2014/05/31

百貨店やスーパーの分野別売上高推移をグラフ化してみる(2014年)

かつては憧れの場所、特に子供にとっては一日中居ても飽きない場所でもあった百貨店やデパートだが、今やその勢い、商品やサービスに対するきらびやかさは見られない。需要の多様化、小売業態の細分化、流通の変化などさまざまな時代の流れに追いつけない感が強い。屋上の売店や子供向けの遊び場の縮小、撤廃が、その流れのきっかけだったとする話もある。しかしそれでも多彩な商品が一堂に会する、言葉通り「百貨」が集まる店には、今でも不思議な魅力を覚えずにはいられない。今回は普段業界団体側発表による業界全体のセールス(【定期更新記事:チェーンストア】)とは別の視点、経済産業省が逐次公開している統括データを確認し、商品分野別の売上動向の把握を行うことにした。

続きを読む "百貨店やスーパーの分野別売上高推移をグラフ化してみる(2014年)"

20時0分経済・金融・市場・家計, noindex

小売業の売上推移をグラフ化してみる(2014年)

当サイトでは【定期更新記事:まとめ】で記載している通り、スーパーやデパート、コンビニエンスストアなど、複数の小売業者の販売動向を定期的に追いかけ、その動向の精査を行っている。今回はそれら小売業者の売上動向について、業界団体それぞれの個別公示データでは無く、経済産業省が逐次公開している統括データを確認し、状況の把握を行うことにした。

続きを読む "小売業の売上推移をグラフ化してみる(2014年)"

10時0分経済・金融・市場・家計, noindex

2014/05/30

小幅な値動きに終始…株式市場雑感(14/05/26-14/05/30週)(週終値:1万4632円38銭)

■14/05/26:日経平均終値1万4602円52銭/109.0
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。海外のネガティブ要因の筆頭だったウクライナ情勢において、親欧米派と目されるペトロ・ポロシェンコ元外相の当選が確実視され勝利宣言が行われたことで、同国関連のリスクが減退したと市場が判断。寄り付きから買い進まれることとなった。ただし材料としては十分なものとの判断には遠く、上値が重い展開となる。出来高は17億4310万株(東証一部上場のみ)と少なめ。前営業日比で日経平均株価は+0.97%、TOPIXは+1.21%、マザーズ指数は+4.50%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。ただし上下幅は小さく、前営業日比は+0.40%となった。

続きを読む "小幅な値動きに終始…株式市場雑感(14/05/26-14/05/30週)(週終値:1万4632円38銭)"

19時0分株式市場雑感, noindex

「歩きスマホ規制すべし」非保有者71%、保有者でも5割近く

歩行中のスマートフォンの操作に伴い周囲への注意感心が薄れ、他人や建物との衝突、足を踏み外すなどの思わぬ事態に発展する事例が多々あることから、その行為「歩きスマホ」が社会問題化し、注目を集めている。歩行中に他の行為をすることで注意力が散漫になる状況は携帯ゲーム機の操作や読書、音楽プレイヤーでの音楽聴取などでも変わりがないのだが、スマートフォンは概して集中度がそれらと比べて非常に大きいため、より周囲への注意が散漫になり、リスクが増大してしまう。そこで一部には条例などで規制をすべきとの声も上がっている。この「歩きスマホ」問題に関して、ライフメディアのリサーチバンクでは2014年5月28日に調査結果を発表しているが、それによれば全体では6割近く、スマートフォンを持たない人に限れば7割以上の人が「歩きスマホは何らかの形で規制をすべきだ」と考えていることが分かった(【発表リリース:歩きスマホに関する調査】)。

続きを読む "「歩きスマホ規制すべし」非保有者71%、保有者でも5割近く"

15時30分モバイル, 政治・外交・行政・郵便

歩きスマホな人の8%が他人との衝突経験あり

スマートフォンが普及浸透するに連れ、その魅力ゆえに歩行中も操作をし続け、他への注意が散漫になる問題「歩きスマホ」が社会的な問題となりつつある。ライフメディアのリサーチバンクが2014年5月28日に発表した調査結果によれば、スマートフォン所有者の6割強が「歩きスマホ」をしているが、そのうち8%が「歩きスマホ」の最中に他人とぶつかった経験を持つと答えている。さらに全体の回答としては14%強もの人が「歩きスマホをしている人とぶつかった経験がある」という調査結果が出ている(【発表リリース:歩きスマホに関する調査】)。

続きを読む "歩きスマホな人の8%が他人との衝突経験あり"

14時30分モバイル

ソーシャルメディアでよくやりとりする人数、高校生なら何人ぐらい?

ソーシャルメディアの利点の一つに、対人コミュニケーションのハードルが下げられる点がある。電子メールよりも多数の人と知り合える機会を得られ、意志疎通そのものは直接対面しての会話、電話による通話、さらには電子メールよりも気軽に行える。それでは多感な時期を迎えている高校生時分では、何人位の人達とやり取りを交わしているのだろうか。情報通信政策研究所が2014年5月14日に発表した「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」の速報版の結果から、その人数の実態を見ていくことにする(【発表リリース:「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」<速報>を追加しました】)。

続きを読む "ソーシャルメディアでよくやりとりする人数、高校生なら何人ぐらい?"

11時30分情報通信政策研究所

「身近な人とのコミュニケーション」が一番…高校生のソーシャルメディア利用理由とは?

携帯電話、特にスマートフォンの普及に伴い加速度的に浸透しつつある、ソーシャルメディアなどのインターネット上のコミュニケーションサービス。大人の間だけでなく、携帯を持った子供達の間にもあっという間に普及してしまい、今やそれなしには満足な交流も難しくなる事例もあるほど。それでは子供達は、何を目的にソーシャルメディアを利用しているのだろうか。今回は情報通信政策研究所が2014年5月14日に発表した「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」の速報版の結果から、高校生におけるソーシャルメディアの利用目的を見ていくことにする(【発表リリース:「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」<速報>を追加しました】)。

続きを読む "「身近な人とのコミュニケーション」が一番…高校生のソーシャルメディア利用理由とは?"

8時30分情報通信政策研究所

2014/05/29

ほんのちょっぴり売り超しに転じる…海外投資家、2週ぶりの売り超し(14/05/29)

東京証券取引所は2014年5月29日、2014年5月19日から5月23日(5月第4週)分の株式投資部門別売買状況を発表した。その内容によれば該当週に海外投資家が株を売った総額は5兆8823億4066万9000円なのに対し、買い総額は5兆8743億9775万9000円となり、差し引きで79億4291万0000円の売り超しとなった。これは先週から転じる形で2週ぶりの売り超しとなる。法人は買い超しを継続し、個人は売り超しを継続、証券会社は売り超しを継続している(【東証:投資部門別売買状況の発表リリースページ】)。

続きを読む "ほんのちょっぴり売り超しに転じる…海外投資家、2週ぶりの売り超し(14/05/29)"

16時30分海外投資家動向, noindex

広告「量」は増加、では広告「料」は!?…企業が払う新聞広告費と広告費相場の変化(2014年)

当サイトでは複数の情報源からの公開データを基に、新聞業界の動向を集積してグラフ化・分析し、これまでの状況や現状を精査する、定点観測的な記事展開を行っている。先に【新聞の広告掲載「量」と「率」動向】で記した通り、新聞社や通信社、放送局などで構成される日本新聞協会が5月に発表・更新した日本の新聞全体における記事掲載量などの最新データを基に、新聞の記事や広告「量」、広告費全体に関する流れを確認した。今回はそれらのデータを手がかりに、新聞の広告費やその概算的な相場の変化について推し量ることにした。

続きを読む "広告「量」は増加、では広告「料」は!?…企業が払う新聞広告費と広告費相場の変化(2014年)"

14時0分新聞協会発表値(年次), noindex

歩きスマホの実経験6割強、やってることはメールや地図、通話

歩きスマホ歩行中、特に他人が行きかう場面で歩きながらスマートフォンを操作する行為を「歩きスマホ」と呼び、昨今では社会問題視されている。読書しながら、あるいは携帯ゲーム機を操作しながらの歩行同様に周囲への状況把握がしにくくなり、他人と衝突、あらぬ場所に足を踏み入れる、注意が耳に入らずにトラブルに巻き込まれるなどの事案が多数発生しているからだ。特にスマートフォンはその魅力から操作時の注力度合いは著しく、他の「ながら行動」以上に周囲への注意がそがれてしまうため、リスクは高いものとなる。この「歩きスマホ」について調査をした結果が先日ライフメディアのリサーチバンクから発表されたが、それによれば調査対象母集団のうちスマートフォンを所有している人の6割強が「歩きスマホ」の経験があるとし、その過半数ではその際にメールや地図、通話機能を利用しているという(【発表リリース:歩きスマホに関する調査】)。

続きを読む "歩きスマホの実経験6割強、やってることはメールや地図、通話"

11時30分モバイル, 医療・保険・健康

広告増えて記事が減る…新聞の広告掲載「量」と「率」動向(2014年)

当サイトでは複数のルートで新聞という媒体の動向を精査しているが、そのルートの一つに新聞社や通信社、放送局などで構成される日本新聞協会がある。その協会が毎年一回定期的に、業界全体の状況を示すものとして公開しているデータを元に、今回は日本国内の新聞全体における記事量や広告量について、現状と過去からの動向を確認していくことにする。

続きを読む "広告増えて記事が減る…新聞の広告掲載「量」と「率」動向(2014年)"

8時0分新聞協会発表値(年次), noindex

2014/05/28

50余年に渡る貯蓄額や年収、貯蓄の年収比の移り変わりをグラフ化してみる(2014年)

家計内における貯蓄や負債の現状や動向を知るためのデータは官民問わず多数調査・公開されているが、その中でも重要視されているものの一つが、総務省統計局が定期的に調査・結果の公開を実施している家計調査報告。その「貯蓄・負債編」の直近年次分にあたる2013年分・速報値が、先日2014年5月16日に発表された。今回はこの値や過去のデータを基に、日本における長年に渡る、二人以上世帯の貯蓄額、年収の変移を確認していくことにする(【家計調査報告(貯蓄・負債編)-年平均結果速報-(二人以上の世帯)】)。

続きを読む "50余年に渡る貯蓄額や年収、貯蓄の年収比の移り変わりをグラフ化してみる(2014年)"

8時0分家計調査報告(年次), noindex

2014/05/27

貯蓄が多いとお金の使い道にも余裕が… 貯蓄額別・日頃のお金の使い道をグラフ化してみる(2014年)

保険とは何か問題が生じた際に、その問題を解消するのに必要となる対策を事前に用意することを意味する。健康・医療保険ならば怪我や病気の際に生じた医療費を補てんするものであり、「保険として傘を持ってきた」といった状況ならば、万一雨に降られてもずぶ濡れにならないための対抗手段の確保に他ならない。そしてさまざまな物品やサービスの代替となるお金を貯めておく、つまり貯蓄は、多種多様な状況に対応できる究極の保険ともいえる(企業が余剰金を好むのも、臨機応変に対応できるからに他ならない)。今回は総務省統計局が定期的に行っている調査の一つ「家計調査」のうち、先日2014年5月16日付で2013年分の速報値が発表された「貯蓄・負債編」をもとに、各家計(二人以上世帯)における、貯蓄額別のお金の使い方の違いを確認していくことにする。究極の保険たる貯蓄額の違いが、日々のお金の使い方にどのような変化をもたらすのだろうか(【家計調査報告(貯蓄・負債編)-年平均結果速報-(二人以上の世帯)】)。

続きを読む "貯蓄が多いとお金の使い道にも余裕が… 貯蓄額別・日頃のお金の使い道をグラフ化してみる(2014年)"

15時0分家計調査報告(年次), noindex

世帯主の年齢別貯蓄総額分布をグラフ化してみる(2014年)

日本における高齢化社会の進行と共に討議されることが多い話題の一つに、世代別の資産格差がある。元々経年蓄積による蓄財があることから、高齢者の方が貯蓄が多いのは当然の話なのだが、現実問題としてどの程度の世代別格差が生じているのだろうか。今回はその指針の一つとして、2014年5月16日付で公開された総務省統計局による「家計調査」の「貯蓄・負債編」最新版速報値(2013年分)をもとに、「二人以上世帯」における現状やこの数年における変移を確認していくことにする(【家計調査報告(貯蓄・負債編)-年平均結果速報-(二人以上の世帯)】)。

続きを読む "世帯主の年齢別貯蓄総額分布をグラフ化してみる(2014年)"

14時0分家計調査報告(年次), noindex

2014年4月度外食産業売上プラス2.3%・業界全体では消費税率改定のマイナス影響は受けず

日本フードサービス協会は2014年5月26日付で、同協会の会員会社から構成される外食産業の市場動向調査における最新値となる、2014年4月度の調査結果を公開した。その内容によれば同月の総合売り上げは前年同月比でプラス2.3%を示したことが分かった。消費税率改定後初の月として、外食に対する消費性向の減退を起因とする客数の減少が懸念されたが、各社の対応策が功を奏する形となり、影響は月の前半に限られ、月単位でもさほどの減少は無く、その一方で客単価の上昇が貢献し、売上も前年同月を上回る結果に落ち着いている(【日本フードサービス協会:発表リリースページ】)。

続きを読む "2014年4月度外食産業売上プラス2.3%・業界全体では消費税率改定のマイナス影響は受けず"

13時30分外食産業売上, noindex

年齢階層別の収入や負債の推移をグラフ化してみる(2014年)

総務省統計局では「家計調査」として定期的に国内の各種世帯における金銭動向を調査し、その結果を逐次公開している。そのうち主に貯蓄や負債に関する動向を確認する「貯蓄・負債編」の二人以上の世帯における2013年分平均の速報値が、先日2014年5月16日付で公開された。そこで今回はその値を基に、一般的な世帯構成となる「二人以上の世帯のうち勤労者世帯」を中心に、経年的な収入や負債の変化を確認していくことにする(【家計調査報告(貯蓄・負債編)-年平均結果速報-(二人以上の世帯)】)。

続きを読む "年齢階層別の収入や負債の推移をグラフ化してみる(2014年)"

11時0分家計調査報告(年次), noindex

2014/05/26

世代間の「お金の現状」の違いをグラフ化してみる(2014年)

これまで先日2014年5月16日付で2013年分の速報値が発表された総務省統計局の家計調査のうち「貯蓄・負債編」をもとに、多方面から二人以上世帯におけるお金の流れ、現状を、貯蓄や負債の観点から確認した。今回はそのしめくくり的なものとして、貯蓄内容や額面、負債状況などに関して、世代間によるお金周りの現状の違いを眺めていくことにする(【家計調査報告(貯蓄・負債編)-年平均結果速報-(二人以上の世帯)】)。

続きを読む "世代間の「お金の現状」の違いをグラフ化してみる(2014年)"

14時0分家計調査報告(年次), noindex

減る投資、増える預貯金…種類別貯蓄現在高をグラフ化してみる(2014年)

お金がさまざまな物品やサービスを代替しうる、しかも場所をほとんど取らずに時を経て蓄積できる存在であることから、蓄財は将来(のハプニング)に備えた保険的な役割をも果たしていることになる。単純に現金をそのまま手元に置くのが一番と考える人もいるが、現在では多種多様な手段による貯蓄が出来るようになっている。今回は2014年5月16日付で2013年分の速報値が発表された総務省統計局の家計調査における「貯蓄・負債編」の公開値などをもとに、各家計(二人以上世帯)における、さまざまな種類別の貯蓄額の推移を確認し、貯蓄スタイルの現状や過去からの流れを確認していくことにする(【家計調査報告(貯蓄・負債編)-年平均結果速報-(二人以上の世帯)】)。

続きを読む "減る投資、増える預貯金…種類別貯蓄現在高をグラフ化してみる(2014年)"

11時0分家計調査報告(年次), noindex

アイマス人気はトップで実力発揮…ゲームソフトランキング更新(2014/05/12-05/18)

中堅どころのソフトの健闘が続く今日この頃のゲームランキングだが、2014年5月12日から5月18日分に該当する、メディアクリエイトが発表した【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によると、最上位にはバンダイナムコゲームスの新作「アイドルマスター ワンフォーオール」(PS3)がついた。タイトル名通りプレイヤーはアイドルスタジオのプロデューサーの立場となり、所属アイドルのプロデューを行う、アイドル育成シミュレーションゲーム。期間限定制を廃していつまでも配下のアイドルを育成できること、レベルやスキル制度の導入などで自由度が高まり、成長過程を肌身を持って知ることが出来るなど、育成要素の充実や、ゲームのプレイテンポの向上など、初週から高い評価が集まっている。また所属アイドル13人全員の育成ができるようになったのも強い。

続きを読む "アイマス人気はトップで実力発揮…ゲームソフトランキング更新(2014/05/12-05/18)"

8時0分ゲームランキング, noindex

2014/05/25

陸海空海兵隊沿岸警備隊…米国人にとってもっとも重要なのは? 信頼がおけるのは!?

日本の場合は軍では無く自衛隊で、他に海上保安庁などの組織が類するものとなるが、他国では大抵において敵性勢力の軍事的侵略行為から自国を守り、国権を維持するための国家的組織として軍が存在する。アメリカの場合は陸海空軍、さらには海兵隊、そして沿岸警備隊もそれに類するものとなる。それでは同国民の視点では、どの組織がもっとも同国を守るために重要だと思われているのだろうか。同国調査機関のギャラップ社が2014年5月23日に発表した調査結果から、その実情を探ることにする(【Americans Say Army Most Important Branch to U.S. Defense】)。

続きを読む "陸海空海兵隊沿岸警備隊…米国人にとってもっとも重要なのは? 信頼がおけるのは!?"

20時0分海外, 軍事



(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN