2012/08/20

思わず食べたくなる筆入れ

Ashtanurツールのデジタル化が進んでも、学生や書き物を生業とする人には、筆箱・筆入れの類は必要不可欠。シンプルな造形のものもあれば、デザイン的に優れたもの、機能性に長けたもの、そして他の造形を真似た「びっくり系」のものもある。今回紹介する筆入れも、どちらかといえば最後の部類に属するもの。思わずお腹が鳴り出す、ステキな発想の逸品である(【参照:Like Cool】)。

続きを読む "思わず食べたくなる筆入れ"

12時0分時節

節約目的でネットで価格比較、家電や宿、旅行が人気

比較サイトで比較中オリックス生命保険は2012年8月7日、節約生活などに関する調査結果を発表した。それによると調査母体において、節約目的でインターネットを使って、商品やサービスの価格・内容を比較したことがあるものの最上位には「家電」がついた。6割以上の人が経験ありと答えている。次いで「宿」「旅行」「ファッション用品」と続く。男女別では概して女性の方が高い値を示しており、特に「ファッション用品」「化粧品」で大きな差異が確認できる(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "節約目的でネットで価格比較、家電や宿、旅行が人気"

6時40分時節

2012/08/19

「タンスの肥やし」がトップ…やりがちな無駄遣いとは

タンスの肥やしオリックス生命保険は2012年8月7日、節約生活などに関する調査結果を発表した。それによると調査母体において、「ついしてしまいがちな無駄遣い」の最上位には「買っても一度も着用しない服や靴がある」がついた。3割強の人が同意を示している。次いで「食品を買っても(購入したことを忘れて、使いきれずに)腐らせてしまう」「誰も観ないテレビがついている」などが続く。男女別では家事回りや着衣の面で、女性が高い値を示している(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "「タンスの肥やし」がトップ…やりがちな無駄遣いとは"

6時30分時節

2012/08/18

「この10年で日本の治安は悪化」8割、理由は「地域社会の連帯感の希薄化」「景気悪化」

警官内閣府は2012年8月16日、日本の治安に関する特別世論調査の結果を発表した。それによると、最近治安が悪化していると感じている人は8割を超えていることが分かった。「悪化している」の回答者にその理由を尋ねると、もっとも多くの人が「地域社会の連帯意識の希薄化が原因」と答えている。また、景気悪化による治安の悪化を懸念する声も大きい(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "「この10年で日本の治安は悪化」8割、理由は「地域社会の連帯感の希薄化」「景気悪化」"

12時10分時節

「もっと節約できるかも」今後見直したいもの最上位は「通信費」

計算オリックス生命保険は2012年8月7日、節約生活などに関する調査結果を発表した。それによると調査母体において、今後の生活で「さらなる節約ができるかも」と見直したいものの最上位には「通信費(携帯電話やインターネットなど)」がついた。3割近い人が同意を示している。次いで「電気代」「外食費」などが続いている。「電気代」や「食品・飲料費」などは総じて女性の方が見直したいとの意見が多く、「保険料」では歳を経るほど希望者が増える傾向が見られる(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "「もっと節約できるかも」今後見直したいもの最上位は「通信費」"

12時0分時節, 経済・金融・市場・家計

2012/08/17

節約したくないもの、最上位にはレジャー・娯楽費、でも子供がいると…

教育費オリックス生命保険は2012年8月7日、節約生活などに関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、日頃の生活で節約したくないものの最上位には「レジャー・娯楽費」がついた。約3割の人が同意を示している。次いで「食品・飲料(除く酒)費」「交際費」などが続く。ただしこれを世帯に子供が居る・居ない別でみると、子供がいる世帯では最上位に「教育費」が付き、次いで「医療費」の順となっている。世帯に子供がいると消費・節約周りでも優先順位が大きく変わる様相が見て取れる(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "節約したくないもの、最上位にはレジャー・娯楽費、でも子供がいると…"

12時10分時節, 経済・金融・市場・家計

時間を生み出す魔法のような10の方法

時間「毎日がもう1時間余計にあれば」と思った経験は誰もが一度や二度はあるはず。「あと1時間余計に寝れる」「ゲームが1時間余計に遊べる」「家の掃除ももっときれいに出来たかも」「テスト勉強の準備も」などなど、「もしも」の世界に想いを馳せるのは悪くない。しかし現実は厳しい。誰の身にも1日は24時間しか割り振られない。だが時間の配分を工夫することで、「より重要な事柄」に多くの時間を割き、有効に活用することは不可能ではない。「Dumb Little Man」では【10 Ways to Find More Hours in Your Day】と称し、時間の有効な再配分法・活用法を伝えている。

続きを読む "時間を生み出す魔法のような10の方法"

6時55分ライフハック

2012/08/16

ストレスの度合いを軽減する6つの方法

ストレスよほどの能天気か楽天家などで無い限り、ストレスを感じない人はいない。多かれ少なかれ、人は日々ストレスを覚え、それと対峙しながら生活している。同僚とのいざこざ、理解しがたい言動を繰り返す上司、家計のやりくりの難しさ、反抗期を迎えた子供達、さらには携帯電話やインターネットなど、「待ち時間」を少なくする、体感的に時間の流れが速くなるような環境が整備され、ストレスがたまる要因は増えるばかり。しかし残念ながらそれらは「避けては通れない」ものが多い。そこで「Dumb Little Man」では【Six Simple Ways to Reduce Your Stress Levels】と称し、「ストレスの度合いを軽減する6つの方法」を指南している。

続きを読む "ストレスの度合いを軽減する6つの方法"

6時50分ライフハック, 時節

ゴミの分別、ケータイの店頭回収…リサイクルやリユースのために、普段から何してる?

リサイクル内閣府は2012年8月6日、環境問題に関する世論調査結果を発表した。それによると、日常生活において一度使ったもの、ごみがリユースやリサイクルされやすいように、普段から行っている事柄として、もっとも多くの人が「実行している」と答えたのは「家庭ごみの種類別分別と定められた場所への廃棄」だった。8割強の人が行っている。次いで「リサイクルされやすいように瓶は洗う」「トレイや牛乳パックなどの店頭回収に協力」などが続く。男女別では女性の実行率が男性よりも高く、世代別では携帯電話などの店頭回収や、フリーマーケットなどの活用の点で、若年層が高齢層よりも高い実行率を示している(【発表リリース】)。

続きを読む "ゴミの分別、ケータイの店頭回収…リサイクルやリユースのために、普段から何してる?"

6時40分時節

2012/08/13

電気代、外食費、ファッション…日頃から節約しているもの

節約オリックス生命保険は2012年8月7日、節約生活などに関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、日頃から出費を抑えるために節約しているものの最上位には「電気代」がついた。6割近い人が意識している。次いで「外食費」「衣類・ファッション費」が続く。男女別ではおしなべて女性の方が節約志向が強く、男性と比べて5-10ポイントほどの差が開いている(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "電気代、外食費、ファッション…日頃から節約しているもの"

6時45分時節, 経済・金融・市場・家計

2012/08/12

コンビニの宅配サービス、歳を経るほど「利用したい」

セブンらくらくお届け便[マルハニチロホールディングス(1334)]は2012年7月26日、コンビニエンスストア(コンビニ)の利用実態に関する調査結果を発表した。それによると週一以上でコンビニを使う調査母体において、コンビニの宅配サービスを利用したいと考えている人は1/4程度にとどまっていた。しかし歳を経るに連れてその値は漸増しており、シニア層では比較的需要が大きいと考えられる結果が出ている([発表リリース、PDF])。

続きを読む "コンビニの宅配サービス、歳を経るほど「利用したい」"

7時20分時節

2012/08/11

子供を夏の暑さから守るために

夏の子供夏の日差しが照りつける中においては、以前【熱疲労の「シグナル」に注意する】などてもお伝えしたように、高齢者や慢性疾患の所有者と共に子供達もまた、熱中症のリスクが高いことで知られている。要は体の抵抗力に難がある人のことなのだが、子供達はその自覚がない場合が多く、保護者が頭を痛める状況に陥る事例も多い。【アメリカ小児学会(AAP、the American Academy of Pediatrics)】【Health Days】を介し、子供を少しでも熱中症のリスクから避けるためのアドバイスを施している。

続きを読む "子供を夏の暑さから守るために"

6時50分時節

2012/08/10

夏場の足を守るために

サンダル暑い日差しが照り付け、フライパンのように熱せられたプールサイドのコンクリートや海岸の砂浜を素足で歩き、あまりの熱さにダンスを踊るかのごとく飛び回る情景は、アニメや漫画などでよく使われる描写。そこまでオーバーでは無いものの、多かれ少なかれ似たような経験をした人は結構いるはず。【アメリカの足病医学会(The American Podiatric Medical Association、APMA)】【Health Days】を介し、夏の熱い時期に足を保護するための施策を提示している。

続きを読む "夏場の足を守るために"

12時0分時節

アメリカ世帯の食費推移をグラフ化してみる

食事アメリカの調査機関【ギャラップ社】は2012年8月2日、アメリカの世帯単位での食費に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、1世帯当たりの週当たりの食費は平均で151ドル、中央値で125ドルであることが分かった。また今発表では最新の結果に合わせて、戦中からの同様の調査の結果も列挙されている。今回はその値にスポットライトを当てることにする(【発表リリース】)。

続きを読む "アメリカ世帯の食費推移をグラフ化してみる"

6時50分時節, 経済・金融・市場・家計

2012/08/09

熱疲労の「シグナル」に注意する

夏気候の急激な変化に体調の調整が追い付かず、難儀をする人は少なくない。特に高年齢層、慢性疾患の保有者、乳幼児は急激な寒さや暑さへの変移に対応しきれず、体を壊してしまうかもしれない。【アメリカ疾病対策予防センター(The U.S. Centers for Disease Control and Prevention、CDC)】では【Health Days】を介し、急激な暑さの中で体調の調整が追い付かずに熱中症などの発症リスクを持つ、あるいはすでに体調不良に陥っているかもしれない人たちの「シグナル」について列挙している。特に年配者に対しては、この傾向が確認できた場合、熱疲労(熱中症の症状の一つ)、そして熱中症発症を疑う必要がある。

続きを読む "熱疲労の「シグナル」に注意する"

12時10分時節

2012/08/08

一般携帯よりもスマートフォンの方がトラブルは多い? 米携帯電話トラブル事情

スマートフォントラブルアメリカの調査機関【Pew Research Center】は2012年8月2日、携帯電話利用上のトラブルに関する報告書【Mobile Phone Problems】を公開した。同社の報告書としては比較的短い文面ではあるが、そこからは携帯電話の保有者が抱える苦悩は日本もアメリカもさほど変わりがないことがうかがえる。今回はその中から「代表的な携帯電話上のトラブルの、スマートフォンとその他携帯電話における遭遇頻度の違い」について見ていくことにする。

続きを読む "一般携帯よりもスマートフォンの方がトラブルは多い? 米携帯電話トラブル事情"

6時45分モバイル

2012/08/07

プールでの不用意な飛び込み禁止

飛び込みコントやコメディなら「失敗しちゃった」で舌を出して恥ずかしがれば済む話だが、実態はそう簡単な話ではないのが「浅い場所への無理な飛び込み」によるトラブル事例。場合によっては脊髄損傷、脳障害、さらには死に至るリスクも想定される。とりわけ無鉄砲な行動をしやすい子供において、そのリスクが高いことから、【米国小児科学会】では【Health Days】を介し、安全な飛び込みに関するガイドラインを呈している。

続きを読む "プールでの不用意な飛び込み禁止"

12時10分時節

自家用車での帰省、何キロの渋滞なら高速道の利用をあきらめる?

渋滞ソニー損害保険は2012年8月3日、お盆の帰省に関する調査結果を発表した。それによると自家用車を自分で運転し、今年のお盆に帰省する予定がある20-50代という調査母体においては、その帰省の際に高速道路を使う場合、平均で27.1キロの渋滞に遭遇したら高速道路の利用をあきらめると答えていた。10キロ未満であきらめる人が1割強居る一方、渋滞規模を気にせずに高速道路を使う人も1割近く確認できる(【発表リリース】)。

続きを読む "自家用車での帰省、何キロの渋滞なら高速道の利用をあきらめる?"

6時30分時節

2012/08/06

アメリカの世帯食費は週平均151ドル

食費アメリカの調査機関【ギャラップ社】は2012年8月2日、アメリカの世帯単位での食費に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、1世帯当たりの週当たりの食費は平均で151ドル、中央値で125ドルであることが分かった。世帯年収が多いほど、子供のいる世帯ほど食費も上がる傾向がある(【発表リリース】)。

続きを読む "アメリカの世帯食費は週平均151ドル"

12時10分時節, 経済・金融・市場・家計

子供とプール、保護者が注意すべきこと

子供の水泳日本ではプールを配する(面積・経費共に)余裕のある住宅はさほど多くない。しかし欧米では確実に日本以上の容易さで、自宅にプールを設置し、夏を大いに楽しめる。日本でもいわゆる「ビニールプール」を使えば、大きさはケタ違いなものの、涼を楽しむことは可能だ(比較するとやや虚しいものはあるが)。しかしながらそのプールに関するトラブルも、欧米、日本共に後を絶たない。【米国小児科学会】では【Health Days】を介し、このような「自宅のプール」をメインとしながらも、子供とプール遊びに関する注意事項を伝えている。

続きを読む "子供とプール、保護者が注意すべきこと"

12時0分時節



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS