2015/12/31

現金払いがまだ大半…二人以上世帯の世代別電子マネー利用状態をグラフ化してみる(2015年)(最新)

総務省統計局が同局公式サイトにおいて2015年12月16日に公開した【「2014年全国消費実態調査」】のうち二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する部分の結果には、二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集合)の日常生活を金銭面から確認が可能な、多種多様のデータが盛り込まれている。今回はこの最新値や同調査の過去の値をもとに、「二人以上世帯における電子マネーの利用性向」を確認することにした。いわば【単身世帯における世代別電子マネーの利用状態をグラフ化してみる】の二人以上世帯版である。

続きを読む "現金払いがまだ大半…二人以上世帯の世代別電子マネー利用状態をグラフ化してみる(2015年)(最新)"

15時3分全国消費実態調査, 逐次新値反映記事

急上昇する活用度…二人以上世帯の電子マネー利用度が高い品目をグラフ化してみる(2015年)(最新)

総務省統計局が2015年12月16日に発表した、【「2014年全国消費実態調査」】のうち二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果では、二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集合体)の日常生活を金銭面から確認できる資料・データを取り揃えて提供している。今回はこの公開値をもとに、携帯電話への搭載型や各種企業・連合体による発行カードの利用機会の増加、普及と共に急速に日常生活へ浸透している「電子マネー」の支出割合が高い品目について精査を行う。要は【一人暮らしの電子マネー利用度が高い品目をグラフ化してみる】の二人以上世帯版である。

続きを読む "急上昇する活用度…二人以上世帯の電子マネー利用度が高い品目をグラフ化してみる(2015年)(最新)"

11時3分全国消費実態調査, 逐次新値反映記事

少しずつ、確実に増加するネット通販…二人以上世帯のインターネット通販利用率推移をグラフ化してみる(2015年)(最新)

総務省統計局は【「2014年全国消費実態調査」】のうち、2015年12月16日に二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する部分の結果を発表した。ここには二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集まり。勤労者世帯だけでなく年金生活者世帯も含む)の日常生活を、金銭面から眺め見ることができる、貴重な資料・データが多数盛り込まれている。この公開値をもとに今回は、先に【二人以上世帯の買物先をグラフ化してみる】で示した「二人以上世帯の買物先」の中で、「(インター)ネット通販」にスポットライトを当て、各費目別の経年変移を眺めることにした。要は【世代毎の一人暮らしにおける教養娯楽品のインターネット通販での購入比率の移り変わりをグラフ化してみる】を少々切り口を変えた上で、二人以上世帯で精査していく次第である。

続きを読む "少しずつ、確実に増加するネット通販…二人以上世帯のインターネット通販利用率推移をグラフ化してみる(2015年)(最新)"

5時5分全国消費実態調査

2015/12/30

30代で住宅ローンの重荷が…二人以上世帯の貯蓄・負債・純貯蓄高をグラフ化してみる(2015年)(最新)

総務省統計局は2015年12月16日、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する部分の結果を発表した。二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集まり。勤労者世帯だけでなく年金生活者のみの世帯も含まれる)の日常生活を金銭面から推し量れる、貴重な資料・データが多数盛り込まれている。今回はその公開値をもとに、二人以上世帯における平均年収や貯蓄高に関して、負債額も考慮した上で精査を行うことにする。要は【一人暮らしの貯蓄・負債・純貯蓄高をグラフ化してみる】の二人以上世帯版である。

続きを読む "30代で住宅ローンの重荷が…二人以上世帯の貯蓄・負債・純貯蓄高をグラフ化してみる(2015年)(最新)"

20時1分全国消費実態調査, 逐次新値反映記事

年収ピークは50代、では貯蓄は?…二人以上世帯の平均年収や貯蓄高をグラフ化してみる(2015年)(最新)

2015年12月16日に総務省統計局は【「2014年全国消費実態調査」】の中で、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する部分の結果を公表した。これは二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集団。勤労者世帯だけでなく、年金生活者世帯も含む)の日常生活を金銭の上から確認できる資料・データが多数盛り込まれている。今回は公開値を元に、二人以上世帯における平均年収や貯蓄高の精査を行う。要は【一人暮らしの平均年収や貯蓄高をグラフ化してみる】の二人以上世帯版である。

続きを読む "年収ピークは50代、では貯蓄は?…二人以上世帯の平均年収や貯蓄高をグラフ化してみる(2015年)(最新)"

5時14分全国消費実態調査

2015/12/29

頼りはやはりスーパー…二人以上世帯での過去20年間の食料の買い入れ先の移り変わりをグラフ化してみる(2015年)(最新)

総務省統計局は2015年12月16日、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果部分を発表した。二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集まり。勤労者世帯だけでなく、就業者が居ない年金生活者世帯なども含む)の日常生活を金銭面から推し量れる、貴重な資料・データが多数盛り込まれている。この公開値をもとに今回は、先に【二人以上世帯の買物先をグラフ化してみる】で示した「二人以上世帯の買物先」の中でも消費支出全体では無く、「食料品」の購入にスポットライトをあて、その変移を確認する。要は【過去20年間の食料の買い入れ先の移り変わりをグラフ化してみる】の二人以上世帯版である。

続きを読む "頼りはやはりスーパー…二人以上世帯での過去20年間の食料の買い入れ先の移り変わりをグラフ化してみる(2015年)(最新)"

11時19分全国消費実態調査

二人以上世帯の買物生活はどのような変化をしてきたか…半世紀に渡る買物先の移り変わりをグラフ化してみる(2015年)(最新)

総務省統計局は2015年12月16日、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果を発表した。二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集まり。勤労者世帯以外に年金生活者も含む)の日常生活を金銭面から推し量れる、貴重な資料・データが多数盛り込まれている。この公開値を元に、【二人以上世帯の買物先をグラフ化してみる】で示した「二人以上世帯の買物先」の変化を、今回発表分も含めて都合10回分、途中未調査の回もあるため約半世紀にさかのぼり、その変移をグラフ化してみることにする。要は【一人暮らしの買物生活はどのような変化をしているか…過去20年間の買物先の移り変わりをグラフ化してみる】の二人以上世帯版な次第である。

続きを読む "二人以上世帯の買物生活はどのような変化をしてきたか…半世紀に渡る買物先の移り変わりをグラフ化してみる(2015年)(最新)"

5時9分全国消費実態調査, 逐次新値反映記事

2015/12/28

やはり食品はスーパーが頼り……世帯主年齢階層別・二人以上世帯における食品・教養娯楽品の購入先をグラフ化してみる(2015年)(最新)

総務省統計局は2015年12月16日、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果の部分を発表した。二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集まり)の日常生活を金銭面から推し量れる、貴重な資料・データが多数盛り込まれている。今回はその公開値の中から、日常生活で買われる数々の商品の中のうち「食品(食料費)」「教養娯楽費」の2項目にスポットライトを当てる。二人以上世帯がどのタイプの店でこれらの商品を調達しているかに関して、金額ベースで世帯主の世代別の動向を探ることになる。要は【一人身生活、食品は世代を超えてスーパーが頼り…世代毎の一人暮らしにおける食品・教養娯楽品の購入先をグラフ化してみる】の二人以上世帯版である。

続きを読む "やはり食品はスーパーが頼り……世帯主年齢階層別・二人以上世帯における食品・教養娯楽品の購入先をグラフ化してみる(2015年)(最新)"

10時55分全国消費実態調査, 逐次新値反映記事

ネット通販は30代世帯が一番多用……二人以上世帯のコンビニ・デパート・ネット通販でのお金の使われ度合いをグラフ化してみる(2015年)(最新)

総務省統計局は2015年12月16日、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果を発表した。二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集まり)の日常生活を金銭面から推し量ることができる、貴重な資料・データが多数盛り込まれている。今回はその公開値を元に、「コンビニ、百貨店(=デパート)、インターネット通販に的を絞り、日常生活の買物の主要項目で、どれだけそれらのお店・購入ルートに頼っているか」に関して確認をしていく。要は【一人暮らしの日常生活、どこで何を買ってるの? ……一人暮らしのコンビニ・デパート・ネット通販でのお金の使われ具合をグラフ化してみる】の二人以上世帯版である。

続きを読む "ネット通販は30代世帯が一番多用……二人以上世帯のコンビニ・デパート・ネット通販でのお金の使われ度合いをグラフ化してみる(2015年)(最新)"

5時20分全国消費実態調査, 逐次新値反映記事

2015/12/26

投資から貯蓄へ…二人以上世帯の貯蓄種類の変化をグラフ化してみる(2015年)(最新)

総務省統計局は2015年12月16日、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果を発表した。二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集まり)の日常生活を金銭面から推し量ることができる、貴重な資料・データが多数盛り込まれている。今回はそのデータ群の中から「各世帯はどのような形で貯蓄をしてきたのか、その構成比の推移」について検証を行うことにした。

続きを読む "投資から貯蓄へ…二人以上世帯の貯蓄種類の変化をグラフ化してみる(2015年)(最新)"

15時17分全国消費実態調査, 逐次新値反映記事

2015/12/25

夫婦世帯の買物はスーパー中心…二人以上世帯の買物先をグラフ化してみる(2015年)(最新)

総務省統計局は2015年12月16日、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果を発表した。二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集まり)の日常生活を金銭面から推し量ることができる、貴重な資料・データが多数盛り込まれている。今回はこの公開値を元に、「どの種類のお店でお金を費やすか」に関して検証をしていくことにする。。要は【一人暮らしの買物先をグラフ化してみる】の二人以上世帯・世帯主の世代別版な次第である。

続きを読む "夫婦世帯の買物はスーパー中心…二人以上世帯の買物先をグラフ化してみる(2015年)(最新)"

15時10分全国消費実態調査, 逐次新値反映記事

内食率は6割から7割程…働く二人以上世帯の食費構成をグラフ化してみる(2015年)(最新)

総務省統計局が2015年12月16日に同省公式サイトで発表した、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果を基に、いくつかの観点から考察・状況把握を行っている。今回は「二人以上の世帯のうち勤労世帯(就業者が居る世帯。年金生活者など以外)における、世帯種類別の食費の中身」、言い換えれば「どれだけ外食や中食に頼っているか」をグラフ化し、実情を確認する。要は【一人暮らしをする若者の食費構成の変化をグラフ化してみる】の二人以上の勤労者世帯・世帯の種類別版な次第である。

続きを読む "内食率は6割から7割程…働く二人以上世帯の食費構成をグラフ化してみる(2015年)(最新)"

11時11分全国消費実態調査, 逐次新値反映記事

鮮度、価格、安全性、そして何よりも…食品選択の際の重視点とは(2015年)(最新)

特殊な事情が無い限り人は毎日三食食事を摂るが、そのための食材・食品の調達方法は多種多様。外食に任せたり出前を取ったり、中食を活用したり、自炊をしたり、さまざまな手立てで食を選択できる。それでは日常生活において人々は、食の選択の際にはどのような基準を用いているのだろうか。厚生労働省が2015年12月9日に発表した「平成26年国民健康・栄養調査結果の概要」の結果から確認していくことにする(【国民健康・栄養調査:調査一覧ページ】)。

続きを読む "鮮度、価格、安全性、そして何よりも…食品選択の際の重視点とは(2015年)(最新)"

5時43分国民健康・栄養調査, 逐次新値反映記事

2015/12/24

教養娯楽が減り、食費や交通・通信費が増加…二人以上世帯のお金の使い道の変化をグラフ化してみる(2015年)(最新)

総務省統計局は2015年12月16日、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果を発表した。二人以上の世帯(住居や生計を共にしている二人以上の集まり)の日常生活をお金周りの面から推し量ることができる、貴重な資料・データが多数盛り込まれている。今回はこの公開値を元に、「二人以上の世帯が消費するお金の使い道の移り変わり」に関して精査を行う。要は【一人暮らしをする若者のお金の使い道の変化をグラフ化してみる】の二人以上世帯版な次第である。

続きを読む "教養娯楽が減り、食費や交通・通信費が増加…二人以上世帯のお金の使い道の変化をグラフ化してみる(2015年)(最新)"

13時35分全国消費実態調査, 逐次新値反映記事

2015/12/17

スマホ保有者の3割は有料ゲームアプリ購入経験あり、ゲームアプリのアプリ内課金は1/3超

スマートフォンで提供されるアプリケーション(アプリ)のビジネスモデルは多種多様に及ぶが、大よそは「無料で提供して間接的にさまざまな便益を得る(宣伝効果、広告による収益計上模索)」「アプリそのものを購入してもらう」「アプリ内でさまざまな課金対象を設けて購入してもらう」の3タイプに分類される。他のインターネットにおけるコンテンツビジネスと図式はさほど変わらないものの、フリーミアム概念やアプリの製作・提供ハードルの低下に伴い、さまざまな思惑が入り混じり、スマホアプリ市場、特にゲーム界隈は複雑怪奇な状況にある。今回はMMD研究所などが2015年11月30日に発表したスマートフォン所有者におけるゲームの利用動向に関する調査結果から、スマートフォンのゲームアプリにおける、有料アプリの購入状況などについて確認していくことにする(【発表リリース:スマートフォンゲームアプリ課金への支払い経験者の64.2%が何かしらのルールを決めている】)。

続きを読む "スマホ保有者の3割は有料ゲームアプリ購入経験あり、ゲームアプリのアプリ内課金は1/3超"

5時43分モバイル, ゲーム

2015/12/13

スマホ持ちの人は家庭用ゲーム機を持っていてもあまり使っていない現実

先行記事【スマホがある人はゲーム機を持っていてもあまり遊ばない傾向】でMMD研究所などが2015年11月30日に発表したスマートフォン所有者におけるゲームの利用動向に関する調査結果から、スマートフォンを所有している人は家庭用ゲーム機(据え置き型・携帯型問わず、以下同)を持っていても、そのゲーム機であまり遊んでいない実態をかいま見ることができた。今回はその現状に関して、いくつかの視点から詳細を確認していくことにする(【発表リリース:スマートフォンゲームアプリ課金への支払い経験者の64.2%が何かしらのルールを決めている】)。

続きを読む "スマホ持ちの人は家庭用ゲーム機を持っていてもあまり使っていない現実"

12時4分ゲーム, モバイル

スマホがある人はゲーム機を持っていてもあまり遊ばない傾向

MMD研究所などは2015年11月30日、スマートフォン所有者におけるゲームの利用動向に関する調査結果を発表した。それによるとスマートフォン所有者で構成される調査対象母集団においては、家庭用ゲーム機(据え置き型・携帯型問わず、以下同)を所有している人は8割近くに達していることが分かった。機種別では任天堂の携帯ゲーム機DSシリーズの所有者がもっとも多く、次いで据え置き型ゲーム機のWii、携帯ゲーム機の3DSが続いている(【発表リリース:スマートフォンゲームアプリ課金への支払い経験者の64.2%が何かしらのルールを決めている】)。

続きを読む "スマホがある人はゲーム機を持っていてもあまり遊ばない傾向"

11時2分ゲーム, モバイル

2015/12/10

住宅はやっぱり関東がトップ、ではこづかいは…持ち家価格と夫婦のこづかい、気になる地域別状況

ソニー生命保険は2015年12月7日、47都道府県別の生活意識調査の結果を発表した。それによると調査対象母集団のうち持ち家(一戸建て、分譲マンション双方)に住んでいる人においては、平均取得価格は2336万円であることが分かった。地域別では関東がもっとも高い値で2710万円、次いで近畿の2629万円が続いている。また既婚男女における小遣いは、全国平均で夫が約2万4000円、妻が1万2000円強となり、夫は近畿、妻は関東が最高値をつける結果が出ている(【発表リリース:47都道府県別 生活意識調査2015】)。

続きを読む "住宅はやっぱり関東がトップ、ではこづかいは…持ち家価格と夫婦のこづかい、気になる地域別状況"

4時55分経済・金融・市場・家計, 住まい

2015/12/09

使わない人約3割…20代の電子マネー利用実情を探る(2015年)(最新)

スーパーやコンビニなど小売店舗における支払い方法として、現金、あるいはクレジットカードでは無い第三の手法として急速に普及しつつあるのが「電子マネー」。その多くは専用のカードにあらかじめチャージ(補てん)しておいた金額の中から、必要な代金が接触・非接触型の端末と情報を交わすだけで引き抜かれ、支払いができるというもの。補充ができるプリペイドカードのようなものだが、小銭を持つ必要が無く、管理も容易で、昨今では利用を重ねることで特典が得られるものもあり、多方面で利用機会を目に留める。今回はSMBCコンシューマーファイナンスが2015年12月1日に発表した調査結果から、20代における電子マネーの利用実情を確認していく(【発表リリース:20代の金銭感覚についての意識調査2015】)。

続きを読む "使わない人約3割…20代の電子マネー利用実情を探る(2015年)(最新)"

13時5分SMBC-20代金銭感覚, 逐次新値反映記事

近所付き合いどうしたい? 意外とドライな若年層

山奥の一軒家や無人島などで無い限り、定住をすればその周辺には同じく住居を構える「お隣さん」的な存在があり、何らかの形で意志疎通・付き合いが必要となる。アパート・マンションの類ならその密度は高いものになるのは必至。さらに行政区部単位などでの寄り集まりや商工会をはじめ、地域単位での交流・つながりの機会を得られることもある。そのような居住地における距離上の近しさから生じる交流やつながりについて、人々はどのような想いを抱いているだろうか。肯定的か、それとも否定的か。その実態に関して、今回は内閣府が2015年11月30日に発表した住生活に関する世論調査から、確認していくことにする(【発表リリース:住生活に関する世論調査】)。

続きを読む "近所付き合いどうしたい? 意外とドライな若年層"

11時3分住まい, 時節



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS