2011/09/14

利用は5割強・子供の携帯電話におけるフィルタリングの利用状況

携帯インターネット警察庁は2011年8月25日、「児童が使用する携帯電話に関わる利用環境実態調査」の結果報告書を公開した。その報告書では子供と携帯電話の関係について、多種多様で有意義なデータが記載されている。今回はその中から、子供の携帯電話に対し、いわゆる「フィルタリング」をしているか否かの状況についてグラフ化を行うことにした(【発表リリース、PDF】)。


続きを読む "利用は5割強・子供の携帯電話におけるフィルタリングの利用状況"

6時36分モバイル

スマートフォン時代の「夕ご飯出来たわよ」

「夕ご飯出来たわよ」日本でも【レシピなサイトが株式上場! クックパッドがマザーズに7月17日上場へ】にある通り、レシピサイトを運用する会社が上場を果たすほど、パソコンとレシピ・料理の相性は良い。最近ではスマートフォンの普及率が高まり、手元に置いて手順を見ながら料理をすることが出来るようになったため、ますます重宝されている。レシピ専用のスマートフォン用アプリも珍しくなくなった。今回紹介するのは、そのレシピにセンスある「オマケ機能」をつけて、競合他アプリに優位性を持たせた、ちょっと変わったスマートフォン用レシピアプリである(【ADS of the world】)。


続きを読む "スマートフォン時代の「夕ご飯出来たわよ」"

6時35分広告手法, モバイル

2011/09/13

モバイル大展開…ニールセンのレポートからインドネシアのネット事情をかいま見る

インドネシア以前【モバイルインターネットの広がりをかいつまんでみる……インドと中国】でも触れたように、アジア諸国のインターネットとモバイル絡みの話としては、人口の多さもあってかインドや中国の挙動に熱い視線が注がれている。一方でインドネシアはその両国ほどでは無いものの、他のアジア諸国とは少々異なる趣から、スポットライトを当てられることがある。その良い例が【Facebookの利用者数と増加率上位国(2011年7月分)】にも挙げたFacebookの利用者数動向で、インドネシアはアメリカに次いで第二位についている。そしてその多くがモバイル端末経由という実情もある。先日ニールセンが発表した【東南アジアのデジタル消費者レポート(の販促用ダイジェスト)】では、その一端を推し量れる材料が提示されていた。今回は資料的な意味合いも兼ねて、それらをまとめておくことにしよう。


続きを読む "モバイル大展開…ニールセンのレポートからインドネシアのネット事情をかいま見る"

12時10分モバイル, 時節

【更新】カレーを使った料理、一番人気はカレーうどん

カレーうどんマイボイスコムは2011年8月26日、「カレー」に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、8割強の人が月一以上のペースでカレーを食べていることが分かった。また、カレーやカレー・ルウを使った食品で好きなものとしては「カレーうどん」がトップで、次いで「インドカレー」「チキンカレー」「カレーパン」が続いている(【発表リリース】)。


続きを読む "【更新】カレーを使った料理、一番人気はカレーうどん"

12時0分時節

子供の携帯電話によるインターネット利用率

携帯インターネット警察庁は2011年8月25日、「児童が使用する携帯電話に関わる利用環境実態調査」の結果報告書を公開した。その報告書には子供と携帯電話の関係について、多種多様なデータが豊富に盛り込まれている。今回はその中から、携帯電話を持つ子供が、その携帯電話を使ってインターネットにアクセスしているか否かについてグラフ化を行うことにした(【発表リリース、PDF】)。


続きを読む "子供の携帯電話によるインターネット利用率"

6時49分インターネット, モバイル

スマートフォンのセキュリティ、不安も需要もウイルス関連

スマートフォンマカフィーは2011年9月12日、スマートフォンユーザーにおけるセキュリティに関する意識・被害実態を明らかにした「スマートフォン利用におけるセキュリティ意識」を発表した。それによるとスマートフォンユーザーで構成される調査母体においては、半数以上の人がスマートフォン利用の際に、「ウイルスなどのマルウェア感染」への不安を感じていることが分かった。また、個人情報の流出・消失と共に、端末自身の物理的トラブルにも大きな心配を抱いている様子がうかがえる(【発表リリース】)。


続きを読む "スマートフォンのセキュリティ、不安も需要もウイルス関連"

6時48分モバイル

2011/09/12

動画共有サイト利用者の9割超はYouTube、5割近くニコ動を使用

順位マイボイスコムは2011年8月26日、動画共有サイトに関する調査結果を発表した。それによると調査母体のうち約3/4を占める動画共有サイト利用者においては、YouTubeの利用率がもっとも高いことが分かった。次いでニコニコ動画・FC2動画の順となっている。特にYouTubeは動画共有サイト利用者の9割以上が使ったと答えており、スタンダード的な立場にあるといえる(【発表リリース】)。


続きを読む "動画共有サイト利用者の9割超はYouTube、5割近くニコ動を使用"

12時10分インターネット

生死を分かつ数分の差…東日本大地震での「津波からの避難開始時間」

避難までのタイミングウェザーニューズは2011年9月8日、東日本大地震・震災における津波の被害に関する調査報告を発表した。無事に避難が出来て生存した人と、亡くなった人との間の行動・判断の違いを確認するための調査で、減災対策・避難活動の計画立案などにおいて、非常に重要な資料に仕上がっている。今回はその中から、津波から逃れるための、地震(本震)発生から避難開始後の時間にスポットライトを当てることにする(【発表リリース】)。


続きを読む "生死を分かつ数分の差…東日本大地震での「津波からの避難開始時間」"

12時0分時節

ソーシャルメディアで使われる名前と本名との関係(2011年版情報通信白書より)

名前総務省は2011年8月9日、2011年版の【情報通信白書】を公開した。構成要素の多くは以前【携帯電話とパソコンの所属世帯年収別利用率(2010年分データ反映版)】でも紹介した「通信利用動向調査」の結果を元にしている一方、他にも色々な資料を元にした注目すべきデータを収録し、資料性の高いものとなっている。今回はその中から、主要ソーシャルメディア(今件ではmixiやFacebookなどのSNS以外に、ツイッターなどのミニブログ、ブログや掲示板なども含む)利用者における、「自分自身を表す名前・ハンドルネーム」と「本名」の関係について見て行くことにする(【該当ページ:第3章 「共生型ネット社会」の実現がもたらす可能性(4)ソーシャルメディアの課題】)。


続きを読む "ソーシャルメディアで使われる名前と本名との関係(2011年版情報通信白書より)"

7時20分情報通信白書

「小学高学年」「中学入学」「高校入学」がタイミング…子供の携帯電話保有開始時期

携帯は進学と共に警察庁は2011年8月25日、「児童が使用する携帯電話に関わる利用環境実態調査」の結果報告書を公開した。その報告書には子供と携帯電話の関係について、価値あるデータが豊富に盛り込まれている。今回はその中から、携帯電話を持つ子供が、いつから保有を始めたのかについてデータを抽出し、グラフ化を行うことにした(【発表リリース、PDF】)。


続きを読む "「小学高学年」「中学入学」「高校入学」がタイミング…子供の携帯電話保有開始時期"

7時17分モバイル, 時節

エバラ強し・家庭で使う「焼肉のたれ」、トップ2はエバラブランドが独占

エバラーズマイボイスコムは2011年8月26日、「焼肉のたれ」に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、4割強の人が月一以上のペースで自宅にて「焼肉のたれ」を使っていることが分かった。主に使うブランドは「エバラ 黄金の味」がトップで「エバラ 焼肉の味」が続いている。この二種類だけで利用者の6割近くをしめており、エバラ食品工業の「焼肉のたれ」分野における圧倒性があらためて確認できる結果となった(【発表リリース】)。


続きを読む "エバラ強し・家庭で使う「焼肉のたれ」、トップ2はエバラブランドが独占"

7時16分時節

2011/09/11

アメリカのモバイル端末を使った位置情報の利用率

場所サービスアメリカの調査機関【Pew Reserch Center】は2011年9月6日、アメリカにおける「モバイル端末を利用した位置情報サービス」に関する調査結果を発表した。今回はそのデータの概要をまとめ、同サービスの浸透状況を確認してみることにする(【発表リリース】)。


続きを読む "アメリカのモバイル端末を使った位置情報の利用率"

19時30分モバイル, 時節

動画共有サイト利用率7割強、目的トップは「暇つぶし」

視聴マイボイスコムは2011年8月26日、動画共有サイトに関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、約3/4が何らかの形で動画共有サイトを利用していることが明らかになった。また利用目的としては「暇つぶし」がもっとも多く利用者の約4割を占め、次いで「自分の好きなタレントやキャラクタなどの動画視聴」が続いている(【発表リリース】)。


続きを読む "動画共有サイト利用率7割強、目的トップは「暇つぶし」"

12時0分時節, インターネット

世代別・ソーシャルメディア利用時の個人情報の開示範囲(2011年版情報通信白書より)

公開総務省は2011年8月9日、2011年版の【情報通信白書】を公開した。構成要素の多くは以前【携帯電話とパソコンの所属世帯年収別利用率(2010年分データ反映版)】でも紹介した「通信利用動向調査」の結果を元にしているが、他にも色々な資料を元にした注目すべきデータを収録し、資料性の高いものとなっている。今回はその中から、主要ソーシャルメディア(今件ではmixiやFacebookなどのSNS以外に、ツイッターなどのミニブログ、ブログや掲示板なども含む)利用者における個人情報の開示範囲を、世代別に区分した場合の動きについて見て行くことにする(【該当ページ:第3章 「共生型ネット社会」の実現がもたらす可能性(4)ソーシャルメディアの課題】)。


続きを読む "世代別・ソーシャルメディア利用時の個人情報の開示範囲(2011年版情報通信白書より)"

6時57分情報通信白書

小学2割・中学4割・高校9割…小学生から高校生の携帯電話の保有状態

携帯と子供警察庁は2011年8月25日、「児童が使用する携帯電話に関わる利用環境実態調査」の結果報告書を公開した。そこには子供と携帯電話の関係について、非常に価値あるデータが豊富に盛り込まれている。今回はその中から、子供の携帯電話の保有状態と概要的な保有機種についてデータを抽出し、グラフ化を行うことにした(【発表リリース、PDF】)。


続きを読む "小学2割・中学4割・高校9割…小学生から高校生の携帯電話の保有状態"

6時56分モバイル, 時節

2011/09/09

どこまで見せる、教えるか? ソーシャルメディア利用時の個人情報の開示範囲(2011年版情報通信白書より)

情報開示総務省では2011年8月9日、同省公式サイトにおいて、2011年版の【情報通信白書】を一般に公開した。その白書の構成要素は多分に、以前【携帯電話とパソコンの所属世帯年収別利用率(2010年分データ反映版)】でも参考にした「通信利用動向調査」の結果を元にしている。他方、それ以外にも多方面から集めた資料を元にしており、注目すべきデータを収録しているのが特徴。今回はその中から、主要ソーシャルメディア(今件ではmixiやFacebookなどのSNS以外に、ツイッターなどのミニブログ、ブログや掲示板なども含む)利用者における、個人情報の開示範囲について見て行くことにする(【該当ページ:第3章 「共生型ネット社会」の実現がもたらす可能性(4)ソーシャルメディアの課題】)。


続きを読む "どこまで見せる、教えるか? ソーシャルメディア利用時の個人情報の開示範囲(2011年版情報通信白書より)"

6時55分情報通信白書

【更新】女性のバストサイズ、その理想と現実

ショーウィンドウアイシェアは2011年9月7日、女性のバストの大きさと外見に関する意識調査結果を発表した。そこでは女性のバストの大きさと、バストを小さく見せたいと思う女性の心情などが調査項目として挙げられ、結果が語られている。今回はそのデータの中から、単純にサイズの分布、そして理想のサイズとの差異に関する値を抽出し、グラフ生成を試みることにした([該当リリース])。


続きを読む "【更新】女性のバストサイズ、その理想と現実"

6時52分時節

2011/09/08

自分の頭にも痛みを覚えそうな頭痛薬の広告

頭痛の苦悩外傷は見た目で他人からも様子が分かるので、その痛みを理解してもらいやすい。しかし見た目には分からない病気や症状の場合、外見に変化がない場合がほとんどなので、第三者からは痛みを分かってもらえないことが少なくない。「頭痛」もその一つで、実際に痛みを覚えてその苦痛をアピールする仕草をしても、ありきたり過ぎて今一つリアリティに欠けてしまう。今回紹介するのは、第三者・客観的な立場からの眺めにも関わらず、自分自身の頭痛のような痛みを覚えせさる、ダイレクトで分かりやすい手法を用いた頭痛薬の屋外看板広告である(I Believe in Advertising)。


続きを読む "自分の頭にも痛みを覚えそうな頭痛薬の広告"

12時10分広告手法

ソーシャルメディアを使わない理由・圧倒的多数は「興味が無い」(2011年版情報通信白書より)

イエスかノーか総務省では2011年8月9日に、最新の2011年版となる【情報通信白書】を同省公式サイトにて公開した。構成要素の多くは以前6月1日に掲載した【携帯電話とパソコンの所属世帯年収別利用率(2010年分データ反映版)】でも利用した「通信利用動向調査」の結果を元にしているが、その他にも多方面から集めた資料を元にしたデータを収録しており、資料性の高いものとなっている。今回はその中から、主要ソーシャルメディア(今件ではmixiやFacebookなどのSNS以外に、ツイッターなどのミニブログ、ブログや掲示板なども含む)を使わない人における、未利用の理由について見て行くことにする(【該当ページ:第3章 「共生型ネット社会」の実現がもたらす可能性(4)ソーシャルメディアの課題】)。


続きを読む "ソーシャルメディアを使わない理由・圧倒的多数は「興味が無い」(2011年版情報通信白書より)"

6時40分情報通信白書

2011/09/07

SNSは「見てるだけ」、ツイッターとブログは「読書き双方」が多い? ソーシャルメディアの閲覧書込み状況(2011年版情報通信白書より)

ソーシャルメディア総務省は2011年8月9日、同省の公式サイトにおいて、【情報通信白書】の2011年版を公開した。この白書は構成要素の多くを以前【携帯電話とパソコンの所属世帯年収別利用率(2010年分データ反映版)】で紹介した「通信利用動向調査」から用いているが、一方で他にも多彩な資料を元にした注目すべきデータを収録し、資料性が高い。今回はその中から、主要ソーシャルメディア(今件ではmixiやFacebookなどのSNS以外に、ツイッターなどのミニブログ、ブログや掲示板なども含む)の利用者における、書込み・閲覧などの区分における利用スタイルの動向について見て行くことにする(【該当ページ:第3章 「共生型ネット社会」の実現がもたらす可能性(3)ソーシャルメディアの効用と可能性】)。


続きを読む "SNSは「見てるだけ」、ツイッターとブログは「読書き双方」が多い? ソーシャルメディアの閲覧書込み状況(2011年版情報通信白書より)"

5時46分情報通信白書



(C)2005-2022 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS