2016/07/31

アマゾンドットコムの売上推移などをグラフ化してみる(2016年)

文房具や書籍、各種玩具、さらには飲料食料品や大型動物の実物大模型に至るまで、多種多彩な商品を取り扱い、条件が合えば注文翌日どころか当日に商品を入手できる通販サービス「アマゾン」。その浸透ぶりに「konozama」をはじめ多種多様な造語もごく普通に使われるようになったが、今や多くの人にとって欠かせないインフラの立ち位置にある事実は、誰一人として否定はできない。今回はそのアマゾンに関して、日本国内だけではなく世界全体の同社における財務状態の推移を眺めることにした。

続きを読む "アマゾンドットコムの売上推移などをグラフ化してみる(2016年)"

11時0分海外企業決算動向, noindex

ツイッターの売上推移などをグラフ化してみる(2016年)

2013年にアメリカ市場で上場を果たし、日本でも多くの人がインフラ的に活用している、チャット的なミニブログことツイッター(Twitter)。今回はそのツイッターを運営するツイッター社の売上推移などについて、【アマゾンドットコムの売上推移などをグラフ化してみる】にて用いた取得方法を流用し、ツイッター社の上場時の登録届出書「S-1」や上場後の決算書類(年次報告書)「10-K」など各種財務関連の報告書を取得し、そのデータを基に売上などの財務動向をグラフ化し、状況の確認をしていくことにする。

続きを読む "ツイッターの売上推移などをグラフ化してみる(2016年)"

10時0分海外企業決算動向, noindex

ツイッターのアクセス動向をグラフ化してみる(2016年)

チャット形式のミニブログサービス「Twitter(ツイッター)」を提供しているツイッター社は2013年11月7日付でニューヨーク証券取引所に上場(コードはTWTR)、大型のインフラサービス系IT企業の上場として大いに市場の話題を集めることとなった。上場以降は基本方針・事業内容こそ変わらないものの、それまで以上に株主の視線を気にする、収益確保の姿勢をより強く示す動きを示している。今回はそのツイッター社の公開資料を基に、ツイッターのアクセス動向を確認していくことにする。

続きを読む "ツイッターのアクセス動向をグラフ化してみる(2016年)"

5時0分海外企業決算動向, noindex

2016/07/30

総計33.2万台・前年同月比マイナス21.1%、押し並べて軟調(薄型テレビ出荷動向:2016年6月分)

2016年7月29日付で電子情報技術産業協会(JEITA)は同協会公式サイト上において、【民生用電子機器国内出荷統計】の最新値となる、2016年6月分のデータを公開した。その公開値によれば2016年6月の薄型テレビの出荷台数は33.2万台となり、前年同月比ではマイナス21.1%となった。サイズを問わずに出荷台数は減少、付加価値型に限定して集計すると4K対応は増加したが、HC(ハイブリッドキャスト)対応機種は減少を示す形となった。

続きを読む "総計33.2万台・前年同月比マイナス21.1%、押し並べて軟調(薄型テレビ出荷動向:2016年6月分)"

5時0分薄型テレビ出荷, noindex

女性中高齢層で減少傾向に足踏み感…年齢階層別成人喫煙率をグラフ化してみる(2016年)

先に【2016年の全体喫煙率19.3%、男性は史上初の3割未満・女性はわずかに増加(JT発表)】で伝えたように、JTは2016年7月28日に、2016年分となる「全国たばこ喫煙者率調査」の結果を発表した。この発表資料には年齢階層別の喫煙率も掲載されており、当サイトが中期的に定期更新している「世代別喫煙率推移」(JT発表資料ベース)の各値も、最新値を盛り込むことが可能となった。そこで今回はその反映をした上で、最新の喫煙率状況を中長期的な流れで把握できるグラフを作成し、状況を精査することにした。

続きを読む "女性中高齢層で減少傾向に足踏み感…年齢階層別成人喫煙率をグラフ化してみる(2016年)"

5時0分JT喫煙率, noindex

2016/07/29

梅雨が明けたが市場は梅雨模様のまま…株式市場雑感(16/07/25-16/07/29週)(週終値:1万6569円27銭)

■16/07/25:日経平均終値1万6620円29銭/129.8
本日の東京株式市場は高値圏での値動きだが引けにかけて失速。寄り付きから買い基調で展開したが短期的な過熱感に及び腰となったのか、次第に上げ幅は縮小。引けにかけては先物主導で売られ、引けにはマイナスに転じた。相場全体をはっぴっていた任天堂がストップ安になったのも少なからぬ影響要因となった。出来高は16億8540万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.04%、TOPIXは-0.16%、マザーズ指数は+0.48%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には上げ銘柄多し。前営業日比は+0.15%となる。

続きを読む "梅雨が明けたが市場は梅雨模様のまま…株式市場雑感(16/07/25-16/07/29週)(週終値:1万6569円27銭)"

19時0分株式市場雑感, noindex

前年同月の大幅増加の反動を受けて減少、マイナスは6か月ぶり…2016年6月新設住宅戸数2.5%減

国土交通省は2016年7月29日付で同省公式サイトにおいて、2016年6月の新設住宅戸数の動向(建築着工統計調査報告)を各種データと共に発表した。それによれば2016年6月の新設住宅着工戸数は前年同月比では2.5%減の8万5953戸で、先月から転じてのマイナスとなり、6か月ぶりの減少を示したことが分かった。着工床面積は5か月ぶりのマイナス・3.0%の減少となっている(【国土交通省:発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "前年同月の大幅増加の反動を受けて減少、マイナスは6か月ぶり…2016年6月新設住宅戸数2.5%減"

14時0分新設住宅戸数, noindex

中堅男女の喫煙率が上昇、男性50代は1日1箱では不足気味…年齢階層別喫煙動向をグラフ化してみる(2016年)(JT発表)

JT(2914)は2016年7月28日に、2016年5月に同社が実施した「全国たばこ喫煙者率調査」の結果を発表し、日本における直近のたばこ喫煙状況を明らかにした。その内容によれば先に【2016年の全体喫煙率19.3%、男性は史上初の3割未満・女性はわずかに増加(JT発表)】で詳細を伝えているが、2016年5月時点における日本国内の喫煙率は19.3%で、前年比では0.6%ポイントのマイナスとなった。男女別では男性が1.3%ポイント減少、女性は0.1%ポイント増加している。今記事では発表資料に添付されていた参考データをチェックし、同データから年齢階層別喫煙率や喫煙者の喫煙本数など、いくつかの視点で喫煙者の詳細を確認していくことにする。

続きを読む "中堅男女の喫煙率が上昇、男性50代は1日1箱では不足気味…年齢階層別喫煙動向をグラフ化してみる(2016年)(JT発表)"

12時0分JT喫煙率, noindex

平均寿命の前年との差に対する死因別寄与年数をグラフ化してみる(2016年)

厚生労働省は2016年7月27日付で同省公式サイトにて、2015年分の簡易生命表の概況を発表した。そのリリースには日本の最新(2015年)の平均寿命をはじめ、各種平均余命など多彩なデータが公開されている。今回はその中から特筆事項として掲載されていた、特定の死因を除去した場合に平均余命がどれだけ伸びるかについての、前年2014年分との差を算出した「平均寿命の前年との差に対する死因別寄与年数」にスポットライトを当てることにする。日本の医療環境の整備や公衆衛生の成果と、高齢化社会の実態がおぼろげながらも見える結果となっている(【発表リリース:平成25年簡易生命表の概況】)。

続きを読む "平均寿命の前年との差に対する死因別寄与年数をグラフ化してみる(2016年)"

10時0分出産・高齢化・寿命, noindex

日本は女性で世界第二位、男性は世界第四位…平均寿命の国際比較をグラフ化してみる(2016年)

厚生労働省は2016年7月27日付で同省公式サイトにおいて、2015年分の簡易生命表の概況を発表した。それによると2015年における日本の平均寿命は、男性が80.79歳、女性が87.05歳となった。これは同省が把握している各国の平均寿命と比較した場合、男性では世界で第四位、女性は世界第二位の長寿命を誇る結果となる。今回は今発表データを元に、平均寿命上位国の最新値について、グラフにその値を反映させ、状況の再確認を行うことにする(【発表リリース:平成27年簡易生命表の概況】)。

続きを読む "日本は女性で世界第二位、男性は世界第四位…平均寿命の国際比較をグラフ化してみる(2016年)"

10時0分出産・高齢化・寿命, noindex

2016年の全体喫煙率19.3%、男性は史上初の3割未満・女性はわずかに増加(JT発表)

JT(2914)は2016年7月28日、同社が定点観測的に毎年実施しており、今年は2016年5月に実施した「全国たばこ喫煙者率調査」の結果を発表した。それによると2016年5月時点における全国の喫煙率は19.3%となり、前年比で0.6%ポイントのマイナスとなったことが分かった。これは計測値として確認が可能な値の中では2014年分・2015年分に続き、3年目の2割を切る形となる。男女別では男性が1.3%ポイント減少の29.7%となり、観測を始めた1965年以降初めて3割を切った。一方で女性は0.1%ポイント増の9.7%を示している(【発表リリース:2016年「全国たばこ喫煙者率調査」、男女計で19.3%】)。

続きを読む "2016年の全体喫煙率19.3%、男性は史上初の3割未満・女性はわずかに増加(JT発表)"

5時0分JT喫煙率, noindex

2016/07/28

雑誌も含めて市場規模1800億円超え…「電子書籍ビジネス調査報告書2016」発売

株式会社インプレスのシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は2016年7月27日、電子書籍の動向、電子書籍に関する市場規模の推計結果を発表すると共に、その内容を詳細にまとめた出版物「電子書籍ビジネス調査報告書2016」を同年7月28日に発行すると発表した。今回はそのリリースで公開された、同調査における一部要項を基に、日本の電子書籍市場動向を確認していくことにする(【発表リリース:2015年度の電子書籍市場規模は前年比25.1%増の1,584億円 2020年度は3,000億円規模へと成長 『電子書籍ビジネス調査報告書2016』 7月28日発行】)。

続きを読む "雑誌も含めて市場規模1800億円超え…「電子書籍ビジネス調査報告書2016」発売"

14時0分本・文具, noindex

日本の平均寿命の推移をグラフ化してみる(2016年)

厚生労働省は2016年7月27日、2015年分の簡易生命表の概況を発表した。それによると2015年における日本の平均寿命は、男性が80.79歳、女性が87.05歳となった。男性の平均寿命80歳超えは2013年分が初めてで今2015年が連続の3年目となる。今回は各発表データを元に、経年の平均寿命推移について、各種グラフに最新値を反映・更新させ、状況の再確認を行う(【発表リリース:平成27年簡易生命表の概況】)。

続きを読む "日本の平均寿命の推移をグラフ化してみる(2016年)"

5時0分出産・高齢化・寿命, noindex

トップの東京都は62.1%、最下位県の約1.5倍…都道府県別スマートフォン利用率動向(2016年)

今や加速度的に普及が進みつつあるスマートフォン。そのスマートフォンを使ってインターネットにアクセスをしている人は6歳以上の全員比で54.3%(2015年末時点)との実情が、総務省が2016年7月22日に発表した「通信利用動向調査」の公開値から明らかにされている。それではその利用率は全国一様なのだろうか、それとも地域によって大きな差異が生じているのだろうか。今回は都道府県別のスマートフォンによるインターネット利用率の現状を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "トップの東京都は62.1%、最下位県の約1.5倍…都道府県別スマートフォン利用率動向(2016年)"

4時0分通信利用動向調査, noindex

トップの神奈川県は23.6%、最下位は…!? 都道府県別タブレット型端末利用率動向(2016年)

昨今のインターネット界隈の動向を見聞きするに、ハード面ではスマートフォンとタブレット型端末、ソフト・サービス面ではソーシャルメディアに熱い視線が向けられ、多くの人が手に取り体験している。そして奇しくもそれらのハードとソフトは密接な関係にあり、片方がもう片方の浸透に小さからぬ貢献をしている実態がある。先行する記事【都道府県別スマートフォン利用率動向】でスマートフォンによるインターネットの都道府県別利用状況を確認したが、今回はハード面における注目対象のもう片割れであるタブレット型端末について、同じように都道府県別のインターネット利用率の現状を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "トップの神奈川県は23.6%、最下位は…!? 都道府県別タブレット型端末利用率動向(2016年)"

4時0分通信利用動向調査, noindex

じわりと増加する携帯電話代負担…電話料金と家計支出に占める割合をグラフ化してみる(2016年)

携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォンの双方合わせて。以下同)が人々の生活において欠かせぬ存在となり、利用層がますます広域化し、それこそ老若男女を問わずに利用されるようになるに連れ、その携帯電話の利用によって生じる金銭的負担は当然増加する。昨今では従来型携帯電話から、より負担が大きいスマートフォンへの世代シフトも起き、それも負担増の一端として影響を与えている。それでは実態としてどれほどの金額が使われ、家計にどの程度の負担・影響を与えているのだろうか。その点について総務省が2016年7月22日に発表した「通信利用動向調査」の公開値などを元に検証していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "じわりと増加する携帯電話代負担…電話料金と家計支出に占める割合をグラフ化してみる(2016年)"

4時0分通信利用動向調査, noindex

2016/07/27

個人ベースでは83.0%…インターネット普及率の推移をグラフ化してみる(2016年)

パソコンやスマートフォンをはじめとした携帯電話はもちろん、家庭用ゲーム機、さらには各種家電製品にまで実装されるようになったインターネットへのアクセス機能。それら直接アクセスする機器だけでなく、多種多様な場面・部門でインターネットは活用されており、電気や水道と同レベルの、生活に欠かせないインフラ的な立ち位置を示している。それではそのインターネットは日本において、どれほどの人達にまで普及しているのだろうか。複数の視点でこの「インターネット普及率」は推し量ることができるが、今回は総務省が2016年7月22日に発表した「通信利用動向調査」の公開値を中心に、その実情を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "個人ベースでは83.0%…インターネット普及率の推移をグラフ化してみる(2016年)"

10時0分通信利用動向調査, noindex

DSL回線は減少継続、光回線・CATV回線再び増加へ…自宅パソコンのネット接続回線の種類をグラフ化してみる(2016年)

総務省は2016年7月22日、平成27年(2015年)調査の結果による「通信利用動向調査」を発表した(【発表ページ:通信利用動向調査】)。この調査結果は独自調査を中心にした、日本のインターネットや携帯電話など、情報通信関連の各種調査結果をまとめた調査結果であり、毎年夏に発表される予定の【情報通信白書】の情報の基盤としても用いられる、同省の情報通信統計として非常に有益なものである。今回はそれらの公開データを用い、「自宅のパソコンなどを介したインターネット接続回線の種類(世帯単位)」について、その実情を確認し、過去のデータと合わせて検証することにより、状況の変化を推し量ることにする。ブロードバンド化の進行、インターネットの窓口としての端末の移り変わりなども見て取れよう。

続きを読む "DSL回線は減少継続、光回線・CATV回線再び増加へ…自宅パソコンのネット接続回線の種類をグラフ化してみる(2016年)"

5時0分通信利用動向調査, noindex

建設業界の人手不足状況を長期的にグラフ化してみる(2016年6月分まで)

以前掲載した記事【建設業界の人手不足状況をグラフ化してみる(2014年3月時点)】において、国土交通省の定点観測的調査「建設労働需給調査」の値を基に、建設業界の人材不足状況を当時の最新データ分について精査した。今回は2016年7月26日に発表された最新版となる2016年6月分までを含め、今データをもとに、中長期的な同業界の人材不足感の推移を確認する。ここ数年の不足感の実情を、過去との比較で見ていくことになる(【発表リリース:建設労働需給調査結果】)。

続きを読む "建設業界の人手不足状況を長期的にグラフ化してみる(2016年6月分まで)"

5時0分建設労働需給, noindex

2016/07/26

ソフトハード合わせて国内市場規模は3302億円、プラスダウンロードが131億円…CESA、2015年分の国内外家庭用ゲーム産業状況発表(2016年)

社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は2016年7月25日、「2016CESAゲーム白書(2016 CESA Games White Paper)」の発刊を公知すると共に、2015年における日本国内外の家庭用ゲーム(据え置き型に加えて携帯型も含む)市場の概要を発表した。それによると2015年の日本国内ゲームメーカーによる家庭用ゲームの市場規模(ハードとソフト双方)は3302億円であることが分かった。またそれとは別にダウンロードゲームソフトウェア市場は131億円であると推計されている。今回は発表されたデータを基に、各種状況を確認していくことにする(【発表リリース:「2016CESAゲーム白書(2016 CESA Games White Paper)」発刊】)。

続きを読む "ソフトハード合わせて国内市場規模は3302億円、プラスダウンロードが131億円…CESA、2015年分の国内外家庭用ゲーム産業状況発表(2016年)"

12時0分ゲーム, noindex



(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN