2014/06/25

雑誌も含めて市場規模1000億円超え…「電子書籍ビジネス調査報告書2014」発売

インプレスグループのメディア事業会社インプレスビジネスメディアは2014年6月24日、同社のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所の調べとして、電子書籍の動向、電子書籍に関する市場規模の推計結果を発表すると共に、その内容を詳細にまとめた出版物「電子書籍ビジネス調査報告書2014」を同年7月17日に発行すると発表した。今回はそのリリースで公開された、同調査における一部要項を基に、日本の電子書籍市場動向を確認していくことにする(【発表リリース: 2013年度の電子書籍市場は936億円、電子雑誌も加えた電子出版市場は1,000億円超え】)。

続きを読む "雑誌も含めて市場規模1000億円超え…「電子書籍ビジネス調査報告書2014」発売"

8時0分本・文具, noindex

2014/06/24

住関品や衣料品で駆け込み需要の反動なお続く…2014年5月度チェーンストア売上高、前年同月比マイナス2.2%

4月の消費税改定以降その営業成績動向がこれまで以上に注目されるチェーンストア(スーパーマーケットやデパートなど)業界だが、その業界団体である【日本チェーンストア協会】は2014年6月23日付で同協会公式サイトにおいて、チェーンストアの2014年5月度分販売統計速報(月報)を発表した。それによれば2014年5月は食料品の一部部門で堅調さを示したものの、他の食料品、そして住関品や衣料品では消費税率改定前の駆け込み需要の反動がまだ残っており、売上総額の前年同月比は2か月連続のマイナスとなるマイナス2.2%(店舗調整後)を記録した(【同協会内発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "住関品や衣料品で駆け込み需要の反動なお続く…2014年5月度チェーンストア売上高、前年同月比マイナス2.2%"

14時30分チェーンストア売上, noindex

パソコン一番、スマホは二番、Facebookのアクセス端末

今やmixiなどを超え、ツイッターやLINEと競り合うほどに日本でも普及を示しているソーシャルメディア、Facebook。他のソーシャルメディア同様、スマートフォンを中心とする携帯電話の高性能化が利用に拍車をかけたのは間違いないが、それでは実態として、Facebookの利用者はどのような端末からアクセスをしているのだろうか。ライフメディアのリサーチバンクが2014年6月18日に発表したFacebookに関する調査結果から、その実態を確認していく(【発表リリース:Facebook(フェイスブック)に関する調査】)。

続きを読む "パソコン一番、スマホは二番、Facebookのアクセス端末"

11時0分RB-Facebook, noindex

Facebookの利用者って何をしているんだろう?

当初は英語主体で実名制という点から日本での普及に疑問符のあった世界最大手のソーシャルメディアFacebookだが、今では他国同様日本でも、すっかりとお馴染みのものとなった。世代によって優先順位は異なるが、ネット系コミュニケーションサービスとしては電子メールやLINE、ツイッター、mixiなどと共に多くの人に用いられている。それでは実際に利用している人たちは、具体的にどのような機能を用い、何をしているのだろうか。ライフメディアのリサーチバンクが2014年6月18日に発表したFacebookに関する調査結果から、その実態を確認していく(【発表リリース:Facebook(フェイスブック)に関する調査】)。

続きを読む "Facebookの利用者って何をしているんだろう?"

8時0分RB-Facebook, noindex

2014/06/23

毎日1回以上4割強、1日複数回は1/4近く…Facebook利用者のログイン頻度を探る

昨今ではツイッターと類似したタイムライン(特定対象者の発言などを逐次リアルタイムに表示していく場所)の構成により、あまりツイッターとの違いが見られなくなったとの意見もある、ソーシャルメディアのFacebook。実名・実写真によるプロフィール登録が原則のため、より親近感のある人とのつながりが重視されることから、むしろFacebookの方がセミリアルタイムの情報収集ツールとしても使いやすいとの意見もあるほど。それではそのFacebook利用者は、どの程度の頻度でアクセス(ログイン)をしているのだろうか。自分の頻度は把握していても、他人の利用スタイルまでは知る機会は無いため、気になる人は多いはず。その実状を、ライフメディアのリサーチバンクが2014年6月18日に発表した、Facebookに関する調査結果から確認をしていく(【発表リリース:Facebook(フェイスブック)に関する調査】)。

続きを読む "毎日1回以上4割強、1日複数回は1/4近く…Facebook利用者のログイン頻度を探る"

15時0分RB-Facebook, noindex

Facebookに自分の写真使ってる? 顔まで判断できるのは1/4足らず

世界最大規模を誇り、日本でも浸透を深めつつあるソーシャルメディア、Facebook。実名・実人物写真の利用が原則なため、それを敬遠する人も少なくないが、昔と比べれば割り切りで使う人が増えているのも事実。ある意味、実名の披露よりもプライバシー度の高い自分自身の写真の掲載について、現状のFacebook登録者はどこまで実施しているのだろうか。ライフメディアのリサーチバンクが2014年6月18日に発表した、Facebookに関する調査結果から確認をしていく(【発表リリース:Facebook(フェイスブック)に関する調査】)。

続きを読む "Facebookに自分の写真使ってる? 顔まで判断できるのは1/4足らず"

14時0分RB-Facebook, noindex

実名登録してる? ハンドル名!? Facebookの登録名実態

ソーシャルメディア大手のFacebookでは実名で登録を行うことが原則とされている。一方で匿名性の掲示板をはじめとするソーシャルメディアが長い間浸透していた日本では、実名の利用を拒む人も多い。それでは現在Facebookを登録している人たちのうちどれほどの人が、実名で登録をしているのだろうか。その実態を、ライフメディアのリサーチバンクが発表したFacebookに関する調査結果から確認していくことにする(【発表リリース:Facebook(フェイスブック)に関する調査】)。

続きを読む "実名登録してる? ハンドル名!? Facebookの登録名実態"

11時0分RB-Facebook, noindex

教育費は本人世帯と社会全体、どらちが負担すべき? 諸国若者の考え方は…!?

義務教育であるか否かを問わず、教育課程においては何かと費用がかかるもの。大学までの総費用を広義で算出すると数千万円に至るとの話もある。それら教育費の負担について、個々の世帯が担うべきなのか、それとも社会全体でサポートすべきなのか、日本でもしばしば論議が沸きおこる話。今回は教育費を負担してもらう立場にある各国の若年層を対象に、教育費の負担をどこに求めるべきかについて、2014年6月に内閣府が発表した意識調査【平成25年度 我が国と諸外国の若者の意識に関する調査】の公開内容から確認していくことにする。

続きを読む "教育費は本人世帯と社会全体、どらちが負担すべき? 諸国若者の考え方は…!?"

8時30分海外, 教育・育児

新作展開成るも上位入りは果たせず…ゲームソフトランキング更新(2014/06/09-06/15)

梅雨入りはしたものの早くも夏到来を思わせる気温の高さと雨の繰り返しで、急激な温度・気圧の変化に体調を崩す人もちらほらと見受けられる昨今、2014年6月9日から6月15日分に該当する、メディアクリエイトが発表した【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキング最上位の座を仕留めたのは、任天堂の新作レースゲーム「マリオカート8」(Wii U)だった。前回週の第二位から順位を一つ上げてトップの座に躍り出ている。マリオやルイージなど任天堂お馴染みのキャラクタをドライバーとするカートを操り、さまざまなコースを突っ走る、定番中の定番的なカートレーシングゲーム「マリオカート」の最新作。それぞれのキャラクタの個性を反映したカート個別のギミック、アクションが戦略性を豊かなものとする。ただし今作ではこれまでの「マリオカート」とは装いを異にする仕様も多々あり、既存シリーズをプレイし慣れていた人にも戸惑いの声が見聞きされる。今回計測週でも4万本超えのセールスを挙げてはいるが、初週から意見の高低比率があまり変わりないのが気になるところ。

続きを読む "新作展開成るも上位入りは果たせず…ゲームソフトランキング更新(2014/06/09-06/15)"

7時30分ゲームランキング, noindex

2014/06/22

スマホゲームユーザーの無料動画視聴率93%、毎日観る人は約1/4

サイバーエージェントの連結子会社のCyberZは2014年6月18日、スマートフォンにおける動画視聴動向調査の結果を発表した。それによるとスマートフォンでゲームを遊んでいる10代から30代までで構成される調査対象母集団においては、1/4近くの人が毎日1回以上、無料動画を視聴していることが分かった。頻度を問わずスマートフォン経由で無料動画を観ている人は93%に達している。またゲーム動画の視聴経験がある人は、そうでない人と比べて無料動画の視聴頻度が高い傾向にあることも明らかにされた(【発表リリース:スマートフォンで無料動画を視聴する頻度「1日1回以上」が5割、 スマホゲーム動画視聴直後に、アプリインストールした経験あり 過半数】)。

続きを読む "スマホゲームユーザーの無料動画視聴率93%、毎日観る人は約1/4"

20時0分モバイル, 動画

TCAと総務省では100%を超える…複数データを基にした携帯電話の普及率推移(2014年)

今や生活必需品とすら定義されても何ら違和感を覚えない携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォン双方を合わせて。以下同)。その急速な性能の向上と普及率の上昇ぶりは、多種多様な周辺環境、状況の変化を連鎖反応的に引き起こしている。ソーシャルメディアの普及、音楽や映像などマルチメディア系エンターテインメントの消費性向の変化、いわゆる「歩きスマホ」問題など、数え上げればきりがない。今回は社会にも大きな影響を与えるこの携帯電話の普及状況について、先日総務省が発表した【電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成25年度第4四半期(3月末))】や、以前内閣府発表の【消費動向調査】における最新データを反映させた【携帯電話の普及率現状をグラフ化してみる】などを合わせ、携帯電話の普及率推移を複数の視点・調査結果から集約していくことにする。

続きを読む "TCAと総務省では100%を超える…複数データを基にした携帯電話の普及率推移(2014年)"

14時0分消費動向調査(普及率), noindex

携帯・PHSなど合わせて122.6%の普及率…総務省、2014年3月末の状況を発表(2014年)

総務省は2014年6月20日、電気通信サービスの契約数やシェア動向に関する現状をまとめた報告書【電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成25年度第4四半期(3月末))】を発表した。今年3月末時点における日本の携帯電話(従来型携帯電話、スマートフォンの双方を含む。以下同)の普及率や各事業者のシェア動向などを一堂に集めたもので、携帯電話の普及実態を網羅した内容となっている。今回はその公開値を基に、過去のデータも合わせ、日本の携帯電話の普及状況の推移と現状を確認していくことにする。

続きを読む "携帯・PHSなど合わせて122.6%の普及率…総務省、2014年3月末の状況を発表(2014年)"

10時0分モバイル, noindex

2014/06/21

駆け込み需要の反動は収まるもたばこ購入者減退の影響は続く…2014年5月度のコンビニ売上高は既存店が0.8%のマイナス、2か月連続

日本フランチャイズチェーン協会は2014年6月20日にコンビニエンスストアの同年5月度分統計調査月報を、同協会公式サイト上で発表した。その内容によると協会加盟コンビニの同月度の売上高は前年同月比でマイナス0.8%となり、2か月連続してのマイナスを示すこととなった。4月に実施された消費税率の改定に伴う特需の反動による売り上げ減少は4月中にほぼ収まり、気候条件も良くカウンター商材は概して好調な売れ行きを示したものの、中期的に続いているたばこの購入者減退の影響は継続しており、これが売り上げを減退させる要因になったと協会側では分析している(【日本フランチャイズチェーン協会公式ページ】)。

続きを読む "駆け込み需要の反動は収まるもたばこ購入者減退の影響は続く…2014年5月度のコンビニ売上高は既存店が0.8%のマイナス、2か月連続"

14時0分コンビニ売上, noindex

年金、景気、就職…どの国も等しく抱く不安、若年層の現在や将来への思い

若年層が抱える悩み、社会に対する不安は多い。先進国病とされる失業のような労働問題、年金問題、景気動向、そして就業した後も転勤や人間関係、収入が必要なだけ得られるか、仕事と家庭生活の両立はできるのか…これらの悩み、不安は何も日本の若年層だけが抱えているものではない。今回は2014年6月に内閣府が発表した、日本や諸外国の若年層を対象にした意識調査【平成25年度 我が国と諸外国の若者の意識に関する調査】の公開値をもとに、諸国の若者が抱える就業関係の現在または将来の不安について、その度合いの相違を見ていくことにする。

続きを読む "年金、景気、就職…どの国も等しく抱く不安、若年層の現在や将来への思い"

10時0分海外, 労働・就業・就活

2014/06/20

1万5000円を超えて…株式市場雑感(14/06/16-14/06/20週)(週終値:1万5349円42銭)

■14/06/16:日経平均終値1万4933円29銭/132.3本日の東京株式市場は下落。先週後半の上昇機運の反動、あるいは過熱気味の市場観への警戒感、さらにはイラク情勢やウクライナ情勢への懸念の高まりなど、売り材料が積み重なったことを受け、いくつかの政策期待による買い材料にも関わらず、概して安値低迷の流れとなった。日経平均株価は一時1万5000円を割り込んだが、それを節目として値を戻す動きも見られた。出来高は18億2228万株(東証一部上場のみ)と少なめ。前営業日比で日経平均株価は-1.08%、TOPIXは-0.75%、マザーズ指数は+1.73%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安マチマチやや安値銘柄多し。ただし上下幅は小さく、前営業日比は-0.46%に留まっている。

続きを読む "1万5000円を超えて…株式市場雑感(14/06/16-14/06/20週)(週終値:1万5349円42銭)"

19時0分株式市場雑感, noindex

日本にも浸透するFacebook、登録状況と登録しない理由の変移をたどる

先日ライフメディアのリサーチバンクで発表されたFacebookに関する調査結果だが、同社では毎年定期的、同時期にほぼ同じ要項で同じ質問をしており、経年データをたどることで2011年以降のFacebookに関連する日本の実情の変化を推し量ることができる。今回はFacebookの登録状況と、回答時点で登録していない人の理由の変遷をたどり、日本のFacebookの立ち位置の変化を推測していくことにする(【発表リリース:Facebook(フェイスブック)に関する調査】)。

続きを読む "日本にも浸透するFacebook、登録状況と登録しない理由の変移をたどる"

15時0分RB-Facebook, noindex

Facebook登録者は38%、非登録理由は「不要」「実名がイヤ」

ライフメディアのリサーチバンクは2014年6月18日、ソーシャルメディアのFacebookに関する調査結果を発表した。それによれば調査対象母集団においては、Facbookに現在登録している人は38%であることが分かった。シニア層より若年層、女性より男性の方が登録率が高く、男性20代は登録率47%を示している。一方現時点で登録していない人の理由としてもっとも多くの人が挙げたのは「自分には不要なサービスだから」で、過半数に達していた(【発表リリース:Facebook(フェイスブック)に関する調査】)。

続きを読む "Facebook登録者は38%、非登録理由は「不要」「実名がイヤ」"

14時0分RB-Facebook, noindex

初婚年齢は高齢化と共に分散化…初婚年齢推移をグラフ化してみる(2014年)

金銭的な問題、社会通念の変化、医療技術の進展など、多種多様な原因を受けて、日本では晩婚化・高齢出産化が進んでいると言われている。日本の結婚や子育てに関する諸問題のデータを収集・精査し、対応する政策を例示すると共にさらなる状況改善のための提言を行う内閣府の白書「少子化社会対策白書(旧少子化社会白書)」でも、その観点における問題点を提起し、具体的な状況確認をしている。今回はその部分、「初婚年齢」と「母親の出生時の年齢」の推移について、一次データをあたり最新値の補完などを行いながら、現状を再確認していくことにする(【発表リリース:少子化社会対策白書 (旧少子化社会白書)について】)。

続きを読む "初婚年齢は高齢化と共に分散化…初婚年齢推移をグラフ化してみる(2014年)"

11時0分結婚・離婚・恋愛, noindex

子育て世代の男性の就労と家事・育児手伝い事情をグラフ化してみる(2014年)

兼業世帯の増加や育児休業が話題として取り上げられるに連れ、男性の家事・育児手伝いにもこれまで以上にスポットライトが当てられるようになりつつある。結婚や育児に関する社会全般の状況と問題点、それに関連した施策状況をまとめ上げた内閣府の白書「少子化社会対策白書(旧少子化社会白書)」でも、男性の就労と家事・育児に係わる解説は一定分量を割いてなされている。今回はその「子育て世代における男性の就労時間」と「子供を含む世帯を持つ男性の家事・育児手伝い事情」について、当方で一次ソースを基に最新値を盛り込んだ上で、概要をまとめていくことにする(【発表リリース:少子化社会対策白書 (旧少子化社会白書)について】)。

続きを読む "子育て世代の男性の就労と家事・育児手伝い事情をグラフ化してみる(2014年)"

8時0分教育・育児, noindex

2014/06/19

額面減らすも買い超し継続せり…海外投資家、2週連続の買い超し(14/06/19)

東京証券取引所は2014年6月19日付で、2014年6月9日から6月13日(6月第2週)分となる株式投資部門別売買状況を発表した。その内容によれば該当週に海外投資家が株を売った総額は5兆9312億2599万7000円なのに対し、買い総額は6兆0724億6853万2000円となり、差し引きで1412億4253万5000円の買い超しとなった。これは先週から継続する形で2週連続の買い超しとなる。法人は買い超しに転じ、個人は売り超しを継続、証券会社は売り超しを継続している(【東証:投資部門別売買状況の発表リリースページ】)。

続きを読む "額面減らすも買い超し継続せり…海外投資家、2週連続の買い超し(14/06/19)"

16時55分海外投資家動向, noindex



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN