くにわたる大学授業料の推移をグラフ化してみる(最新)

2018-0518昨今では多くの人が通い卒業することになる大学。その修学費用に関して金額の負担の大きさが問題視される一方、かつて大学へ修学していた人たちによる「大学授業料位は自分の手で稼いだものだ」とする意見を少なからず見聞きする。そこで今回は【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】で用いた手法を流用する形で、総務省統計局における公開値【小売物価統計調査(動向編)調査結果】から各種計算を施し、大学授業料の推移を確認していくことにする。

続きを読む "70年近くにわたる大学授業料の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時11分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

60年近くにわたるガス料金の推移をグラフ化してみる(最新)

日常生活を営む上で電気同様欠かせないインフラの一つが「ガス」。最近ではIHなどを用いてガスを一切使わない(オール電化)世帯もあるが、今なおガスは生活の中で、特に料理や湯沸し用として欠かせない存在に違いない。そこで今回は【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】で抽出・算出した、総務省統計局における公開値【小売物価統計調査(動向編)調査結果】を用いて各種計算を施し、ガス料金の推移を確認していくことにする。

続きを読む "60年近くにわたるガス料金の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時8分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

60年近くにわたる電気料金の推移をグラフ化してみる(最新)

2018-0517近代的な日常生活を営む上では欠かせないエネルギーの一つが「電気」。家庭用で使われる電気の多くは、各電力会社が供給するものを用い、月次で使用した分だけ料金を支払うことになる。昨今では先の震災を経ての電力事情を受け、これまで以上に電気代(電気料金)への注目・関心が高まりつつある。そこで今回は【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】で用いた、総務省統計局による公開データ【小売物価統計調査 調査結果】を基に、電気料金の推移を確認していくことにする。

続きを読む "60年近くにわたる電気料金の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時6分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

「ドンキーコング トロピカルフリーズ」が2週連続最上位に…ゲームソフトランキング更新(2018/05/07-2018/05/13)(最新)

ゲームランキング夏を思わせる暑さの日もあれば、梅雨が一足先にやってきたような雨模様の日もあり、寒暖差から体調不良にも注意しなければとの思いも抱く今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、前回週に続き任天堂の新作「ドンキーコング トロピカルフリーズ」(Nintendo Switch)がついた。かつてWii Uで展開されていた「ドンキーコング トロピカルフリーズ」のNintendo Switch版で、「スーパードンキーコング」シリーズの最新作に当たる。プレイヤーはドンキーコングなど4兄弟の立場から、雪と氷の世界に変えられ乗っ取られたドンキーコングアイランドを取り戻すため、冒険を行うことになる。発売から2週目に突入し、相変わらず難易度が高めとの指摘もあるが、トップは継続。

続きを読む "「ドンキーコング トロピカルフリーズ」が2週連続最上位に…ゲームソフトランキング更新(2018/05/07-2018/05/13)(最新)"

5時4分ゲームランキング, 逐次新値反映記事

2018/05/20

原油先物(WTI)価格の推移をグラフ化してみる(最新)

2018-0520昨今ガソリン価格、そしてその大本となる原油価格の動向に大きな注目が集まっている。為替にも影響されるため日本国内のガソリン・灯油価格の変動は海外と比べればゆるやかなものだが、それでも小さからぬ値の動きが生じている。そして国際情勢は原油価格の変動を受け、大きな変化が生じ、また逆に国際情勢も原油価格の変動を起因として変化が起きている。そこで今回は原油先物(WTI、アメリカ南部などで産出される原油ウェスト・テキサス・インターミディエイト(West Texas Intermediate)の先物価格。原油価格の指標的な立ち位置にある)の動向を確認し、石油(原油)価格の変遷を眺めることにした。

続きを読む "原油先物(WTI)価格の推移をグラフ化してみる(最新)"

10時48分ガソリン動向, 逐次新値反映記事

70年近くにわたる映画観覧料推移をグラフ化してみる(最新)

2018-0517【60年余りの間の映画館数の変化をグラフ化してみる】でも解説しているが、家庭用テレビの大型化やスマートフォンの普及、インターネット上の動画配信の高性能化に伴い、映画館の存在意義が大きく問われる時代が到来している。その過程で映画観覧料に関する論議も繰り返され、【高校生の映画料金1000円に値下げ、6月からTOHOシネマズで実施】を例に挙げるように多種多様な実証実験も行われている。それでは過去における映画観覧料はどのような推移を示していたのだろうか。今回は【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】を執筆した際に利用した、総務省統計局が公開中の【小売物価統計調査(動向編)調査結果】のデータを基に、動向を確認していくことにする。

続きを読む "70年近くにわたる映画観覧料推移をグラフ化してみる(最新)"

5時11分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

60年近くにわたる民間・公営賃貸住宅の家賃推移をグラフ化してみる(最新)

2018-0516当サイトで毎月更新している「新設住宅戸数動向」は新築住宅の建設動向を記したものだが、個人の買取の住宅(持家)や売り出し用の住宅(分譲住宅)以外に、貸し出し用の賃貸住宅(貸家)の新設の動きも反映されている。住まいの需要として賃貸住宅は未だ民間・公営ともに大きな需要を持ち、その需要に応えるべく供給が行われている次第である。今回はその賃貸住宅の家賃について、【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】を執筆した際に使った、総務省統計局が公開している【小売物価統計調査(動向編)調査結果】の値を基に、その移り変わりを精査していくことにする。

続きを読む "60年近くにわたる民間・公営賃貸住宅の家賃推移をグラフ化してみる(最新)"

5時9分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

2018/05/19

2018年4月のたばこ販売本数はマイナス13.7%、減退継続中(最新)

2018-0519日本たばこ協会は2018年5月18日に同協会公式サイトにおいて、2018年4月の紙巻きたばこの販売実績を発表した。その発表データによれば2018年4月の紙巻きたばこの販売実績は109億本となり、前年同月比ではマイナス13.7%となった。販売代金はマイナス13.2%の2384億円を示している(【日本たばこ協会:公式ページ・トピックス一覧】)。

続きを読む "2018年4月のたばこ販売本数はマイナス13.7%、減退継続中(最新)"

10時11分たばこ売上, 逐次新値反映記事



(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN