2013/03/12

缶詰やレトルト4割強、お米は3割超…飲食料品の備蓄率、やや低下する傾向に

備蓄カレーキリンビバレッジは2013年2月27日、2011年3月に発生した東日本大地震・震災(以後「震災」)後における水分補給やストックに関する調査結果を発表した。それによると小学生の子供を持つ母親から成る調査対象母集団においては、前回調査の2012年7月と比べ、今回調査の2013年2月では食料品の備蓄率が低下していることが分かった。特に日持ちのしにくい生鮮食料品などにその傾向が著しい。他方缶詰やレトルト食品など長期間の保存ができる食品は、比較的高い備蓄率を維持している(【発表リリース】)。

続きを読む "缶詰やレトルト4割強、お米は3割超…飲食料品の備蓄率、やや低下する傾向に"

11時30分時節, 飲食品・料理

5年間でどう変わる? 世代別ラジオの視聴時間の変化をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)

ラジオ総務省統計局では2012年7月13日から12月21日に渡り順繰りに、「2011年社会生活基本調査」の結果を同省公式サイトで公開した。そこで【ボランティア活動の実態をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)】に代表されるように、気になる部分を抽出し、時にはさらに追加資料や統計局のデータベース上の詳細値を使い、グラフ化した上で動向を眺め、社会生活の基本的な面での状況の把握を行っている。今回は最新の調査結果と前回(2006年実施)における、世代別のラジオ視聴時間の変移を確認しておくことにする(【平成23年社会生活基本調査(総務省)】)。

続きを読む "5年間でどう変わる? 世代別ラジオの視聴時間の変化をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)"

8時45分社会生活基本調査

2013/03/11

震災直後に首都圏脱出を考えた人2割強、実行できなかった理由は「仕事の都合」「お金がかかる」

避難ネットエイジアは2013年3月5日、1都3県(首都圏)在住者による東日本大地震・震災(以後「震災」)における行動、及びその行動に対する振り返りに関する調査結果を発表した。それによると調査対象母集団のうち震災当時首都圏に在住していた人で、首都圏外への避難を考えた人は2割強に達していたことが分かった。一方、実際に移動をした人はそのうち1割程度でしかない。移動しなかった9割近くの人の理由としては、自分の仕事の都合や家族の仕事の都合、そして費用がかかることなどが上位に挙げられていた(【発表リリース】)。

続きを読む "震災直後に首都圏脱出を考えた人2割強、実行できなかった理由は「仕事の都合」「お金がかかる」"

16時15分時節

備蓄飲食料「消費しながら随時買い足す」は過半数、東北地方は約7割

備蓄品キリンビバレッジは2013年2月27日、2011年3月に発生した東日本大地震・震災(以後「震災」)後における水分補給やストックに関する調査結果を発表した。それによると小学生の子供を持つ母親から成る調査対象母集団においては、備蓄飲食料品(備蓄品)を日常的に消費しながら随時買い足ししている人は5割強に達していることが分かった。一方で備蓄に関して特に工夫をしていない人も1/3強居る。地域別では東北-関東地区で高い備蓄工夫率が確認できる(【発表リリース】)。

続きを読む "備蓄飲食料「消費しながら随時買い足す」は過半数、東北地方は約7割"

15時45分時節, 飲食品・料理

無料コンテンツに支援のための少額寄付、しても良い人5割強

お金東京工芸大学は2013年2月26日、音楽の視聴性向やいわゆる「ボーカロイド」に関する調査結果を発表した。それによると音楽を聴くことが好きな若年層から成る調査対象母集団においては、無料で提供されているコンテンツのうち自分が気に入ったものに対し、制作者への支援の意味を込めて少額の寄付をしても良いと考えている人は5割強に達していることが分かった。ボカロ曲(ボーカロイド曲)ファンに限れば8割近い人が賛意を示している(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "無料コンテンツに支援のための少額寄付、しても良い人5割強"

14時45分インターネット, 経済・金融・市場・家計

乳幼児がいる世帯における諸外国の働き人達のライフスタイルをグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)

育児2012年7月13日から12月21日に渡る形で総務省統計局では「2011年社会生活基本調査」の結果を公開した。そこで【ボランティア活動の実態をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)】にはじまる形で、気になる要素の値を基に、必要な時にはさらなる資料や統計局のデータベース上の詳細値を用いて補足した上でグラフ化し、社会生活の基本的な面での状況の把握を記事化している。今回は諸国における有業者(働き人)のうち、世帯に6歳以下の子供が居る人における主要生活行動の中から仕事・家事や家族のケア・自由時間の3項目に的を絞り、その平均時間を眺めてみることにした(【平成23年社会生活基本調査(総務省)】)。

続きを読む "乳幼児がいる世帯における諸外国の働き人達のライフスタイルをグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)"

7時55分社会生活基本調査

「卒業の思い出に第2ボタン」あげた経験15.5%・「風習そのものが無い」も3割近く

ボタンライフメディアのリサーチバンクは2013年3月8日、卒業式に関する調査結果を発表した。それによると調査対象母集団の男性においては、卒業式に第2ボタンをあげた経験がある人は15.5%に達していることが分かった。一方で第2ボタンのやり取りに関する風習そのものが無かった人も3割近くいる。回答者世代別に見ると、若年層ほど「風習が無い」回答が増えており、最近では第2ボタンの風習そのものが薄れている現状が見て取れる(【発表リリース】)。

続きを読む "「卒業の思い出に第2ボタン」あげた経験15.5%・「風習そのものが無い」も3割近く"

6時55分時節, 教育・育児

2013/03/10

料理にレシピを使う女性約8割、しかしネットで検索するのは……

レシピ本マルハニチロホールディングスは2013年2月27日、料理レシピに関する調査結果を発表した。それによると週一以上・自宅で夕食を作る女性から成る調査母体においては、約8割の人が料理レシピを使うことが分かった。インターネットで料理レシピを検索する人も7割強に達している。世代別に見るとレシピ利用者は頻度はともあれ利用者率に大きな違いはないものの、ネットでの検索利用者は若年層ほど多く、歳を経るに連れて減る傾向がある(【発表リリース一覧ページから「料理レシピに関する調査」】)。

続きを読む "料理にレシピを使う女性約8割、しかしネットで検索するのは……"

14時0分飲食品・料理, インターネット

「初音ミク」を初めて知ったきっかけは「動画共有サイト」が一番

コンビニでの初音ミクの一番くじ東京工芸大学は2013年2月26日、音楽の視聴性向やいわゆる「ボーカロイド」に関する調査結果を発表した。それによると音楽を聴くことが好きな若年層から成る調査対象母集団においては、「初音ミク」を知っている人は95.0%に達していることが分かった。そして初めて知ったきっかけとしてもっとも多くの人が挙げたのは「動画共有サイト」だった。数%ポイントの差で「テレビ」が第2位についている。また世代別では歳の若い層では「動画共有サイト」が、20代後半以降は「テレビ」がより高い値を示している(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "「初音ミク」を初めて知ったきっかけは「動画共有サイト」が一番"

10時30分エンタメ・面白, インターネット

2013/03/09

音楽好きの間での「初音ミク」認知度95.0%

初音ミク東京工芸大学は2013年2月26日、音楽の視聴性向やいわゆる「ボーカロイド」に関する調査結果を発表した。それによると音楽を聴くことが好きな若年層から成る調査対象母集団においては、「初音ミク」を知っている人は95.0%に達していることが分かった。どのようなものかまで詳しく知っている人に限っても過半数を超えている。概して歳が若いほど認知率も高く、また作編曲が好きな人ほど詳しく知っている人が多い結果が出ている(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "音楽好きの間での「初音ミク」認知度95.0%"

14時0分時節, エンタメ・面白

2013/03/08

ボーカロイド曲のどこに魅力を感じるか、トップは「色々なジャンルの曲がある」

ボーカロイドの曲一覧東京工芸大学は2013年2月26日、音楽の視聴性向やいわゆる「ボーカロイド」に関する調査結果を発表した。それによると音楽を聴くことが好きな若年層のうち、「ボーカロイド曲」(ボカロ曲)の視聴経験がある人において、ぞのような点に魅力を覚えるかを尋ねたところ、最上位回答項目として挙げられたのは「色々なジャンルの曲がある」だった。次いで「動画共有サイトなどで無料で曲を聴ける」「生身の人間では歌えないような曲の表現がされる」などが続いている。作編曲の経験好き嫌い別では、全般的に「好き」な人ほど多くの点で魅力を感じていることがうかがえる(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "ボーカロイド曲のどこに魅力を感じるか、トップは「色々なジャンルの曲がある」"

14時45分エンタメ・面白, インターネット

睡眠時間は8時間前後、家事の時間は?…諸外国の働き人達のライフスタイルをグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)

睡眠総務省統計局では2012年7月13日から12月21日に渡り何度かに分割する形で、「2011年社会生活基本調査」の結果を公開している。そこでそれらの値を基に、【ボランティア活動の実態をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)】を皮切りに、気になる要素を抽出、さらに必要な時には追加資料、統計局のデータベース上の詳細値を用いて補足した上でグラフを実施し、社会生面での状況の把握を行っている。今回は諸国における有業者(働き人)の主要生活行動の中から睡眠・家事や家族のケア・テレビ・通勤の4項目に的を絞り、その平均時間を眺めてみることにした(【平成23年社会生活基本調査(総務省)】)。

続きを読む "睡眠時間は8時間前後、家事の時間は?…諸外国の働き人達のライフスタイルをグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)"

7時55分社会生活基本調査

2013/03/07

音楽好きで「ボカロ曲」を知ってる人7割近く、そのうち購入経験者は1割

初音ミク東京工芸大学は2013年2月26日、音楽の視聴性向やいわゆる「ボーカロイド」に関する調査結果を発表した。それによると音楽を聴くことが好きな若年層においては、「ボーカロイド曲」(ボカロ曲)という言葉を知っている人は7割近く居ることが分かった。中でも若年層の方が高い認知率を示している。そしてその言葉を知っている人のうち、実際に聴いたことがある人は6割を超え、カラオケで歌ったことがある人も1/4近くに達していた。一方、ボカロ曲を購入した経験がある人は、認知者のうち1割程度にとどまっていた(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "音楽好きで「ボカロ曲」を知ってる人7割近く、そのうち購入経験者は1割"

11時30分インターネット, エンタメ・面白

2013/03/05

インターネットの利用時間動向をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)

インターネット総務省統計局は2012年7月13日から12月21日にかけて、2011年社会生活基本調査の結果を発表した。そこで【ボランティア活動の実態をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)】を皮切りに、気になる要素を随所から抽出し、必要な時には追加資料や統計局のデータベース上の詳細値を使って補足した上でグラフ化し、社会生活の基本的な面における状況の把握を行っている。今回はインターネットの利用時間動向について、いくつかの属性に区切りながら見ていくことにする(【平成23年社会生活基本調査(総務省)】)。

続きを読む "インターネットの利用時間動向をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)"

11時30分社会生活基本調査

2013/03/04

テレビの「ながら視聴」が多いのは男性? 女性?!(2011年社会生活基本調査)

食事をしながらテレビ総務省統計局は2012年7月13日から12月21日にかけて、2011年社会生活基本調査の結果を発表した。そこで【ボランティア活動の実態をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)】を手始めとし、気になる要素を随所から抽出し、必要な時には追加資料やデータベース上の詳細値を使って補足した上でグラフ化し、社会生活の基本的な面における状況の把握を行っている。今回はいわゆるテレビの「ながら視聴」について、視聴時間の面から動向を探っていくことにする(【平成23年社会生活基本調査(総務省)】)。

続きを読む "テレビの「ながら視聴」が多いのは男性? 女性?!(2011年社会生活基本調査)"

14時45分社会生活基本調査

単にアニメを観るより動画共有サイトで動画を視聴する方が好まれる傾向

ニコ動東京工芸大学は2013年2月26日、音楽の視聴性向やいわゆる「ボーカロイド」に関する調査結果を発表した。それによると音楽を聴くことが好きな若年層においては、「アニメを視聴する」以上に「動画共有サイトで動画を観る方」が好きな人が多いことが分かった。また動画視聴に関しては、女性よりも男性、より若年層の方が高い好意率を示している(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "単にアニメを観るより動画共有サイトで動画を視聴する方が好まれる傾向"

6時55分エンタメ・面白, インターネット

2013/03/03

音楽好きな若年層、音楽を買ったきっかけは「アーティスト買い」「テレビで気に入って」そして「動画共有サイトで試聴して」

音楽試聴東京工芸大学は2013年2月26日、音楽の視聴性向やいわゆる「ボーカロイド」に関する調査結果を発表した。それによると音楽を聴くことが好きな若年層においては、もっとも好かれているジャンルは「ポップス・J-POP」であることが分かった。8割以上の人が好みであると回答している。一方、過去一年間に音楽関連のコンテンツを購入した際のきっかけとしては「好きなアーティストの新譜が出た」を挙げる人が最多回答率の5割近くを占め、次いで「ラジオやテレビで見聞きして気に入って」「動画共有サイトで試聴して」が続いている(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "音楽好きな若年層、音楽を買ったきっかけは「アーティスト買い」「テレビで気に入って」そして「動画共有サイトで試聴して」"

14時0分エンタメ・面白, インターネット

2013/03/02

夕食しながらテレビを見る人26.9%(2011年社会生活基本調査)

食事をしながらテレビ総務省統計局は2012年7月13日から12月21日にかけて、2011年社会生活基本調査の結果を発表した。そこで【ボランティア活動の実態をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)】を手始めとし、気になる要素を随所から抽出し、必要な時には追加資料やデータベース上の詳細値を使って補足した上でグラフ化し、社会生活の基本的な面における状況の把握を行っている。今回はいわゆる「ながら」行動について、「テレビ」にスポットライトを当てて見ていくことにする(【平成23年社会生活基本調査(総務省)】)。

続きを読む "夕食しながらテレビを見る人26.9%(2011年社会生活基本調査)"

15時0分社会生活基本調査

2013/03/01

テレビ番組関連動画を見る人3割、理由は「見逃した」「好きな時間に見られる」

YouTubeNHK放送文化研究所は2013年2月7日、「デジタル時代の新しいテレビ視聴(テレビ60年)調査」の概要データを公開した。それによると調査対象母集団においては、インターネット上でテレビ番組に関する動画を視聴している人は約3割いることが分かった。視聴理由としては「見逃した番組を見るため」がもっとも多く5割近く、次いで「見たい番組を好きな時間に見られるから」「過去の番組を見るため」「検索して見られるから」が続いている(【発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "テレビ番組関連動画を見る人3割、理由は「見逃した」「好きな時間に見られる」"

7時55分メディア, インターネット



(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS