主要国で比較する「スポーツやゴシップ系ニュースはどこで手に入れるか」(2012年発表版)

2013/01/07 10:30

ゴシップ系雑誌の広告先に【世界主要国のテレビ視聴時間をグラフ化してみる(2012年発表版)】でも記した通り、イギリスの情報通信庁は2012年12月14日までに、同庁が毎年発表している、世界各国の通信業界・メディア動向をまとめたレポート「International Communications Market Report」の最新版にあたる【International Communications Market Report 2012】を公開した。発信元の都合もありイギリス中心の内容ではあるが、有意義なデータが多数盛り込まれていて、検証に値する内容といえる。今回はその中から「主要国における、『スポーツやゴシップ系ニュース』を取得する時にもっともよく使う情報源」を見て行くことにする。

スポンサードリンク


先に【主要国で比較する「ニュースはどこで手に入れるか」(2012年発表版)】で示したように、ニュースを取得するのにもっともよく使われるメディアは「テレビ」が優勢、「インターネット」がそれに続き、地域・地方ニュースでは「新聞・雑誌」も健闘を示すという形だった。


↑ ニュースを取得する際にもっとも使うソース(全国ニュース)(2012年9月)(再録)
↑ ニュースを取得する際にもっとも使うソース(全国ニュース)(2012年9月)(再録)

それではやや娯楽色が強い、スポーツニュースやゴシップ系のニュースの場合でも、同じような動きが見られるのだろうか、というのが今回のテーマ。まずはスポーツニュースだが、2-3割が興味なし。そして「テレビ」と「インターネット」がほぼ横並びの形となった。

↑ ニュースを取得する際にもっとも使うソース(スポーツニュース)(2012年9月)
↑ ニュースを取得する際にもっとも使うソース(スポーツニュース)(2012年9月)

国別に「テレビ」「インターネット」どちらが優勢かを見ると、

・テレビが優勢…ドイツ、アメリカ、日本、オーストラリア
・インターネットが優勢……イギリス、フランス、イタリア、スペイン

という次第。特に日本における「テレビ」の優勢さが目に留まる。日本におけるスポーツ系ニュースの配信体制の(他国と比べた上での)立ち遅れが、この結果をもたらした一因と考えられる。

次は芸能系ニュースやゴシップ系ニュース。こちらはスポーツニュース以上に関心を持たない人が多い。大体4割に達している。

↑ ニュースを取得する際にもっとも使うソース(ゴシップ・有名人のニュース)(2012年9月)
↑ ニュースを取得する際にもっとも使うソース(ゴシップ・有名人のニュース)(2012年9月)

「地方・地域ニュース」ほどではないが、「新聞・雑誌」の回答率がやや高めなのも特徴といえる。そして伝統的メディアの強いドイツ以外では、押しなべて「テレビ」以上に「インターネット」を「取得のためにもっともよく使うメディア」と挙げているのが確認できる。速報性の高さ、アングラ的な雰囲気がある、そして何よりも当事者自身が情報発信をし得るのもまた、「インターネット」とゴシップ系ニュースで相性が良い理由なのだろう。


■関連記事:
【一番はメインニュース、では次は? 米新聞購読者の「読んでいる場所」の傾向をグラフ化してみる(2011年版)】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー