2014/05/25

貯蓄率減少は本当なの? 家計の貯蓄率をグラフ化してみる(2014年)

日銀の公式データを基に四半期ペースで更新している【日米家計資産推移】などいくつかの家計データを精査する記事の中で登場する「貯蓄率」。元々貯蓄が好きだと言われている日本人にとって、気になるテーマではあるが、他人の貯金の中身を知る機会など滅多にあるはずもなく、ぼんやりとしたイメージしか思い浮かベられない人がほとんどのはず。一方でやや古いデータとなるが、【なんだか気になる他人の貯金額・「20代のうちにとりあえず貯めたい貯金額ランキング」】【この先でお金や時間をかけるもの、若者「貯蓄」団塊は「レジャー」】などのように、若年層の間では高まる将来への不安を少しでも和らげるべく、貯蓄をしようという気概が増加している調査結果が出ている。「本当に貯蓄率は減少しているのだろうか」との疑問を解消すべく、今回は複数のデータを探し出して検証を行うことにした。

続きを読む "貯蓄率減少は本当なの? 家計の貯蓄率をグラフ化してみる(2014年)"

14時0分経済・金融・市場・家計, noindex

2014/05/24

テレ東健闘、NHK苦戦…主要テレビ局の直近視聴率をグラフ化してみる(2014年3月期下半期・通期)

従来型4マス、つまりテレビ・新聞・雑誌・ラジオの中では最大の広告市場規模と媒体力を誇り、昨今の広告市場動向を見るに唯一復調の兆しを示しているのがテレビ。そのテレビにおいて、各局の権威、メディア力、力量を推し量る一つの指針となるのが「視聴率」。雑誌や新聞なら購読者数に該当するこの値は、テレビ全体のすう勢と共に、各局のパワーバランスを見決めるのにも欠かせない。今サイトではテレビ局のうちキー局でもあり上場を(直接、あるいは間接的に)果たしている企業の(半期)決算短信資料などを基に、ほぼ半年間隔でキー局の動向を確認している。今回は2014年5月付で発表された各社の決算短信資料を基に、2014年3月期(2013年4月から2014年3月)における下半期、そして通期の視聴率動向をチェックしていく。

続きを読む "テレ東健闘、NHK苦戦…主要テレビ局の直近視聴率をグラフ化してみる(2014年3月期下半期・通期)"

10時0分テレビ視聴率, noindex

2014/05/23

後半やや持ち直すもボックス圏は抜けず…株式市場雑感(14/05/19-14/05/23週)(週終値:1万4462円17銭)

■14/05/19:日経平均終値1万4006円44銭/92.7
本日の東京株式市場は前場もみ合い、後場に下落の流れ。前週末のアメリカ市場が堅調だったことから前場はやや高値で推移したものの、為替が円高に振れると共に売り圧力が強まり、後場に入ると日経平均株価はマイナスに転じることとなった。引けまでには戻したものの、一時1万4000円台を割り込む場面も見せている。出来高は17億7173万株(東証一部上場のみ)と少なめ。前営業日比で日経平均株価は-0.64%、TOPIXは-0.78%、マザーズ指数は-5.38%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。ただし上下幅は小さく、前営業日比は-0.11%となった。

続きを読む "後半やや持ち直すもボックス圏は抜けず…株式市場雑感(14/05/19-14/05/23週)(週終値:1万4462円17銭)"

19時0分株式市場雑感, noindex

買い物、しつけ、皿洗い…子育て女性が想う、夫にしてもらっていること・してほしいこと

子供が生まれ育児が必要になると、女性は多分にこれまでの家事に加えて育児にも注力しなければならなくなり、非常に大きな負担がかかることになる。睡眠時間は減り、ストレスはたまり、体調不良を招くことも少なくない。そのような状況下ではパートナーたる夫の手助けが必要不可欠となるが、実際にはどの程度実行されているのだろうか。また現在手伝われていないとして、どのようなことをしてほしいと妻は望んでいるのだろうか。養命酒製造が2014年5月21日に発表した、育児をする女性の疲れに関する調査からその実情を探ることにする(【発表リリース:『子育てママの“疲れ”に関する調査』をUP!】)。

続きを読む "買い物、しつけ、皿洗い…子育て女性が想う、夫にしてもらっていること・してほしいこと"

15時30分教育・育児

子育てママが想う「もっと子供が欲しい」か否か、欲しい人数は?

養命酒製造は2014年5月21日、育児をする女性の疲れに関する調査結果を発表した。それによると自分の子供と同居する30代・40代で構成される調査対象母集団においては、平均で現状の子供の人数でもう十分だと考えている人は3/4に達していることが分かった。子供の数が多いほど、さらに欲しいとする割合は減少していく(【発表リリース:『子育てママの“疲れ”に関する調査』をUP!】)。

続きを読む "子育てママが想う「もっと子供が欲しい」か否か、欲しい人数は?"

14時30分教育・育児, 出産・高齢化・寿命

一心同体、ネット依存、試験に失敗…高校生のスマホ生活、その悪影響の実態を探る

多種多様なアプリケーションによりさまざまな娯楽を手のひらの中に収めることができる、マジカルアイテムのような存在が、スマートフォンとして実在している。ほんの数年前にその機能を説明しても、信じる人はほとんどいなかっただろう。その魅力は自制心が未熟な子供達において、ハイリスクさを伴うものとなる。それではスマートフォンを介してインターネットにアクセスし、多様なアプリに没頭することで、子供達はどのようなマイナスの影響を実体験しているのだろうか。情報通信政策研究所が2014年5月14日に発表した「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」の速報版の結果から、高校生の実態について確認していくことにする(【発表リリース:「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」<速報>を追加しました】)。

続きを読む "一心同体、ネット依存、試験に失敗…高校生のスマホ生活、その悪影響の実態を探る"

11時30分情報通信政策研究所

「寝る間も惜しんで」が言葉通り…高校生のスマホ利用で減った時間

オンラインゲームにソーシャルメディア、音楽や動画視聴にウェブサイトの閲覧、あらゆる娯楽を満喫できる、魔法のツールがスマートフォン。特に未成年者の多くにとっては、フィルタリングがかけられている可能性があるとはいえ、保護者の監視などを受けず、自在にインターネットへアクセスできる初めての機器でもあり、無我夢中に利用を重ねることになる。ところが1日は24時間しかないため、たとえ「ながら利用」をしていたとしても、多分に他の時間を削らないことには「スマホの時間」を伸ばすことは出来ない。それではいかなる時間と引き換えに、子供達はスマートフォンの時間を楽しんでいるのか。高校生の実態について、情報通信政策研究所が2014年5月14日に発表した「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」の速報版の結果から、確認していくことにする(【発表リリース:「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」<速報>を追加しました】)。

続きを読む "「寝る間も惜しんで」が言葉通り…高校生のスマホ利用で減った時間"

8時25分情報通信政策研究所

2014/05/22

約900億円の買い超しに転じる…海外投資家、3週ぶりの買い超し(14/05/22)

東京証券取引所は2014年5月22日付で、2014年5月12日から5月16日(5月第3週)分の株式投資部門別売買状況を発表した。その内容によれば該当週に海外投資家が株を売った総額は6兆0712億8409万2000円なのに対し、買い総額は6兆1619億6329万3000円となり、差し引きで906億7920万1000円の買い超しとなった。これは先週から転じる形で3週ぶりの買い超しとなる。法人は買い超しを継続し、個人は売り超しに転じ、証券会社は売り超しを継続している(【東証:投資部門別売買状況の発表リリースページ】)。

続きを読む "約900億円の買い超しに転じる…海外投資家、3週ぶりの買い超し(14/05/22)"

16時30分海外投資家動向, noindex

全体85%、1年生なら87%超…高校生のスマホ利用率状況

この数年で急速に普及率を高めているスマートフォン。小中学生の場合は防犯や保護者との連絡も兼ねるために専用の従来型携帯電話を持たせることも多いが、高校生にはインターネットへのアクセスの窓口として役割も期待され、圧倒的にスマートフォンを利用する人が多い。それでは実態として現在の高校生におけるスマートフォン利用率はどれほどなのか。情報通信政策研究所が2014年5月14日に発表した「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」の速報版の結果から、その現状を探ることにする(【発表リリース:「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」<速報>を追加しました】)。

続きを読む "全体85%、1年生なら87%超…高校生のスマホ利用率状況"

15時0分情報通信政策研究所

駆け込み需要の反動や春物衣料の不調で落ち込む…2014年4月度チェーンストア売上高、前年同月比マイナス5.4%

【日本チェーンストア協会】は2014年5月21日付で同協会公式サイトにて、チェーンストア(スーパーマーケットやデパートなど)の2014年4月度分販売統計速報(月報)を発表した。その内容によると2014年4月は食品部門の一部は堅調だったが、月前半の低気温の影響を受けて春物衣料が不調だった他、前月に発生した消費税率改定前の駆け込み需要の反動で加工食品や住関品が不調だったことを受け、売上総額の前年同月比は3か月ぶりのマイナスとなるマイナス5.4%(店舗調整後)を記録した。食料品では畜産品、住関品では文房具やマスクなどが好調に推移している(【同協会内発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "駆け込み需要の反動や春物衣料の不調で落ち込む…2014年4月度チェーンストア売上高、前年同月比マイナス5.4%"

13時30分チェーンストア売上, noindex

携帯電話でナニしてる? 高校生のケータイライフをグラフ化してみる

携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォンの双方)最大の魅力は、インターネットへのアクセスを介して多種多様なサービスを利用できる点にある。情報の収集やゲーム、ソーシャルメディアの利用、そして動画視聴…あらゆるエンタメを手のひらに集約した、魔法のアイテムに思えてくる。高校生はこの「魔法のアイテム」で、日々どれほどの時間を費やしているのだろうか。その平均時間を、情報通信政策研究所が2014年5月14日に発表した「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」の速報版の結果を基に、探っていくことにする(【発表リリース:「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」<速報>を追加しました】)。

続きを読む "携帯電話でナニしてる? 高校生のケータイライフをグラフ化してみる"

11時30分情報通信政策研究所

スマホだけなら一日平均3時間…高校生のネットライフ現状を探る

携帯事業者の販売戦略も一因だが、携帯電話(従来型・スマートフォン双方)の新商品のほとんどかスマートフォンということもあり、高校生の間に急速なスピードでスマートフォンが普及しつつある。スマートフォンの普及は同時にインターネットへのアクセス機会も積み増ししていく。夢中に操作している我が子の様子を見て、気が気でない保護者も多いに違いない。今回は情報通信政策研究所が2014年5月14日に発表した「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」の速報版の結果を基に、高校生におけるネットライフの現状を、利用時間の観点から見ていくことにする(【発表リリース:「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」<速報>を追加しました】)。

続きを読む "スマホだけなら一日平均3時間…高校生のネットライフ現状を探る"

8時15分情報通信政策研究所

2014/05/21

スマホが後押し、依存意識が強いと利用率も高い!? 高校生のソーシャルメディア利用状況

高校生の間にも急速に普及が進むスマートフォン、そしてそのスマートフォンにおける利用のしやすさから、ソーシャルメディアもまた高校生における利用率が急上昇している。一方、自制心の上ではまだ未熟な面も多い高校生では、利用に依存してしまい、いわゆるネット依存状態となる懸念もある。今回は情報通信政策研究所が2014年5月14日に発表した「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」の速報版から、高校生における主要ソーシャルメディアの利用状況と、スマートフォンの利用の有無、さらには高校生自身のネット依存傾向の自覚との関係を見ていくことにする(【発表リリース:「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」<速報>を追加しました】)。

続きを読む "スマホが後押し、依存意識が強いと利用率も高い!? 高校生のソーシャルメディア利用状況"

15時0分情報通信政策研究所

消費税改定直前駆け込み需要の反動が仇に…2014年4月度のコンビニ売上高は既存店が2.2%のマイナス、3か月ぶり

日本フランチャイズチェーン協会は2014年5月20日付で、同協会公式サイト上において同年4月度分となるコンビニエンスストアの統計調査月報を発表した。それによれば協会加盟コンビニの同月度の売上高は前年同月比でマイナス2.2%となり、3か月ぶりにマイナスを示すこととなった。先月発生した消費税率改定直前のたばこの駆け込み需要の反動を受け、来店客数・平均客単価共にマイナスとなり、売上もマイナスに転じることとなった。気象状況は恵まれていたが、需要反動分を補うまでには至らなかった(【日本フランチャイズチェーン協会公式ページ】)。

続きを読む "消費税改定直前駆け込み需要の反動が仇に…2014年4月度のコンビニ売上高は既存店が2.2%のマイナス、3か月ぶり"

13時30分コンビニ売上, noindex

ARIAの「巨人」効果は半減するもなお健在…少女・女性向けコミック誌部数動向(2014年1月-3月)

従来型4大メディアの中では新聞同様に紙媒体であり、その特性ゆえに苦境に立たされているのが雑誌。その雑誌の動向について、社団法人日本雑誌協会が2014年5月13日付で発表した「印刷証明付き部数」を基に、多様なジャンル毎に精査を行っている。今回はその対象として「少女・女性向けコミック系の雑誌」を選び、各部数の流れをグラフ化した上で各種確認をしていくことにする。

続きを読む "ARIAの「巨人」効果は半減するもなお健在…少女・女性向けコミック誌部数動向(2014年1月-3月)"

8時25分雑誌印刷証明付部数, noindex

2014/05/20

LINE、ツイッター、そしてFacebook…高校生のソーシャルメディア利用状況

急速に進むスマートフォンの浸透と共に、高校生の間にもソーシャルメディアなどのデジタルコミュニケーションサービスが加速度的に普及しつつある。ほんの数年前までには信じられない、目も疑うような普及率の高さを、ここ1、2年の各調査結果で見聞きする。情報通信政策研究所が2014年5月14日に発表した、「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」の速報版からも、その実情を知ることができる。今回はその調査結果から、高校生が具体的にどのようなソーシャルメディアなどを利用しているかについて、見ていくことにしよう(【発表リリース:「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」<速報>を追加しました】)。

続きを読む "LINE、ツイッター、そしてFacebook…高校生のソーシャルメディア利用状況"

15時30分情報通信政策研究所

一部雑誌が伸び、進む二極化…諸種雑誌部数動向(2014年1-3月)

本屋さんやコンビニ、さらには駅売店などで見かける雑誌には、実に多種多様なジャンルのものが存在する。昨今では付録つきのものも増え、さらなる彩りを添えている。今サイトでは先行するいくつかの記事で、特定ジャンルにおける雑誌の動向を探るため、社団法人日本雑誌協会が2014年5月13日付で発表した「印刷証明付き部数」の最新値をもとに、各種精査を行った。今回はそれらのジャンルには該当しない、いくつかの一般的な雑誌ジャンルにおいて、その部数の「前年同期比」を算出し、その動向から個々の雑誌のすう勢、さらには各ジャンルの市場性向を推し量ることにする。

続きを読む "一部雑誌が伸び、進む二極化…諸種雑誌部数動向(2014年1-3月)"

14時30分雑誌印刷証明付部数, noindex

もはや当たり前!? 高校生の9割以上がソーシャルメディアなどを利用中

情報通信政策研究所は2014年5月14日、「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」の速報版を発表した。それによれば高校生で構成される調査対象母集団においては、9割以上の人がFacebookやTwitterのようなソーシャルメディア、LINEなどのコミュニケーションツールを利用していることが分かった。男女別では女性の方が、学年別では低学年の方が利用率が高い。またスマートフォンが利用状況を大きく左右するとの結果が出ている(【発表リリース:「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」<速報>を追加しました】)。

続きを読む "もはや当たり前!? 高校生の9割以上がソーシャルメディアなどを利用中"

11時30分情報通信政策研究所

二極化構造強まる…ビジネス・マネー系雑誌部数動向(2014年1月-3月)

社団法人日本雑誌協会は2014年5月13日付で、同協会がほぼ四半期の間隔で更新・公開している印刷部数において、最新値となる2014年1月から3月分の値を公開した。この値は主な定期発刊誌の販売数を「印刷証明付き部数」で示したものであり、第三者による部数動向を記した指標としては、もっとも公平で信頼できる、精度の高いものである。今回はその値のうち「ビジネス・マネー系雑誌」関連の値を確認し、各種グラフを生成してその動向を精査、さらには業界全体の状況確認を行うこととする。

続きを読む "二極化構造強まる…ビジネス・マネー系雑誌部数動向(2014年1月-3月)"

8時25分雑誌印刷証明付部数, noindex

2014/05/19

スマホで加速するツイッターのモバイル度

先日2014年5月14日にライフメディアのリサーチバンクがツイッターに関する利用実態調査(【発表リリース:Twitter(ツイッター)に関する調査】)を発表したが、同社では2010年以降毎年一回、同様の調査を継続して実施している。そこで今回はそれらの過去データを逐次抽出し、利用状況や利用機器の変移を見ていくことにする。都合5年間に渡る状況の変化を垣間見ることができるはずだ。

続きを読む "スマホで加速するツイッターのモバイル度"

15時0分RB-ツイッター, noindex



(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN