2013/11/30

災害廃棄物処理間もなく9割に…震災がれき処理動向(2013年10月31日時点)

復興庁は2013年11月29日付で同庁公式サイトにおいて、「沿岸市町村の災害廃棄物処理の進捗状況」の最新情報となる、被災三県(岩手県・宮城県・福島県)での「震災がれき」(災害廃棄物等。災害廃棄物と津波堆積物)の2013年10月31日時点の処理進捗状況を公開した。その発表資料の内容によると災害廃棄物の処理は88.5%、津波堆積物は77.0%まで進行していることが明らかになった。今記事では最新情報を含め、これまで復興庁が発表してきた各種「震災がれき」の処理状況の状況を知る値を精査、当サイトの独自指標も合わせ、現状までの動向を確認していく。

続きを読む "災害廃棄物処理間もなく9割に…震災がれき処理動向(2013年10月31日時点)"

15時0分がれき処理, noindex

ODAはなぜ必要? 最多意見は「資源安定供給に貢献」

内閣府は2013年11月25日、外交に関する世論調査を発表した。その内容によると調査時点において、日本国が行っているODA(Official Development Assistance、政府開発援助)について、その実施する理由・意義を聞いたところ、最多同意意見は「エネルギー資源などの安定供給の確保に資するから」で、約半数を占めていることが分かった。次いで「国際社会での日本への信頼を高める必要があるから」「先進国として人道上の義務、国際的責任」などが続いている。世代別では概して中堅層が多方面で意義を感じているが、高齢者では「分からない」、さらには「途上国への支援は実施すべきでない」との意見も他世代より多く見受けられる(【発表リリース:外交に関する世論調査】)。

続きを読む "ODAはなぜ必要? 最多意見は「資源安定供給に貢献」"

14時0分外交世論(内閣府), noindex

海外で日本人がトラブルに巻き込まれたら、政府や大使館はどうすべき?(2013年)

内閣府は2013年11月25日、外交に関する世論調査を発表した。それによると調査時点において、海外で何らかの問題に巻き込まれた日本人がいた場合、「できるだけ自己責任」としつつも「対応が不可能な場合、政府や大使館などが保護・支援をすべき」とする意見がもっとも多く、全体の1/3強を占めていることが分かった。次いで「自己責任で対応できる場合でも、政府や大使館が積極的に保護・支援すべき」「どんな場合でも政府や大使館が保護・支援すべき」との意見が続いている(【発表リリース:外交に関する世論調査】)。

続きを読む "海外で日本人がトラブルに巻き込まれたら、政府や大使館はどうすべき?(2013年)"

10時0分外交世論(内閣府), noindex

2013/11/29

円安による高値への動きとその反動と…株式市場雑感(13/11/25-13/11/29週)(週終値:1万5661円87銭)

■13/11/25:日経平均終値1万5619円13銭/113.3
本日の東京株式市場は高値展開。前営業日のアメリカ市場が堅調だった流れを受け、さらに進む円安を好感し、寄り付きから大きく買い進まれた。しかし国内での買い材料は特に無く、過熱感もあることから、前場に達した高値を大きく上回ることは無かった。もっとも利益確定売りを吸収しながら、高値を維持したことでもあり、勢いそのものの強さは確認できる。出来高は23億7040万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.54%、TOPIXは+0.88%、マザーズ指数は+0.85%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的にはほぼ全面高の流れ。しかし上げ幅は限定的で日経平均株価よりも弱く、前営業日比は+0.62%に留まる。

続きを読む "円安による高値への動きとその反動と…株式市場雑感(13/11/25-13/11/29週)(週終値:1万5661円87銭)"

19時0分株式市場雑感, noindex

日本の常任理事国入り、国内賛成派は8割超え(2013年)

内閣府は2013年11月25日、外交に関する世論調査の結果を発表した。それによると調査時点において、日本が「国連の安全保障理事会における常任理事国入りすること」に賛成の意見を持つ人は8割超であることが分かった。反対派は1割にも満たない。過去からの推移を見ると、イラク戦争とその後の国連平和維持活動(PKO)時においてやや反対派が増加する動きを見せているが、それを除けば全般的に賛成派が増えている。また昨年との比較では賛成派・反対派が増え、分からない派が減っているのが確認できる(【発表リリース:外交に関する世論調査】)。

続きを読む "日本の常任理事国入り、国内賛成派は8割超え(2013年)"

15時0分外交世論(内閣府), noindex

現状維持派が過半数、現状以上に積極参加希望は3割強…日本のPKO参加について(2013年)

内閣府は2013年11月25日、外交に関する世論調査を発表した。その内容によれば、調査時点において国際連合平和維持活動(United Nations Peacekeeping Operations、国連PKO)への日本の参加に関して、現状規模での参加維持を望む人は過半数に達していることが分かった。現状より積極的に参加すべきだとの意見も3割強確認できる。参加そのものへの完全否定派は2%足らずで、規模の縮小を望む人も1割程度との結果が出ている(【発表リリース:外交に関する世論調査】)。

続きを読む "現状維持派が過半数、現状以上に積極参加希望は3割強…日本のPKO参加について(2013年)"

14時0分外交世論(内閣府), noindex

日本から主要5か国への好感度推移をグラフ化してみる(2013年)

内閣府は2013年11月25日、外交に関する世論調査を発表した。それによると調査時点においてアメリカへの親近感を抱いている人は8割を超え83.0%に達していた。選択肢として用意された国・領域では次いでヨーロッパ諸国・太洋州諸国が高く、東南アジア諸国・インドが続いている。今回はその親近感について、主要国(アメリカ・ロシア(ソ連)・中国・韓国・インド)に対する値の推移を過去データから抽出し、グラフ化を行うことで、各国に対する国内世情の変移を精査する(【発表リリース:外交に関する世論調査】)。

続きを読む "日本から主要5か国への好感度推移をグラフ化してみる(2013年)"

11時0分外交世論(内閣府), noindex

アメリカへの親近感83%、中国は「親しみを感じない」が45%に

内閣府は2013年11月25日、外交に関する世論調査を発表した。その内容によると調査時点においてアメリカへの親近感を抱いている人は8割を超え、83.0%に達していることが分かった。過去最高値を示した去年の値84.5%と比べるとやや落ちてはいるが、諸外国中では最高値を維持している。提示された選択肢の中では次いでヨーロッパ諸国・太洋州諸国が高く、東南アジア諸国・インドが続いている。中国と韓国は前年と比べてやや親近感を戻してはいるものの、依然として「親しみを感じない」の値は高いままとなっている(【発表リリース:外交に関する世論調査】)。

続きを読む "アメリカへの親近感83%、中国は「親しみを感じない」が45%に"

8時0分外交世論(内閣府), noindex

2013/11/28

6000億円超で買い超し継続中…海外投資家、4週連続の買い超し(13/11/28)

東京証券取引所は2013年11月28日、同年11月18日から11月22日(11月第3週)分にあたる株式投資部門別売買状況を発表した。その公開内容によれば該当週に海外投資家が株を売った総額は6兆5362億4969万4000円となった一方、買い総額は7兆1839億0698万5000円となり、差し引きで6476億5729万1000円の買い超しとなった。これは先週から継続して4週連続の買い超しとなる。法人は売り超しを継続し、個人も売り超しを継続、証券会社も売り超しを継続している(【東証:投資部門別売買状況の発表リリースページ】)。

続きを読む "6000億円超で買い超し継続中…海外投資家、4週連続の買い超し(13/11/28)"

16時20分海外投資家動向, noindex

少しずつ、確実に減る「ハガキの年賀状」利用者

先に【年賀状、出す予定がある人は6割、平均枚数は40通近く】などで、ライフメディアのリサーチバンクが2013年11月27日に発表した、年賀状に関する調査結果を基に、いくつかの現状について精査を行った。今件調査は同様の条件の元で、2011年以降毎年同じ時期に実施され、4年間の経年変化を知ることができる。今回はその中から、「個人的に年賀状(紙)を出す予定がある人」の推移を見据えていくことにする(【最新版分の発表リリース:年賀状に関する調査】)。

続きを読む "少しずつ、確実に減る「ハガキの年賀状」利用者"

15時0分RB-年賀状, noindex

「ネット上のみでの知り合いにもハガキの年賀状を贈れるヨ」知ってる人は2割強

ライフメディアのリサーチバンクは2013年11月27日に同公式サイト上で、年賀状に関する調査結果を発表した。その調査結果によると調査対象母集団のうち、ソーシャルメディア上の知り合いなどに対し、当人の住所を知らなくても年賀状(紙)を贈れるサービスがあることを知っている人は2割台に留まっていることが分かった。さらに知っている人のうち、利用経験者は1割強でしかないとの結果も出ている(【発表リリース:年賀状に関する調査】)。

続きを読む "「ネット上のみでの知り合いにもハガキの年賀状を贈れるヨ」知ってる人は2割強"

14時30分RB-年賀状

ちょっと気になる年賀状の問題、宛名書きと手書きメッセージ

ライフメディアのリサーチバンクは2013年11月27日付で同公式サイトにおいて、年賀状に関する調査結果を公開した。その内容によれば調査対象母集団のうち年賀状(紙)を出す人では、宛名書きを手書きでする人は1/4に留まっていることが分かった。一方、個々の年賀状に手書きでメッセージを入れる人は一部の人宛のみ・全員分へを合わせると9割に登っている(【発表リリース:年賀状に関する調査】)。

続きを読む "ちょっと気になる年賀状の問題、宛名書きと手書きメッセージ"

11時0分RB-年賀状, noindex

年賀状、出す予定がある人は6割、平均枚数は40通近く

ライフメディアのリサーチバンクは2013年11月27日、年賀状に関する調査結果を発表した。それによると調査対象母集団においては、6割の人が年賀状(紙)を出す予定であることが分かった。自分宛に届いたら返信として出す人も1割強に登る。また出す人では平均で約40通ほどを出す予定で、歳を経るほど出す枚数が多くなる傾向が見受けられる(【発表リリース:年賀状に関する調査】)。

続きを読む "年賀状、出す予定がある人は6割、平均枚数は40通近く"

8時0分RB-年賀状, noindex

現役女子中高生が決める「今年の流行語」「流行モノゴト」とは?

ふなっしーサイバーエージェントは2013年11月26日、同社が運営する女子中高生を中心としたブログ・コミュニティ「Candy」の調査による、同社のネットサービスAmebaを利用する現役女子中高生を対象とした2013年の流行に関する調査結果を発表した。それによると調査対象母集団においては、2013年にもっとも流行った言葉は「倍返しだ」であることが分かった。一方、もっとも流行ったモノ・コトとしては「LINE」が挙げられている(【発表リリース:「Candy」が2013年「JCJK流行語ランキング」を発表 女子中高生の流行語1位は「倍返し」 “10代女子トーク”独自のワード 「あーね」「それな」も上位に】)。

続きを読む "現役女子中高生が決める「今年の流行語」「流行モノゴト」とは?"

7時30分時節, エンタメ・面白

2013/11/27

寄せ鍋? 水炊き? しゃぶしゃぶ? 家庭で一番人気の鍋は何だろう

パルシステム生活協同組合連合会では2013年11月20日付で公式サイトに、「家族の食卓に関する調査結果」を公開したが、その内容によると既婚女性から成る調査対象母集団においては、その女性が属する世帯で一番の人気鍋料理は「すき焼き」であることが分かった。数ある鍋料理の中で唯一過半数の支持を集めている。次いで「寄せ鍋」「水炊き鍋」「しゃぶしゃぶ」などが続いている(【発表リリース:「家族の食卓に関する調査2013」を集計しました】)。

続きを読む "寄せ鍋? 水炊き? しゃぶしゃぶ? 家庭で一番人気の鍋は何だろう"

8時30分飲食品・料理

2013/11/26

スーパー、コンビニ、ファストフード…中食料理の食卓登場度を探る

パルシステム生活協同組合連合会が2013年11月20日付で公式サイト上で発表した「家族の食卓に関する調査結果」には、多方面から家庭の食卓事情を推し量れる貴重なデータが盛り込まれている。今回はその中から、スーパーやコンビニなどの中食、例えばスーパーの弁当やコンビニの惣菜、ホットスナック(カウンター食品)が、どの程度食卓内に浸透しているかを確認できる値を精査し、現状を垣間見ることにする(【発表リリース:「家族の食卓に関する調査2013」を集計しました】)。

続きを読む "スーパー、コンビニ、ファストフード…中食料理の食卓登場度を探る"

15時30分飲食品・料理, コンビニ

2013年10月度外食産業売上マイナス1.6%・天候悪化で客足遠のき客単価上昇も売上プラスにはかなわず

日本フードサービス協会は2013年11月25日付で、同協会の会員会社を対象にした外食産業の市場動向調査による、2013年10月度の調査結果を発表した。その内容によれば同月の総合売り上げは前年同月比でマイナス1.6%であることが分かった。台風が相次ぎ接近したことや秋雨前線の影響で降雨量が多く、客足が遠のき、客数が大きく減退したのが売り上げを押し下げる形となった(【日本フードサービス協会:発表リリースページ】)。

続きを読む "2013年10月度外食産業売上マイナス1.6%・天候悪化で客足遠のき客単価上昇も売上プラスにはかなわず"

14時30分外食産業売上, noindex

家族に一番喜ばれ、しかも食卓に良く登場する手料理とは?

2013年11月20日付でパルシステム生活協同組合連合会が公式サイト上で発表した「家族の食卓に関する調査結果」によると、既婚女性から成る調査対象母集団において、もっとも家族から喜ばれる手料理は「カレーライス」だった。次いで「ハンバーグ」「鶏のから揚げ」「煮物」が続いている。一方、食卓にもっともよく登場する手料理でも、最上位には「カレーライス」がついている。家庭の手料理ではカレーライスが需要に一番合致しているようだ(【発表リリース:「家族の食卓に関する調査2013」を集計しました】)。

続きを読む "家族に一番喜ばれ、しかも食卓に良く登場する手料理とは?"

11時30分飲食品・料理

食パン購入時の最重要ポイントは?

2013年11月20日にパルシステム生活協同組合連合会が発表した、家族の食卓に関する調査結果によれば、朝食で最も幸せを感じる主食として挙げられた主食は「ご飯」「パン」がほぼ均衡していることが分かった。一方夕食では9割以上が「ご飯」を選んでいる。また食パン購入時に最重要視しているポイントは「価格」で、7割近い人が留意していることが明らかになっている(【発表リリース:「家族の食卓に関する調査2013」を集計しました】)。

続きを読む "食パン購入時の最重要ポイントは?"

8時30分飲食品・料理, 時節

2013/11/25

人気マルチプレイアクションゲーム「ゴッドイーター」の新作がトップに…ゲームソフトランキング更新

メディアクリエイトが発表した、2013年11月11日から11月17日分の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週における家庭用ゲーム機用ゲームソフトのセールスランキングのトップについたのは、バンダイナムコの「ゴッドイーター」シリーズの新作「ゴッドイーター2」(PSV)だった。複数人数でのプレイに重点を置いたアクションゲームで、敵のモンスターを捕食する武器「神機」で戦うことで、その能力を高めることができる。今作は前作から3年が経過した世界が描かれており、新タイプの武器も数多く登場、それに伴い戦闘スタイルも多種多様。サイドストーリーも数多く用意され、やり込み度も格段に上となっている。発売初週ということもあり、意見はやや賛否両論の気配もあるが、概して高評価が目に留まる。特に前作から余計なひねりをすることなく、素直に改良されたとの声が多い。また今回週では同作のPSP版も第4位に入っており、双方を合わせるとセールスは40万本近い。

続きを読む "人気マルチプレイアクションゲーム「ゴッドイーター」の新作がトップに…ゲームソフトランキング更新"

15時30分ゲームランキング, noindex



(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN