2017/09/30

熱中症による死亡者の発生場所の動向をグラフ化してみる(人口動態調査版)(最新)

2017-0929先行記事【熱中症による死亡者の動向をグラフ化してみる(人口動態調査版)】では厚生労働省が2017年9月15日付で2016年分の確定報を発表した、人口動態調査における人口動態統計の公開値を元に、同統計による熱中症の死亡者数の推移を確認した。今回は関連公開値をたどり、その死亡者がどのような場所で死亡したのか、つまり熱中症の発生場所の動向を確認していくことにする(【発表ページ:平成28年(2016)人口動態統計(確定数)の概況)】)。

続きを読む "熱中症による死亡者の発生場所の動向をグラフ化してみる(人口動態調査版)(最新)"

5時4分熱中症搬送状況, 医療・保険・健康

増える精神科・減る産婦人科や小児科、外科…医療施設の数などをグラフ化してみる(最新)

2017-0929社会の高齢者人口そのものと全人口に対する比率の増大、医療技術の進歩、情報技術の浸透が進むに連れて、医療環境への注目・利用頻度はこれまで以上に高まりを示しつつある。今回はその医療環境を支える要素の一つである、医療施設の動向について、厚生労働省の公開資料を基に現状確認を行うことにした。

続きを読む "増える精神科・減る産婦人科や小児科、外科…医療施設の数などをグラフ化してみる(最新)"

5時2分医療・保険・健康, 逐次新値反映記事

2017/09/29

風雲急を告げる国内動向…株式市場雑感(17/09/25-17/09/29週)(週終値:2万0356円28銭)

■17/09/25:日経平均終値2万0397円58銭/125.6
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。為替の円安感と経済対策への期待を受けて買い優勢となったものの、過熱感への警戒もあり、次第に失速する流れとなった。出来高は15億2992万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.50%、TOPIXは+0.49%、マザーズ指数は+0.81%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.38%となる。

続きを読む "風雲急を告げる国内動向…株式市場雑感(17/09/25-17/09/29週)(週終値:2万0356円28銭)"

19時0分株式市場雑感

着工戸数はマイナス継続、床面積もマイナス継続…2017年8月新設住宅戸数2.0%減

国土交通省は2017年9月30日付で同省公式サイトにおいて、2017年8月の新設住宅戸数の動向(建築着工統計調査報告)を各種データと共に発表した。それによれば2017年8月の新設住宅着工戸数は前年同月比では2.0%減の8万0562戸で、先月から継続してのマイナスとなり、2か月連続の減少を示したことが分かった。着工床面積は2か月連続のマイナス・3.9%の減少となっている(【国土交通省:発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "着工戸数はマイナス継続、床面積もマイナス継続…2017年8月新設住宅戸数2.0%減"

15時0分新設住宅戸数, noindex

世帯所得の中央値や世帯人員数の移り変わりをグラフ化してみる(最新)

2017-0928先行記事【世帯当たりの平均所得金額推移をグラフ化してみる】にて厚生労働省が2017年6月27日に発表した平成28年版(2016年版)の「国民生活基礎調査の概況」をもとに、世帯の平均所得や所得中央値について解説したところ、「平均値は実情を表していない、中央値の動向を確認すべきだ」とのご意見をいただいた。そこで今回は中央値の動向をはじめ、いくつかの視点で世帯あたりの所得動向を見ていくことにする(【発表ページ:平成28年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "世帯所得の中央値や世帯人員数の移り変わりをグラフ化してみる(最新)"

5時10分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

テレビ、ネット、ラジオ、紙の新聞…米国でのニュース取得事情

2017-0915ニュースを取得する媒体は多数に及ぶが、人の好き嫌いや時間的事情、日常生活の行動様式などにより、使う媒体はそれぞれ異なってくる。ニュース取得の媒体事情に関して、アメリカ合衆国の民間調査機関Pew Reserch Centerが2016年7月7日付で発表した調査報告書【The Modern News Consumer】をもとに、同国でのニュース取得事情を確認する。

続きを読む "テレビ、ネット、ラジオ、紙の新聞…米国でのニュース取得事情"

5時9分海外, メディア

2017/09/28

米国の若者は5人に3人までがテレビ鑑賞を主にネットで行う

2017-0914テレビを見ることは日本だけでなくアメリカ合衆国においても主要な娯楽に違いなく、さまざまな調査でも長時間をテレビ鑑賞に費やすとの結果が出ている。他方、【「テレビって無料で観れるの?」なる事案が米国で生じているとの話。ネタなのかマジなのか】にもあるように、アメリカ合衆国ではテレビ鑑賞の際の様式が日本のようなアンテナ経由がメインでは無く、若年層はインターネット経由によるものが多分に及ぶとの話もよく見聞きする。その実情を同国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年9月13日に発表した調査報告書【About 6 in 10 young adults in U.S. primarily use online streaming to watch TV】から確認する。

続きを読む "米国の若者は5人に3人までがテレビ鑑賞を主にネットで行う"

5時8分海外, メディア

インターネット上の動画や音楽の配信ビジネスの実情をグラフ化してみる

インターネットを用いて情報を提供する仕組みができたことで、その情報を加工し映像(動画)や音楽を提供することも容易となった。当然、その仕組みを使い、さまざまなビジネスが誕生し、あるいは既存のビジネスが生まれ変わり、新たな市場を構築しつつある。今回は2017年7月28日に総務省から発表された2017年版の情報通信白書の内容をもとに、動画と音楽のインターネット上における配信ビジネスの実情と今後予想を確認していくことにする(【発表リリース:平成29年「情報通信に関する現状報告」(平成29年版情報通信白書)の公表】)。

続きを読む "インターネット上の動画や音楽の配信ビジネスの実情をグラフ化してみる"

5時7分情報通信白書, 逐次新値反映記事

2017/09/27

建設業界の人手不足状況を長期的にグラフ化してみる(2017年8月分まで)

以前掲載した記事【建設業界の人手不足状況をグラフ化してみる(2014年3月時点)】において、国土交通省の定点観測的調査「建設労働需給調査」の値を基に、建設業界の人材不足状況を当時の最新データ分について精査した。今回は2017年9月26日に発表された最新版となる2017年8月分までを含め、今データをもとに、中長期的な同業界の人材不足感の推移を確認する。ここ数年の不足感の実情を、過去との比較で見ていくことになる(【発表リリース:建設労働需給調査結果】)。

続きを読む "建設業界の人手不足状況を長期的にグラフ化してみる(2017年8月分まで)"

10時0分建設労働需給, noindex

個人情報の提供にどこまで不安を感じているか、具体的にどのような情報を渡すのが不安なのか

インターネットを用いてさまざまな情報サービスを利用する時には、多かれ少なかれ利用者個人の情報を提供し、個人認証をする必要が生じてくる。商品購入や金銭が関わる契約などリアルな取引が生じえるサービスでは、多様な情報が必要になるのは言うまでもない。そのような個人情報の提供に、人々はどこまで不安を感じているのか、具体的にいかなる情報の提供が心配のタネとなるのか。今回は2017年7月28日に総務省から発表された2017年版の情報通信白書の内容をもとに、日本に加え韓国、中国、米国、イギリス、ドイツにおける実情を確認していくことにする(【発表リリース:平成29年「情報通信に関する現状報告」(平成29年版情報通信白書)の公表】)。

続きを読む "個人情報の提供にどこまで不安を感じているか、具体的にどのような情報を渡すのが不安なのか"

5時17分情報通信白書, 逐次新値反映記事

個人情報を提供する時、どこまで理解してる? ポリシーを確認してる? 日本と諸外国の実情

インターネットでさまざまな取引をする際に、利用者側がプライベートな情報をネット経由で提供しなければならない場面は多々生じる。サービスの利用のために登録する時、インターネットバンキングで自分の口座へアクセスする時、ネット通販サイトで買い物をする時などなど。その際に、提供した個人情報がどのように使われるのか、どこまで理解しているのだろうか。今回は2017年7月28日に総務省から発表された2017年版の情報通信白書の内容をもとに、日本に加え韓国、中国、米国、イギリス、ドイツにおける実情を確認していくことにする(【発表リリース:平成29年「情報通信に関する現状報告」(平成29年版情報通信白書)の公表】)。

続きを読む "個人情報を提供する時、どこまで理解してる? ポリシーを確認してる? 日本と諸外国の実情"

5時16分情報通信白書, 逐次新値反映記事

2017/09/26

ガソリンスタンド数や急速充電スタンドの推移をグラフ化してみる(最新)

2017-0926当サイトでは定期的に最新値を反映させる形で【レギュラーガソリン価格と灯油価格をグラフ化してみる】において、ガソリンや灯油の価格の推移を確認している。その灯油はお米屋や巡回の灯油販売車でも購入できるが、ガソリンはガソリンスタンドでなければ購入できない。そのガソリンスタンドだが、先の震災では大いに注目を集めたものの、昨今では経営不振でその数を減らしているとの話も良く見聞きする。今回はガソリン・灯油価格の精査に連動する形で、ガソリンスタンド数の動向、さらには関連する施設として電気自動車やプラグインハイブリッド自動車用の急速充電スタンド数の確認をしていく。

続きを読む "ガソリンスタンド数や急速充電スタンドの推移をグラフ化してみる(最新)"

13時43分ガソリン動向, 逐次新値反映記事

9月も下旬に入ったものの…熱中症による搬送者数は1週間で407人(2017年9月18日-9月24日)

総務省消防庁は2017年9月26日、同年9月18日から9月24日の一週間における熱中症搬送人数が407人(速報値)であることを発表した。今年分は5月1日から熱中症による搬送人数の調査を始めており、消防庁が掌握している累計人数は5万2651人(速報値)となっている。初診時に熱中症を起因とする死亡者は幸いにも居なかったが、3週間以上の入院加療が必要な重症判定を受けた人は9人が確認されている(【消防庁:熱中症情報ページ】)。

続きを読む "9月も下旬に入ったものの…熱中症による搬送者数は1週間で407人(2017年9月18日-9月24日)"

10時0分熱中症搬送状況, noindex

カロリー、たんぱく質、炭水化物…主要栄養素等の摂取量をグラフ化してみる(最新)

2017-0925先行記事【成人男女の魚介類・肉類の摂取量をグラフ化してみる】で主な食品種類別の、男女・年齢階層別の摂取量の現状と過去との比較を行い、食材の面から食生活の動向を確認した。今回は同じような切り口で食品種類では無く、栄養素の観点から状況の把握を行うことにする(【国民健康・栄養調査:調査一覧ページ】)。

続きを読む "カロリー、たんぱく質、炭水化物…主要栄養素等の摂取量をグラフ化してみる(最新)"

5時14分国民健康・栄養調査, 逐次新値反映記事

喫煙率が高いのはどの都道府県の人だろうか(最新)

2017-0925複数の調査結果にある通り、他国同様日本でも喫煙者数・喫煙率は減少の傾向にある。とはいえ、すべての地域で一様に同じ喫煙率では無く、喫煙者が多い地域、少ない地域があるはず。そこで厚生労働省の【国民健康・栄養調査】を基に、都道府県別の喫煙率について調べてみることにした。

続きを読む "喫煙率が高いのはどの都道府県の人だろうか(最新)"

5時11分国民健康・栄養調査, 逐次新値反映記事

2017/09/25

2017年8月度外食産業売上プラス3.5%…12か月連続して前年比プラスを計上

日本フードサービス協会は2017年9月25日付で、同協会の会員会社で構成される外食産業の市場動向調査における最新値となる、2017年8月度の調査結果を公開した。それによると同月の総合売り上げは前年同月比でプラス3.5%を計上した。東日本・西日本では天候の悪化により客足に影響があったものの、各社の積極的なキャンペーンの展開と、前年同月がオリンピック開催により外食産業全体が不調だったことからその反動もあり、客数・客単価共に上昇、売上も大きく伸びる形となった(【日本フードサービス協会:発表リリースページ】)。

続きを読む "2017年8月度外食産業売上プラス3.5%…12か月連続して前年比プラスを計上"

15時0分外食産業売上, noindex

長雨などの天候不良で季節物商品が総じて軟調…2017年8月度チェーンストア売上高、前年同月比マイナス0.5%

チェーンストア(スーパーマーケットやデパートなど)の業界団体である【日本チェーンストア協会】は2017年9月21日付で同協会公式サイトにおいて、チェーンストアの2017年8月度分販売統計速報(月報)を発表した。その内容によると2017年8月は長雨や北日本・東日本における天候不良を受けて夏物商品の動きが鈍く、売上総額の前年同月比はマイナス0.5%(店舗調整後)を示す形となった(【同協会内発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "長雨などの天候不良で季節物商品が総じて軟調…2017年8月度チェーンストア売上高、前年同月比マイナス0.5%"

10時0分チェーンストア売上, noindex

野菜摂取量が多いのはどの都道府県の人だろうか(最新)

2017-0924日本人の食生活の欧米化に伴い、魚介類の摂取量が減り、肉類が増えると言われており、それは実際に厚生労働省の【国民健康・栄養調査】などで裏付けが取れている。今回はその「国民健康・栄養調査」の最新調査結果である2016年分の公開値を用い、魚介類と共に摂取量の減退が懸念されている野菜について、都道府県別の平均摂取量を確認していくことにする。果たしてもっとも野菜をよく食べているのはどの地域の人たちなのだろうか。

続きを読む "野菜摂取量が多いのはどの都道府県の人だろうか(最新)"

5時11分国民健康・栄養調査, 逐次新値反映記事

食塩摂取量が多いのはどの都道府県の人だろうか(最新)

2017-0924適切な食塩の摂取は食生活の面で「生活の質(QOL)」を維持するのに欠かせないだけでなく、健康的な生活にも必要不可欠なものである。一方で過剰に食塩を摂り続けると、身体に余計な負荷を与え、マイナスの影響を及ぼしうる。それでは日本国内の各都道府県別に見た場合、どの地域の人がもっとも食塩摂取量が多く、また少ないのだろうか。厚生労働省の【国民健康・栄養調査】を基に、その実情を探ることにする。

続きを読む "食塩摂取量が多いのはどの都道府県の人だろうか(最新)"

5時9分国民健康・栄養調査, 逐次新値反映記事

日本では2000万人が「強い疑い」「可能性否定できず」な糖尿病(最新)

2017-0924厚生労働省は2017年9月21日、「平成28年国民健康・栄養調査結果の概要」を発表した。それによると2016年時点では推計で糖尿病が強く疑われる(すでに診断され治療を受けている人を含む)人20歳以上の人は1000万人、可能性を否定できない人は1000万人いることが分かった。合わせて糖尿病リスク者は2000万人いる計算になる。男女別では中堅層までは大よそ女性の方が、高齢層は男性の方が、年齢階層別では高年齢の方が高い割合を示している(【国民健康・栄養調査:調査一覧ページ】)。

続きを読む "日本では2000万人が「強い疑い」「可能性否定できず」な糖尿病(最新)"

5時6分国民健康・栄養調査, 逐次新値反映記事



(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN