2013/02/28

内容が受けて「COURRiER Japon」が伸びる…ビジネス・マネー系雑誌部数動向(2012年10月-12月)

【社団法人日本雑誌協会】は2013年2月19日、2012年10月から12月分の印刷部数を公表した。主要定期発刊誌の販売数を「印刷証明付き部数」ベースで公開したデータで、各紙が発表している「公称」部数より正確度が高く、各雑誌の現状を「正確に」把握できるデータといえる。今回は当サイトのメインテーマにもっとも近い「ビジネス・マネー系雑誌」についてデータをグラフ化し、推移を眺めることにする。

続きを読む "内容が受けて「COURRiER Japon」が伸びる…ビジネス・マネー系雑誌部数動向(2012年10月-12月)"

15時45分雑誌印刷証明付部数, noindex

「夫婦別姓選択」意向の世代間ギャップをもう少し詳しく調べてみる

名前先日【「夫婦別姓選択」反対派、賛成派をわずかに上回る】で内閣府の「家族の法制に関する世論調査」を元に、現行制度における「夫婦同姓義務」に関する世間一般の意向を確認した。大まかにまとめると「若年層は夫婦別姓の選択肢容認派が多数」「高齢層は夫婦別姓反対派が多数」「全体としては夫婦別姓反対派がやや上回る」というものだった。その結果を受け、「時間が経てば世論全体としても夫婦別姓選択肢の容認派が多数に及ぶ」という意見をいくつかいただくことになった。要は「若年層は賛成派多数。その人たちは歳をとっても賛成し続けるから、じきに高齢層も賛成派で埋まる」というものだ。この件に関し、未来の事象を眺めることはできないが、過去の事例から未来を予想することは可能。そこで今回は過去の調査データがどのような動きをしているかを確認してみることにした。

続きを読む "「夫婦別姓選択」意向の世代間ギャップをもう少し詳しく調べてみる"

11時30分時節

入浴時間、男女別ではどちらが長い? (2011年社会生活基本調査)

風呂総務省統計局は2012年7月13日から12月21日にかけて、2011年社会生活基本調査の結果を発表した。そこで【ボランティア活動の実態をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)】にあるように、気になる要素を抽出し、必要な時には追加資料やデータベース上の詳細値を使って補足した上でグラフ化し、状況の把握を行っている。今回は男女、世代別に入浴時間(湯船につかる以外にシャワーやサウナ、銭湯などの利用も含む)の動向を見ていくことにする。他人の入浴状況を知る機会はあまりないだけに、気にかかる人も多いだろう(【平成23年社会生活基本調査(総務省)】)。

続きを読む "入浴時間、男女別ではどちらが長い? (2011年社会生活基本調査)"

8時45分社会生活基本調査

「もっとも有益」は多方面でテレビ、ただし「面白いもの探し」ではパソコンが逆転

テレビカメラNHK放送文化研究所は2013年2月7日、「デジタル時代の新しいテレビ視聴(テレビ60年)調査」の概要データを公開した。それによると調査対象母集団においては、「ニュース」を取得する際にもっとも役立つものとして挙げられたのは「テレビ」が57%と過半数を占めていた。次いで「新聞」が28%と続いている。その他「楽しむ」「安らぎ」など多方面で「テレビ」が最多数意見を確保している。ただし「面白いものを探す」では「パソコン」が「テレビ」を抜き、「もっとも役に立つ」と判断された結果が出ている(【発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "「もっとも有益」は多方面でテレビ、ただし「面白いもの探し」ではパソコンが逆転"

7時55分時節, インターネット

2013/02/27

一番の夜更かし世代は? 世代別就寝時刻をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)

総務省統計局は2012年7月13日以降同年の12月21日までにかけて、2011年版の社会生活基本調査の結果を逐次発表・公開している。そこで【ボランティア活動の実態をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)】にあるように、当方で内容を精査した上で気になる要素を逐次抽出し、必要ならば統計局の公開データベース上の詳細値を使って補完し、グラフ化し、状況の把握と分析を行っている。今回は男女、曜日、そして世代別に就寝時刻(17時以降で翌日のお昼前に始まり、60分を超えて続く睡眠の開始時刻)の変移を見ていくことにする。もっとも夜更かしをしているのはどの世代なのか、気になる人も少なくあるまい(【平成23年社会生活基本調査(総務省)】)。

続きを読む "一番の夜更かし世代は? 世代別就寝時刻をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)"

11時0分社会生活基本調査, noindex

YouTubeの国内における公式チャンネル、視聴者数でトップはVEVO、次いでフジ

VEVO世界各地に調査パネルを持つアメリカ合衆国の調査機関comSCOREの、日本支社コムスコア・ジャパンは2013年2月19日に、オンライン上の動画サイトに関する包括的な調査手法「ビデオ・メトリックス(Video Metrix)」を用いて分析した、日本の動画ストリーミングサイトの最新利用状況レポート(2012年12月分)を公開した。その公開データによれば、YouTube内における日本国内の公式チャンネルで、もっとも多くのユニーク視聴者数を確保しているのはVEVOであることが分かった。次いでフジテレビ、SMEJ、avexが続いている。これらの上位陣内で再生回数の違いを見るとVEVOがトップには変わりないものの、その次にavexが上位ランクインしており、チャンネル毎のコンテンツの傾向、それに伴う視聴者の視聴スタイルに違いがあることが確認できる(【発表リリース】)。

続きを読む "YouTubeの国内における公式チャンネル、視聴者数でトップはVEVO、次いでフジ"

8時45分インターネット, ソフト・ウェブサービス

今年は回復したが5年前と比べると…4マスへの業種別広告費の「5年間の」推移(2013年発表)

2013年2月22日に公開した記事【電通資料を基に過去20余年の媒体別広告費の移り変わりをグラフ化してみる(2012年分反映版)】でも触れているように、電通は2013年2月21日、日本の広告費に関する調査報告書を発表した。その資料によれば、電通推定による2012年の日本の総広告費は「前年比3.2%増の5兆8913億円」であることが明らかにされた。世界同時金融危機・不況で減少した2008年以降継続していた前年比マイナスからようやく転じ、2012年は5年ぶりに前年比プラスの値となった。今回はこの報告書から、いわゆる4大既存メディア「テレビ」「雑誌」「新聞」「ラジオ」における、業種別広告費の5年前と直近(2012年)との比較をグラフ化してみることにした。各業種における、主要媒体に対する中期ベースでのアプローチの変化をかいま見れるはずだ(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "今年は回復したが5年前と比べると…4マスへの業種別広告費の「5年間の」推移(2013年発表)"

7時55分電通広告費(年次), noindex

2013/02/26

2013年1月度外食産業売上はマイナス2.2%・雪が客足を遠のかせる、一部企業の戦略転換も影響

日本フードサービス協会は2013年2月25日、協会会員会社を対象とした外食産業の市場動向調査における2013年1月度の調査結果を発表した。それによると総合売り上げは前年同月比でマイナス2.2%となり、先月から継続して前年同月を下回った。天候が荒れて客数が減少、さらには客単価も不調でマイナスとなり、結果として売り上げも前年同月に及ばなかった(【発表リリースページ】)。

続きを読む "2013年1月度外食産業売上はマイナス2.2%・雪が客足を遠のかせる、一部企業の戦略転換も影響"

15時45分外食産業売上, noindex

仕事するほど寝る時間も遅くなる…男女・曜日・仕事の有無別就寝時刻をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)

総務省統計局は2012年7月13日から12月21日にかけて逐次、2011年版「社会生活基本調査」の結果を公開している。そこで【ボランティア活動の実態をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)】にあるように、目に留まった点を抽出し、必要な時には追加資料や統計局のデータベース上に展開されている詳細値を使って補足した上でグラフ化し、状況の把握を行っている。今回は男女、就業のある無し、そして直近と5年前における就寝時刻(17時以降で翌日のお昼前に始まり、60分を超えて続く睡眠の開始時刻)の変移を見ていくことにする。個々の生活様式で大きく変化するため、あくまでも同一属性内の平均的な値ではあるが、ライフスタイルの動向を知る上で傾向を知るのは有意義に違いない(【平成23年社会生活基本調査(総務省)】)。

続きを読む "仕事するほど寝る時間も遅くなる…男女・曜日・仕事の有無別就寝時刻をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)"

11時0分社会生活基本調査, noindex

「ファミ通DS+Wii」の「森」特需は継続、他誌から群を抜く伸び…ゲーム・エンタメ系雑誌部数動向(2012年10月-12月)

【社団法人日本雑誌協会】は2013年2月19日、2012年10月から12月分の印刷部数を公表した。主要定期発刊誌の販売数を「印刷証明付き部数」ベースで公開したデータで、正確さの観点では各誌が自ら発表している「公称」部数よりはるかに高精度、精密な値である。今回は「ゲーム・エンタメ系」のデータをグラフ化し、前回掲載記事からの推移を眺めてみることにする。

続きを読む "「ファミ通DS+Wii」の「森」特需は継続、他誌から群を抜く伸び…ゲーム・エンタメ系雑誌部数動向(2012年10月-12月)"

7時55分雑誌印刷証明付部数, noindex

2013/02/25

「夫婦で名字が異なる場合、その子供にマイナスの影響がある」2/3が懸念

親子内閣府は2013年2月18日、「家族の法制に関する世論調査」の結果を発表した。それによると法的に婚姻状態にある夫婦が同じ名字(姓)を名乗らねばならない現行の法令制度に関し、夫婦の名字が違う場合、その夫婦の子供に何か影響が生じるかについて聞いたところ、「悪い影響がある」と考えている人は約2/3いることが分かった。「特に影響はない」とする人は3割足らずにとどまっている。世代別では女性でやや高齢者ほど「悪影響」回答者の比率が下がるが、属性による大きな差異は見られず、全般的な流れてあることが確認できる(【発表リリース】)。

続きを読む "「夫婦で名字が異なる場合、その子供にマイナスの影響がある」2/3が懸念"

15時45分時節, 教育・育児

YouTube、ニコ動、FC2動画…オンライン動画御三家の利用者世代構成比を探る

世代世界各地に調査パネルを有するアメリカの調査機関comSCOREの日本支社コムスコア・ジャパンは2013年2月19日、同社のオンライン上の動画サイトに関する包括的な調査手法「ビデオ・メトリックス(Video Metrix)」で分析した、日本の動画ストリーミングサイトの最新利用状況に関するレポート(2012年12月分)を公開した。今回はその資料の中から、利用者上位3サービスであるGoogle(YouTube)、Dwango(ニコ動)、FC2(FC2動画)の利用者の内訳を見ていくことにする(【発表リリース】)。

続きを読む "YouTube、ニコ動、FC2動画…オンライン動画御三家の利用者世代構成比を探る"

14時45分インターネット, ソフト・ウェブサービス

女性の夕食時間、一番遅い世代は? 世代別夕食開始時刻をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)

2012年7月13日から12月21日にかけて総務省統計局では、2011年版の「社会生活基本調査」の結果を発表した。そこで【ボランティア活動の実態をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)】に代表されるように、ポイントとなる項目を逐次抽出し、時には追加資料やデータベース上の詳細値を使い補足した上でグラフ化し、状況の把握と精査分析を行っている。今回は男女、曜日、そして世代別に夕食の開始時刻の変移を見ていくことにする。表題にもある「女性の夕食開始時刻」にはある特異な動きがあるのだが、それに関する考察も合わせて行おう(【平成23年社会生活基本調査(総務省)】)。

続きを読む "女性の夕食時間、一番遅い世代は? 世代別夕食開始時刻をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)"

11時0分社会生活基本調査, noindex

ゲームソフトランキング更新、3DS版『DQ VII』が2週目もケタ違いの独走続ける

メディアクリエイトが発表した2013年2月11日-2013年2月17日の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、今回週トップの座についたのは、先週に続き名作ロールプレイングゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズのニンテンドー3DSへの移植版『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』だった。タイトル名の通り『ドラゴンクエスト』シリーズの第7作目にあたる作品の移植版。原作は2000年に据え置き型ゲーム機プレイステーション用として発売され、重厚かつ圧倒的なボリュームを誇るシナリオや、「石版」を集めて世界が広がるゲームシステムなどが話題となり、国内出荷本数410万本以上を記録している超大作。今回3DS版として移植されるにあたり、同機種ならではの深みのあるグラフィックの演出、転職システムでは50種類以上の職業の実装、「すれちがい通信」に対応した石版システムなど、かつて原作で遊んだ人でも再度ゲームの世界にのめり込める要素を備えている。【3DS版「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」出荷本数100万本突破】でも伝えた通り、すでに出荷本数は100万本を突破。今回販売実績も100万本超が確認され、見事ミリオンセラーとなった。

続きを読む "ゲームソフトランキング更新、3DS版『DQ VII』が2週目もケタ違いの独走続ける"

9時45分ゲームランキング, noindex

全体的に復調目覚ましく、特にテレビの自動車が大きな影響…4マス別個の業種別広告費推移(2013年発表)

先の2月22日に掲載した記事【電通資料を基に過去20余年の媒体別広告費の移り変わりをグラフ化してみる(2012年分反映版)】でも触れている通り、電通は2013年2月23日に日本の広告費に関する調査報告書を同社公式サイトで公開した。その資料によれば、電通推定による2012年の日本の総広告費は前年比3.2%増の5兆8913億円であることが明らかにされた。世界同時金融危機・不況で減少した2008年以降続いていた前年比マイナスの継続から転じ、2012年は5年ぶりに前年比プラスの値を示すこととなった。今回は同資料を用い、去年の記事を更新する形で、いわゆる4大既存メディア(4マス)こと「テレビ」「雑誌」「新聞」「ラジオ」における、業種別広告費の前年比をグラフ化してみることにした。各業種における、主要媒体に対するアプローチの変化をかいま見れるだろう(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "全体的に復調目覚ましく、特にテレビの自動車が大きな影響…4マス別個の業種別広告費推移(2013年発表)"

8時45分電通広告費(年次), noindex

「ウルトラジャンプ」は「ジョジョリオン」効果再び…少年・男性向けコミック誌部数動向(2012年10月-12月)

【社団法人日本雑誌協会】は2013年2月19日、2012年10月から12月分の印刷部数を公表した。主要定期発刊誌の販売数を「印刷証明付き部数」ベースで公開したデータで、業界の動向・実情を示すものとしては、各紙・各出版社が発表している「公称」部数より精度が高く、検証素材としても有益なものである。今回は当サイトの読者層を考慮し、「少年・男性向けコミック誌」のデータをグラフ化し、前回発表分データからの推移を眺めることにする。

続きを読む "「ウルトラジャンプ」は「ジョジョリオン」効果再び…少年・男性向けコミック誌部数動向(2012年10月-12月)"

7時55分雑誌印刷証明付部数, noindex

「夫婦異名字OK」で子供が二人いた場合、それぞれ別の名字をつけても良い? ダメ?!

兄弟内閣府は2013年2月18日、「家族の法制に関する世論調査」の結果を発表した。それによると法的に婚姻状態にある夫婦が同じ名字(姓)を名乗らねばならない現行の法令制度に関し、仮に「夫婦が婚姻前の名字を名乗ることを希望していた場合、それぞれ婚姻前のを名乗っても良い」と法令が変更されたとした場合、夫婦に二人以上の子供がいた時には、それぞれ別の名字をつけてもよいとする人は全体で1割強に留まっていることが分かった。同じ名字にすべきだとの意見は2/3に達している(【発表リリース】)。

続きを読む "「夫婦異名字OK」で子供が二人いた場合、それぞれ別の名字をつけても良い? ダメ?!"

6時55分時節

2013/02/24

男性より女性、無職な人ほど早めに夕食をとる傾向(2011年社会生活基本調査)

総務省統計局は2012年7月13日から12月21日にかけて順次、2011年版の社会生活基本調査の結果を発表している。そこで当サイトでは【ボランティア活動の実態をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)】に代表されるように、ポイントをいくつか抽出し、時には追加資料やデータベース上の詳細値を使い補足した上でグラフ化し、状況や分析の把握を行っている。今回は男女、就業のある無し、そして直近と5年前における夕食の開始時刻の変移を見ていくことにする。生活様式で大きく変化するため、あくまでも同一属性内の平均的な値ではあるが、ライフスタイルの動向を知る上で傾向を知るのは有意義に違いない(【平成23年社会生活基本調査(総務省)】)。

続きを読む "男性より女性、無職な人ほど早めに夕食をとる傾向(2011年社会生活基本調査)"

14時0分社会生活基本調査, noindex

災害廃棄物の処理は4割強、津波堆積物は2割足らず…震災がれき処理動向(2013年1月31日時点)

当サイトでは先の震災の回復状況を数字面から少しでも推し量れるように、統計値上から2011年3月に発生した東日本大地震・震災における被害状況をまとめている。今回は先月の記事を更新する形で、俗に「震災がれき」と呼ばれている災害廃棄物等、災害廃棄物と津波堆積物の処理最新動向を精査することにした。

続きを読む "災害廃棄物の処理は4割強、津波堆積物は2割足らず…震災がれき処理動向(2013年1月31日時点)"

10時30分がれき処理, noindex

2013/02/23

大学生が一番怠惰!? 世代別の起床時刻をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)

総務省統計局は2012年7月13日から12月21日にかけて、2011年社会生活基本調査の結果を発表した。そこで【ボランティア活動の実態をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)】を皮切りに、気になるポイントを逐次抽出し、必要な場合には追加資料やデータベース上の詳細値を使い補足した上でグラフ化し、状況の把握を行っている。今回は男女、曜日、そして世代別に起床時刻の変移を見ていくことにする。「お年寄りは早起き」「大学生は起床時刻をはじめ時間にルーズ」とはよく耳にする話だが、その実態が垣間見れる結果となっている(【平成23年社会生活基本調査(総務省)】)。

続きを読む "大学生が一番怠惰!? 世代別の起床時刻をグラフ化してみる(2011年社会生活基本調査)"

15時0分社会生活基本調査, noindex



(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN