2015/08/26

子守から学習教材へ…小学生以下の子供に情報通信端末を利用させる理由とは(2015年)

大人同様子供を取り巻く環境について考えた場合、この10年位の間に大きく変化したのが、情報通信端末との関わり合い。大人が用いても非常に便利で役立つ道具だが、子供にとっても画期的なアイテムに違いは無い。しかし同時に前例の無い道具なだけに、どのような対処をすれば良いのか、いかなる思惑で子供に利用させているのか、保護者により多種多様であり、他人の状況が大いに気になるところ。今回は総務省が2015年7月28日に発表した最新版の【情報通信白書】(【発表リリース:平成27年「情報通信に関する現状報告」(平成27年版情報通信白書)の公表】)を元に、小学生以下の子供に情報通信端末を利用させている保護者が、どのような目的・意図で使わせているのかを確認していくことにする。

続きを読む "子守から学習教材へ…小学生以下の子供に情報通信端末を利用させる理由とは(2015年)"

11時18分情報通信白書

スマホからゲーム機へ…小学生以下の情報通信端末の利用状況を探る(2015年)

携帯電話にパソコンに家庭用ゲーム機と、今やインターネットに接続できる機器が満ちあふれ、手軽に手に取れる時代となったが、これらが普及し始めたのはほんの十年単位での話。自分が子供の頃にはこれらの端末の事など想像したことすらない人も多い。しかし今やそれらの情報通信端末が存在することが当たり前の世の中となり、生まれた時から囲まれて育つ世代も増えている。今の子供達はどのような端末に触れているのだろうか。今回は総務省が2015年7月28日に発表した最新版の【情報通信白書】(【発表リリース:平成27年「情報通信に関する現状報告」(平成27年版情報通信白書)の公表】)を元に、小学生以下の情報通信端末との接触の実情を確認していくことにする。

続きを読む "スマホからゲーム機へ…小学生以下の情報通信端末の利用状況を探る(2015年)"

8時20分情報通信白書

2015/08/25

2015年7月度外食産業売上プラス1.9%…洋風ファストフードも復調への兆し

日本フードサービス協会は2015年8月25日付で、同協会の会員会社で構成される外食産業の市場動向調査における最新値となる、2015年7月度の調査結果を公開した。それによると同月の総合売り上げは前年同月比でプラス1.9%を計上した。ファミレス部門やファストフードの麺類、ディナーレストランなどが全体をけん引する形となり、全体値を底上げした。また前年同月は洋風ファストフードで大きなマイナスが生じた初月でもあり、それとの比較となるため、マイナス値も最小限に抑えられている(【日本フードサービス協会:発表リリースページ】)。

続きを読む "2015年7月度外食産業売上プラス1.9%…洋風ファストフードも復調への兆し"

16時0分外食産業売上, noindex

大気の不安定化で温度も低下、搬送者も減少……熱中症による搬送者数は1週間で2294人(2015年8月17日-8月23日)

総務省消防庁は2015年8月25日、同年8月17日から8月23日の一週間における熱中症搬送人数が2294人(速報値)であることを発表した。前回週の4117人(速報値からの改定値)と比べると1823人の減少となった。また今年の熱中症による搬送人数は、消防庁が今年カウントを始めた4月27日以降における累計人数としては5万3762人(速報値、一部改定値や確定値による累積)に達している。初診時に熱中症を起因とする死亡者は今回週では3人が、3週間以上の入院加療が必要な重症判定を受けた人は36人が確認されている(【消防庁:熱中症情報ページ】)。

続きを読む "大気の不安定化で温度も低下、搬送者も減少……熱中症による搬送者数は1週間で2294人(2015年8月17日-8月23日)"

14時0分熱中症搬送状況, noindex

世代で異なる、変わらない、インターネットショッピングを利用する利用・利用しない理由(2015年)

インターネットの普及と利用端末の廉価化、操作系の(比較論としての)簡易化に伴い、大きく進歩発展したビジネスの一つに挙げられるのが、インターネットショッピング。要はインターネットを用いて商品やサービスの注文を行い、実商品を受領したりサービスの恩恵にあずかるもので、食品やゲームソフト、書籍、音楽媒体、化粧品などの調達に用いている人も多いはず。今回は総務省が2015年7月28日に発表した最新版の【情報通信白書】(【発表リリース:平成27年「情報通信に関する現状報告」(平成27年版情報通信白書)の公表】)を元に、そのインターネットショッピングを利用する人、利用しない人の理由を確認していくことにする。特に利用しない人の理由が気になるところだ。

続きを読む "世代で異なる、変わらない、インターネットショッピングを利用する利用・利用しない理由(2015年)"

11時26分情報通信白書, 逐次新値反映記事

通信サービス加入契約者数の推移をグラフ化してみる(2015年)

総務省が2015年7月28日に発表した最新版の【情報通信白書】(【発表リリース:平成27年「情報通信に関する現状報告」(平成27年版情報通信白書)の公表】)では、多種多様な方面から情報通信に係わる資料、独自調査の結果とその内容に関する考察が掲載されている。先日、そのデータの一部の詳細が確認できるHTML版が発表されたことを受け、今回はその白書の中から通信サービス加入契約者数の推移を見ていくことにする。

続きを読む "通信サービス加入契約者数の推移をグラフ化してみる(2015年)"

8時15分情報通信白書, 逐次新値反映記事

2015/08/24

短期間契約労働者比率の国際比較をグラフ化してみる(2015年)

昨今の労働市場問題の一つとして注目を集めているのが、期限の区切り無く原則的には無制限で雇用されるか、ある一定期間の区切りを持って雇われることになる日雇い、臨時雇用者か否かの仕切り分け。正規・非正規とはまた別の区分だが、就労上の安定感の観点では前者がはるかに上に違いない。今回は先行記事の【大学への進学率の国際比較をグラフ化してみる】同様に、【労働政策研究・研修機構のデータブック国際労働比較】の公開データを元に、主要国の短期間契約による労働者の比率を確認していくことにする。

続きを読む "短期間契約労働者比率の国際比較をグラフ化してみる(2015年)"

14時0分労働・就業・就活, noindex

大学への進学率の国際比較をグラフ化してみる(2015年)

高等教育、日本の場合は大学(学部)への進学率は教育の浸透や社会情勢、国単位での教育制度の有り方を知る上での指針の一つとなる。日本国内の大学進学率は別途文部科学省の学校基本調査を元に【大学進学率をグラフ化してみる】で精査しているが、今回は日本だけでなく主要国の進学率を確認し、その違いを見ていくことにする。

続きを読む "大学への進学率の国際比較をグラフ化してみる(2015年)"

8時0分教育・育児, noindex

単週14万本超でまだまだ「ハッピーホームデザイナー」は堅調…ゲームソフトランキング更新(2015/08/10-08/16)

台風の発生が相次ぎ伝えられ、日々の気温も少しずつ下がりつつあり、セミの鳴き声にも変化を覚える今日この頃。メディアクリエイト発表による【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位は、前週に続き任天堂の新作「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー」(3DS)となった。商品タイトルの通り、任天堂の名作「どうぶつの森」シリーズの世界観を受け継いだ、環境をデザインするシミュレーションゲーム。ゲームそのもののスタイルは「どうぶつの森」と、同社の「ガールズモード3 キラキラ☆コーデ」を足して2で割ったようなイメージ。プレイヤーは内装まで一括して請け負う不動産業の社員の立場から、人々の住宅需要に合った家を、場所やデザイン、内装などまでコーディネートしていく。amiiboカードとの連動性もあり、顧客の幅も広がる形。従来の「どうぶつの森」シリーズとは見た目で似ているがゲームコンセプトが異なることから、その部分による賛否両論が見受けられる。単週販売実績は14万本で累計販売本数は80万本強に。これならあと2週でミリオンセラーとなれそう。

続きを読む "単週14万本超でまだまだ「ハッピーホームデザイナー」は堅調…ゲームソフトランキング更新(2015/08/10-08/16)"

7時0分ゲームランキング, noindex

2015/08/23

熱中症による救急搬送者の内情をグラフ化してみる(2015年)

当サイトでは夏季に総務省消防庁が定期的に発表している、熱中症を起因とした救急車による搬送者の動向の精査を【週次熱中症搬送状況】などで行っている。しかし今調査結果では搬送者の詳しい状況を推し量るには今一つ情報が不足している。そこで今回は国立環境研究所が定点観測・集計調査を行っている「熱中症患者速報」の最新データとなる2014年度分などを元に、主要地域の熱中症搬送患者の内情を、複数の視点から確認していくことにする(【国立環境研究所 熱中症患者速報】)。

続きを読む "熱中症による救急搬送者の内情をグラフ化してみる(2015年)"

14時0分熱中症搬送状況, noindex

大学進学率をグラフ化してみる(2015年)

義務教育(小中学校)以外の教育機関の教育費の無償化問題や、大学の経営問題など、高等教育のあり方についてさまざまな面で状況の変化が起き、再検討の機会が与えられている。「良い大学、そして良い就職先」との子供の進路に関する言い回しも、必ずしも正しいとは言い切れないとの指摘もなされるようになった。今回はそれらも含め、大学関連の話を語る際には欠かせない、そもそも論としての「大学進学率」をまとめておくことにする。

続きを読む "大学進学率をグラフ化してみる(2015年)"

11時0分学校基本調査, noindex

2015年7月の熱中症での病院搬送者は2万4567人、調査開始以来7月搬送者数として過去最高

総務省消防庁は2015年8月18日付で、同年7月の熱中症を起因とした全国の救急搬送の状況(確定値)を発表した。それによれば同年7月における熱中症による救急搬送者は2万4567人となった。前年の同月の値である1万8407人と比較すると、6160人の増加となる。消防庁では2008年の調査開始以来、7月の観測値としては過去最高であることを明らかにすると共に、今後も厳しい暑さが続くことが見込まれているため、引き続き厳重な警戒が必要だとコメントしている(【消防庁:発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "2015年7月の熱中症での病院搬送者は2万4567人、調査開始以来7月搬送者数として過去最高"

5時0分熱中症搬送状況, noindex

2015/08/22

EU最大の懸念事項は経済や失業、公的債務よりも移民問題、38%が懸念を表明

欧州連合欧州委員会(European Commission)は2015年7月31日、同会が毎年2回定点観測的に行っているEU全体における世論調査「Standard Eurobarometer」の最新版となる第83回分を発表した。それによると、現在EU全体の最大の懸念として上げられたのは移民問題で、全体の38%が懸念を表明していた。経済状態、失業問題、公的債務がそれに続いている。移民問題の懸念の高まりは昨今急激な上昇を示しており、EU全体の課題として市民ベースでも大きな注目を集めていることが改めて実証される形となった(【発表リリース:Spring 2015 Standard Eurobarometer : Citizens see immigration as top challenge for EU to tackle】)。

続きを読む "EU最大の懸念事項は経済や失業、公的債務よりも移民問題、38%が懸念を表明"

15時0分EU調査, noindex

化学と非鉄金属がプラスに転じる(2015年7月分大口電力動向)

電気事業連合会は2015年8月21日に同会公式サイトにおいて、2015年7月分となる電力需要実績の速報を公開した。その内容によれば、同年7月の電力需要(使用量)は10社販売電力量合計で659億kWhとなり、前年同月比でマイナス3.1%となった。一方、産業用の大口電力需要量は前年同月比でマイナス1.8%を記録し、15か月連続して前年同月の実績を下回った。このマイナスは化学と非鉄金属を除く業種において、前年同月の実績を下回ったのが原因であるとリリースでは説明している(【電気事業連合会:電力需要実績発表ページ】)。

続きを読む "化学と非鉄金属がプラスに転じる(2015年7月分大口電力動向)"

10時0分大口電力, noindex

いわゆる「学生運動」時代の警察の対学生デモ警備活動を国民はどのように見ていたのだろうか

先行記事【いわゆる「学生運動」時代の国民一般の受け取り方をグラフ化してみる】において、1950年代から1970年代初頭の学生運動に関し、現在の一部風潮に見られる「社会全体が支持する姿勢を見せていた」的な意見とは異なり、国民全般としては否定的な視点で状況を眺めていたことを確認した。今回はほぼ同時に行われた内閣府の世論調査を元に、当時各種反社会的活動に対応し治安維持に努めた警察・機動隊の行動に、国民全般はどのような印象を抱いていたのかに関し、1969年(昭和44年)に実施された【警察の警備活動に関する世論調査】から確認していくことにする。なお前年の1968年には東大紛争、機動隊員の死者も出した日大闘争、新宿騒乱などが発生、そして1969年1月18日から19日には機動隊の突入による鎮圧(東大安田講堂事件)が起きている。

続きを読む "いわゆる「学生運動」時代の警察の対学生デモ警備活動を国民はどのように見ていたのだろうか"

10時0分政治・外交・行政・郵便, 時節

2015/08/21

中国市場混迷とギリシャ不安で日経平均2万円割れ…株式市場雑感(15/08/17-15/08/21週)(週終値:1万9435円83銭)

■15/08/17:日経平均終値2万0620円26銭/121.0
本日の東京株式市場は高値圏での値動きだが後場に失速。寄り付き前に発表された四半期GDPが予想よりは良い値だったことを受けて買い進まれたが、アジア市場の軟調さを受けて上昇幅は縮小。引けにやや再上昇の動きはあったものの、さえない流れとなった。出来高は17億0882万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.49%、TOPIXは+0.51%、マザーズ指数は-1.62%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安マチマチ。前営業日比は+0.98%となる。

続きを読む "中国市場混迷とギリシャ不安で日経平均2万円割れ…株式市場雑感(15/08/17-15/08/21週)(週終値:1万9435円83銭)"

19時0分株式市場雑感, noindex

相場高で農作品が堅調、気温上昇で夏物商品も好セールス……2015年7月度チェーンストア売上高、前年同月比プラス1.9%

夏の暑さもピークを超えて少しずつ秋の気配を覚えるようになり、天気図に次々と発生する台風の様相に一喜一憂する今日この頃。チェーンストア(スーパーマーケットやデパートなど)の業界団体である【日本チェーンストア協会】は2015年8月21日付で同協会公式サイトにおいて、チェーンストアの2015年7月度分販売統計速報(月報)を発表した。その内容によると2015年7月は中旬以降の気温上昇に伴い季節商品のセールスが順調な動きを示し、また農作品は相場高から好売上を計上することにより、結果として売上総額の前年同月比は4か月連続のプラスとなるプラス1.9%(店舗調整後)を示す形となった(【同協会内発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "相場高で農作品が堅調、気温上昇で夏物商品も好セールス……2015年7月度チェーンストア売上高、前年同月比プラス1.9%"

16時0分チェーンストア売上, noindex

いわゆる「学生運動」時代の国民一般の受け取り方をグラフ化してみる

1950年代から1970年代初頭にかけて行われた学生運動に関し、世間一般ではどのような認識を示していたのかとの疑問が複数寄せられた。当時の映像資料は主に学生・運動家視点でとらえたもので、当時の状況をビジュアル的に認識するには十分なものではあるが、一般の人々の心境を知るには資料足りえないものがある。そこで今回は、以前【ネットで確認できる戦後からの内閣府の世論調査が面白い】でも取り上げた、内閣府の公式サイトから容易に検証が可能な、戦後の各種世論調査のうち、1968年(昭和43年)に実施された【学生運動に関する世論調査】から、その実情に探りを入れてみることにする。なお1968年といえばいわゆる東大紛争、日大闘争などが発生し、機動隊側でも多数の死傷者が生じている。また10月には新宿騒乱が起き、新宿駅などの機能がマヒし、騒乱罪が適用され多数の逮捕者も出ている。

続きを読む "いわゆる「学生運動」時代の国民一般の受け取り方をグラフ化してみる"

11時48分政治・外交・行政・郵便, 時節

小学一年生の児童数推移をグラフ化してみる(2015年)

日本の少子化傾向に伴い小学生や中学生の数が漸減していることは、【小学生や中学生の数の推移をグラフ化してみる】などで確認した通り。義務教育期間となるそれら小中学生の時期において、本人にとって、そして周辺の人達においてももっとも大きな転機となり、多種多様な関連市場がリンクしてくるのは、小学一年生に他ならない。そこで今回は、その小学一年生の数の動向を精査することにした。

続きを読む "小学一年生の児童数推移をグラフ化してみる(2015年)"

8時0分学校基本調査, noindex

天候好調で来客数増加、カウンターコーヒーや夏物商材が好調…2015年7月度のコンビニ売上高は既存店が1.2%のプラス、4か月連続

日本フランチャイズチェーン協会は2015年8月20日に、コンビニエンスストアの同年7月度分統計調査月報を、同協会公式サイト上で公開した。その内容によると協会加盟コンビニの同月度の売上高は既存店前年同月比でプラス1.2%となり、4か月連続のプラスを示すこととなった。梅雨明け後は夏の暑さを受けて飲料やアイスクリームなどの夏物商材の売れ行きが好調さを示し、また来客数も増加したことが幸いした(【日本フランチャイズチェーン協会公式ページ】)。

続きを読む "天候好調で来客数増加、カウンターコーヒーや夏物商材が好調…2015年7月度のコンビニ売上高は既存店が1.2%のプラス、4か月連続"

5時0分コンビニ売上, noindex



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN