2016/01/12

あの人の年収は…? 単身世帯の年齢階層別・年収動向(2016年)(最新)

総務省統計局が同局公式サイトなどにおいて発表している【「2014年全国消費実態調査」】では、多種多様な調査結果の値が収録されている。今回はその公開値を元に、二人以上世帯に関して精査した【二人以上世帯の世帯主年齢階層別・年収動向】に習う形で、単身世帯についても同様に、年齢別による年収動向を確認していくことにする。


続きを読む "あの人の年収は…? 単身世帯の年齢階層別・年収動向(2016年)(最新)"

5時19分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

2016/01/11

18歳以上の就学していない・未婚の子供がいる夫婦世帯の現状(2016年)(最新)

家族の有り方は多種多様だが、「親離れ」の言葉にもある通り、概して就学時期を終えて成人に達すると、親元を離れて一人暮らしをはじめ、独立した世帯で生活を営むようになる。核家族化の進行も、この「親離れ」によるところが大きい。一方、金銭的理由や就業上の便宜性、親のサポート、その他多様な理由で、就学を終えてもなお実家住まいを続ける人も少なくない。今回は総務省統計局が2015年12月16日に発表した【「2014年全国消費実態調査」】の二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果の公開値を元に、そのような「非就学・未婚・18歳以上」の子供が居る夫婦世帯の現状を確認していくことにする。


続きを読む "18歳以上の就学していない・未婚の子供がいる夫婦世帯の現状(2016年)(最新)"

11時36分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

母子世帯のお財布事情を詳しく(2016年)(最新)

結婚や子育ての概念、価値観の変化、就労市場の変動、さらには社会保障の実情に対する注目の高まりなどを受け、母子世帯に対してスポットライトが当てられる機会が増えてきた。今回は総務省統計局が2015年12月16日に発表した【「2014年全国消費実態調査」】のうち二人以上世帯の公開値を元に、母子世帯における平均的なライフスタイルの現状を、主にお金の面から確認していくことにする。


続きを読む "母子世帯のお財布事情を詳しく(2016年)(最新)"

5時29分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

2016/01/10

「近居」は進んでいるのか…高齢夫婦のみ世帯と子供の住む家との距離の関係を探る(2016年)(最新)

複数世代間、特に血縁関係のある間柄において、同一住居内に住む同居世帯は、二世代世帯・三世代世帯と呼ばれ、かつてはごく当たり前の世帯構成だった。だが生活習慣の変化や価値観の移り変わり、個々世帯の尊重の風潮などを受け、昨今では多くの世帯が核家族化し、成人した子供と親、さらには祖父母も同居する複数世代世帯は少数派となっている。一方で昨今では同一住居のように見えるが内部では仕切り分けされている、さらには入口まで別個のものが用意され、実質的には二つの住宅が並んで建てられてる二世帯住宅による複数世代の同居、別居ではあるがすぐに行き来ができる距離に住む「近居」といったライフスタイルに注目が集まっている。特に近居はこれまでの統計上では表れにくい一方、現在の親子間の関係としては同居よりもハードルが低いこともあり、新たに選択する人が増えている。今回は総務省統計局が2015年12月16日に発表した【「2014年全国消費実態調査」】のうち二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果の公開値を元に、高齢者(65歳以上)のみの夫婦世帯の居住地における、子供の居住場所との関係、具体的には同居・あるいは二世帯住宅的なところに住んでいるか、近居をしているか、そうでないのかの実情を確認していくことにする。


続きを読む "「近居」は進んでいるのか…高齢夫婦のみ世帯と子供の住む家との距離の関係を探る(2016年)(最新)"

5時33分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

2016/01/09

家賃手取り比、エンゲル係数、可処分所得…二人以上の勤労世帯の暮らしぶりを3つの指標で確認してみる(2016年)(最新)

先行する記事【働き人が居る二人以上世帯の家賃負担はどれほどか、昔と比べてどのような変化をしているか(2016年)(最新)】で総務省統計局が2015年12月16日に発表した【「2014年全国消費実態調査」】の二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果の公開値を元に、勤労者が居る二人以上世帯のうち、賃貸住宅住まいをする人の生活のしやすさを、家賃の面から確認した。今回はそれを発展させる形で、家賃が手取りに占める割合と同じように暮らしやすさを推し量る指標として知られているエンゲル係数、そして可処分所得も合わせ、再計算などを行い、状況を確認していく。


続きを読む "家賃手取り比、エンゲル係数、可処分所得…二人以上の勤労世帯の暮らしぶりを3つの指標で確認してみる(2016年)(最新)"

12時51分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

2016/01/08

働き人が居る二人以上世帯の家賃負担はどれほどか、昔と比べてどのような変化をしているか(2016年)(最新)

賃貸住宅物件を探す際の指針の一つとして「家賃は収入の何割程度まで」との文言がある。具体的な値はいくつかの説があるが、現状では約2割が上限で、それ以上は家賃負担で日常生活が厳しくなるとの話をよく見聞きする。見方を変えれば家賃を5倍することで、その賃貸住宅に住むための適正収入が算出できることになる。今回は総務省統計局が2015年12月14日に発表した【「2014年全国消費実態調査」】のうち二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果の公開値を元に、二人以上世帯のうち世帯主が勤労者で、賃貸住宅に住んでいる世帯における、家賃負担の推移を確認していくことにする。


続きを読む "働き人が居る二人以上世帯の家賃負担はどれほどか、昔と比べてどのような変化をしているか(2016年)(最新)"

10時45分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

定期預貯金は約2/3、株などは21%…二人以上世帯で働いている人達の貯蓄動向を探る(2016年)(最新)

お金は物品やサービスなど多様な価値を一つの基準にまとめて数量化し、さらに保存できる道具であり、そのまま手元に置く他に、様々な形で専用の機関に預け入れ、財として積み増していくことができる。これを蓄財や貯蓄と呼び、人々は将来や不意の出費に対応するための、頼りになる存在として育てていくことになる。今回は総務省統計局が2015年12月16日に発表した【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果の公開値を元に、二人以上世帯の中でも少なくとも世帯主が勤労者である世帯における、貯蓄動向の詳細を確認していくことにする。


続きを読む "定期預貯金は約2/3、株などは21%…二人以上世帯で働いている人達の貯蓄動向を探る(2016年)(最新)"

5時17分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

2016/01/07

高齢年金生活夫婦世帯の「貯蓄であと何年不足分をおぎなえるか」を試算してみる(2016年)(最新)

先行記事【年金暮らしをしているお年寄り夫婦のお財布事情を詳しく】において、総務省統計局が2015年12月16日に発表した【「2014年全国消費実態調査」】のうち二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果の公開値を元に、今後さらに増加することが予想される、高齢年金生活夫婦世帯(世帯主及びその配偶者のみの夫婦世帯で、その双方が65歳以上、そして有業者が居ない高齢年金生活世帯)のお財布事情を確認した。今回はそのお財布事情を元に、それらの人達の生活を支えるお金の一部となっている貯蓄の切り崩しに関して、現在の貯蓄残高であと何年生活を支えられるかの試算を行うことにする。


続きを読む "高齢年金生活夫婦世帯の「貯蓄であと何年不足分をおぎなえるか」を試算してみる(2016年)(最新)"

13時13分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

2016/01/06

「車のある生活」購入コストや月出費は手取りと比べてどれぐらい?(2016年)(最新)

これまで【今年の新成人、普免保有はどれぐらいだろうか?】をはじめ複数の記事で、ソニー損害保険が2016年1月5日付で発表した「2016年 新成人のカーライフ意識調査」をもとに、新成人におけるカーライフ(車のある生活)に関する実情を確認してきた。今回はいくぶんトリッキーな話ではあるが、提示された値を用い、新成人が頭に思い浮かべている「車のある生活」に関して、いくつかの指標を作成してみることにする(【発表リリース:2016年 新成人のカーライフ意識調査】)。


続きを読む "「車のある生活」購入コストや月出費は手取りと比べてどれぐらい?(2016年)(最新)"

15時3分SL-新成人カーライフ, 逐次新値反映記事

2016/01/04

あの夫婦世帯の年収は…? 二人以上世帯の世帯主年齢階層別・年収動向(2016年)(最新)

総務省統計局が2015年12月16日に同局公式サイトなどにおいて発表した、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果には、多種多様な調査結果の値が収録されている。今回はその公開値を元に、二人以上世帯(原則夫婦世帯。定義では「住居及び生計を共にしている二人以上の人の集まり」とあるので、母子世帯・父子世帯も含む。また勤労者世帯以外に年金生活者世帯なども含む)における、世帯主の年齢別による年収動向を確認していくことにする。


続きを読む "あの夫婦世帯の年収は…? 二人以上世帯の世帯主年齢階層別・年収動向(2016年)(最新)"

11時18分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事



(C)2005-2022 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS