2016/04/25

異種コラボシミュレーションのトップ継続中…ゲームソフトランキング更新(2016/04/11-2016/04/17)

未来のゲームはやっぱりVRで画面を視ることになるのだろうかと思うと今からドキワクが止まらない今日この頃。メディアクリエイト発表による【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位は先週に続きレベルファイブの新作「妖怪三国志」(3DS)がついた。タイトル名の通り、同社の名作「妖怪ウォッチ」の世界観とコーエーテクモゲームスの歴史シミュレーション「三国志」が融合した作品。要は「妖怪ウォッチ」の妖怪たちが「三国志」の武将に成り代わり、天下統一を目指していくシミュレーションゲーム。ゲームの根幹部分は「三国志」だが、多様な要素で「妖怪ウォッチ」のコミカルさ、ハードルの低さが導入されており、初心者はもちろんシミュレーションゲームのファンでも楽しめる内容となっている。また妖怪たちは原則三国志の世界の武将にシフトしているが、その組み合わせも興味深い。ゲーム専門店や総合メディアショップなどのゲーム売り場ではプロモーションの映像が繰り返し流され、無料チラシの配布など大規模な宣伝が行われている様子をあちこちで見かけるが、同時に今なお「品切れ」の札も目に留めることが多く、その人気ぶりを実感させられる。今回週のセールスは4万本超。累計は40万本を超えており、元祖「妖怪ウォッチ」ほどではないがそれなりのヒット作として歴史に名を刻みそうだ。

続きを読む "異種コラボシミュレーションのトップ継続中…ゲームソフトランキング更新(2016/04/11-2016/04/17)"

7時0分ゲームランキング, noindex

自国のテレビや新聞、雑誌が情報源として一番…諸外国の日本の情報入手先や期待する報道内容(2016年)

自国と異なる生活様式や文化を持つ他国へ、興味関心を抱くことは誰にでもある好奇心の発芽に違いない。そしてそれは同時に、他国からもまた、自国がそのような興味を抱かれることを意味する。自国が他国からどのように思われ、どの部分に興味を持たれているかは、知る機会が少ない一方で、気になる話ではある。今回は新聞通信調査会が2016年4月18日に発表した、アメリカやイギリス、フランス、中国、韓国、タイへのメディアに関する世論調査「諸外国における対日メディア世論調査(2016年実施)」などの内容から、日本のどの点に興味を持たれているか、そしてどのようなルートから日本の情報を入手しているかについて確認していくことにする(【発表リリース:諸外国における対日メディア世論調査(2016年実施)】)。

続きを読む "自国のテレビや新聞、雑誌が情報源として一番…諸外国の日本の情報入手先や期待する報道内容(2016年)"

5時0分メディア世論調査(新聞通信), noindex

2016/04/24

認知度は韓国が断トツ、関心度はタイがトップ…日本のメディアあれこれ(2016年)

閉鎖的な業界スタイルの経年劣化的現象や、新メディアの勢力拡大に伴う相対的な存在価値の低下により、大きな揺れ動きの中にある日本の従来型大手メディア。それらは海外からはどの程度認識されているのだろうか。今回は新聞通信調査会が2016年4月18日に発表した、アメリカやイギリス、フランス、中国、韓国、タイへのメディアに関する世論調査「諸外国における対日メディア世論調査(2016年実施)」の内容から、その実情を確認していくことにする(【発表リリース:諸外国における対日メディア世論調査(2016年実施)】)。

続きを読む "認知度は韓国が断トツ、関心度はタイがトップ…日本のメディアあれこれ(2016年)"

12時0分メディア世論調査(新聞通信), noindex

諸外国から見た新聞の信頼度、そして今後も役割を維持できるか否か(2016年)

新聞通信調査会は2016年4月18日、アメリカやイギリス、フランス、中国、韓国、タイに対して実施したメディアに関する世論調査「諸外国における対日メディア世論調査(2016年実施)」の結果を公表した。その内容によれば回答国における新聞の信頼度は100点満点で50点台から60点台にとどまっており、参考値ではあるが日本が一番高いことが明らかになった。また将来新聞はインターネットなどの普及で役割が現在よりも小さくなっていくと考えている人はイギリス(と日本)以外で過半数に達しており、現状の役割・重要性を維持できると考えている人は少数派となっていることが判明している(【発表リリース:諸外国における対日メディア世論調査(2016年実施)】)。

続きを読む "諸外国から見た新聞の信頼度、そして今後も役割を維持できるか否か(2016年)"

11時0分メディア世論調査(新聞通信), noindex

「たばこ止めたいですか」喫煙者に聞きました(2016年)

喫煙者、つまりたばこを吸っている人には心底たばこを愛飲している人もいれば、できれば止めたい、本数を減らしたいけれどもなかなか意思を果たすことができない、一時的に禁煙してもすぐに断念してしまう人もいる。禁煙のための労苦は多々見受けることができるし、昨今では禁煙外来も設けられ、条件が満たされれば健康保険の保険適用すら受けられる。それほどまでにたばこは魅力的に思える人もいるわけだが、実際にはどれほどの人がたばこを止めたい、減らしたいと考えているのだろうか。今回は厚生労働省が2016年4月20日に発表した「平成26年国民健康・栄養調査」の結果に関する詳細な各種データを基に、その実情を確認していくことにする(【国民健康・栄養調査:調査一覧ページ】)。

続きを読む "「たばこ止めたいですか」喫煙者に聞きました(2016年)"

5時0分国民健康・栄養調査, noindex

2016/04/23

米産、カナダ産、タイ産、そして中国産…外国産食肉や加工肉への心境をグラフ化してみる(2016年)

外国産の食肉は今や食生活には欠かせない存在となるまでに浸透し、外食産業でも大いに使われている。一方、数年前にファストフード業界に大きな影響を与えた中国産鶏肉問題や、それ以前の冷凍食品問題、さらにはBSE問題など、購入・消費する側としては、何かと気になる事案も少なくない。今回はJC総研が2016年4月7日に発表した畜産品などの消費性向に関する調査結果の概要をもとに、消費者における外国産食肉や加工肉にどのようなイメージをいだいているかの実情を確認していくことにする(【発表リリース:畜産物等の消費行動調査】)。

続きを読む "米産、カナダ産、タイ産、そして中国産…外国産食肉や加工肉への心境をグラフ化してみる(2016年)"

13時0分JC総研(消費行動), noindex

全業種前年同月比マイナスに(2016年3月分大口電力動向)(最新)

電気事業連合会は2016年4月20日に同会公式サイトにおいて、2016年3月分となる電力需要実績の速報を公開した。その内容によれば、同年3月の電力需要(使用量)は10社販売電力量合計で695億kWhとなり、前年同月比でマイナス1.0%となった。一方、産業用の大口電力需要量は前年同月比でマイナス3.4%を記録し、23か月連続して前年同月の実績を下回った。このマイナスは全主要業種において前年同月の実績を下回ったことによるとリリースでは説明している(【電気事業連合会:電力需要実績発表ページ】)。

続きを読む "全業種前年同月比マイナスに(2016年3月分大口電力動向)(最新)"

11時27分大口電力, 逐次新値反映記事

大学種類や居住形態別の大学生における学生生活費をグラフ化してみる(2016年)

先行記事【大学生の学生生活費をグラフ化してみる】において、独立行政法人日本学生支援機構が2016年3月29日に発表した【「平成26年度学生生活調査」】をもとに、大学生の生活における学生生活費(学費と生活費の合算)の実情を確認した。今回はその学生生活費について、いくつかの条件にて仕切り分けした上で、もう少し詳しい実情を見ていくことにする。

続きを読む "大学種類や居住形態別の大学生における学生生活費をグラフ化してみる(2016年)"

5時0分学生生活調査, noindex

2016/04/22

原油合意見送りと為替乱高下で一喜一憂…株式市場雑感(16/04/18-16/04/22週)(週終値:1万7572円49銭)

■16/04/18:日経平均終値1万6275円95銭/95.0
本日の東京株式市場は大幅安の展開。17日に開催の産油国会合では価格調整のための原油の増産凍結の合意が見送りとなり、これを受けて原油価格が大きく下落。市場観もリスク回避の流れを見せ、円高が進行。さらに九州・熊本の地震に関する国内企業の影響を懸念する形で大きく売り込まれる形となった。出来高は21億8206万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-3.40%、TOPIXは-3.03%、マザーズ指数は+0.65%。

銘柄種類数的にはほぼ全面安。前営業日比は-2.23%となる。

続きを読む "原油合意見送りと為替乱高下で一喜一憂…株式市場雑感(16/04/18-16/04/22週)(週終値:1万7572円49銭)"

19時0分株式市場雑感, noindex

日本では1890万人が「強い疑い」「可能性否定できず」な糖尿病(2016年)

厚生労働省は2016年4月20日、「平成26年国民健康・栄養調査」の結果に関する詳細な各種データを発表した。それを元に試算すると2014年時点では推計で糖尿病が強く疑われる人20歳以上の人は947万人、可能性を否定できない人は1043万人いることが分かった。合わせて糖尿病リスク者は1890万人いる計算になる。男女別では男性の方が、世代別では高年齢の方が高い割合を示している(【国民健康・栄養調査:調査一覧ページ】)。

続きを読む "日本では1890万人が「強い疑い」「可能性否定できず」な糖尿病(2016年)"

14時0分国民健康・栄養調査, noindex

アルバイトの時給動向をグラフ化してみる(2016年)

雇用市場における需給関係の変化は建設業やパート・アルバイト界隈で特に活発化しており、単なる人手不足の動向に留まらず、その状況を起因としたさまざまな方面への影響が話題に登り、ニュースとして配信される。その一面は【建設業界の人手不足状況を長期的にグラフ化してみる】でお伝えしている通りだが、今回は非正規雇用の中でもメインとなるパート・アルバイトの時給の推移を通し、市場動向をかいま見ることにする。

続きを読む "アルバイトの時給動向をグラフ化してみる(2016年)"

10時0分RC-アルバイト時給, noindex

回転寿司をデートに使うのはありかなしか(2016年)

昨今のメニュー拡充、ファミレス的志向に伴い、これまで以上に訪店ハードルが下がり、門戸が広がった感のある回転寿司。当然、男女間のデートの場として用いたいと発想する人もいる。その考え方はありかなしか、ありならどのような行為に気遣う必要があるのか。今回はマルハニチロが2016年3月29日に発表した回転寿司に関する消費者実態調査から、その実情を探ることにする(【発表リリース:回転寿司に関する消費者実態調査2016】)。

続きを読む "回転寿司をデートに使うのはありかなしか(2016年)"

5時0分マルハ-回転寿司, noindex

相場高で食料品は好調、されど衣料品と住関品がイマイチでマイナスに…2016年3月度チェーンストア売上高、前年同月比マイナス0.3%

日用品が何不自由なく手に入ることに感謝を覚えたくなる今日この頃。チェーンストア(スーパーマーケットやデパートなど)の業界団体である【日本チェーンストア協会】は2016年4月21日付で同協会公式サイトにおいて、チェーンストアの2016年3月度分販売統計速報(月報)を発表した。その内容によると2016年3月は食料品こそ農産物の相場高が貢献する形で好調だったものの、衣料品は中旬以降の気温低下で春物が伸びず、住関品もイマイチな動きに留まり、結果として売上総額の前年同月比はマイナス0.3%(店舗調整後)を示す形となった(【同協会内発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "相場高で食料品は好調、されど衣料品と住関品がイマイチでマイナスに…2016年3月度チェーンストア売上高、前年同月比マイナス0.3%"

5時0分チェーンストア売上, noindex

2016/04/21

小中高校生の電子書籍利用状況をグラフ化してみる(2016年)

紙媒体による出版業界を大きく揺るがしているのがインターネットの存在だが、同時にそれを紙代わりのインフラとして用い、デジタルによる書籍の提供・販売を行うことで、時代の流れに乗る動きもある。スマートフォンをはじめとするインターネットの窓口となる端末が急速に普及する昨今、子供達の間に電子書籍はどこまで浸透しているのか。今回は内閣府が2016年3月31日付で確定報を発表した、【平成27年度青少年のインターネット利用環境実態調査結果】の報告書から、小中高校生における主要インターネット接続端末を用いた、電子書籍の利用状況を確認していくことにする。

続きを読む "小中高校生の電子書籍利用状況をグラフ化してみる(2016年)"

11時0分青少年ネット利用調査, noindex

客数減退でわずかに売り上げはマイナス…2016年3月度のコンビニ売上高は既存店が0.06%のマイナス、12か月ぶり

日本フランチャイズチェーン協会は2016年4月20日に、コンビニエンスストアの同年3月度分統計調査月報を、同協会公式サイト上で公開した。その内容によると協会加盟コンビニの同月度の売上高は既存店前年同月比でマイナス0.06%となり、12か月ぶりのマイナスを示すこととなった。月内の気温変動が激しく来客数に影響が生じたものの、カウンター商材やお弁当、調理めんなどの中食の堅調ぶりは相変わらずで客単価を底上げし、客数の減退をカバーする形となり、売り上げ減は最小限に留まる形となっている(【日本フランチャイズチェーン協会公式ページ】)。

続きを読む "客数減退でわずかに売り上げはマイナス…2016年3月度のコンビニ売上高は既存店が0.06%のマイナス、12か月ぶり"

11時0分コンビニ売上, noindex

小中高校生のネット接続の際の無線LAN使用状況をグラフ化してみる(2016年)

日本のインターネット浸透を加速させた要因の一つに、インターネットのアクセスに関する定額制の普及がある。よほど高密度の利用をしない限り、一定期間における使用料金に変わりは無く、同じ環境での利用が保証されるもので、利用時間を気にしながらアクセスしなければならない従量制から飛躍し、まさに呼吸するかのような利用スタイルが可能となった。昨今インターネットの窓口として注目を集めているスマートフォンでも、ネットへのアクセスの際には似たような制度が適用されることが多いが、一定の利用度を超えるとスピードが極端に抑えられることも多々あり、その他の制限も存在する。そこでその制限の緩和が期待できる、無線LAN経由でのアクセスをする場面も増えている。今回は内閣府が2016年3月31日付で確定報を発表した、【平成27年度青少年のインターネット利用環境実態調査結果】の報告書データから、小中高校生における主要インターネット接続端末でネットへアクセスする際の、無線LANの利用経験の現状を確認していくことにする。

続きを読む "小中高校生のネット接続の際の無線LAN使用状況をグラフ化してみる(2016年)"

11時0分青少年ネット利用調査, noindex

小中高校生によるスマートフォンを使った動画視聴動向をグラフ化してみる(2016年)

スマートフォンやタブレット型端末の急速な普及に伴い、大きく変化したインターネットの利用様式の一つが動画関連。数年前までは動画によるやり取りが未来の話、あるいはごく一部の人に限られた技術のように語られていたが、今やスマートフォンなどを利用してインターネットに接続することで、個人が記録した動画を公開し、不特定多数に視聴してもらうことが極めて容易となった。まるで文章をネットでやりとりする感覚で、動画の投稿や閲覧が可能な時代が到来している。そのスタイルは小中高校生の間にも急速に広まり、テレビを観たり漫画を読むのと同じように、配信された動画を楽しんでいる。今回は内閣府が2016年3月31日付で確定報を発表した、【平成27年度青少年のインターネット利用環境実態調査結果】の報告書データから、小中高校生におけるスマートフォンを介した動画視聴の現状を確認していくことにする。

続きを読む "小中高校生によるスマートフォンを使った動画視聴動向をグラフ化してみる(2016年)"

5時0分青少年ネット利用調査, noindex

2016/04/20

原油先物(WTI)価格の推移をグラフ化してみる(2016年)

昨今ガソリン価格、そしてその大本となる原油価格の動向に大きな注目が集まっている。為替にも影響されるため日本国内のガソリン・灯油価格の変動は海外と比べればゆるやかなものだが、それでも小さからぬ値動きが生じている。そして国際情勢は原油価格の変動を受け、大きな変化が生じ、また逆に国際情勢も原油価格の変動を起因として少なからぬ変化が起きている。そこで今回は原油先物(WTI、アメリカ南部などで産出される原油ウェスト・テキサス・インターミディエイト(West Texas Intermediate)の先物価格。原油価格の指標的な立ち位置にある)の動向を確認し、石油(原油)価格の変遷を眺めることにした。

続きを読む "原油先物(WTI)価格の推移をグラフ化してみる(2016年)"

11時0分ガソリン動向, noindex

「携帯の学校への持ち込み禁止」「携帯はまだ早い」保護者が欲する小中学生への携帯規制(2016年)

多種多様な機能を有し、無限と評しても過言ではない可能性を秘めた携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォン双方)だが、同時に十分な啓蒙をしないと、さらには啓蒙をした上でも使い方次第では大きなトラブルに巻き込まれる危険性を秘めている。また子供達がその魅力に取りつかれ、睡眠不足や注力の散漫化、成績の低下など日常生活へ大きなマイナスの影響を及ぼす可能性は多分にある。大人の中には子供達に対し、せめて高校生になるまでは携帯電話を学校に持ち込んではいけない、さらには所有・使用自身も禁止すべきであるとの意見を持つ人も少なくない。今回は内閣府が2016年3月31日付で確定報を発表した、【平成27年度青少年のインターネット利用環境実態調査結果】を元に、「小中高校生を子供に持つ保護者に関する、小中学生の携帯電話への規制に対する賛否」の現状などを確認していくことにする。

続きを読む "「携帯の学校への持ち込み禁止」「携帯はまだ早い」保護者が欲する小中学生への携帯規制(2016年)"

11時0分青少年ネット利用調査, noindex

小中高校生のゲーム機・携帯音楽プレイヤー・タブレット型端末の利用状況などをグラフ化してみる(2016年)

インターネットの普及浸透が進むに連れて、その世界へのアクセスの窓口も多様化してくる。ほんの数年前まではごく一部の機種にしか対応していない、使えるソフトも一握りでしかなかった家庭用ゲーム機のインターネット対応も、今では当り前の話となっている。今回は内閣府が2016年3月31日付で確定報を発表した、【平成27年度青少年のインターネット利用環境実態調査結果】の報告書データから、小中高校生のインターネットの普及に連れて注目を集めつつある家庭用ゲーム機や携帯音楽プレイヤー、タブレット型端末における、利用状況を確認していくことにする。

続きを読む "小中高校生のゲーム機・携帯音楽プレイヤー・タブレット型端末の利用状況などをグラフ化してみる(2016年)"

11時0分青少年ネット利用調査, noindex



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN