2017/10/31

尖閣諸島を知った経由「テレビ・ラジオ」が95%、求める取り組みも「テレビ」が最多回答(最新)

2017-1030内閣府は2017年10月27日に、尖閣諸島に関する世論調査の結果(概要)を発表した。その内容によると「尖閣諸島」そのものを知っている人においては、知った経路としてもっとも多かったのは「テレビ」だった。95%の人がテレビを通じて尖閣諸島のことを知ったと答えている。次いで「新聞」「雑誌・書籍」が続いている。また、今後尖閣諸島への関心を高めるために必要な啓蒙活動としては、「テレビ番組や新聞を利用した詳細な情報提供」を挙げる人がもっとも多く7割強に上っていた。同諸島問題では現状認知も今後の啓蒙も、テレビが一番頼りとされているとの結果が出ている(【内閣府:世論調査(附帯調査)(全調査)一覧ページ】)。

続きを読む "尖閣諸島を知った経由「テレビ・ラジオ」が95%、求める取り組みも「テレビ」が最多回答(最新)"

5時15分領土世論(内閣府), 逐次新値反映記事

尖閣諸島問題に関心が無い人は1/3強、理由は「生活に影響なし」「知る・考える機会がなかった」(最新)

2017-1030内閣府は2017年10月27日付で、尖閣諸島に関する世論調査の結果(概要)を発表した。その内容によれば「尖閣諸島」について関心がある人は6割を超えていることが分かった。具体的関心内容としては「我が国の尖閣諸島に対する領有権の根拠」や「歴史的経緯」が上位を占めている。一方、関心がない人ではその理由として「自分の生活にあまり影響がない」「知る機会や考える機会がなかった」とする意見が多数を占めていた(【内閣府:世論調査(附帯調査)(全調査)一覧ページ】)。

続きを読む "尖閣諸島問題に関心が無い人は1/3強、理由は「生活に影響なし」「知る・考える機会がなかった」(最新)"

5時12分領土世論(内閣府), 逐次新値反映記事

尖閣諸島そのものの認知度91%、「日本が有効支配・領有権問題存在せず」は41%(最新)

2017-1030内閣府は2017年10月27日、尖閣諸島に関する世論調査の結果(概要)を発表した。それによると「尖閣諸島」そのものを知っていた人は91.3%に達していたことが分かった。一方で「尖閣諸島」に関する問題の認知度については、中国政府による度重なる領海侵犯行為を知っている人は(尖閣諸島そのものを知っている人のうち)約7割、日本が有効支配をしており、解決すべき領有権問題が存在しないことへの認知度は4割強でしかないなど、具体的な問題・状況に関する認知度は低い状態にあることが明らかになっている(【内閣府:世論調査(附帯調査)(全調査)一覧ページ】)。

続きを読む "尖閣諸島そのものの認知度91%、「日本が有効支配・領有権問題存在せず」は41%(最新)"

5時10分領土世論(内閣府), 逐次新値反映記事

2017/10/30

竹島問題に関心がない人4割近く、理由は「生活に影響がない」「知る・考える機会がない」(最新)

2017-1029内閣府は2017年10月27日付で、竹島に関する世論調査の結果(概要)を発表した。その内容によると「竹島」について約6割の人が関心を持っていることが分かった。具体的関心内容としては「我が国の竹島領有の正当性」や「歴史的経緯」が上位を占めている。一方、関心がない人ではその理由として「自分の生活にあまり影響が無い」「知る機会や考える機会が無かった」とする意見が多数を占めている(【内閣府:世論調査(附帯調査)(全調査)一覧ページ】)。

続きを読む "竹島問題に関心がない人4割近く、理由は「生活に影響がない」「知る・考える機会がない」(最新)"

4時58分領土世論(内閣府), 逐次新値反映記事

竹島を知った経由「テレビ・ラジオ」が95%、求める取り組みも「テレビ」が最多回答(最新)

2017-1029内閣府は2017年10月27日に、竹島に関する世論調査の結果(概要)を発表した。その内容によると「竹島」そのものを知っている人においては、知った経路としてもっとも多かったのは「テレビ」だった。94.8%の人がテレビを通じて竹島のことを知ったと答えている。ついで「新聞」「雑誌・書籍」が続いている。また、今後竹島への関心を高めるために必要な啓蒙活動としては、「テレビ番組や新聞を利用した詳細な情報提供」を挙げる人がもっとも多く、75.4%の人が同意している。同島問題では現状認知も今後の啓蒙も、テレビが一番頼りとされているように見える(【内閣府:世論調査(附帯調査)(全調査)一覧ページ】)。

続きを読む "竹島を知った経由「テレビ・ラジオ」が95%、求める取り組みも「テレビ」が最多回答(最新)"

4時56分領土世論(内閣府), 逐次新値反映記事

竹島そのものの認知度94%、「日本固有の領土」は79%(最新)

2017-1029内閣府は2017年10月27日、竹島に関する世論調査の結果概要を発表した。それによると「竹島」そのものを知っていた人は93.8%に達していたことが分かった。一方で「竹島」に関する問題の認知度については、韓国による不法占拠の事実を知っている人は6割強、日本固有の領土であることを認知している人は78.7%に留まるなど、「竹島」に関する具体的な問題への認知度は、存在そのものと比べて低い状態にあることが明らかになっている(【内閣府:世論調査(附帯調査)(全調査)一覧ページ】)。

続きを読む "竹島そのものの認知度94%、「日本固有の領土」は79%(最新)"

4時54分領土世論(内閣府), 逐次新値反映記事

2017/10/28

北朝鮮の問題を日本人はどこまで憂慮しているのだろうか

昨今の国際情勢で直接日本が対峙している懸案事項のうち、もっともリスクが大きいのは、対北朝鮮問題。核兵器の開発や弾道弾発射試験など、日本のすぐそばの敵性国家が軍事力を誇示し、日本領土上空を飛び越すような「試験」を繰り返している。北朝鮮の動向に関して、日本人はどのような認識をしているのか、その実情をアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月17日に発表した、日本人を対象にした日本の現状に関する調査報告書【Japanese Divided on Democracy’s Success at Home, but Value Voice of the People】を元に確認していく。

続きを読む "北朝鮮の問題を日本人はどこまで憂慮しているのだろうか"

5時9分政治・外交・行政・郵便, 軍事

2017/10/27

「ロシアは嫌い」日本人の64%は同意

中国同様日本と隣接する大国、ロシア。かつてはソビエト連邦としてアメリカ合衆国と対峙し(米ソ冷戦)、日本はアメリカ合衆国側の陣営として最前線の立場にあった。ロシアとなった今でもその構図に大きな違いは無い。日本人はロシアにどのような認識を持っているのだろうか。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月17日に発表した、日本人を対象にした日本の現状に関する調査報告書【Japanese Divided on Democracy’s Success at Home, but Value Voice of the People】を元に、日本人におけるロシアへの認識の実情を確認していく。

続きを読む "「ロシアは嫌い」日本人の64%は同意"

5時10分政治・外交・行政・郵便, 軍事

「中国は嫌い」日本人の86%は同意

文化交流や経済の相手として頼りになる存在であった大国中国だが、今世紀に入ってからの対外拡大・強硬政策の姿勢を見せて以降、日本にとってはあまり好ましくない存在となりつつあるのは否定できない。軍事力の示唆による敵対的威圧もたびたび行われ、剛腕国家的なイメージを持つ人も少なくないだろう。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月17日に発表した、日本人を対象にした日本の現状に関する調査報告書【Japanese Divided on Democracy’s Success at Home, but Value Voice of the People】を元に、日本人における中国への認識の実情を確認していく。

続きを読む "「中国は嫌い」日本人の86%は同意"

5時9分政治・外交・行政・郵便, 軍事

2017/10/26

日本の民主主義体制への満足度は50%、現政府への信認は57%

アメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerは2017年10月17日に、日本人を対象にした日本の現状に関する調査報告書【Japanese Divided on Democracy’s Success at Home, but Value Voice of the People】を発表した。その内容によれば、現在の日本の民主主義体制において、正しく機能していると考えている人は50%に達していることが分かった。また調査時点の政府が正しい事をしていると信頼している人は57%に達している。

続きを読む "日本の民主主義体制への満足度は50%、現政府への信認は57%"

4時58分政治・外交・行政・郵便

「今の景気は良い」と思っている人は41%…日本の景況感をグラフ化してみる

アメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerは2017年10月17日、日本人を対象にした日本の現状に関わる調査報告書【Japanese Divided on Democracy’s Success at Home, but Value Voice of the People】を発表した。それによると調査対象母集団においては41%の人が「今の日本は景気が良い」と考えていることが分かった。他方、今の子供が大人になる頃、日本の景気は今よりも良くなっていると考えている人は19%に留まっている。

続きを読む "「今の景気は良い」と思っている人は41%…日本の景況感をグラフ化してみる"

4時57分経済・金融・市場・家計

2017/10/25

コンピューターが採用人事を決める時代、来るか来ないか・望むか望まないか、米国の人達の考えをグラフ化してみる

2017-1016企業において採用人事は非常に重要な業務。採用した新人は企業の構成員となり、将来を決定づける大きな要素となるからだ。それゆえに求職者の採用・不採用には多様な条件をもとに慎重な判断が必要となるが、昨今では採用判断にコンピューターのプログラムを用いる企業が見受けられるようになった。現状ではサポートの立ち位置に留まっているが、効率が上がったとの話も見聞きする。それでは振り分けられる側となる求職者側は、コンピューターのプログラムが採用判断を行うことにどのような思いを抱いているのだろうか。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月4日に発表した、技術と人々の暮らしに関わる調査結果【Automation in Everyday Life】を元に、同国における実情を確認していく。

続きを読む "コンピューターが採用人事を決める時代、来るか来ないか・望むか望まないか、米国の人達の考えをグラフ化してみる"

5時6分海外, 労働・就業・就活

米国で介護ロボットを自分や家族に使いたい人は41%、その理由は…?!

2017-1015社会構造の高齢化に伴い注目を集めている新技術の代表格が介護ロボット。他の分野のロボット同様に、人的リソースを節約できるものとして注目を集めているが、介護される側からは安全性の問題や取り扱われ方への印象による抵抗感もあり、すべての人が賛同しているわけではない。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月4日に発表した、技術と人々の暮らしに関わる調査結果【Automation in Everyday Life】を元に、同国における介護ロボットへの期待と不安の中身を確認していく。

続きを読む "米国で介護ロボットを自分や家族に使いたい人は41%、その理由は…?!"

5時4分海外, 医療・保険・健康

2017/10/24

米国では介護ロボットの認知度は低いが実現性はそれなりにあると思われている

2017-1015ロボットやコンピューターのような新技術の開発と普及で社会の仕組みや構造は大きく変化していくが、その領域の一つに挙げられるのが介護分野。世界各国で高齢者や病症者の介護への社会的な負担は高まり続け、その解決手段として介護ロボットなどの新技術の導入が注目されている。今回はアメリカ合衆国における介護ロボットに対する認識の実情を、同国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月4日に発表した、技術と人々の暮らしに関わる調査結果【Automation in Everyday Life】を元に確認していく。

続きを読む "米国では介護ロボットの認知度は低いが実現性はそれなりにあると思われている"

5時16分海外, 医療・保険・健康

完全自動運転車への米国の人達の思いをグラフ化してみる

2017-1014最近よく見聞きするようになった新技術の一つに、自動運転車がある。自動化のレベルは多様に区分されているが、最終的に求められているものは、運転手無しで利用できる、完全に運転が自動化された自動車。漫画などによく登場する、行先を告げるだけで安全にその場所まで自動走行してくれるというものである。現在開発に従事している各方面は、最終的には完全自動運転車を目指しているのが大半ではあるが、それでは利用者側は完全自動運転車にどのような思いを抱いているのだろうか。アメリカ合衆国の実情を、同国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月4日に発表した、技術と人々の暮らしに関わる調査結果【Automation in Everyday Life】を元に確認していく。

続きを読む "完全自動運転車への米国の人達の思いをグラフ化してみる"

5時15分海外, 鉄道・交通

2017/10/23

ファストフードや保険業、エンジニア…米国でロボットやコンピューターに取って代わられそうな仕事とは?

2017-1014新技術は生産性を押し上げ、人の生活をより快適なものにするのが一般的なイメージだが、実態としてはそれだけでなく、人が今までしていた仕事を奪うことも多々ある。新技術の代表格として認識されているロボットやコンピューターのさらなる普及で、どのような仕事が取って代わられると思われているのだろうか。アメリカ合衆国の実情を、同国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月4日に発表した、技術と人々の暮らしに関わる調査結果【Automation in Everyday Life】を元に確認していく。

続きを読む "ファストフードや保険業、エンジニア…米国でロボットやコンピューターに取って代わられそうな仕事とは?"

5時23分海外, 科学・技術

支持政党別で大きく異なる米国のロボットやコンピューターへの仕事代替に対する姿勢

新技術の代表格であるロボットやコンピューターが人の従事する仕事を取って代わるようになるに連れて、様々な影響が生じ変化が現れるようになる。人々はその影響変化にどのような意見を持っているのか。アメリカ合衆国では支持政党別で大きな意見の違いがあるようだ。その実情を同国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月4日に発表した、技術と人々の暮らしに関わる調査結果【Automation in Everyday Life】を元に確認していく。

続きを読む "支持政党別で大きく異なる米国のロボットやコンピューターへの仕事代替に対する姿勢"

5時21分海外, 科学・技術

2017/10/22

人の仕事がロボットやコンピューターに任せられるようになったら…色々な問題と夢への思い、その米国事情

新技術の開発と普及は、社会の様々な面に大きな影響をもたらすようになる。元々技術は人の行動を(主によい方向に)変えるために開発されたものだから、影響が生じるのは当然ではあるが、直接関係する領域だけでなく、連鎖反応的に多様な方面の変化が生じることもある。昨今の新技術の代表格であるロボットやコンピューターが、今以上に進歩を続け普及が進み、人の仕事の多くをそれらが代替するようになったら、どのような問題が発生すると認識されているのだろうか。アメリカ合衆国の事情を、同国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月4日に発表した、技術と人々の暮らしに関わる調査結果【Automation in Everyday Life】を元に確認していく。

続きを読む "人の仕事がロボットやコンピューターに任せられるようになったら…色々な問題と夢への思い、その米国事情"

5時21分海外, 科学・技術

人の仕事の多くが新技術に取って代わられる、米国におけるその実現度合いへの思い

技術進歩は日々行われ、生活や仕事環境も大きな変化を生じていく。自分が従事していた仕事がある日コンピューターに奪われ、お役御免になるかもしれない。新しい技術は多くの人に恩恵を与えるものの、同時に自分の立ち位置を失う人が生じることになる。現在人がこなしている仕事のどれほどが、ロボットやコンピューターのような新技術に取って代われると考えられているのか、アメリカ合衆国の事情を、同国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月4日に発表した、技術と人々の暮らしに関わる調査結果【Automation in Everyday Life】を元に確認していく。

続きを読む "人の仕事の多くが新技術に取って代わられる、米国におけるその実現度合いへの思い"

5時19分海外, 科学・技術

2017/10/21

米国では若年層の6%は新技術の導入で職を失った経験がある

新しい技術の開発と普及で、人々はより生産性を高め、安全性を確保し、快適な就業環境の中で仕事ができるようになる。しかしそれは同時に、人が手掛けていた部分を機械に任せられることを意味し、そこで働く人の職を奪うことにもなる。新技術の導入で失職や賃金減を経験した人はどれほどいるのだろうか。アメリカ合衆国の事情を、同国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月4日に発表した、技術と人々の暮らしに関わる調査結果【Automation in Everyday Life】を元に確認していく。

続きを読む "米国では若年層の6%は新技術の導入で職を失った経験がある"

5時7分海外, 科学・技術



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS