2016/10/12

結婚を望む人は約9割…独身者の結婚意思の変化をグラフ化してみる(最新)

原則的に男女間の契約様式の一つとして、共に生活し一つの世帯を持つ事を宣言し、社会・法律の上で夫婦であるとの立場で生活するとの表明を成し法律関係を結ぶこと、夫婦になることを結婚と呼んでいる(「婚姻」も似た意味を持つが、結婚後の夫婦関係をも意味する)。現在独身にあるものは、結婚についていかなる意識を有しているのだろうか。国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に公式サイトにて公開した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」の調査結果(独身者対象の調査と夫婦対象調査の双方)をもとに、独身者の思惑を確認していく(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "結婚を望む人は約9割…独身者の結婚意思の変化をグラフ化してみる(最新)"

5時18分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

欲しい子供の男女の組合せは? 理想の子供の男女構成をグラフ化してみる(最新)

子供を持ちたいと考えている夫婦において、具体的な人数以外に、男女の組み合わせに関して希望するケースも少なくない。すべて男子が良い、男女合わせて、女子がすべてなどなど。世間話の中では持ち上がることもある「夫婦が欲っする子供の男女の組み合わせ」に関して、今回は国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に公式サイトにて公開した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」の調査結果(独身者対象の調査と夫婦対象調査の双方)をもとに、世間一般の意見を集約し、その実情を確認していく(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "欲しい子供の男女の組合せは? 理想の子供の男女構成をグラフ化してみる(最新)"

5時15分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

一人目の子供が産まれた後、仕事は? 第一子出産前後の就業経歴をグラフ化してみる(最新)

女性は出産をする前後相当期間において、出産のための準備や心身の安全確保のためなどの理由で、安静が強く求められる。産前・産後休業が制度化されているのも、その休みが必要不可欠との認識に基づくものに他ならない。それでは実際に、出産をする前後で夫婦世帯における女性の就業状況はどのような変化を見せているのだろうか。国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に公式サイトにて公開した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」の調査結果(独身者対象の調査と夫婦対象調査の双方)をもとに、確認していくことにする(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "一人目の子供が産まれた後、仕事は? 第一子出産前後の就業経歴をグラフ化してみる(最新)"

5時12分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

2016/10/11

理想と予定、子供の数の推移をグラフ化してみる…(下)理想数まで子供を持たない理由(最新)

先行する記事【理想と予定、子供の数の推移をグラフ化してみる…(上)理想数と予定数推移(最新)】において、国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に公式サイトにて公開した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」の調査結果(独身者対象の調査と夫婦対象調査の双方)をもとに、夫婦間における理想とする子供数、そして現実問題として予定している子供数の動向を確認した。今回はそれをベースとし、理想数よりも予定数が少ない夫婦において、なぜそのような選択をしているのか、その理由を見ていくことにする(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "理想と予定、子供の数の推移をグラフ化してみる…(下)理想数まで子供を持たない理由(最新)"

5時26分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

理想と予定、子供の数の推移をグラフ化してみる…(上)理想数と予定数推移(最新)

自由意志の結果として、あるいはさまざまな理由の上で、結婚をしても子供を持たない・持てない夫婦も多分にいるが、婚姻して夫婦世帯を持った男女間においては、子供の出産・育成が一つの目標であり、周囲からも社会全体の上でも期待される。それでは実際に夫婦自身は、子供に関して、何人ほど産み育てたいと考えているのか、そして実際の予定人数は何人なのか。国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に公式サイトにて公開した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」の調査結果(独身者対象の調査と夫婦対象調査の双方)から確認していくことにする(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "理想と予定、子供の数の推移をグラフ化してみる…(上)理想数と予定数推移(最新)"

5時22分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

夫婦の「出会いのきっかけ」をグラフ化してみる(最新)

国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に公式サイトにて公開した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」の調査結果(独身者対象の調査と夫婦対象調査の双方)では、夫婦・独身者の結婚や出産に関する状況把握に役立つ結果が多数確認できる。今回はその中から、現在夫婦生活を営んでいる人における、夫婦間の「出会い」に焦点を合わせ、その実情や変移を見ていくことにする(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "夫婦の「出会いのきっかけ」をグラフ化してみる(最新)"

5時20分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

2016/10/10

ますます伸びる交際期間と縮む夫婦間年齢差…日本の夫婦事情の推移(最新)

国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に発表した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量している「出生動向基本調査」の最新版となる「第15回出生動向基本調査」の調査結果(独身者対象の調査と夫婦対象調査の双方)には、夫婦・独身者の結婚や出産に関する状況を把握するのに大いに役立つ値が数多く盛り込まれている。今回はその中から、夫婦間の結婚までの交際期間や初婚年齢、夫婦間の年齢差などを確認していくことにする(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "ますます伸びる交際期間と縮む夫婦間年齢差…日本の夫婦事情の推移(最新)"

5時25分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

日本の「恋愛結婚」「見合い結婚」の推移をグラフ化してみる(最新)

国立社会保障・人口問題研究所は2016年9月15日、同研究所が日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量している「出生動向基本調査」の最新版となる「第15回出生動向基本調査」に関し、独身者対象の調査と夫婦対象調査の双方の調査結果を発表した。今回はその公開データを基に、日本の結婚に関わる問題として注目を集めている要素の一つ、恋愛結婚・見合い結婚の動向に関して確認していくことにする(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "日本の「恋愛結婚」「見合い結婚」の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時22分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

2016/10/06

電車内や会話中のケータイやスマホの利用、不愉快に思う? 当然の行為!?

携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォンの双方)、特にスマホの普及に伴い、他人とのコミュニケーションはリアルタイムなものを求められる風潮が強まっている。いつどこにいても通話やソーシャルメディアでの読み書きをする、せざるを得なくなるライフスタイルを、医療従事者などの特殊事情を持つ人に限らず多くの人が求められるのは、これまでの人間社会では想定しえなかった状況に違いない。このような昨今の状況の中、公共交通機関の中や他人との対話中の携帯電話の利用に関して、マナー的にどのような印象を人々はいだいているのだろうか。今回は文化庁が2016年9月21日に発表した調査結果の概要【平成27年度「国語に関する世論調査」の結果について】の内容をもとに、いくつかの視点から確認していくことにする。

続きを読む "電車内や会話中のケータイやスマホの利用、不愉快に思う? 当然の行為!?"

10時52分国語に関する世論調査

2016/10/05

テレビや新聞が減り、パソコンが増えたかと思えば減り、携帯電話が急速に伸びる…生活に必要な情報を何から得ているか

他に誰もおらず外部との情報も遮断された無人島における生活ならば、あるいは他からの情報の取得は必要としないかもしれないが、人は集団生活を営む以上、さまざまなツールを用いて他者が発信した情報を得て、自分の意思決定や行動の材料としていく。天気予報を見て雨が降りそうなら傘を用意し、ベランダの洗濯物を取り込んでおいてから外出するのが良い例だ。今回は文化庁が2016年9月21日に発表した調査結果の概要【平成27年度「国語に関する世論調査」の結果について】の内容をもとに、いくつかの視点から生活に必要な情報源の状況を確認していく。

続きを読む "テレビや新聞が減り、パソコンが増えたかと思えば減り、携帯電話が急速に伸びる…生活に必要な情報を何から得ているか"

11時59分国語に関する世論調査

一緒に仕事をした相手、終わった後の謝意の言葉は「お疲れ様」か「ご苦労様」それとも「ありがとう」か

相手に表したい気持ちは同じではあるが、それを体現化し相手に伝える言葉は多種多様。そしてその使い方で間違った意図が伝わってしまうことも少なくない。さらにその言葉の使い方は状況の微妙な違いで変わり、時代の変遷と共に変化をする場合も多い。今回は文化庁が2016年9月21日に発表した調査結果の概要【平成27年度「国語に関する世論調査」の結果について】の内容をもとに、いくつかの事例からその実情を確認していくことにする。

続きを読む "一緒に仕事をした相手、終わった後の謝意の言葉は「お疲れ様」か「ご苦労様」それとも「ありがとう」か"

10時25分国語に関する世論調査

簡単なようで難しい、中高生の先生との会話の際の敬語の必要性

学校内においては就学している先生と生徒との間には、年齢の差だけではなく勉学を教示する側・される側の立ち位置なども合わせ、一般的には目上・目下の関係がある。目上の人には敬語を用いて話しかけるのが普通ではあるのだが、状況によってはその必要が無い場合も考えられる。就学している側を生徒(中高生)と仮定した状況下では、敬語の必要性を人々はどのように考えているのか。文化庁が2016年9月21日に発表した調査結果の概要【平成27年度「国語に関する世論調査」の結果について】の内容をもとに、確認していくことにする。

続きを読む "簡単なようで難しい、中高生の先生との会話の際の敬語の必要性"

4時51分国語に関する世論調査

2016/10/04

配達の人に対する感謝の意、どんな言葉をあなたはかけるか

流通網の発達とインターネットを用いた通販の普及浸透で、飛躍的に利用頻度が高まり社会的な必要性が増した宅配便。ポストなどに投函される場合もあるが、多分に業者の人と相対し、荷物を受け取り、受領書にサインや判子を押すことになる。その際、配達業者の人に感謝の意を込め、どのような言葉をかけるだろうか。今回は文化庁が2016年9月21日に発表した調査結果の概要【平成27年度「国語に関する世論調査」の結果について】の内容をもとに、その現状を確認していくことにする。

続きを読む "配達の人に対する感謝の意、どんな言葉をあなたはかけるか"

13時8分国語に関する世論調査



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS