2015/03/16

2009年以降に耐震診断をした持ち家住宅は8.4%、関東や震災被災地域、地震リスク地域で高め(2015年)(最新)

昨今の住宅は強度の耐震仕様が当たり前のものとなっているが、経年劣化やさまざまな事象による強度の減退でリスクが漸増する場合もあり、定期的な検査と必要ならば修復などの状況改善が求められる。また建設時期によっては十分な耐震仕様が成されていない場合もある。今回は総務省統計局が2015年2月26日に発表した、2013年10月1日時点における住宅・土地統計調査の確定集計結果を元に、持ち家住宅における耐震診断経験の状況を確認していくことにする。前調査以降の調査経歴、つまり2009年以降2013年までの状況を確認することから、2011年3月の震災を挟んだ統計結果となる。震災を経て、どれほどの持ち家住宅があらためて、あるいは初めて耐震診断をしたのかを知る、良い機会となるに違いない(【発表ページ:平成25年住宅・土地統計調査】)。

続きを読む "2009年以降に耐震診断をした持ち家住宅は8.4%、関東や震災被災地域、地震リスク地域で高め(2015年)(最新)"

14時1分住宅・土地統計調査, 逐次新値反映記事

夫婦とも65歳以上のお年寄り世帯で「お医者さんまでは1キロ以上かかる」のは20.8%(2015年)(最新)

歳を取ると医療機関のお世話になる機会が増え、通院の手間を考慮した場合、その近場に居住していることが望ましくなる。また万が一の不測の事態が生じた時のことを考えると、かかりつけの病院が近くにあった方が望ましく、日々の生活においても安心感を覚えさせる。それでは実情として、居住世帯と医療機関との距離はどのような関係にあるのだろうか。総務省統計局が2015年2月26日に発表した、2013年10月1日時点における住宅・土地統計調査の確定集計結果を元に確認していくことにする(【発表ページ:平成25年住宅・土地統計調査】)。

続きを読む "夫婦とも65歳以上のお年寄り世帯で「お医者さんまでは1キロ以上かかる」のは20.8%(2015年)(最新)"

11時20分住宅・土地統計調査, 逐次新値反映記事

2015/03/11

自衛隊の災害派遣活動、98%が評価(2015年)(最新)

自衛隊は国防を第一義とする公的機関ではあるが、それは外国勢力からの軍事的侵略行為への対抗手段としての存在に留まらず、その組織力・実働力を活かした国内外における自然災害などへの対応行動も意味する。それでは自衛隊の存在理由の一つとされる、災害派遣活動に関して、人々はどのような評価を下しているのだろうか。内閣府が2015年3月9日付で発表した自衛隊・防衛問題に関する定期世論調査によると、実に98%の人が肯定的な評価をしていることが明らかになった(【自衛隊・防衛問題に関する世論調査(平成27年1月調査)】)。

続きを読む "自衛隊の災害派遣活動、98%が評価(2015年)(最新)"

14時46分自衛隊・防衛世論(内閣府), 逐次新値反映記事

災害派遣と国防…自衛隊の存在意義、これまでとこれから(2015年)(最新)

軍事的能力をはじめとする様々な能力を有する自衛隊は、他の公的機関以上の責務を持ち、また期待を受けている。昨今では震災時においてその能力を十分に発揮した災害対応や、昨今の周辺環境の変化に伴い期待されている国内の治安維持や国の安全の維持確保が特に注目されているが、それ以外にも自衛隊の存在理由は多種多様に及ぶ。今回は内閣府が2015年3月9日付で発表した自衛隊・防衛問題に関する定期世論調査から、国民が考えている自衛隊の存在理由、そして今後力を入れるべきだと思っている点を確認していくことにする(【自衛隊・防衛問題に関する世論調査(平成27年1月調査)】)。

続きを読む "災害派遣と国防…自衛隊の存在意義、これまでとこれから(2015年)(最新)"

8時25分自衛隊・防衛世論(内閣府), 逐次新値反映記事

2015/03/08

男性から見て「バレンタインデー」「ホワイトデー」とは何か(2015年)

2月のバレンタインデー、そして3月のホワイトデーと、男女間のお菓子やギフト、そして気持ちのやり取りが行われるイベントが相次ぎ、世間一般は何かと浮ついた空気に包まれる。しかし環境が浮ついていても、すべての人がその空気を楽しんでいるわけではない。もっと真剣な想いを抱いている人もいれば、否定的な考えを持つ人もいる。その実情を主に男性の視点から、リサーチバンクが2015年3月4日にホワイトデーに関して発表した、男性対象の調査結果から、見ていくことにしよう(【発表リリース:ホワイトデーに関する調査(2015年)】)。

続きを読む "男性から見て「バレンタインデー」「ホワイトデー」とは何か(2015年)"

10時0分RB-バレンタイン・Wデー, 逐次新値反映記事

2015/03/07

義理チョコもらってお礼する人は8割、人気はクッキー・チョコレート(2015年)

ホワイトデーが近づくにつれ、ある意味本命チョコをもらった人より心穏やかでないのが義理チョコをもらった人。一つ二つならまだしも、結構な数を受け取りモテモテ気分でいたのもつかの間、そのお返しとしてどれほどの負担が必要となるのか、苦悩にさいなまれる人も少なくあるまい。そこでリサーチバンクが2015年3月4日にホワイトデーに関して発表した、男性を対象に行った調査結果の中から、義理チョコを受け取った男性に関するデータをざっと読みしていくことにする(【発表リリース:ホワイトデーに関する調査(2015年)】)。

続きを読む "義理チョコもらってお礼する人は8割、人気はクッキー・チョコレート(2015年)"

19時15分RB-バレンタイン・Wデー, 逐次新値反映記事

ホワイトデー、本命チョコのお返し事情(2015年)

バレンタインデー程ではないが、3月に入ると世間一般にお菓子関連の展示が増え、甘味の香りが街中にただよい、彩りを添えていく。ホワイトデーに伴う商品展開が活発化するからに他ならず、多種多様な関連グッズが商品棚を賑わし、臨時出展の露店に並べられていく。選択肢が一挙に増えるとはいえ、当事者となる男性諸氏にとっては悩みの種は尽きることが無い。ライフメディアのリサーチバンクではこのホワイトデーに関して2015年3月4日に、男性を対象に行った調査結果を発表している。今回はその結果から、本命チョコを受け取った男性に関するデータを斜め読みしていくことにする(【発表リリース:ホワイトデーに関する調査(2015年)】)。

続きを読む "ホワイトデー、本命チョコのお返し事情(2015年)"

15時16分RB-バレンタイン・Wデー, 逐次新値反映記事

2015/03/02

正社員? それとも嘱託、アルバイト!? 再雇用制度で再就職した高齢者はどのような就業状態で働いているのだろうか

年金制度の改正や高齢化社会の現状、労働市場の実情を踏まえ、2013年4月1日から改正「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(高年齢者雇用安定法)が施行された。これは年金支給開始年齢となる65歳までは、労働意欲とその実態となる能力に応じ、働き続けることかできるように環境を整備するための制度である。簡単にまとめると「定年を迎えても希望した人は全員何らかの形で65歳まで就労し続けられる仕組みを企業内に作る」「就労先としては元いた企業だけでなく子会社やグループ会社も該当する」ことが求められる。また雇用のスタイルは定年の延長の他に嘱託社員などのような非正規社員としての再雇用でも構わない(再雇用の場合は正規雇用を終えた時点で退職金が受け取れることになる)。この制度の活用に伴い、60歳以上の非正規社員としての再雇用が進んでいることが労働力調査などの各種調査で明らかにされているが、その実態を厚生労働省が毎年実施している「中高年者縦断調査」からも確認していく(【発表リリース:第9回中高年縦断調査(中高年の生活に関する継続調査)】)。

続きを読む "正社員? それとも嘱託、アルバイト!? 再雇用制度で再就職した高齢者はどのような就業状態で働いているのだろうか"

15時5分出産・高齢化・寿命, 経済・金融・市場・家計

「老後は年金などで暮らしたい」との思いと8年後の現実を探る

官民を問わず定点調査の類は同様の条件を用意するが、調査対象母集団そのものは毎回別人に行われるのが常となる。同一人物を追いかけるのには大きなリソースが必要になるからだ。ところが厚生労働省が毎年実施している「中高年者縦断調査」は数少ない「同一人物に対する継続調査」として知られている。今回はその調査結果から、間もなく定年退職期を迎えようとしていた人達による「老後はこれらのお金で生活をまかないたい」との希望と、時間経過後におけるその現状について見ていくことにする(【発表リリース:第9回中高年縦断調査(中高年の生活に関する継続調査)】)。

続きを読む "「老後は年金などで暮らしたい」との思いと8年後の現実を探る"

11時25分出産・高齢化・寿命, 経済・金融・市場・家計

女性の半数は体重計で自分の体重を見て食生活を見直した経験がある

マルハニチロは2015年2月26日、食生活と健康に関する調査結果を発表した。それによると調査対象母集団においては、食生活を見直した経験がある人は男性で2/3近く、女性では8割近くに達していることが分かった。そのきっかけとしては「体重計で自分の体重を見た」がもっとも多く、「健康診断の結果を見た」が続いている。男女別では男性は「健康診断」の方が上だが、女性は「体重計で自分の体重」が他項目を大きく離して高い値を示している(【発表リリース:食生活と健康に関する調査】)。

続きを読む "女性の半数は体重計で自分の体重を見て食生活を見直した経験がある"

8時20分医療・保険・健康, 飲食品・料理

2015/03/01

自宅の方が楽、料金が高い、映画館が無い…なぜ映画館で映画を観ないのか、その理由をグラフ化してみる(2015年)(最新)

映画にまつわる市場動向として、昨今話題に登るのが「映画離れ」と呼ばれるもの。しかしライフメディアのリサーチバンクが2015年2月25日に発表した、映画館に関する調査を見ていくと、厳密には「映画離れ」と「映画館離れ」の2つが同時に起きているのが分かる。さらに後者では、「料金が高い」以上に「自宅で観る方が楽」との理由で映画館への来館を避ける人が多いなど、世間一般に良く言われる事情以上に多様な理由があり、その結果として「映画(館)離れ」が起きていることがうかがえる(【発表リリース:映画に関する調査】)。

続きを読む "自宅の方が楽、料金が高い、映画館が無い…なぜ映画館で映画を観ないのか、その理由をグラフ化してみる(2015年)(最新)"

14時5分RB-映画, 逐次新値反映記事



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS