2015/07/27

2015年6月度外食産業売上マイナス2.3%…洋風ファストフードの軟調さは続く

日本フードサービス協会は2015年7月27日付で、同協会の会員会社で構成される外食産業の市場動向調査における最新値となる、2015年6月度の調査結果を公開した。それによると同月の総合売り上げは前年同月比でマイナス2.3%を計上した。日取りで日曜日一日分が少なく、足を引っ張ったのに加え、軟調が継続中の洋風ファストフードのマイナス分が響き、全体値を抑える形となった(【日本フードサービス協会:発表リリースページ】)。

続きを読む "2015年6月度外食産業売上マイナス2.3%…洋風ファストフードの軟調さは続く"

15時0分外食産業売上, noindex

他人が気になるネット経由でのお買いもの内容(デジタルコンテンツ編)(2015年)

先行記事【他人が気になるネット経由でのお買いもの内容(実商品・サービス編)】において、総務省が2015年7月17日に発表した「通信利用動向調査」の最新版となる2014年版の公開値を基に、インターネット通販(ネットショッピング)の利用状況について、対象商品が物理的商品、あるいはサービスに関しての精査を行った。今回はネット通販の主要商品として実物品同様に購入されることが多い、デジタルコンテンツについて確認をしていくことにする。

続きを読む "他人が気になるネット経由でのお買いもの内容(デジタルコンテンツ編)(2015年)"

14時0分通信利用動向調査, noindex

他人が気になるネット経由でのお買いもの内容(実商品・サービス編)(2015年)

インターネットが社会生活において必要不可欠なインフラと認識される状況になるまで浸透するに連れて、そのインフラを用いたさまざまなサービスも普及し始める。その中でも、ネットを介して注文を受け付け、商品の売買を行うインターネット通販(ネット通販、ネットショッピング)の成長ぶりが著しい。今回は総務省が2015年7月17日に発表した「通信利用動向調査」の最新版となる2014年版の公開値を基に、その「ネット経由でのお買い物内容」のうち、対象が物理的な実商品、あるいはサービスについて現状を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "他人が気になるネット経由でのお買いもの内容(実商品・サービス編)(2015年)"

11時0分通信利用動向調査, noindex

大きく異なる利用端末…男女別のソーシャルメディア利用時の端末動向(2015年)

先行記事【ソーシャルメディア利用時の端末動向】において、総務省が2015年7月17日に発表した「通信利用動向調査」の公開値を基に、ソーシャルメディアを利用する人がどのような端末を用いているのか、その傾向を確認した。今回はその記事の拡張補完版として、男女別の動向を見ていくことにする。元々ソーシャルメディアの利用スタイルには男女で小さからぬ違いがあるといわれているが、それは利用端末にどのような形で表れているのだろうか(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "大きく異なる利用端末…男女別のソーシャルメディア利用時の端末動向(2015年)"

8時0分通信利用動向調査, noindex

妖怪ウォッチバスターズがトップ継続…ゲームソフトランキング更新(2015/07/13-07/19)

各地で梅雨明け宣言がなされると共に真夏日が続き、夏休みに入ったことを再確認させられる日々が続く今日この頃。メディアクリエイト発表による【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位は、前回週に続きレベルファイブの新作「妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊」(3DS)となった。「妖怪ウォッチ」の世界観を継承した、一人プレイも最大4人までのマルチプレイも可能なシンプルスタイルのアクションゲーム。プレイヤーは妖怪を操作して数々の敵と対峙し、ミッションをクリアしていく。登場する妖怪は全部で380体以上、「妖怪ウオッチ2」シリーズで登場した妖怪はすべて操作が可能。各ミッションのプレイ時間は少なく、気軽にプレイできることから、「良い意味で裏切られた、想定外の面白さ」との意見が多い。今回単週で20万本以上のセールスを示し、累計本数は90万本超。次週にはミリオンセラーの冠をいただくことができるだろう。

続きを読む "妖怪ウォッチバスターズがトップ継続…ゲームソフトランキング更新(2015/07/13-07/19)"

7時0分ゲームランキング, noindex

2015/07/26

動画、検索、ショッピングはほぼ同率…スマホとタブレット型端末のサービス別利用状況を確認していく(2015年)(最新)

今や全体普及率が7割に近づくスマートフォンや、急速に浸透を進めているタブレット型端末は、機器そのものが有する機能はもちろんのこと、インターネットと接続してサービスを利用することで、多種多様な便益を得られる道具となる。これまで他の機器で独立していた機能が一つの端末に集約されるのだから、これほど便利なものは無い。今回は2015年7月7日付で博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所が発表した、メディアすう勢を推し量る指針となる定点観測データが豊富に盛り込まれた「メディア定点調査」の最新版「メディア定点調査2015」(抜粋版)から、スマートフォン・タブレット型端末それぞれの所有者における、機能やサービスの利用状況を確認していく(【発表リリース:メディア環境研究所「メディア定点調査2015」時系列分析】)。

続きを読む "動画、検索、ショッピングはほぼ同率…スマホとタブレット型端末のサービス別利用状況を確認していく(2015年)(最新)"

12時32分博報堂・メディア定点調査, 逐次新値反映記事

2015年6月の熱中症での病院搬送者は3032人、前年同期と比べると1602人の減少

総務省消防庁は2015年7月22日付で、同年6月の熱中症を起因とした全国の救急搬送の状況(確定値)を発表した。それによれば同年6月における熱中症による救急搬送者は3032人となった。前年の同月の値である4634人と比較すると、1602人の減少となる。消防庁では各地の梅雨明けと共に気温が上昇し、熱中症リスクも高まるため、引き続き警戒が必要であるとコメントしている(【消防庁:発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "2015年6月の熱中症での病院搬送者は3032人、前年同期と比べると1602人の減少"

11時0分熱中症搬送状況, noindex

強い、強いぞタブレット…電子書籍購入者状況をグラフ化してみる(2015年)

アマゾンによる電子書籍リーダーも兼ねたタブレット型端末「キンドル」の日本国内販売の開始と普及、回線の高速化とインターネットへのアクセス環境を提供する端末の高性能化、スマートフォンやタブレット型端末のような機動力の高い端末の普及、そして漫画や書籍のビデネスモデルの多様化など、多種多様な要因、環境の変化に伴い、電子書籍は急速に普及しつつある。今回はその実情を探るため、総務省が2015年7月17日に発表した「通信利用動向調査」の公開値を基に、有料で購入された電子書籍の購入者率を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "強い、強いぞタブレット…電子書籍購入者状況をグラフ化してみる(2015年)"

10時0分通信利用動向調査, noindex

2015/07/25

通信利用動向調査、オンラインでのアンケートを希望する?(2015年)(最新)

これまで複数の項目に渡り、総務省が2015年7月17日に発表した「通信利用動向調査」の公開値を基に、インターネット関連などのデジタル方面の現状をさまざまな視点から確認した。今件調査は先行する解説記事【自宅パソコンのネット接続回線の種類をグラフ化してみる】で説明の通り、一部はオンライン(メール)であるものの主流は郵送による調査票の配布及び回収の形式によって行われているが、これについて「インターネットでの調査にしても良いか否か」の問いも実施している。非常に興味深い結果が出ているので、今回はこの実情を確認していくことにする。

続きを読む "通信利用動向調査、オンラインでのアンケートを希望する?(2015年)(最新)"

15時0分通信利用動向調査, noindex

デジタルテレビのインターネット接続機能はどれほど使われているのだろうか(2015年)

2011年7月にテレビのデジタル化(地デジ化)が行われたのに伴い、テレビ受信機の世界も大きな変化を迎えている。ブラウン管タイプから液晶タイプへのシフトだけでなく、インターネット接続機能をはじめとしたスマートテレビ化により、テレビもまた単なるテレビとしてでは無く、総合的なデジタル端末としての様相を示しつつある。それではその新機能の一つ、インターネット接続機能はどれほど使われているのだろうか。その現状を総務省が2015年7月17日に発表した「通信利用動向調査」の公開値を基に探ることにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "デジタルテレビのインターネット接続機能はどれほど使われているのだろうか(2015年)"

14時0分通信利用動向調査, noindex

意外? なるほど?? 動画・音声サービスの利用目的(2015年)

インターネット回線のブロードバンド化や利用端末の高性能化、各種再生技術の躍進で、大きく飛躍した分野の一つが、インターネットにおけるマルチメディアの利用。以前は文章、よくて解像度の粗い静止画が精いっぱいで、動画の閲覧などとてもではないがまともにはできず、「何だがモノが動いている」「10回位ダビングしたビデオテープの再生映像」程度の認識しかかなわなかった。それが今では光ディスクの再生さながらの映像や音声をインターネットを用いてリアルタイムに自宅の端末、さらには手のひらの上のモバイル端末で再生し、楽しむことができる。「好きな映像をいつでもどこでも自由自在に視聴できる」との観点では、まさに未来的な移動型テレビ時代の到来と見ても問題ないのが現状だ。それではそのような状況の中で、映像や音声コンテンツを提供するサービスを利用している人は、どのような目的でそれらを使っているのだろうか。総務省が2015年7月17日に発表した「通信利用動向調査」の公開値を基に、その利用目的を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "意外? なるほど?? 動画・音声サービスの利用目的(2015年)"

13時0分通信利用動向調査, noindex

総計42.1万台・前年同月比マイナス7.8%、中型サイズが大いに凹む(薄型テレビ出荷動向:2015年6月分)

2015年7月24日付で電子情報技術産業協会(JEITA)は同協会公式サイト上において、【民生用電子機器国内出荷統計】の最新値となる、2015年6月分のデータを公開した。その公開値によれば2015年6月の薄型テレビの出荷台数は42.1万台となり、前年同月比ではマイナス7.8%となった。中型サイズのテレビの出荷台数が大きく減少する動きが確認されている。

続きを読む "総計42.1万台・前年同月比マイナス7.8%、中型サイズが大いに凹む(薄型テレビ出荷動向:2015年6月分)"

10時0分薄型テレビ出荷, noindex

2015/07/24

閑散気味で小幅な値動き…株式市場雑感(15/07/21-15/07/24週)(週終値:2万0544円53銭)

■15/07/21:日経平均終値2万0841円97銭/106.3
本日の東京株式市場は後場に入って一段高の流れ。前場はやや高値での低空飛行状態だったが、後場に入ると為替がいくぶん円安ドル高に振れたことを受けて一層買い進まれる形となった。原油価格が下落している状況を受け、インフラ関係も値上がり。出来高は19億7840万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.93%、TOPIXは+0.66%、マザーズ指数は+0.54%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安マチマチ。ただし1銘柄が暴騰し、前営業日比は+1.68%となる。

続きを読む "閑散気味で小幅な値動き…株式市場雑感(15/07/21-15/07/24週)(週終値:2万0544円53銭)"

19時0分株式市場雑感, noindex

迷惑メールに架空請求、迷惑電話の着信…スマホやタブレットで遭遇したトラブル事案(2015年)

スマートフォンやタブレット型端末の猛烈な普及率の高まりに連れ、それらによるトラブル事案も増加の一途をたどっている。確率論的には利用者が増えれば事案数が増加するのは当然の話だが、それに加えてデジタル機器、インターネットへの利用に慣れていない人の利用も増えるため、トラブルの発生「率」の増加も懸念される。今回は総務省が2015年7月17日に発表した「通信利用動向調査」の公開値を基に、インターネット利用の中でも特に昨今利用者が急増しているスマートフォン・タブレット型端末利用者に限り、その現状を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "迷惑メールに架空請求、迷惑電話の着信…スマホやタブレットで遭遇したトラブル事案(2015年)"

14時0分通信利用動向調査, noindex

トップの東京都は19.8%、最下位は…!? 都道府県別タブレット型端末利用率動向(2015年)

昨今のインターネット界隈の動向を見聞きするに、ハード面ではスマートフォンとタブレット型端末、ソフト・サービス面ではソーシャルメディアに熱い視線が向けられ、多くの人が手に取り体験している。そして奇しくもそれらのハードとソフトは密接な関係にあり、片方がもう片方の浸透に小さからぬ貢献をしている実態がある。先行する記事【都道府県別スマートフォン利用率動向】でスマートフォンの都道府県別利用状況を確認したが、今回はハード面における注目対象のもう片割れであるタブレット型端末について、同じように都道府県別のインターネット利用率の現状を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "トップの東京都は19.8%、最下位は…!? 都道府県別タブレット型端末利用率動向(2015年)"

13時0分通信利用動向調査, noindex

トップの東京都は55.3%、最下位県の約1.5倍…都道府県別スマートフォン利用率動向(2015年)

今や加速度的に普及が進みつつあるスマートフォン。そのスマートフォンを使ってインターネットにアクセスをしている人は6歳以上の全員比で47.0%(2014年末時点)との実情が、総務省が2015年7月17日に発表した「通信利用動向調査」の公開値から明らかにされている。それではその利用率は全国一様なのだろうか、それとも地域によって大きな差異が生じているのだろうか。今回は都道府県別のスマートフォンによるインターネット利用率の現状を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "トップの東京都は55.3%、最下位県の約1.5倍…都道府県別スマートフォン利用率動向(2015年)"

11時0分通信利用動向調査, noindex

全体でもスマホがトップ、PCの順位逆転は50代から60代…ソーシャルメディア利用時の端末動向(2015年)

日本における昨今のインターネット界隈の変化ぶりを象徴する事象を挙げる際には、スマートフォンの普及率向上とソーシャルメディアの浸透、この2つを欠かすわけにはいかない。そして両者は非常に相性が良く、片方の普及がもう片方に大きな影響を与えている、深い連動性があることでも知られている。それでは実際問題として、ソーシャルメディアを利用している人はどのような端末を使っているのだろうか。総務省が2015年7月17日に発表した「通信利用動向調査」の公開値を基に、現状を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "全体でもスマホがトップ、PCの順位逆転は50代から60代…ソーシャルメディア利用時の端末動向(2015年)"

8時0分通信利用動向調査, noindex

気温低下で衣料・住関不調なれど食料品は堅調…2015年6月度チェーンストア売上高、前年同月比プラス0.3%

随所で梅雨明けが宣言され、小中学生の多くも夏休みに突入し、住宅街で日中でも喧騒がよく聞こえるような昨今。チェーンストア(スーパーマーケットやデパートなど)の業界団体である【日本チェーンストア協会】は2015年7月22日付で同協会公式サイトにおいて、チェーンストアの2015年6月度分販売統計速報(月報)を発表した。その内容によると2015年6月は衣料品や住関品は気温低下による季節商品の低迷で苦戦したものの、食料品では相場高の品目がけん引する形で貢献。結果として売上総額の前年同月比は3か月連続のプラスとなるプラス0.3%(店舗調整後)を示す形となった(【同協会内発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "気温低下で衣料・住関不調なれど食料品は堅調…2015年6月度チェーンストア売上高、前年同月比プラス0.3%"

5時0分チェーンストア売上, noindex

2015/07/23

全体では76.2%、20代世帯では1割強のみ…固定電話の保有状況(2015年)

携帯電話の高性能化と普及が進むに連れ、少なくとも一般世帯において電話の利用スタイルは世帯単位から個人単位へと変わり、固定電話の必要性はこれまでに無いほど減少している。若年層では実家を離れ一人暮らし・独立世帯化する際に、固定電話の契約をしない事例も増えている。それでは現状として、固定電話はどの程度浸透を維持しているのか。総務省が2015年7月17日に発表した「通信利用動向調査」の公開値を基に、日本における世帯ベースでの固定電話の保有状況を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "全体では76.2%、20代世帯では1割強のみ…固定電話の保有状況(2015年)"

14時0分通信利用動向調査, noindex

世帯ベースで1/4超、高年収では2/3近くも…タブレット型端末普及動向(2015年)

パソコンの補完的な利用のためのセカンドマシンとして以前から注目されていたものの、価格の高さから普及が今一つだったタブレット型端末も、この数年の間に「廉価端末の登場」「インフラ整備によるネット接続環境の改善」「独自の利用スタイルによる有益性の確認」「電子書籍端末としての使いやすさ」など多様な理由により、急速に普及が進んでいる。今回は総務省が2015年7月17日に発表した「通信利用動向調査」の公開値を基に、日本の世帯ベースでのタブレット型端末の普及状況を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "世帯ベースで1/4超、高年収では2/3近くも…タブレット型端末普及動向(2015年)"

11時0分通信利用動向調査, noindex



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN