2013/08/30

高校生のSNS上での知り合い、LINEは約60人、ツイッターは190人…そのうち実際に面識がある人はどれ位?

リクルート進学総研では2013年8月1日に同公式サイトにて、高校生のウェブ利用に関する調査結果を発表・公開した。それによると調査対象母集団でLINEやツイッターなどのSNSを利用している人に、それぞれのサービス上での「友達」(システム上で承認し合って意思疎通をしている人)の数を聞いたところ、LINEでは60人近く、ツイッター(フォローされている人)は約190人という結果が出た。他方その「友達」のうち、実際に面識のある人の数は、LINEでは約43人と「友達」全体の7割強に達していたのに対し、ツイッターでは約25人に留まっていた。個々のSNSにおける交流上の性質の違いが現れる結果が出ている(【発表リリース(PDF):高校生のWEB利用状況の実態把握調査2013より】)。


続きを読む "高校生のSNS上での知り合い、LINEは約60人、ツイッターは190人…そのうち実際に面識がある人はどれ位?"

11時30分モバイル, ソフト・ウェブサービス

2013/08/29

学校外の習い事費用、中高生平均では月1万4000円

ソニー生命保険は2013年8月26日付で、子供の将来と教育費に関する調査結果を公開した。その内容によれば小中学生の子供を持つ保護者で構成される調査対象母集団では、その子供の学校以外での学習にかかる費用の平均額は、月額約1万4000円であることが分かった。1/3強を塾などの教室学習費用が占めている。子供の世代別に見ると幼い時は運動や芸術面での費用の割合が高いが、成長と共に塾費用が増え、中学3年生では6割を超える額に登るようになる(【発表リリース:子どもの将来と教育費に関する調査】)。


続きを読む "学校外の習い事費用、中高生平均では月1万4000円"

11時30分教育・育児, 経済・金融・市場・家計

LINEは知人とのやり取り、ツイッターは暇つぶしや情報収集も…SNS毎に変わる高校生の利用目的

リクルート進学総研は2013年8月1日に、高校生のウェブ利用に関する調査結果を発表した。それによると調査対象母集団でLINEやツイッターなどのSNSを利用している人に、個々の利用目的を聞いたところ、LINEは「友人・知人とのコミュニケーションツールとして」との回答がもっとも多く7割近くだったのに対し、ツイッターでは「暇つぶし」「最新情報の入手先として」の利用が5割強でほぼ同列に上位についていた。それぞれのSNSで利用目的に大きな違いが見受けられる(【発表リリース(PDF):高校生のWEB利用状況の実態把握調査2013より】)。


続きを読む "LINEは知人とのやり取り、ツイッターは暇つぶしや情報収集も…SNS毎に変わる高校生の利用目的"

7時55分モバイル, ソフト・ウェブサービス

2013/08/28

高校生のSNS人気、トップはLINE、次いでツイッター

リクルート進学総研は2013年8月1日、高校生のウェブ利用に係わる調査結果を発表した。それによると調査対象母集団においては、現在利用しているSNS(LINEなどのチャット的ツールは含み、ブログや掲示板は含まず)としてもっとも良く使われているのは「LINE」だった。ほぼ同数で「ツイッター」が利用されており、Facebookが続いている。この3年間の動向を見ると、mixiやGREEの利用性向が減り、Facebookやツイッターが上昇しているのが確認できる(【発表リリース(PDF):高校生のWEB利用状況の実態把握調査2013より】)。


続きを読む "高校生のSNS人気、トップはLINE、次いでツイッター"

8時45分モバイル, 教育・育児

年齢や学歴で微妙に変わる「宝くじで10億円当選」と就労意欲の関係

アメリカの民間調査機関【ギャラップ社】は2013年8月14日に同社公式サイトにおいて、宝くじの巨額当選と労働意欲に関する意識調査結果を発表した。それによると調査対象母集団では、宝くじで1000万ドル(約10億円)当たった場合、それでも現職を続けるとする人が4割強、転職するが働き続ける人が2割強いることが分かった。しかし年齢別に見ると若年層ほど仕事そのものを辞める人が少なく、高齢者ほど高くなる傾向が見られる(【発表リリース:In U.S., Most Would Still Work Even if They Won Millions】)。


続きを読む "年齢や学歴で微妙に変わる「宝くじで10億円当選」と就労意欲の関係"

7時55分海外, 経済・金融・市場・家計

2013/08/27

3/4の親は「大学卒業まで子供を金銭支援」、備えは毎月2万2000円

ソニー生命保険は2013年8月26日、子供の将来と教育費に関する調査結果を発表した。それによると小中学生の子供を持つ保護者から成る調査対象母集団においては、自分の子供が大学を卒業するまで金銭的に支援すると考えている人は3/4に達することが分かった。またそれらの支援のため、現時点で毎月備えとして支出している金額は、平均で約2万2000円という結果が出ている(【発表リリース:子どもの将来と教育費に関する調査】)。


続きを読む "3/4の親は「大学卒業まで子供を金銭支援」、備えは毎月2万2000円"

14時45分教育・育児, 経済・金融・市場・家計

新聞読まない約5割、テレビは2時間以上視聴が2割近く…高校生のメディア接触時間を探る

リクルート進学総研は2013年8月1日、高校生のウェブ利用に係わる調査結果を発表した。それによると調査対象母集団に1日あたりの主要メディアへの消費時間を聞いたところ、スマートフォンを利用している人では1日2時間以上利用している人は2割を超えていることが分かった。一方、新聞を読まない人は5割近く、雑誌や本を読まない人は3割近くに及ぶ。テレビは2時間以上視聴している人は約2割、30分以上で区切れば7割以上の人が視聴していた(【発表リリース(PDF):高校生のWEB利用状況の実態把握調査2013より】)。


続きを読む "新聞読まない約5割、テレビは2時間以上視聴が2割近く…高校生のメディア接触時間を探る"

7時55分モバイル

2013/08/25

朝食はパン派かごはん派か、それが問題だ

ライフメディアのリサーチバンクでは2013年8月14日に、朝食に関する調査結果を発表した。その調査結果によれば調査対象母集団の中で、朝食を毎日・あるいは時々食べている人において、朝食の主食として主にパンを食べているかご飯を食べているかを聞いたところ、パン派は4割強・ご飯派は3割強となり、パン派が優勢であることが分かった。歳を経るごとにパン派優勢状況は強まり、60代ではパン派はご飯派の2倍以上の値を示す結果が出ている(【発表リリース:朝食に関する調査】)。


続きを読む "朝食はパン派かごはん派か、それが問題だ"

10時0分飲食品・料理, 時節

2013/08/24

「宝くじで10億円当たっても働き続ける」約7割…米の場合

米国民間調査機関【ギャラップ社】は2013年8月14日、宝くじの巨額当選と労働意欲に関する意識調査結果を発表した。それによると調査対象母集団においては、宝くじで1000万ドル(約10億円)当たった場合、それでも仕事をし続けると回答した人が7割近くに登ることが分かった。しかも労働そのものを継続するだけでなく、現職を継続する意欲も、経年で高まる傾向がある(【発表リリース:In U.S., Most Would Still Work Even if They Won Millions】)。


続きを読む "「宝くじで10億円当たっても働き続ける」約7割…米の場合"

10時0分海外, 経済・金融・市場・家計

2013/08/23

半数は「起きたらすぐアクセス」…高校生のスマホライフは「べったり感」

リクルート進学総研は2013年8月1日付で、高校生のウェブ利用に係わる調査結果を発表した。それによると調査対象母集団のうちスマートフォンを利用している人においては、起床直後に自分のスマートフォンを利用する人は5割近くに登っていることが分かった。登校までの時間や帰宅時、自宅に戻ってからなど日常生活のほとんどのシーンで5割から6割の人が「利用している」と答えており、一般携帯電話と比べても利用者にとってスマホが「日常生活にべったりと密着している」状況が見て取れる(【発表リリース(PDF):高校生のWEB利用状況の実態把握調査2013より】)。


続きを読む "半数は「起きたらすぐアクセス」…高校生のスマホライフは「べったり感」"

8時45分モバイル, 教育・育児

コンビニ利用者の7割がポイントカードを持っている

ライフメディアのリサーチバンクは2013年7月24日に、コンビニエンスストア(コンビニ)の利用に関する調査結果を発表した。その内容によれば、調査対象母集団のうちコンビニ利用者においては、約7割の人がコンビニのポイントカードを持っていることが明らかになった。複数枚所有者は4割近くに登っている。またそのカードでポイントが貯まった際には、6割近くの人が「コンビニでの買い物に使う」と答えている(【発表リリース:コンビニエンスストアの利用に関する調査】)。


続きを読む "コンビニ利用者の7割がポイントカードを持っている"

7時55分コンビニ

2013/08/22

「WHOの自殺報道ガイドライン」を日本のマスコミは知っているか

先に発生した、ある「事件」に絡み、昨年のほぼ同じ時期に書き留めたいくつかの記事が思い返された。そこで今回はその記事を再構築し、資料を追加した上で、WHOが呈したガイドラインと日本の報道姿勢について、改めて事実確認をしてみることにする。


続きを読む "「WHOの自殺報道ガイドライン」を日本のマスコミは知っているか"

20時0分メディア, コラム

あの店の有名メニューを再現した「なんちゃって料理」こと再現料理、創ったことある? 経験者は5割近く

再現料理クックパッドは2013年7月26日、いわゆる「再現レシピ」「再現料理」に関する調査結果を発表した。それによると料理に興味関心を持つ人から成る調査対象母集団においては、飲食店や専門店の味、見た目を再現した料理こと「再現料理」を作ったことがある人は半数近くに達していることが分かった。一方で8割以上の人はその「再現料理」について、節約のためでは無く、楽しみのためであると答えている(【再現料理を「作ったことある」「作ってみたい」が88%】)。


続きを読む "あの店の有名メニューを再現した「なんちゃって料理」こと再現料理、創ったことある? 経験者は5割近く"

11時30分飲食品・料理

高校生のスマホライフはメールやチャット、調べものなど多種多様

リクルート進学総研は2013年8月1日、高校生のウェブ利用に関する調査結果を発表した。それによると調査対象母集団のうちスマートフォンを利用している人においては、9割以上の人がメールや電話・チャット機能を使っていることが分かった。両機能は一般携帯電話(フィーチャーフォン)利用者も多用しているが、それに続く多用機能「調べもの・情報収集」「動画観賞」などでは、両端末利用者間で利用の有無に大きな違いが確認できる(【発表リリース(PDF):高校生のWEB利用状況の実態把握調査2013より】)。


続きを読む "高校生のスマホライフはメールやチャット、調べものなど多種多様"

8時45分モバイル, 教育・育児

意外と頼られるコンビニATM…コンビニ利用理由は?

ライフメディアのリサーチバンクは2013年7月24日に同公式サイトにおいて、コンビニエンスストアの利用に関わる調査結果を公開した。その内容によると、調査対象母集団のうちコンビニ利用者で、コンビニを利用する場面としてもっとも多くの人が同意を示したのは「お酒以外の飲み物を購入する時」だった。5割強の人が答えている。ほぼ同数で「弁当や総菜などの食事購入時」が続き、次いで「デザート購入時」が上位についている。飲食周り以外では「銀行ATM利用時」が最多回答率を示しており、約3割に達している(【発表リリース:コンビニエンスストアの利用に関する調査】)。


続きを読む "意外と頼られるコンビニATM…コンビニ利用理由は?"

7時55分コンビニ, 経済・金融・市場・家計

2013/08/21

半世紀で首都圏では高齢者数が8割増・地域別高齢者人口推移

国土交通省では2010年9月27日付で国土審議会・政策部会の第一回長期展望委員会を開催、以降定期的に同会を開催し、日本の中長期的な動向推測やその推測に対する施策検討を、同省の政策視点を中心に行っている(現時点で第三回までの開催が確認できる)。今回はその各会で提示された資料を基に、今後の日本における高齢者(65歳以上)の人口推移推計を確認していく(【国土交通省:長期展望委員会】)。


続きを読む "半世紀で首都圏では高齢者数が8割増・地域別高齢者人口推移"

11時30分政治・外交・行政・郵便, 時節

若年層ほど足しげく…米国ファストフード利用事情

アメリカの調査機関【ギャラップ社】では2013年8月6日付で、同国におけるファストフードと食生活に関する調査結果を発表した。それによると調査対象母集団では、ファストフードを週一以上で利用している人は5割近くに達していることが分かった。属性別に見ると女性より男性、若年層ほど、そして高年収ほど利用頻度が高いことも判明している(【発表リリース:Fast Food Still Major Part of U.S. Diet】)。


続きを読む "若年層ほど足しげく…米国ファストフード利用事情"

8時45分海外, 外食産業

「歩きスマホ」規制賛成2割・反対3割、規制されても続ける人3割強

リビジェンは2013年8月8日、歩きながらスマートフォンを操作する行為「歩きスマホ」に関する、若年層の意識調査結果を発表した。それによると調査対象母集団において、「歩きスマホ」に法令や条例で規制をする必要があると考えている人は2割に留まっていることが分かった。不必要とする意見も3割足らずで、多くは意見留保の状態にある。一方、仮にその条例などが成立・施行したとして、「歩きスマホ」を続けるか否かを聞いたところ、それでも続けると答えた人は3割強に達していることが分かった。続けない派は4割を超えており、一定の成果が上がるものの、多くは望めない可能性を示唆する結果となった(【発表リリース:「歩きスマホ」の規制は難しい!?】)。


続きを読む "「歩きスマホ」規制賛成2割・反対3割、規制されても続ける人3割強"

7時55分モバイル, 政治・外交・行政・郵便

2013/08/20

育児休業取得によるマイナス点、「家計困窮」「世話で疲労感」「復職への不安」

ライフネット生命保険が2013年8月5日に発表した、既婚有職者を対象とした「育児休業に関する意識調査」の結果内容によれば、調査対象母集団のうち育児休業を取得した経験がある人においては、取得時におけるマイナス点としてもっとも多くの人が挙げたのは「家計のやりくりが厳しくなった」だった。4割強の人が同意を示している。次いで「子供の世話で疲労感が増した」「復職に対する不安感から精神的に追い詰められた」が続いている。また少数ではあるが、人事・給与面で不利益な扱いを受けるという、明らかに違法な対応をされたとの回答も確認できる(【発表リリース:育児休業に関する意識調査】)。


続きを読む "育児休業取得によるマイナス点、「家計困窮」「世話で疲労感」「復職への不安」"

11時30分教育・育児

2050年には全世帯の4割突破…増える一人身世帯、高齢者単身世帯は約1000万世帯に

国土交通省では2010年9月27日付の第一回会合を皮切りに、国土審議会・政策部会を定期的に開催し、日本の中長期的な社会情勢・動向の推計やその結果に対する施策検討を、同省の政策視点を中心に行っている(現時点で第三回まで開催)。今回はその各会で提示された資料を基に、今後の日本における一人身世帯(単独世帯、単身世帯)の動向を確認していく(【国土交通省:長期展望委員会】)。


続きを読む "2050年には全世帯の4割突破…増える一人身世帯、高齢者単身世帯は約1000万世帯に"

8時45分政治・外交・行政・郵便, 時節



(C)2005-2021 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS