2014/11/30

衆議院議員選挙の「一票の格差」を極力是正してみる

間もなく行われる衆議院議員総選挙に関して、話題の一つに挙げられているのが「一票の格差」問題。議員一人当たりの有権者数が、選挙区によって異なる、つまり一票の投票に関する重みに大きな差が生じているというもの。この格差について極力是正を求める意見がある一方、現在の日本における地域別人口分布状況をかんがみると、都市部に議席が集中してしまうとの懸念も多い。そこで今回は各種データを基に、この「一票の格差」を極力是正した場合、議席配分はどのような状況になるのかを試算してみることにした。

続きを読む "衆議院議員選挙の「一票の格差」を極力是正してみる"

13時10分選挙, 逐次新値反映記事

「結婚制度は時代遅れか」「未婚の母を認めるか」世界の価値観の違いをグラフ化してみる(2005-2009年)(最新)

日本の出生率の低さの一因として、社会習慣的にも制度の上でも「結婚しないまま子供を出産する」(非嫡出子)ことを容認しがたい風潮・仕組みがあるからとの指摘が成されている。それは本当なのか、他国はどのような状況にあるのか、世界規模で国単位の価値観を定点観測している【World Values Survey(世界価値観調査)】から、価値観・風潮の点に関して実情を確認していくことにする。

続きを読む "「結婚制度は時代遅れか」「未婚の母を認めるか」世界の価値観の違いをグラフ化してみる(2005-2009年)(最新)"

10時4分世界価値観調査, 逐次新値反映記事

2014/11/25

親孝行にどれだけお金を使えるのだろうか、考えてみたことありますか

就業者において人間関係で一番厳しい立場にあるのは中間管理職だとの説がある。上司と部下、双方からはさみ撃ちにされるからだ。それと似たような立ち位置、具体的には年老いた親と自分自身の子供にはさまれる状態となる中堅層の人たちは、親孝行をどの程度実行しているのだろうか。金銭的な尺度で見た結果を、メディケア生命が2014年11月11日に発表した調査結果から見ていくことにする(【発表リリース:家族の絆と老後の生活に関する意識調査2014】)。

続きを読む "親孝行にどれだけお金を使えるのだろうか、考えてみたことありますか"

14時50分出産・高齢化・寿命, 経済・金融・市場・家計

2014/11/24

寝る前にあんなこと、こんなことをしていると不眠症になる……かも? という話

人は毎日一定時間睡眠を取らないと体調を崩すだけでなく、さまざまな病理に見舞われることになる。ところが睡眠時間をしっかりと取っているはずなのに寝つきが悪かったり、眠いにも関わらず夜中に突然目が覚めたり、熟睡による充実感が無く眠気を覚えるといった、睡眠上の苦痛を覚える場合がある。これらの事象を引き起こし得る睡眠障害の一種が不眠症。今回はMSDが2014年11月6日に発表した不眠に関する意識と実態調査を基に、不眠症の疑いの度合い別による行動様式を介し、寝る前に手掛けると不眠症のリスク懸念がある行動を確認していくことにする(【発表リリース:MSD株式会社 不眠に関する意識と実態調査を実施- 日本人の約4割に不眠症の疑いあり -】)。

続きを読む "寝る前にあんなこと、こんなことをしていると不眠症になる……かも? という話"

19時5分医療・保険・健康

2014/11/19

団体保険や失業保険……フリーランスにとってあこがれか否か

自営業・自由業・個人事業主などのフリーランスの立場で働いている人は、いわば一人会社の社長のようなもので、かつ法人格を有していないことから(個人事業主は微妙ではあるが法人格は有していないことに変わりはない)、法人格の下で働く正社員と比べて、利用できない制度が多数存在する。厚生年金が良い例だが、他にも失業保険をはじめ各種保険制度も良く知られている。それではこれらの制度・保障について、フリーランスはその存在自身を知っているだろうか、また自分の立ち位置でも似たような制度が欲しい、あるいは同じ制度の適用を受けたいだろうか。ライフネット生命保険が2014年11月5日に発表した、フリーランスの働き方とお金に関する調査結果から、その心境を確認していく(【発表リリース:フリーランスの働き方とお金に関する調査】)。

続きを読む "団体保険や失業保険……フリーランスにとってあこがれか否か"

11時25分医療・保険・健康, 労働・就業・就活

2014/11/18

何かと気になる他人の貯蓄額、フリーランスと正社員の違いは?

仕事をしている点では同じだが就業スタイルでは相対する立場の、正社員とフリーランス。それぞれ多種多様な職種があり、手取りも貯蓄出来る余裕度も千差万別だが、平均的にはどれほどの貯蓄額を有し、どちらがより多くの額を示しているのだろうか。他人のお金周りの話は案外分かりにくいこともあり、ましてや職のスタイルが異なれば想像もつきにくく、色々と気になる話ではある。今回はライフネット生命保険が2014年11月5日に発表した、フリーランスの働き方とお金に関する調査結果から、その実情を垣間見ることにする(【発表リリース:フリーランスの働き方とお金に関する調査】)。

続きを読む "何かと気になる他人の貯蓄額、フリーランスと正社員の違いは?"

15時27分労働・就業・就活, 経済・金融・市場・家計

「自由がいいね」「お金と健康が不安」フリーランスな人が思うメリットとデメリット

ライフネット生命保険は2014年11月5日、フリーランスの働き方とお金に関する調査結果を発表した。それによると調査対象母集団のうちフリーランスの人においては、会社員と比べた場合のメリットとして「好きな事を仕事に出来るのが得である」と答えた人がもっとも多く、47%を占めていることが分かった。次いで「好きな時間に」「好きな服装で」が続いている。一方で会社員と比較して不安なことの最上位には「収入が安定しづらい」がついている(【発表リリース:フリーランスの働き方とお金に関する調査】)。

続きを読む "「自由がいいね」「お金と健康が不安」フリーランスな人が思うメリットとデメリット"

14時36分労働・就業・就活, 経済・金融・市場・家計

2014/11/17

弱肉強食と弱者保護、日本社会はどちらを重視すべきか

完全な平等社会はいわゆる「ディストピア」的なものとなりかねず、一方で自由放任な競争社会を容認すると弱肉強食、アニメや映画の世紀末伝説的な情景が現実のものとなりかねない。人の社会が健全な安定と成長を維持していくためには、両者の程よいバランスが求められる。それでは日本では「自由競争できる社会」「弱い立場の人々を保護」のどちらを重視すべきと世間一般では考えられているのだろうか。統計数理研究所による定点観測的調査【日本人の国民性】から、その現状を見ていくことにする。

続きを読む "弱肉強食と弱者保護、日本社会はどちらを重視すべきか"

15時24分統計数理研究所, 逐次新値反映記事

2014/11/14

30年でチャレンジ精神が減る若者、増える高齢者、その実態は……?

価値観やポリシー、これまでの経験や性格など、多種多様な要因に左右されるものの、人には人生観や基本的な行動指針的なものとして、「自分の可能性を確かめたい、出来るだけ多くの経験をしたい」というアグレッシブな方向性を持つ人と、「わずらわしいことは避けて、平穏無事に暮らしたい」という安定性を優先する人がいる。この相対する人生観の動向について、統計数理研究所による定点観測的調査【日本人の国民性】の結果から、実情を確認していくことにする。

続きを読む "30年でチャレンジ精神が減る若者、増える高齢者、その実態は……?"

8時25分統計数理研究所, 逐次新値反映記事

2014/11/11

「努力はいつか必ず報われる」7割は肯定的、しかし……

受験勉強やダイエット、日々の筋トレに料理の練習…地道な努力を積み重ねるのは、いつかその努力が報われて、目的が果たせる日がやってくると信じているからに他ならない。ところが世の中はすべて努力が報われるようには出来ておらず、現実にはその努力が空振りに終わることも少なくない(努力そのものが見当違いの向きだったこともあるが)。それでは人は努力はいつか報われると信じているのだろうか、それとも努力してもまったく報われないことが多いとあきらめ基調にあるのだろうか。統計数理研究所による定点観測的調査【日本人の国民性】の結果から、その実情を見ていくことにする。

続きを読む "「努力はいつか必ず報われる」7割は肯定的、しかし……"

14時17分統計数理研究所, 逐次新値反映記事

2014/11/10

ついに「自分のことだけ」を超えた「他人の役に」な傾向

実際には状況によりけりではあるが、人間の行動指針の一つに「他人のために役立つ」と「自分のこと優先する」という相反する概念がある。要は献身の心構えか自分本位かということなのだが、「世の中は自分本位、特に若年層は身勝手だ」との意見を少なからず見聞きする。それでは実際のところ、世間全体ではどのように思われているのだろうか。統計数理研究所による定点観測的調査【日本人の国民性】の結果から、その実情を見ていくことにする。

続きを読む "ついに「自分のことだけ」を超えた「他人の役に」な傾向"

11時26分統計数理研究所, 逐次新値反映記事

2014/11/07

過去一年間の電子書籍利用率約2割、利用端末はスマホが一番

印刷物の利用減退やスマートフォン・タブレット型端末の浸透と共に、少しずつではあるが確実に普及への歩みを進めている電子書籍。現状ではどの程度の利用率を示しているのか。今回は雑誌やコミックを除いた純粋な電子書籍に限定した上で、ライフメディアのリサーチバンクが2014年10月29日に発表した読書に関する調査結果から、その実態などを確認していくことにする(【発表リリース:読書に関する調査】)。

続きを読む "過去一年間の電子書籍利用率約2割、利用端末はスマホが一番"

15時5分本・文具, ハード

紙媒体の本離れは進んでいるのか否か

先行記事【本を選ぶポイントは「好きなジャンル」と「好きな作家」】などにもある通り、ライフメディアのリサーチバンクが2014年10月29日に発表した読書に関する調査結果を元に、読書の現状と過去5年間の推移に関していくつかの面から実情を確認している。今回は電子書籍の浸透や趣味趣向の多様化など共に語られるようになった、「紙媒体による本離れ」が本当なのか否かを、公開データを元に検証していくことにする(【発表リリース:読書に関する調査】)。

続きを読む "紙媒体の本離れは進んでいるのか否か"

11時24分本・文具

「生まれ変わってもまた日本がいい」8割超え

そもそも論として生まれ変わりを信じるか否かとの問題があるものの、生まれ変わりがあると仮定し、どのような場面、環境で生を受けたいかとの話は、よく交わされる他愛もないテーマの一つではある。見方を変えると「比較対象の中でどの選択肢を自分が好んでいるのか」を選ぶ心理テストのようなものでもあるからだ。それでは生まれ変わりの際に再び日本で生まれてきたいと思う人、つまり他国と比べて日本(の環境)が好きな人はどれだけ居るのだろうか。統計数理研究所による定点観測的調査【日本人の国民性】から、その実情を確認していくことにする。

続きを読む "「生まれ変わってもまた日本がいい」8割超え"

8時24分統計数理研究所, 逐次新値反映記事

2014/11/06

大型書店の権威健在・本の調達場所の実情を探る

紙を用いた印刷物の販売動向は大きな時代の流れにもまれつつある。全体的な販売額は漸減を続ける一方で、販売ルートのシェアも少しずつ、そして確実に変化を遂げている。そのような状況下において、本(今件では雑誌、コミック、電子書籍などは除く)を読む人達はどこで調達しているのだろうか。ライフメディアのリサーチバンクが2014年10月29日に発表した読書に関する調査結果から、確認していくことにする(【発表リリース:読書に関する調査】)。

続きを読む "大型書店の権威健在・本の調達場所の実情を探る"

15時9分本・文具, 経済・金融・市場・家計

「本人の自由」6割強、賛成2割・反対1割…首相の正月恒例伊勢神宮参拝は是か非か

政治と例年行事との関係において論議される事項の一つに、在任首相における正月恒例の伊勢神宮参拝がある。この行動に関して日本国民はいかなる意見を有しているのだろうか。統計数理研究所による定点観測的調査【日本人の国民性】では、1953年以降2003年に至るまで、毎回調査項目として取り上げていた。今回はそのデータを基に、心情について確認していくことにする。

続きを読む "「本人の自由」6割強、賛成2割・反対1割…首相の正月恒例伊勢神宮参拝は是か非か"

11時15分統計数理研究所, 逐次新値反映記事

「政治家に任せ切りは良くない」の増加、若年層の投票意向の回復…政治に対する意識変化を探る

国民を代表し、国の施策を執り行うのが政治家であり、その政治家を選出するのが選挙である以上、政治への関心はそのまま選挙への関心に直結することになる。昨今では若年層の投票率の低さがしばしば問題視されるているが、政治・選挙に対する意欲はどのような状況にあり、過去から現在において変化を示してきたのだろうか。統計数理研究所による定点観測的調査【日本人の国民性】のデータを基に、その実情を確認していくことにする。

続きを読む "「政治家に任せ切りは良くない」の増加、若年層の投票意向の回復…政治に対する意識変化を探る"

8時23分統計数理研究所, 逐次新値反映記事

2014/11/05

変わりつつある、「一番大切なもの」

個人の価値観によって対象は多種多様なものとなるが、世の中には大切なもの、大事なものはたくさん存在する。それでは「一番大切なものは何ですか」と問われた際に、人は何を挙げることになるのだろうか。改めて考えると案外難しいものである。今回は統計数理研究所による定点観測的調査【日本人の国民性】の結果を元に、精神的な充足感、心のよりどころ、価値観といった観点から、その実情を探ることにする。

続きを読む "変わりつつある、「一番大切なもの」"

15時2分統計数理研究所, 逐次新値反映記事

若年層で変化を見せる「上司との関係」への考え方

よほどの少人数による構成組織や身内だけの事業体で無い限り、就業を果たすと多数の上司との間の付き合い、人間関係が発生することになる。たとえ自由業・自営業でもよほどの職種で無ければ、仕事の上で上の立場にある人、頭を下げねばならない相手は存在する。そのような「上司との関係」において、人々の考えはどのような変化を見せているだろうか。今回は付き合い方や上司の面倒見の是非に焦点を絞り、統計数理研究所による定点観測的調査【日本人の国民性】の結果を元に、その実情を探ることにする。

続きを読む "若年層で変化を見せる「上司との関係」への考え方"

11時21分統計数理研究所, 逐次新値反映記事

若年層で「いらいら」が増す現代社会、理由はさまざま

情報に係わる技術の進歩発展に伴い、人の生活はより効率的で便利になっているはずだが、それは同時に各人に要求する時間的な拘束がより強まることをも意味している。当然、個人が覚えるストレス、いらいら感もより一層の高まりを見せることが容易に想像でき、実態感を覚える人も少なくないはず。今回は統計数理研究所による定点観測的調査【日本人の国民性】の最新版として2013年調査分が2014年10月30日付で反映されたことを受け、その「いらいら感」の実情を確認していくことにする。

続きを読む "若年層で「いらいら」が増す現代社会、理由はさまざま"

8時31分統計数理研究所, 逐次新値反映記事



(C)2005-2021 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS