2013/05/24

「サンデー毎日」は有名大学合格者高校別ランキングで堅調…諸種雑誌部数動向(2013年1-3月)

先日の記事【少年・男性向けコミック誌の部数変化をグラフ化してみる(2013年1月-3月データ) 】などで解説している通り、【社団法人日本雑誌協会】は2013年5月15日付で、公開されている「印刷証明付き部数」のデータベース上の値に関して、2013年1月から3月分を反映させた。今回はその最新値を基に、過去の記事の各種値を更新する。多種多様な雑誌の「前年同期比」での部数推移のグラフ化を行うことになるが、雑誌不況の現状をある程度推し量れるはずだ。

続きを読む "「サンデー毎日」は有名大学合格者高校別ランキングで堅調…諸種雑誌部数動向(2013年1-3月)"

7時55分雑誌印刷証明付部数, noindex

2013/05/23

市場は大きく盛り上がっているが…海外投資家、2週連続の買い超し(13/05/23)

東京証券取引所は2013年5月23日に、2013年5月13日-5月17日(5月第3週)での株券の投資部門別売買状況を発表した。その開示情報によると該当週に海外投資家が株を売った総額は9兆6278億1559万8000円。それに対し買い総額は10兆2575億0461万2000円となり、差し引きで6296億8901万4000円の買い超しとなった。これは先週から続いて2週連続の買い超しとなる。なお法人は売り超しを継続、個人も売り超しを継続し、証券会社も売り超しを継続している(【発表リリースページ】)。

続きを読む "市場は大きく盛り上がっているが…海外投資家、2週連続の買い超し(13/05/23)"

16時15分海外投資家動向, noindex

天候不順で衣料品も大きく下落影響を受ける…2013年4月度チェーンストア売上高、マイナス1.9%

【日本チェーンストア協会】は2013年5月21日、チェーンストア(スーパーマーケットやデパートなど)の2013年4月度での販売統計速報(月報)を同協会公式サイトで公開した。その内容によれば2013年4月は農産品の相場安で食料品売上が不振となり、天候不順で衣料品も影響を受けたことなどから、売上は全主要項目でマイナス。売上総額の前年同月比は2か月ぶりにマイナス値の-1.9%(店舗調整後)を記録した(【同協会内発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "天候不順で衣料品も大きく下落影響を受ける…2013年4月度チェーンストア売上高、マイナス1.9%"

14時45分チェーンストア売上, noindex

モバイル化が進むツイッター利用環境

くつろぎながらツイッター利用先日まで【ツイッターで1日20回以上ツイートする人は9.0%、半数以上は「数日に1回」か「ほとんど無し」 】など複数回に分けて、ライフメディアのリサーチバンクが発表した「ツイッター(Twitter)に関する調査結果」を元に、複数の視点からツイッターの利用状況における現状を確認した。同社ではほぼ同一条件下で2010年6月以降毎年1回調査を実施しており、複数項目で年単位での推移を見ることができる。そこでそのデータを抽出し、グラフを再構築し、ツイッター周辺の状況変化をチェックしている。今回は「ツイッター利用者における利用時の端末環境の変化」について見ていくことにする。

続きを読む "モバイル化が進むツイッター利用環境"

11時30分インターネット, ソフト・ウェブサービス

「オール投資」もついに休刊へ…ビジネス・マネー系雑誌部数動向(2013年1月-3月)

先日【少年・男性向けコミック誌の部数変化をグラフ化してみる(2013年1月-3月データ) 】でもお伝えした通り、【社団法人日本雑誌協会】は2013年5月15日付で、2013年1月から3月分の印刷部数について、公開中のデータベース上に値を反映させた。これは主要定期発刊誌の印刷数「印刷証明付き部数」を公開したもので、各雑誌社や企業が発表している「公称」部数より、雑誌のすう勢を推し量る指標として正確度が高い値として知られている。今回は当サイトのメインテーマと軸を同じくする「ビジネス・マネー系雑誌」に関してデータをグラフ化し、推移を眺めることにする。

続きを読む "「オール投資」もついに休刊へ…ビジネス・マネー系雑誌部数動向(2013年1月-3月)"

7時55分雑誌印刷証明付部数, noindex

2013/05/22

確実に増加を続けるツイッター利用者のツイート頻度

ツイッター利用先日まで何度かに渡り【ツイッターで1日20回以上ツイートする人は9.0%、半数以上は「数日に1回」か「ほとんど無し」 】など、ライフメディアのリサーチバンクによる「ツイッター(Twitter)に関する調査結果」を元にした、複数視点からツイッターの利用状況に関する現状を精査した。同社ではほぼ同一の条件で2010年6月以降毎年1回同様の調査を実施しており、複数項目で年単位での推移を見ることが可能となっている。そこでそのデータを抽出した上でグラフを再構築するなどし、ツイッター周辺の状況変化を見ていくことにしている。今回は「ツイッター利用者におけるツイート頻度の動向について」である。

続きを読む "確実に増加を続けるツイッター利用者のツイート頻度"

8時45分インターネット, ソフト・ウェブサービス

2013/05/21

天候の悪さだけでなく、雑誌やたばこが低迷し来客数・客単価共にマイナス継続…2013年4月度コンビニ売上高は2.6%のマイナス、11か月連続

2013年5月20日に日本フランチャイズチェーン協会が発表した、同年4月度のコンビニエンスストアの統計調査月報によると、コンビニの同月度の売上高は前年同月比で-2.6%と11か月連続のマイナスを記録した。来客数は11か月連続でマイナス、平均客単価は3か月連続のマイナスで、主要項目すべてがマイナスとなっている(いずれも既存店ベース)。同協会側では平均気温の低さや降水量の多さに加え、昨今の傾向として顕著化しつつある、雑誌やたばこなどの購入者減少に伴う客数の減少を原因の一つとして分析している(【日本フランチャイズチェーン協会公式ページ】)。

続きを読む "天候の悪さだけでなく、雑誌やたばこが低迷し来客数・客単価共にマイナス継続…2013年4月度コンビニ売上高は2.6%のマイナス、11か月連続"

20時45分コンビニ売上, noindex

アメリカの新聞販売部数動向をグラフ化してみる(SNM2013版)

新聞アメリカの調査機関【Pew Research Center】は2013年3月18日に、デジタルと非デジタル双方における、アメリカでのニュースを伝えるメディアの動向と展望を示した報告書【State of the News Media 2013】を発表した。現状の解説と将来の展望をPew Research社の調査結果、そして公的情報や他調査機関のデータを合わせてまとめ上げた「米デジタルニュース白書」の類のもので、アメリカにおけるニュース業界を推し量るのに有益なデータが数多く盛り込まれている。そこで先日の【米主要メディアにおける視聴者数の動きなどをグラフ化してみる(SNM2013版)】からいくつかの記事に渡り、注目すべき要項に関して抽出やグラフの再構築などを行い、現状の大まかな把握、さらには今後の記事展開の資料構築も兼ねるようにしている。今回は「日刊紙と日曜版それぞれにおける、新聞の発行部数動向」を見ていくことにする。

続きを読む "アメリカの新聞販売部数動向をグラフ化してみる(SNM2013版)"

15時45分SNM

「自宅から近い場所に」…幼稚園・保育園に通わせるとしたら何を重視する?

幼稚園ライフメディアのリサーチバンクは2013年5月15日、「保育園・幼稚園に関する調査」の結果を発表した。それによると未就学(小学校の入学前)の子供が居る20代・30代の男女から成る調査対象母集団においては、子供が幼稚園に通っている未就学児がいる人は6割強、保育園は3割強に達していた(複数回答)。一方で幼稚園・保育園双方に通っていない未就学児のいる人も3割近くいる。通っていない未就学児がいる保護者の9割近くは、将来どちらかに通わせたいと考えているが、多くは幼稚園を望んでいる。また、それらを選ぶ際には「自宅から近い」ことを重視する傾向がある(【発表リリース】)。

続きを読む "「自宅から近い場所に」…幼稚園・保育園に通わせるとしたら何を重視する?"

14時45分教育・育児

3年間で1.6倍…ツイッター利用者の推移をグラフ化してみる

上昇先日まで【ツイッターで1日20回以上ツイートする人は9.0%、半数以上は「数日に1回」か「ほとんど無し」 】などのようにライフメディアのリサーチバンクが2013年5月8日に発表したツイッター(Twitter)に関する調査結果を元に、いくつかの視点からツイッターの利用状況に関する現状確認を行った。同社ではほぼ同じ条件で2010年6月以降毎年1回同様の調査を行っており、いくつかの項目では年単位での推移を見ることができる。そこで何回かに渡り、そのデータを抽出した上で再構築し、ツイッター周りの状況変化を見ていくことにする。まず今回は利用しているか否か、利用者率の推移についてである。

続きを読む "3年間で1.6倍…ツイッター利用者の推移をグラフ化してみる"

8時45分ソフト・ウェブサービス, インターネット

1割強はタブレット機を使用…小中高校生のゲーム機・タブレット機の使用状況をグラフ化してみる(2012年度・青少年のインターネット利用環境実態調査版)

内閣府は2013年5月5日までに、青少年のインターネット利用環境に関する実態調査結果の2012年度版(HTML版、PDF版は先行して1月28日に公開済み)を発表した。現在の子供達における携帯電話やインターネット関連の動向など、デジタル方面の実情を確認できるデータが盛り込まれており、注目に値する内容となっている。そこで【小中高校生の携帯電話保有状況をグラフ化してみる(2012年度・青少年のインターネット利用環境実態調査版)】をはじめ、重要な部分を抽出、あるいは再計算の上でグラフを構築し、内容を精査している。今回は「子供達におけるゲーム機やタブレット機の使用状況」について、複数項目のデータを絡めて確認していくことにする(【「2012年度版青少年のインターネット利用環境実態調査」も含めた一覧ページ】)。

続きを読む "1割強はタブレット機を使用…小中高校生のゲーム機・タブレット機の使用状況をグラフ化してみる(2012年度・青少年のインターネット利用環境実態調査版)"

7時55分青少年ネット利用調査, noindex

2013/05/20

景況感上昇、自動車注目続く(2013年5月個人投資家動向)

野村ホールディングス(8604)のグループ会社である野村證券の一部門、投資調査部は2013年5月17日に、個人投資家の投資動向に関するアンケート調査内容、及びその結果に関する分析報告レポートを発表した(【ノムラ個人投資家サーベイ・2013年5月発表分、リリース一覧ページ】)。今後3か月後の株価見通しを聞いた「ノムラ個人市場観指数」は前回から反転する形で上昇している。また株価の先行きに対しては「小幅な上昇」を見込む意見がもっとも多いものの、先月よりは減少。しかしその一方で「中規模な上昇」を予想する意見が大きく増加しているのが注目に値する。

続きを読む "景況感上昇、自動車注目続く(2013年5月個人投資家動向)"

20時45分野村景気調査, noindex

「母さん助けて詐欺」の名称は適切か否か、データを確認してみる

振り込め詐欺先日【「振り込め詐欺」の新名称「母さん助けて詐欺」などに決定…警視庁発表】でお伝えした通り、警視庁は2013年5月12日、いわゆる「振り込め詐欺」の新しい名称として公募作品の中から「母さん助けて詐欺」を最優秀作品として選別。他に「ニセ電話詐欺」「親心利用詐欺」も選出した。ところがこの名称に、発表直後からネット界隈を中心に賛否両論が沸き起こっている。いわく「共感が難しい」「実情を適切に表していない」という意見が目立っている(一例:【「母さん助けて詐欺」のネーミングに賛否両論 ネット上では「共感できない」の声強く 警視庁は「賛否あるのはごもっとも」(産経ニュース)】)。当方の記事にも似たようなツッコミがあった位だ。そこで今回は、いくつかのデータを基に、この名称の妥当性を探ることにした。

続きを読む "「母さん助けて詐欺」の名称は適切か否か、データを確認してみる"

11時30分政治・外交・行政・郵便, セキュリティ・防犯

高校生になると携帯電話でもサイト閲覧率はパソコンに匹敵…小中高校生のサイト利用状況をグラフ化してみる(2012年度・青少年のインターネット利用環境実態調査版)

内閣府は2013年5月5日までに、青少年のインターネット利用環境に関する実態調査結果の2012年度版(HTML版、PDF版は1月28日に公開済み)を発表した。現在の子供達を取り巻く携帯電話やインターネット関連の動向など、デジタル方面の実情を確認できるデータが多数盛り込まれており、注目に値する。そこで【小中高校生の携帯電話保有状況をグラフ化してみる(2012年度・青少年のインターネット利用環境実態調査版)】をはじめ、重要な部分を抽出、あるいは当方で再計算をしてグラフを構築し、内容を精査している。今回は「子供達におけるパソコンや携帯電話によるサイトの利用性向」について、複数項目のデータを絡めて確認していくことにする(【「2012年度版青少年のインターネット利用環境実態調査」も含めた一覧ページ】)。

続きを読む "高校生になると携帯電話でもサイト閲覧率はパソコンに匹敵…小中高校生のサイト利用状況をグラフ化してみる(2012年度・青少年のインターネット利用環境実態調査版)"

8時45分青少年ネット利用調査, noindex

声優系強し、アニメ誌は「アニメージュ」が手堅い…ゲーム・エンタメ系雑誌部数動向(2013年1月-3月)

【社団法人日本雑誌協会】は2013年5月15日に、四半期ペースで更新している印刷部数について、2013年1月から3月分の値を公開しているデータベース上に反映させた。この値は主な定期発刊誌の販売数を「印刷証明付き部数」で公開したもので、雑誌の販売実態を推し量る指標としては各誌による「公称」部数よりはるかに精密な値といえる。今回はゲーム専門誌などをはじめとするゲーム誌や、声優・アニメを取り扱ったエンタメ誌などから成る「ゲーム・エンタメ系」のデータをグラフ化し、直近の動向を確認する。

続きを読む "声優系強し、アニメ誌は「アニメージュ」が手堅い…ゲーム・エンタメ系雑誌部数動向(2013年1月-3月)"

7時55分雑誌印刷証明付部数, noindex

ゲームソフトランキング更新、進撃続ける「トモダチコレクション 新生活」トップ君臨は4週目に突入

メディアクリエイトが発表した2013年5月6日-5月12日の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によると、今回週のトップの座についたのは先週から継続する形で最上位を維持している任天堂の3DS用の新作『トモダチコレクション 新生活』だった。記事タイトルにもある通り、今回で4週連続のトップ入りとなる。ゲーム……というよりソフトの内容は、3DS本体内で生活する「ミニ人間」で構成される疑似世界をプレイヤーが見守っていく、「神視点」スタイルの観察エンターテインメントソフト。以前DS用に発売され、やはり好評を博した名作『トモダチコレクション』の機能追加版・3DSバージョンに相当する。プレイヤーがゲーム世界内の主人公などの立場から命令を入力するのではなく、あくまでも「観察者」の立ち位置で遊ぶプレイスタイルはDS版と変わりない。「新生活」ではMii(ゲーム世界の中の人間)の結婚、さらには出産と育児、その子供の成長という、人間社会における家族と同じような世帯構成、成長を共に楽しむことができる。そしてその成長を手助けできるのもポイント。その上、成長した子供を「すれ違い通信」で旅(他のプレイヤーのゲームに遠征させる)に出すこともできるため、友達とのやりとりも楽しめる。あまり類を見ないジャンルであることに加え、末永く遊べるタイプのソフトのため、口コミなどで少しずつその楽しさが広まっている。今回は単週で10万本超えのセールス。あと20万本足らずでミリオンセラーに手が届く。

続きを読む "ゲームソフトランキング更新、進撃続ける「トモダチコレクション 新生活」トップ君臨は4週目に突入"

6時55分ゲームランキング, noindex

2013/05/19

「消費よりも貯蓄」…米消費性向の移り変わりを探る

消費アメリカの調査機関【ギャラップ社】は2013年5月9日、アメリカにおける消費・貯蓄性向に関する調査報告書を発表した。それによれば調査対象母集団では直近の調査結果で、60%の人が消費よりも貯蓄の方が好きと答えていることが分かった。消費をより好む人は37%に留まっている。属性別では低年収ほど貯蓄性向が強く表れている(【発表リリース:Americans Still Enjoy Saving Rather Than Spending】)。

続きを読む "「消費よりも貯蓄」…米消費性向の移り変わりを探る"

14時0分海外, 経済・金融・市場・家計

「パズドラ」「アイアンマン3」「スプライト」など目に留まるCMが続々(民放テレビCM動向:2013年4月分)

テレビ放送情報検索システム「eMarker(イーマーカー)」などを展開するゼータ・ブリッジは2013年5月16日、2013年4月度分の関東民放5放送局のテレビCMオンエアランキングを発表した。その開示データによると、4月においてCMの放送回数がもっとも多かった企業・団体は先月に続き花王だった。第2位以降に群を抜く形での最上位となっている。商品別オンエアランキングも含め、先月から引き続く形で携帯電話関連企業が、そして季節柄ゆえに飲料系企業の躍進が見受けられる([発表リリース])。

続きを読む "「パズドラ」「アイアンマン3」「スプライト」など目に留まるCMが続々(民放テレビCM動向:2013年4月分)"

10時0分関東テレビCM, noindex

2013/05/18

ツイッターを知っているけど登録しない、その理由は何だろう?

謎比較的利用ハードルの低いソーシャルメディアとして、あるいはチャット的なウェブサービスとして日本でも認知されつつある、ミニブログ「ツイッター」。その利用状況に関する調査報告書が先日ライフメディアのリサーチバンクから発表された(【発表リリース】)。今回はこの報告書のうち、ツイッターの存在を知っているがこれまでに一度も登録をしたことが無い人に、その理由を尋ねた結果について精査していくことにする。

続きを読む "ツイッターを知っているけど登録しない、その理由は何だろう?"

14時0分RB-ツイッター, noindex

前年より改善も不景気突入前よりは低水準…大学生の2013年3月末時点での就職率は93.9%・前年比0.3%ポイントのプラス

厚生労働省は2013年5月17日に、2012年度(2012年4月1日-2013年3月31日)における大学や短期大学、高等専門学校、専修学校の新卒者就職状況に関する最新調査結果を発表した。発表内容によると2013年4月1日(3月末)時点での大学新卒者の就職率(就職希望者に対する就職取得者の割合)は93.9%だった。これは昨年同時期より0.3%ポイントの改善となる(【発表リリース(平成24年度「大学等卒業予定者の就職内定状況調査」)】)。また、同日発表された【高校・中学新卒者の就職(内定)状況(平成24年度「高校・中学新卒者の求人・求職状況・内定状況取りまとめ」)】によれば、高校新卒者の就職(内定)率は97.6%となり、昨年同期から0.9ポイントの増加(改善)を示した。これは過去20年間(1994年以降)で最高の値である。

続きを読む "前年より改善も不景気突入前よりは低水準…大学生の2013年3月末時点での就職率は93.9%・前年比0.3%ポイントのプラス"

10時0分就職率(厚労省), noindex



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN