2016/11/30

総計35.2万台・前年同月比マイナス5.1%、大中小すべてで軟調(薄型テレビ出荷動向:2016年10月分)

2016年11月29日付で電子情報技術産業協会(JEITA)は同協会公式サイト上において、【民生用電子機器国内出荷統計】の最新値となる、2016年10月分のデータを公開した。その公開値によれば2016年10月の薄型テレビの出荷台数は35.2万台となり、前年同月比ではマイナス5.1%となった。サイズ別では小型・中型・大型すべてで減少。付加価値型に限定して集計すると、4K対応は大幅増加を示したが、HC(ハイブリッドキャスト)対応機種はわずかに減少する形となった。

続きを読む "総計35.2万台・前年同月比マイナス5.1%、大中小すべてで軟調(薄型テレビ出荷動向:2016年10月分)"

11時0分薄型テレビ出荷, noindex

女性に人気の軽自動車、年々所有率も増える傾向(2016年)(最新)

ソニー損害保険は2016年11月28日付で、カーライフの実態に関する調査結果の最新版となる2016年版を同社公式サイト上に公開した。その内容によると、自家用車を所有し常用する調査対象母集団のうち、常用車両が軽自動車とする人は4割を超えていることが分かった。女性に限れば10-20代では6割に近い値を示している。また経年別に見るとこの数年では男女・各世代ともに大よそ軽自動車所利用率が増加する傾向が見受けられる(【発表リリース:ソニー損保、「2016年 全国カーライフ実態調査」】)。

続きを読む "女性に人気の軽自動車、年々所有率も増える傾向(2016年)(最新)"

10時31分鉄道・交通, 逐次新値反映記事

車の負担、税金やガソリン代よりも重く感じるのは?(2016年)(最新)

ソニー損害保険は2016年11月28日、カーライフの実態に関する定点観測的調査の2016年分における調査結果を発表した。それによると自家用車を所有し常用する調査対象母集団においては、車の諸経費でもっとも負担を感じるものは「車検・点検費」だった。約7割の人が負担を覚えている。自動車税・軽自動車税が次点で、自動車保険料が続き、ガソリン代・燃料代は第4位に留まっている。ガソリン代・燃料代は年々負担に感じるとの回答率が増加し、2014年分で初めて最上位についたが、それ以降は漸次回答率が減少しており、昨今のガソリン代の下落に伴い、心理的・実金額的負担が大きく軽減された結果が出ている(【発表リリース:ソニー損保、「2016年 全国カーライフ実態調査」】)。

続きを読む "車の負担、税金やガソリン代よりも重く感じるのは?(2016年)(最新)"

9時54分鉄道・交通, 逐次新値反映記事

気になる子供の社会への関心度、そして新聞購読率(2016年)(最新)

大人同様子供にもやるべきことは山ほどあり、しかも経験や能力が未熟なことから、必要なあれこれを果たすのには大人が思う以上に手間と時間がかかる。それら義務を果たしつつ、自分の旺盛な好奇心をあちこちに向け、社会の問題や出来事に興味関心をいだき、色々と新たな経験をしたり、情報を取得して知恵と成し、成長を重ねていく。それでは昨今の子供達はどれほどまでに社会に関心を持ち、ニュースを取得しているのだろうか。文部科学省が2016年9月29日に発表した全国学力・学習状況調査の最新版による公開値を基に、小中学生の社会への関心度と、新聞やテレビ・ネットなどのニュースの取得状況を確認していくことにする(【発表リリース:平成28年度全国学力・学習状況調査の結果について】)。

続きを読む "気になる子供の社会への関心度、そして新聞購読率(2016年)(最新)"

5時8分全国学力・学習状況調査, 逐次新値反映記事

2016/11/29

平日の携帯ネット平均時間は小学生36分・中学生83分、そして学力テストとの関係はいかに!?(2016年)(最新)

1日は誰でも24時間しか与えられないため、何か一つの物事に費やす時間が増えれば、当然他の時間を減らす必要がある。大人ならばある程度自制も利くが、子供はつい自分の好きなことに注力してしまい、本来しなければならないことがおろそかになる懸念が生じる。そのような懸念を引き起こす、最大の要因として問題視されているのが、従来型携帯電話やスマートフォンを用いたインターネットへのアクセス(携帯ネット)。今回は文部科学省が2016年9月29日に発表した全国学力・学習状況調査の最新版による公開値を基に、小中学生の携帯ネットの利用実態と、学力テストとの関係について確認をしていくことにする(【発表リリース:平成28年度全国学力・学習状況調査の結果について】)。

続きを読む "平日の携帯ネット平均時間は小学生36分・中学生83分、そして学力テストとの関係はいかに!?(2016年)(最新)"

11時38分全国学力・学習状況調査, 逐次新値反映記事

増加傾向にある小中学生のテレビゲーム時間、そして学力テストとの関係は…!?(2016年)(最新)

文部科学省は2016年9月29日、毎年実施している全国学力・学習状況調査の最新版となる2016年度版の内容を公開した。それによると、小中学生共に過半数は平日でも1日1時間以上パソコンや家庭用ゲーム機、スマートフォンなどによるテレビゲームをしていることが分かった。平均時間は小学生で1.51時間、中学生では1.61時間に及ぶ。また、テレビゲームをする時間の短さと、学力テストの平均正答率との間には、相関関係があることが明らかにされている(【発表リリース:平成28年度全国学力・学習状況調査の結果について】)。

続きを読む "増加傾向にある小中学生のテレビゲーム時間、そして学力テストとの関係は…!?(2016年)(最新)"

10時57分全国学力・学習状況調査, 逐次新値反映記事

外食と中食と…食の準備のアウトソーシングの実態を探る(2016年)(最新)

一人暮らし世帯や共働き世帯の増加、食生活の概念の変化や多様化、そして食に関わるさまざまな技術の進歩に伴い、外食産業は大きな成長を遂げ、コンビニやスーパーでは多種多様な食品が提供されるようになった。食事の提供や片づけまですべてお店側が成し、利用者はお客として食事を食べることに専念できる外食、(半ば)調理されたお弁当や総菜を購入し持ち帰ることで、自宅ではそれらを開封する、あるいは簡単な作業をする(電子レンジで解凍するなど)だけで食事を用意する中食が、これまでには無かったほどに食生活に浸透しつつある。それでは現状として、どれほどの人がどの程度の頻度で外食や中食を利用しているのだろうか。厚生労働省が2016年11月14日に発表した「平成27年国民健康・栄養調査結果の概要」の結果から確認していく(【国民健康・栄養調査:調査一覧ページ】)。

続きを読む "外食と中食と…食の準備のアウトソーシングの実態を探る(2016年)(最新)"

5時22分国民健康・栄養調査, 逐次新値反映記事

2016/11/28

一番多いのはたばこの不始末、たき木、ストーブ、それとも…出火原因の内訳などをグラフ化してみる(2016年)(最新)

喫煙者自身以外に副流煙による他人の健康被害にも大きくスポットライトが当てられているたばこのリスクだが、実はそれ以外にもいくつかの無視できないリスクが存在する。その一つが以前【喫煙の企業へのリスク・「健康被害」の認知度は84.4%、けど分煙室の費用コストは……】でも触れている通り、就業場の火災で主要な発生元になりうること。そこで今回は就業場に限らず火災全体状況に関して、消防庁が毎年発表している【「火災の状況」(確定値)】(【消防防災博物館の「火災の概要」】にも収録されている)を元に、実情を確認していくことにする。

続きを読む "一番多いのはたばこの不始末、たき木、ストーブ、それとも…出火原因の内訳などをグラフ化してみる(2016年)(最新)"

11時53分防災・減災・気象, 逐次新値反映記事

設置率81.2%…住宅用火災警報器の設置率をグラフ化してみる(2016年)(最新)

以前【出火原因の内訳などをグラフ化してみる】で日本の火災の現状を消防庁の公開資料で確認した。火災は起こさないようにするのが一番だが、万一発生しても事前に防火・延焼防止対策を施し、さらに早期に発見・確認した上で早期に適切な対応をすれば、被害を最小限にとどめることが可能となる。その備えとして有益な手法の一つが火災警報器。今回は住宅用の火災警報器について、同じく消防庁が定期的に発表している設置率に関する調査結果をもとに、設置状況を把握確認していくことにする(【住宅用火災警報器の設置率等の調査結果】)。

続きを読む "設置率81.2%…住宅用火災警報器の設置率をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

10時41分防災・減災・気象, 逐次新値反映記事

ポケモンの新作初週でミリオンだ…ゲームソフトランキング更新(2016/11/14-2016/11/20)

東京では観測史上初の11月における積雪を記録するなど、サプライズな寒さが突然襲いかかり、慌てて暖房機器のセッティングをした人も多いであろう今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位は任天堂の新作「ポケットモンスター サン/ムーン」(3DS)となった。お馴染みのロールプレイングゲームシリーズ「ポケットモンスター」の最新作で、いつもの通り2タイプの同時発売。第一作目となる「赤・緑」から20周年記念的なタイトルでもある。それぞれのタイトルで別のスペシャルなポケモンが入っているのはこれまで通りだが、ゲームタイトルからも想像できる通り、ゲーム展開の上での時差の存在や、細かなストーリーの違いが設定されている。プレイ中の細かい仕様、ポケモンの挙動などでこれまでとの複数相違点が確認されており、戸惑う声も少なくない。またストーリーに関しても賛否両論が挙がっているのが気になるところ。なお第2位には両方を合わせて購入できる「ポケットモンスター サン・ムーン ダブルパック」がランクインしている。双方合わせると初週で170万本超え。

続きを読む "ポケモンの新作初週でミリオンだ…ゲームソフトランキング更新(2016/11/14-2016/11/20)"

7時0分ゲームランキング

主食と主菜と副菜、大人たちはバランスのとれた食生活をしているだろうか(2016年)(最新)

忙しい時、調理が面倒な時の食事は、例えば総菜パンとジュースのみ、カップラーメンとおにぎりの組み合わせのような簡素なものとなる場合がある。一方で、食事においては、主食、主菜、副菜の組み合わせがバランスのとれたものとされているが、実際にはどれほどの人がそのパターンの食事をしているのだろうか。厚生労働省が2016年11月14日に発表した「平成27年国民健康・栄養調査結果の概要」の結果から確認していく(【国民健康・栄養調査:調査一覧ページ】)。

続きを読む "主食と主菜と副菜、大人たちはバランスのとれた食生活をしているだろうか(2016年)(最新)"

5時20分国民健康・栄養調査, 逐次新値反映記事

2016/11/27

インターネットのニュースを見る時に使う機器は何だろうか(2016年)(最新)

腰を据えてじっくりと目を通すだけでなく、ちょっとした時間の合間にもニュースを取得したくなる機運は多々生じる。だからこそかつて電車やバスの中では多くの人が新聞を手にして目を通し、職場や待合場でも新聞は大いに人気を博していた。しかし今ではスマートフォンやパソコンを用い、ニュースをもっと気軽に、リアルタイムで取得する人が多分に及んでいる。人々が求めるものはニュースそのもので、新聞紙では無かった次第である。ではインターネットでニュースを読んでいる人は、どのような機器を利用しているのだろうか。今回は財団法人新聞通信調査会が2016年10月24日に発表したメディアに関する全国世論調査の結果をもとに、その実情を確認していくことにする(【発表リリース:2016年メディアに関する世論調査結果】)。

続きを読む "インターネットのニュースを見る時に使う機器は何だろうか(2016年)(最新)"

11時10分メディア世論調査(新聞通信), 逐次新値反映記事

「男らしさ・女らしさは必要」同意は8割以上…意外かやっぱりか、結婚や家族に関する伝統的な考え方への支持度合い(最新)

社会的通年、倫理、道徳観、伝統的な考え方は、個々の地域や国、民族の長い歴史の間に培われてきた、経験則による知恵、ルールのようなもの。明文化されていることはあまりなく、それを破ることによる法的罰則もほとんど存在しないものの、半ば戒律のようなものとして守るべきものと認識されている。他方、社会情勢や周辺環境、自意識の変化などを受け、それらの伝統的な考え方を良しとしない意見も多々あるのは事実。今回は国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に発表した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」を基に、その伝統的考え方に関する認識の実態を確認していくことにする(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "「男らしさ・女らしさは必要」同意は8割以上…意外かやっぱりか、結婚や家族に関する伝統的な考え方への支持度合い(最新)"

5時13分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

2016/11/26

建設業界の人手不足状況を長期的にグラフ化してみる(2016年10月分まで)

以前掲載した記事【建設業界の人手不足状況をグラフ化してみる(2014年3月時点)】において、国土交通省の定点観測的調査「建設労働需給調査」の値を基に、建設業界の人材不足状況を当時の最新データ分について精査した。今回は2016年11月25日に発表された最新版となる2016年10月分までを含め、今データをもとに、中長期的な同業界の人材不足感の推移を確認する。ここ数年の不足感の実情を、過去との比較で見ていくことになる(【発表リリース:建設労働需給調査結果】)。

続きを読む "建設業界の人手不足状況を長期的にグラフ化してみる(2016年10月分まで)"

10時0分建設労働需給, noindex

既婚女性が考える「自分の子供に受けさせたい教育程度」から見る大学信奉の度合い(最新)

先行記事【独身者が考える「自分の子供に受けさせたい教育程度」から見る大学信奉の度合い】において、国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に発表した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」を基に、独身者が自分が結婚した場合にできる子供に対し、どの程度の教育を受けさせたいかに関する心境を確認した。今回は同様の質問を既婚者の女性に対し行った結果を見ていくことにする。結婚を果たした人の子供に対する学歴への願いはどの程度なのだろうか(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "既婚女性が考える「自分の子供に受けさせたい教育程度」から見る大学信奉の度合い(最新)"

5時4分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

2016/11/25

円安株高相場は続く…株式市場雑感(16/11/21-16/11/25週)(週終値:1万8381円22銭)

■16/11/21:日経平均終値1万8106円02銭/137.7本日の東京株式市場は高値圏での値動き。円高が進み、1ドルが一時は111円台をつけたことを好感する形で寄り付きから買い進まれ、終始上げ基調での相場展開となった。過熱感に伴う利益確定売りも多分に出たが、それらをこなしつつ、輸出銘柄を中心に相場は上昇している。出来高は20億7074万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.77%、TOPIXは+1.01%、マザーズ指数は+0.64%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまちやや高値銘柄多し。前営業日比は+0.93%となる。

続きを読む "円安株高相場は続く…株式市場雑感(16/11/21-16/11/25週)(週終値:1万8381円22銭)"

19時0分株式市場雑感

2016年10月度外食産業売上プラス5.3%…2か月連続して前年比プラスを計上

日本フードサービス協会は2016年11月25日付で、同協会の会員会社で構成される外食産業の市場動向調査における最新値となる、2016年10月度の調査結果を公開した。それによると同月の総合売り上げは前年同月比でプラス5.3%を計上した。天候は比較的悪かったものの、前年同月と比べると休日が1日多く、主軸店が大きく奮闘し、外食産業全体をもけん引する形となった(【日本フードサービス協会:発表リリースページ】)。

続きを読む "2016年10月度外食産業売上プラス5.3%…2か月連続して前年比プラスを計上"

16時0分外食産業売上, noindex

独身者が考える「自分の子供に受けさせたい教育程度」から見る大学信奉の度合い(最新)

大学の授業料をはじめとしたさまざまな大学に関わる問題が生じているが、その原因要素の一つとして、少なからぬ人が実質的な義務教育課程・社会に出るために必要な最終学歴を大学と認識し、とにかく大学を卒業しないといけないとの発想があると指摘されている。現実問題として世間一般では、どの程度の「大学信奉」が生じているのだろうか。今回は国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に発表した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」を基に、現在未婚の人のうち結婚願望を持つ人における、将来自分が有するであろう子供にどの程度の教育を受けさせたいと考えているか、その心境を確認していく(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "独身者が考える「自分の子供に受けさせたい教育程度」から見る大学信奉の度合い(最新)"

11時38分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

祖母の子育て支援、その実情を探る(最新)

子供を産み育てる上でもっとも手間がかかり保護者の労力を必要とするのが、生まれてから数年の間。出産した母親自身の体力の回復も必要であり、同時に生まれた子供の世話も多大なものとなる。当然、父親をはじめとした周囲の配慮手助けも欠かせない。今回は国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に発表した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」を基に、子供が生まれてから3歳になるまでの間に、夫婦の母親(対象となる子供からは祖母に当たる存在)から子育ての手助けを受けたか否かに関して、その実情を確認していく(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "祖母の子育て支援、その実情を探る(最新)"

10時20分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

各国の合計特殊出生率推移をグラフ化してみる(2016年)(最新)

2016-1124先に【先進諸国の出生率や離婚率などをグラフ化してみる】で先進諸国の直近における合計特殊出生率を、【日本の出生率と出生数をグラフ化してみる】で日本の合計特殊出生率の推移を、【アメリカ合衆国の人種別出生率の詳細をグラフ化してみる】でアメリカ合衆国の合計特殊出生率の推移をチェックした。そして先日別件で出生率周りを調べていたところ、主要諸国の合計特殊出生率の推移を把握できるデータを見つけることができた。そこで今回はその内容について精査をしていくことにする。

続きを読む "各国の合計特殊出生率推移をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

5時15分少子化社会対策白書, 逐次新値反映記事



(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN