2017/05/29

スマホは3割近く、タブレット型端末は1/4…10歳未満のデジタル端末利用実情(2017年)(最新)

内閣府は2017年5月19日、低年齢層のインターネットに関わる利用実情を調査した結果として【低年齢層の子供のインターネット利用環境実態調査】を発表した。その内容によると、0歳から9歳から成る調査対象母集団においては、スマートフォンの類を利用している(インターネットの利用の是非は問わず、所有権も問わず)人は約3割に達していることが分かった。ゲーム機は3割強、タブレット型端末は1/4ほどが利用している。

続きを読む "スマホは3割近く、タブレット型端末は1/4…10歳未満のデジタル端末利用実情(2017年)(最新)"

5時12分低年齢ネット利用調査, 逐次新値反映記事

2017/05/12

マイカー、マイホーム、リタイア生活…新社会人の描く将来設計(2017年)(最新)

人生にはさまざま節目があるが、その一つが成人した上での就業。一生の多くを仕事をこなすことで過ごし、生活の糧(かて)を得るのだから、節目になるのは当然。他にも一生においては住宅の購入や結婚、さらにはリタイア(生活)なども大きな節目となる。それでは就業を果たしたばかりの新社会人たちは、これらの節目について、何歳ぐらいで果たしたいと考えているのだろうか。ソニー生命保険が2017年5月9日に発表した、新社会人に対して行った意識調査の結果から、マイカー、マイホーム、リタイア生活の3つに絞り、確認していくことにする(【発表リリース:社会人1年目と2年目の意識調査2017】)。

続きを読む "マイカー、マイホーム、リタイア生活…新社会人の描く将来設計(2017年)(最新)"

5時18分SL-新社会人意識

新社会人達が考える結婚計画、何歳までには結婚したい!?(2017年)(最新)

新社会人として世に羽ばたいた人たちは、これから社会の一員として仕事に精を出すわけだが、その中でライフプラン(人生設計)を構築し、先のことを何かと考えねばならない機会が増えてくる。その「先のこと」の中で重要な要素の一つが「結婚」。先進国共通の事例に漏れず日本でも晩婚化、そして少子化が進行しつつある昨今では、新社会人達はどのような結婚観を抱いているのだろうか。今回はソニー生命保険が2017年5月9日に公開した、新社会人に対する意識調査結果から、新社会人の結婚計画などについて確認をしていくことにする(【発表リリース:社会人1年目と2年目の意識調査2017】)。

続きを読む "新社会人達が考える結婚計画、何歳までには結婚したい!?(2017年)(最新)"

5時16分SL-新社会人意識

2017/05/11

1割強は貯蓄ゼロ…社会人1年目で貯蓄した額、実家への仕送り額(2017年)(最新)

中には学生時代からアルバイトなどでそれなりの稼ぎを得ている人もいるが、多くは社会人となって初めてまとまったお金を自分の就業の対価として稼ぎ、生活の上でやりくりをするようになる。食費や居住費のように日常生活に欠かせないための支出に充てられるのが多分となるが、一方で将来に備えて貯蓄をしたり、あるいはこれまでの感謝の意を込めて実家に仕送りをする事例もあるだろう。今回はソニー生命保険が2017年5月9日に公開した、新社会人に対する意識調査結果を基に、新社会人の貯蓄傾向や実家への仕送り額の実態について見ていくことにする(【発表リリース:社会人1年目と2年目の意識調査2017】)。

続きを読む "1割強は貯蓄ゼロ…社会人1年目で貯蓄した額、実家への仕送り額(2017年)(最新)"

5時19分SL-新社会人意識

社会人1年目、身だしなみや自己投資にどれだけかかった?(2017年)(最新)

学生時分と異なり、何かと出費が多くなる社会人生活だが、その中でも自分を磨き社会の中における立ち位置をより強固なものとするため、欠かせないとされているのが「身だしなみ」と「自己投資」。それではそれらの投資対象に、先輩社会人はどれだけ実額を社会人1年目の間に投資したのだろうか。ソニー生命保険が2017年5月9日に発表した新社会人に対する意識調査結果から、前年新社会人だった人達の実情を通し、投資額について見ていくことにする(【発表リリース:社会人1年目と2年目の意識調査2017】)。

続きを読む "社会人1年目、身だしなみや自己投資にどれだけかかった?(2017年)(最新)"

5時17分SL-新社会人意識, 逐次新値反映記事

2017/05/04

報道の自由度の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)

国際NGOフリーダム・ハウス(Freedom House)では自由に関する啓蒙活動の一つとして、いくつかの視点による「世界の自由」に関する分析調査結果を、指標化した上で毎年報告書として公開している。「包括的な自由」以外に「報道の自由」「インターネット上の自由」などが挙げられるが、今回はそのうち「報道の自由」について、過去の値も合わせてひも解き、その推移を確認していくことにする(【発表報告書一覧ページ:Reports】)。

続きを読む "報道の自由度の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時19分FH自由ランキング, 逐次新値反映記事

報道の自由度ランキングをグラフ化してみる(2017年)(最新)

国際NGOフリーダム・ハウス(Freedom House)は2017年4月28日、「報道の自由度(Freedom of the Press)」のランキングに関する最新報告書「Freedom of the Press 2017」を発表した。その内容によると、世界でもっとも報道の自由度が高い国はノルウェーで、オランダ・スウェーデン、さらにベルギー・デンマーク・フィンランドが続き、欧州諸国が相並ぶ形となった。日本は国数的には48位で、自由と評価される部類に属している。今回はこの調査結果の内容をいくつかの視点から確認していくことにする(【発表リリース:Freedom of the Press 2017: The Battle for the Dominant Message】)。

続きを読む "報道の自由度ランキングをグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時16分FH自由ランキング, 逐次新値反映記事

2017/05/01

最終学歴分布をグラフ化してみる(2017年)(最新)

総務省統計局が2017年4月26日に発表した、5年に一度実施する国勢調査の最新版となる2015年国勢調査における就業状態等基本集計結果部分の確定報では、多種多様な日本の現状を推し量れるデータが盛り込まれている。今回はその最新値を合わせ過去の国勢調査の公開値をもとに、最終学歴毎の人口分布の確認をしていくことにする(【平成27年国勢調査】)。

続きを読む "最終学歴分布をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時7分国勢調査

年齢階層別就業地位区分をグラフ化してみる(2017年)(最新)

総務省統計局が2017年4月26日に発表した、5年に一度実施する国勢調査の最新版となる2015年国勢調査における就業状態等基本集計結果部分の確定報では、多種多様な日本の現状を推し量れるデータが盛り込まれている。今回はその中から昨今の産業構造や雇用市場、そして景況感の変化でこれまで以上に注目を集めるようになった、就業者の就業地位と就業者数比率の現状を確認していくことにする。要は実際に就業している人において、どれぐらいの人がどのような立場で働いているかをチェックする次第である(【平成27年国勢調査】)。

続きを読む "年齢階層別就業地位区分をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時4分国勢調査, 逐次新値反映記事



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS