2017/07/22

先進国で一番はオランダ、次いでドイツ、スウェーデン…諸外国の景況感の実情をグラフ化してみる

経済の良し悪しは具体的な指標だけでなく、国民の経済への実感(景況感)からも推し量ることができる。無論そこには国民性や地域による性質の違いも反映されるため、国々の経済の実情が国民感情も合わせ反映された形で映し出されることになる。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年6月5日に発表した公開調査報告書【Global Publics More Upbeat About the Economy】を基に、数十か国に渡る国の景況感の実情を、先進国と新興国に大別した上で見ていくことにする。

続きを読む "先進国で一番はオランダ、次いでドイツ、スウェーデン…諸外国の景況感の実情をグラフ化してみる"

5時6分海外, 経済・金融・市場・家計

2017/07/12

価格はやや上昇…田中貴金属、2017年上半期における投資用金地金などの取引量を発表

田中貴金属は2017年7月11日、同社における2017年上半期(1月から6月)の投資用金地金、プラチナ地金の販売量と買取量の数値などを発表した。その内容によれば金価格はドル建てででは政治的情勢や地政学リスクの動向を受けて比較的大きな値動きをしたものの、為替動向が影響する形で円建て価格は値動きが少ない展開となった。また(田中貴金属側による)金の買い取り量は増加し前年同期比で10.1%の増となった。一方で金の販売量は41.2%減少している。田中貴金属側では地政学リスクの高まりに伴う先行き不透明感があり、値動きが乏しくなったことも合わせ、積極的な売買が手控えられたと分析している(【田中貴金属公式サイト】)。

続きを読む "価格はやや上昇…田中貴金属、2017年上半期における投資用金地金などの取引量を発表"

10時17分田中貴金属・金取引, 逐次新値反映記事

2017/07/11

「今の自国は景気良い?」諸外国の人に聞いた結果と日米欧の違い

経済の良し悪しはさまざまな具体的指標の他に、国民の景況感によっても判断され、また左右される。実際に経済そのものの調子が良く好調な指標が出ていても、伝えられ方に問題があったり間違った解釈が報じられていれば、国民感情としての経済への認識は実経済との連動が薄れ、それが経済の本質に悪影響を及ぼすことになる。経済を動かしているのは一人一人の経済活動そのものであるからだ。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年6月5日に発表した公開調査報告書【Global Publics More Upbeat About the Economy】を基に、日米など主要国の景況感の実情などを確認していく。

続きを読む "「今の自国は景気良い?」諸外国の人に聞いた結果と日米欧の違い"

5時12分海外, 経済・金融・市場・家計

2017/07/10

主要大都市圏での男女・年齢階層別喫煙率動向をグラフ化してみる(国民生活基礎調査)(最新)

2017-0709先日から厚生労働省にて発表された年次定点観測的調査「国民生活基礎調査の概況」の最新版となる平成28年版(2016年版)を元に、たばこの喫煙率について複数の視点でその現状を確認している。今回は一部ではあるが、大都市圏における男女別、さらには年齢階層別に区分した上での喫煙率の状況を見ていくことにする。全国ベースの世代区分による喫煙率はいくつかの調査で見受けられるが、地域によるものは滅多にないため、貴重な値であることに違いは無い(【発表ページ:平成28年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "主要大都市圏での男女・年齢階層別喫煙率動向をグラフ化してみる(国民生活基礎調査)(最新)"

5時9分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

同じように見えて実は随分と…男女別で都道府県別喫煙率をグラフ化してみる(国民生活基礎調査)(最新)

2017-0709先行する記事で厚生労働省が2017年6月27日に発表した平成28年版(2016年版)となる「国民生活基礎調査の概況」の公開データを基に、都道府県別の喫煙率の現状について確認を行った。一方で喫煙率は男女間で大きな違いがあることでも知られている。そこで今回は男女別々に仕切った上で、都道府県別の喫煙率を確認していくことにする。記事タイトルにある通り、地域別の喫煙率は男女で同じように思えるのだが(【発表ページ:平成28年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "同じように見えて実は随分と…男女別で都道府県別喫煙率をグラフ化してみる(国民生活基礎調査)(最新)"

5時6分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

都道府県別喫煙率をグラフ化してみる(国民生活基礎調査)(最新)

2017-0709好きな人には日常生活の中で欠かせない存在である一方、極度に嫌う人も少なくない。健康の上では多分に避けた方が良いとされているが、無理に止めたことでかえって不健康になる事例も多々見受けられる。色々な意味ではっきりとイエス・ノーと仕切り難いのが「喫煙」問題。昨今では嫌煙派の方が優勢で、公共施設における分煙化、さらには禁煙化も増えているが、喫煙状況は日本全国一律に同様な状況ではない。そこで厚生労働省が2017年6月27日に発表した平成28年版(2016年版)となる「国民生活基礎調査の概況」の公開データを基に、都道府県別の喫煙率を調べ、その違いを確認していくことにする(【発表ページ:平成28年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "都道府県別喫煙率をグラフ化してみる(国民生活基礎調査)(最新)"

5時4分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

喫煙率は男性31.1%・女性9.5%、男性は若年層、女性は中堅層まで高め(最新)

2017-0709厚生労働省が2017年6月27日に発表した平成28年版(2016年版)となる「国民生活基礎調査の概況」では、多方面から日本国内の生活様式が調査され、その結果が公開されている。特に2016年分は3年おきに行われる大規模調査の回となるため、健康面でのデータも取得できる。そこで今回は他調査の結果でもしばしば取り上げられる喫煙率について、性別・世代別を精査し、その現状を探ることにする(【発表ページ:平成28年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "喫煙率は男性31.1%・女性9.5%、男性は若年層、女性は中堅層まで高め(最新)"

5時1分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2017/07/09

6割から7割・女性がより強く感じる介護者ストレス(最新)

2017-0708以前介護者側のストレスの兆候として(海外の事例ながらも)【介護者ストレスの典型的な危険信号とは】を掲載したところ、いくつかの意見をいただくことができた。それら意見の中でも特に目に留まったのは「危険信号は分かった。それでは介護をしている人たちのストレスの原因とは何だろうか」なるものだった。そこで厚生労働省が2017年6月27日に発表した、平成28年版(2016年版)の「国民生活基礎調査の概況」を基に、その内情も合わせ介護ストレスの現状を確認していくことにする(【発表ページ:平成28年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "6割から7割・女性がより強く感じる介護者ストレス(最新)"

5時6分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

仕事を持ち乳幼児がいる母親、日中は誰に育児を任せる?(最新)

2017-0708厚生労働省は2017年6月27日、平成28年版(2016年版)となる「国民生活基礎調査の概況」を発表した。国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われているものだが、資料性の高いデータが豊富に盛り込まれており、注目に値する。特に今回発表分は3年に1度の「大調査」の年であることから、世帯員の健康状態や介護の動向なども確認することができる。今回はその中から「末子が乳幼児の母親で仕事を持つ場合、日中誰がその子供を保育しているかの状況」について、現状などを確認していくことにする(【発表ページ:平成28年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "仕事を持ち乳幼児がいる母親、日中は誰に育児を任せる?(最新)"

5時3分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

通院している人、どれくらい? 通院率をグラフ化してみる(最新)

2017-0708厚生労働省は2017年6月27日、平成28年版(2016年度版)の「国民生活基礎調査の概況」を発表した。国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われているものだが、資料性の高いデータが豊富に盛り込まれており、多数の切り口から実情を知ることが出来る。特に今回発表された2016年版では、3年に一度の「大調査」が行われ、世帯員の健康状態や介護の状況も確認することが可能となっている。今回はその中から「通院している人の割合」について現状を確認してみることにした(【発表ページ:平成28年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "通院している人、どれくらい? 通院率をグラフ化してみる(最新)"

5時0分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2017/07/08

確実に増加する検診率、だが多部位で半数に満たず…がん検診の動向をグラフ化してみる(最新)

2017-0707厚生労働省は2017年6月27日、平成28年度版(2016年度版)の「国民生活基礎調査の概況」を発表した。これは国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で毎年行われているものだが、資料性の高いデータが豊富に盛り込まれており、注目に値する。特に3年おきに実施される「大調査」では、世帯員の健康状態や介護状況などについても調査がなされるため、世帯状況の詳細をより詳しく知ることができる。今回はその「大調査」対象項目の中から「がん検診の動向」について確認していくことにする(【発表ページ:平成28年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "確実に増加する検診率、だが多部位で半数に満たず…がん検診の動向をグラフ化してみる(最新)"

5時17分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2017/07/02

正規か派遣かパートかそれとも失業か就業を望んでいないのか…学歴別の労働力状態をグラフ化してみる(2017年)(最新)

先行記事【学歴別の就業状態をグラフ化してみる】において、国勢調査で10年おきに実施される大規模調査の公開値をもとに、就業者における学歴別での就業ポジションの違いを統計的な観点で確認した。今回はそれに加え、完全失業者の人や非労働力人口として計上されている人のような就業していない人も合わせた上で、労働力状態の違いを見ていくことにする(【平成27年国勢調査】)。

続きを読む "正規か派遣かパートかそれとも失業か就業を望んでいないのか…学歴別の労働力状態をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時20分国勢調査, 逐次新値反映記事

正規か派遣かパートかそれとも役員か…学歴別の就業状態をグラフ化してみる(2017年)(最新)

総務省統計局が2017年4月26日に発表した、5年に一度実施する国勢調査の最新版に該当する2015年国勢調査における就業状態等基本集計結果部分の確定報では、日本の現状を就業の観点から推し量れるデータが多方面の切り口で公開されている。今回はその最新値を基に過去の国勢調査の公開値も合わせ、学歴別に見た就業様式の現状を確認していくことにする(【平成27年国勢調査】)。

続きを読む "正規か派遣かパートかそれとも役員か…学歴別の就業状態をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時19分国勢調査, 逐次新値反映記事



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS