2015/12/31

現金払いがまだ大半…二人以上世帯の世代別電子マネー利用状態(2015年)

総務省統計局が同局公式サイトにおいて2015年12月16日に公開した【「2014年全国消費実態調査」】のうち二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する部分の結果には、二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集合)の日常生活を金銭面から確認が可能な、多種多様のデータが盛り込まれている。今回はこの最新値や同調査の過去の値をもとに、「二人以上世帯における電子マネーの利用性向」を確認することにした。いわば【単身世帯における世代別電子マネーの利用状態】の二人以上世帯版である。


続きを読む "現金払いがまだ大半…二人以上世帯の世代別電子マネー利用状態(2015年)"

15時0分全国消費実態調査(全国家計構造調査), noindex

急上昇する活用度…二人以上世帯の電子マネー利用度が高い品目(2015年)

総務省統計局が2015年12月16日に発表した、【「2014年全国消費実態調査」】のうち二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果では、二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集合体)の日常生活を金銭面から確認できる資料・データを取り揃えて提供している。今回はこの公開値をもとに、携帯電話への搭載型や各種企業・連合体による発行カードの利用機会の増加、普及と共に急速に日常生活へ浸透している「電子マネー」の支出割合が高い品目について精査を行う。要は【一人暮らしの電子マネー利用度が高い品目】の二人以上世帯版である。


続きを読む "急上昇する活用度…二人以上世帯の電子マネー利用度が高い品目(2015年)"

11時0分全国消費実態調査(全国家計構造調査), noindex

少しずつ、確実に増加するネット通販…二人以上世帯のインターネット通販利用率推移(2015年)

総務省統計局は【「2014年全国消費実態調査」】のうち、2015年12月16日に二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する部分の結果を発表した。ここには二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集まり。勤労者世帯だけでなく年金生活者世帯も含む)の日常生活を、金銭面から眺め見ることができる、貴重な資料・データが多数盛り込まれている。この公開値をもとに今回は、先に【二人以上世帯の買物先】で示した「二人以上世帯の買物先」の中で、「(インター)ネット通販」にスポットライトを当て、各費目別の経年変移を眺めることにした。要は【世代毎の一人暮らしにおける教養娯楽品のインターネット通販での購入比率の移り変わり】を少々切り口を変えた上で、二人以上世帯で精査していく次第である。


続きを読む "少しずつ、確実に増加するネット通販…二人以上世帯のインターネット通販利用率推移(2015年)"

5時0分全国消費実態調査(全国家計構造調査), noindex

2015/12/30

30代で住宅ローンの重荷が…二人以上世帯の貯蓄・負債・純貯蓄高(2015年)

総務省統計局は2015年12月16日、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する部分の結果を発表した。二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集まり。勤労者世帯だけでなく年金生活者のみの世帯も含まれる)の日常生活を金銭面から推し量れる、貴重な資料・データが多数盛り込まれている。今回はその公開値をもとに、二人以上世帯における平均年収や貯蓄高に関して、負債額も考慮した上で精査を行うことにする。要は【一人暮らしの貯蓄・負債・純貯蓄高】の二人以上世帯版である。


続きを読む "30代で住宅ローンの重荷が…二人以上世帯の貯蓄・負債・純貯蓄高(2015年)"

20時0分全国消費実態調査(全国家計構造調査), noindex

年収ピークは50代、では貯蓄は?…二人以上世帯の平均年収や貯蓄高(2015年)

2015年12月16日に総務省統計局は【「2014年全国消費実態調査」】の中で、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する部分の結果を公表した。これは二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集団。勤労者世帯だけでなく、年金生活者世帯も含む)の日常生活を金銭の上から確認できる資料・データが多数盛り込まれている。今回は公開値を元に、二人以上世帯における平均年収や貯蓄高の精査を行う。要は【一人暮らしの平均年収や貯蓄高】の二人以上世帯版である。


続きを読む "年収ピークは50代、では貯蓄は?…二人以上世帯の平均年収や貯蓄高(2015年)"

5時0分全国消費実態調査(全国家計構造調査), noindex

2015/12/29

頼りはやはりスーパー…二人以上世帯での過去20年間の食料の買い入れ先の移り変わり(2015年)

総務省統計局は2015年12月16日、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果部分を発表した。二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集まり。勤労者世帯だけでなく、就業者が居ない年金生活者世帯なども含む)の日常生活を金銭面から推し量れる、貴重な資料・データが多数盛り込まれている。この公開値をもとに今回は、先に【二人以上世帯の買物先】で示した「二人以上世帯の買物先」の中でも消費支出全体では無く、「食料品」の購入にスポットライトをあて、その変移を確認する。要は【過去20年間の食料の買い入れ先の移り変わり】の二人以上世帯版である。


続きを読む "頼りはやはりスーパー…二人以上世帯での過去20年間の食料の買い入れ先の移り変わり(2015年)"

11時0分全国消費実態調査(全国家計構造調査), noindex

二人以上世帯の買物生活はどのような変化をしてきたか…半世紀に渡る買物先の移り変わり(2015年)

総務省統計局は2015年12月16日、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果を発表した。二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集まり。勤労者世帯以外に年金生活者も含む)の日常生活を金銭面から推し量れる、貴重な資料・データが多数盛り込まれている。この公開値を元に、【二人以上世帯の買物先】で示した「二人以上世帯の買物先」の変化を、今回発表分も含めて都合10回分、途中未調査の回もあるため約半世紀にさかのぼり、その変移をグラフ化してみることにする。要は【一人暮らしの買物生活はどのような変化をしているか…過去20年間の買物先の移り変わり】の二人以上世帯版な次第である。


続きを読む "二人以上世帯の買物生活はどのような変化をしてきたか…半世紀に渡る買物先の移り変わり(2015年)"

5時0分全国消費実態調査(全国家計構造調査), noindex

2015/12/28

やはり食品はスーパーが頼り……世帯主年齢階層別・二人以上世帯における食品・教養娯楽品の購入先(2015年)

総務省統計局は2015年12月16日、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果の部分を発表した。二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集まり)の日常生活を金銭面から推し量れる、貴重な資料・データが多数盛り込まれている。今回はその公開値の中から、日常生活で買われる数々の商品の中のうち「食品(食料費)」「教養娯楽費」の2項目にスポットライトを当てる。二人以上世帯がどのタイプの店でこれらの商品を調達しているかに関して、金額ベースで世帯主の世代別の動向を探ることになる。要は【一人身生活、食品は世代を超えてスーパーが頼り…世代毎の一人暮らしにおける食品・教養娯楽品の購入先】の二人以上世帯版である。


続きを読む "やはり食品はスーパーが頼り……世帯主年齢階層別・二人以上世帯における食品・教養娯楽品の購入先(2015年)"

10時0分全国消費実態調査(全国家計構造調査), noindex

ネット通販は30代世帯が一番多用……二人以上世帯のコンビニ・デパート・ネット通販でのお金の使われ度合い(2015年)

総務省統計局は2015年12月16日、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果を発表した。二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集まり)の日常生活を金銭面から推し量ることができる、貴重な資料・データが多数盛り込まれている。今回はその公開値を元に、「コンビニ、百貨店(=デパート)、インターネット通販に的を絞り、日常生活の買物の主要項目で、どれだけそれらのお店・購入ルートに頼っているか」に関して確認をしていく。要は【一人暮らしの日常生活、どこで何を買ってるの? ……一人暮らしのコンビニ・デパート・ネット通販でのお金の使われ具合】の二人以上世帯版である。


続きを読む "ネット通販は30代世帯が一番多用……二人以上世帯のコンビニ・デパート・ネット通販でのお金の使われ度合い(2015年)"

5時0分全国消費実態調査(全国家計構造調査), noindex

2015/12/26

投資から貯蓄へ…二人以上世帯の貯蓄種類の変化(2015年)

総務省統計局は2015年12月16日、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果を発表した。二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集まり)の日常生活を金銭面から推し量ることができる、貴重な資料・データが多数盛り込まれている。今回はそのデータ群の中から「各世帯はどのような形で貯蓄をしてきたのか、その構成比の推移」について検証を行うことにした。


続きを読む "投資から貯蓄へ…二人以上世帯の貯蓄種類の変化(2015年)"

15時0分全国消費実態調査(全国家計構造調査), noindex

2015/12/25

夫婦世帯の買物はスーパー中心…二人以上世帯の買物先(2015年)(最新)

総務省統計局は2015年12月16日、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果を発表した。二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集まり)の日常生活を金銭面から推し量ることができる、貴重な資料・データが多数盛り込まれている。今回はこの公開値を元に、「どの種類のお店でお金を費やすか」に関して検証をしていくことにする。。要は【一人暮らしの買物先】の二人以上世帯・世帯主の世代別版な次第である。


続きを読む "夫婦世帯の買物はスーパー中心…二人以上世帯の買物先(2015年)(最新)"

15時0分全国消費実態調査(全国家計構造調査), noindex

内食率は6割から7割程…働く二人以上世帯の食費構成(2015年)

総務省統計局が2015年12月16日に同省公式サイトで発表した、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果を基に、いくつかの観点から考察・状況把握を行っている。今回は「二人以上の世帯のうち勤労世帯(就業者が居る世帯。年金生活者など以外)における、世帯種類別の食費の中身」、言い換えれば「どれだけ外食や中食に頼っているか」をグラフ化し、実情を確認する。要は【一人暮らしをする若者の食費構成の変化】の二人以上の勤労者世帯・世帯の種類別版な次第である。

続きを読む "内食率は6割から7割程…働く二人以上世帯の食費構成(2015年)"

11時0分全国消費実態調査(全国家計構造調査), noindex

2015/12/24

教養娯楽が減り、食費や交通・通信費が増加…二人以上世帯のお金の使い道の変化(2015年)

総務省統計局は2015年12月16日、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果を発表した。二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集まり)の日常生活をお金周りの面から推し量ることができる、貴重な資料・データが多数盛り込まれている。今回はこの公開値を元に、「二人以上の世帯が消費するお金の使い道の移り変わり」に関して精査を行う。要は【一人暮らしをする若者のお金の使い道の変化】の二人以上世帯版な次第である。


続きを読む "教養娯楽が減り、食費や交通・通信費が増加…二人以上世帯のお金の使い道の変化(2015年)"

13時0分全国消費実態調査(全国家計構造調査), noindex

2015/12/10

住宅はやっぱり関東がトップ、ではこづかいは…持ち家価格と夫婦のこづかい、気になる地域別状況

ソニー生命保険は2015年12月7日、47都道府県別の生活意識調査の結果を発表した。それによると調査対象母集団のうち持ち家(一戸建て、分譲マンション双方)に住んでいる人においては、平均取得価格は2336万円であることが分かった。地域別では関東がもっとも高い値で2710万円、次いで近畿の2629万円が続いている。また既婚男女における小遣いは、全国平均で夫が約2万4000円、妻が1万2000円強となり、夫は近畿、妻は関東が最高値をつける結果が出ている(【発表リリース:47都道府県別 生活意識調査2015】)。


続きを読む "住宅はやっぱり関東がトップ、ではこづかいは…持ち家価格と夫婦のこづかい、気になる地域別状況"

4時55分経済・金融・市場・家計, 住まい

2015/12/09

使わない人約3割…20代の電子マネー利用実情を探る(2015年)(最新)

スーパーやコンビニなど小売店舗における支払い方法として、現金、あるいはクレジットカードでは無い第三の手法として急速に普及しつつあるのが「電子マネー」。その多くは専用のカードにあらかじめチャージ(補てん)しておいた金額の中から、必要な代金が接触・非接触型の端末と情報を交わすだけで引き抜かれ、支払いができるというもの。補充ができるプリペイドカードのようなものだが、小銭を持つ必要が無く、管理も容易で、昨今では利用を重ねることで特典が得られるものもあり、多方面で利用機会を目に留める。今回はSMBCコンシューマーファイナンスが2015年12月1日に発表した調査結果から、20代における電子マネーの利用実情を確認していく(【発表リリース:20代の金銭感覚についての意識調査2015】)。


続きを読む "使わない人約3割…20代の電子マネー利用実情を探る(2015年)(最新)"

13時5分SMBC-20代金銭感覚, 逐次新値反映記事

近所付き合いどうしたい? 意外とドライな若年層

山奥の一軒家や無人島などで無い限り、定住をすればその周辺には同じく住居を構える「お隣さん」的な存在があり、何らかの形で意志疎通・付き合いが必要となる。アパート・マンションの類ならその密度は高いものになるのは必至。さらに行政区部単位などでの寄り集まりや商工会をはじめ、地域単位での交流・つながりの機会を得られることもある。そのような居住地における距離上の近しさから生じる交流やつながりについて、人々はどのような想いを抱いているだろうか。肯定的か、それとも否定的か。その実態に関して、今回は内閣府が2015年11月30日に発表した住生活に関する世論調査から、確認していくことにする(【発表リリース:住生活に関する世論調査】)。


続きを読む "近所付き合いどうしたい? 意外とドライな若年層"

11時3分住まい, 時節

2015/12/08

近所にヤバい空き家がある、どうしてほしいかどうすべきか

過疎化や高齢化、都市部への人口集中化に伴い、また高度経済成長期に建てられた居住用建築物の老朽化も要因として、空き家の増加が社会問題化している。居住可能な住宅の需給バランスの問題だけでなく、実質的に人が居住不可能な、あるいは大規模な修繕をしなければ住居の意味を成さない物件、居住は可能だが周辺環境の悪化により入居者・買い取り希望者が望めないような物件が多々あるのも事実。そのような空き家が放置され続けると、その建物自身だけでなく、周辺の環境へも悪影響を及ぼしかねない。その際、いかなる対応を人々は望んでいるだろうか。今回は内閣府が2015年11月30日に発表した住生活に関する世論調査から、実情を確認していく(【発表リリース:住生活に関する世論調査】)。


続きを読む "近所にヤバい空き家がある、どうしてほしいかどうすべきか"

12時40分住まい, 政治・外交・行政・郵便

2015/12/05

はがきの年賀状は遠くになりにけり!? 出す人も枚数漸減中(2015年)(最新)

毎年この時期になると書店やコンビニ、最近では郵便局においてですら目に留めるようになるのが、年賀状の印刷サービス。またパソコン界隈でも年賀状印刷用のカラープリンタのセールスが始まり、季節感を覚えさせる。さらにこの数年はソーシャルメディアなどを介してネット上から直接相手にはがきの年賀状を贈るサービスも多数展開され、時代の流れを感じさせてくれる。一方で、年賀状そのものを出さない人も増えているとの話もよく見聞きする。それでは年賀状(はがき)を出す人は実際に増えているのだろうか、それとも減っているのだろうか。ライフメディアのリサーチバンクが2015年12月4日に発表した、はがきによる年賀状の調査結果からその実態を確認していくことにする(【発表リリース:年賀状に関する調査。】)。


続きを読む "はがきの年賀状は遠くになりにけり!? 出す人も枚数漸減中(2015年)(最新)"

15時20分RB-年賀状, 逐次新値反映記事

少しずつ、確実に減る「はがきの年賀状」利用者(2015年)(最新)

先に【年賀状、出す予定がある人は5割強、平均枚数は40通近く】などで、ライフメディアのリサーチバンクが2015年12月4日に発表した、年賀状に関する調査結果を基に、いくつかの現状について精査を行った。今件調査は同様の条件の元で、2010年以降毎年同じ時期に実施され、6年間の経年変化を知ることができる。今回はその中から、「個人的に年賀状(紙)を出す予定がある人」の推移を見据えていくことにする(【最新版分の発表リリース:年賀状に関する調査】)。


続きを読む "少しずつ、確実に減る「はがきの年賀状」利用者(2015年)(最新)"

14時23分RB-年賀状, 逐次新値反映記事

ちょっと気になる年賀状の問題、宛名書きと手書きメッセージ(2015年)(最新)

ライフメディアのリサーチバンクは2015年12月4日付で同公式サイトにおいて、年賀状に関する調査結果を公開した。その内容によれば調査対象母集団のうち年賀状(紙)を出す人では、宛名書きを手書きでする人は3割に留まっていることが分かった。一方、個々の年賀状に手書きでメッセージを入れる人は「一部の人宛のみ」「全員分へ」を合わせるとほぼ9割に登っている(【発表リリース:年賀状に関する調査】)。


続きを読む "ちょっと気になる年賀状の問題、宛名書きと手書きメッセージ(2015年)(最新)"

11時36分RB-年賀状



(C)2005-2021 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS