子供が鼻血を出した時の対処法

2013/01/07 20:30

子供への対応子供、特に幼児が鼻血(鼻出血)を出すことはよくあることで、それが必ずしも大きなトラブルが生じている、あるいは何か体内に重要な問題を抱えていることは滅多にない。【アメリカ小児学会(AAP、the American Academy of Pediatrics)】【HealthDay】を介し、子供が鼻血を出した時の対処法について伝えている。

スポンサードリンク


・まずは本人を落ち着かせると共に保護者も落ち着き、うろたえないようにする(大抵において保護者が慌てると子供も不安がる)。鼻血はごくありがちな症状で、危険であることはほとんど無い。

・子供を座らせるか、あるいは頭を前に傾ける形で立たせる。鼻には何も詰め込まないように。

・保護者の親指と人差し指を使い、子供の鼻のやわらかい部分(水泳選手がつけている「ノーズキャップ」の部分)を優しくつまむ。そして10分ほどの間、その状態を維持する。

・(上から続く)10分後に指を離し、鼻血が止まったかどうかを確認する。もし止まっていなければ、もう10分同じことを繰り返す。

・(上から続く)さらに10分経過(合計20分)しても出血が止まらない場合、小児科に連絡して状況を説明し、対処を求める。

鼻血が出た場合、ティッシュを鼻の穴に詰めるという手法が良く使われるが、これは【鼻血が出たらどうすべきか、正しい対処法】などでも触れている通り、正しい手法では無い。大抵は「鼻つまみ」の対処で止まるはずだが、まれに鼻の奥に起因する鼻血があり、この場合は止まらない場合も多い。その時は一番下にある通り、専門医に連絡を取り、状況を説明した上で指示を受けよう。

子供の鼻血についてまだ気になる場合、専門家もインターネット上で色々と助言をしているので、それらを読み通してあらかじめ情報を習得しておくと良い。例えば【子供の病気・トラブル「朝起きると頻繁に鼻血が出ています。このまま様子を見ていて大丈夫でしょうか?」(子育てインフォ)】【ティッシュを詰めるのは間違い? 正しい鼻血の止め方(All About)】【鼻血(鼻出血)の対策(西日本新聞)】などを参考にしてほしい。特に後者では対処法までていねいに書かれているので、一度は目を通しておくことをお勧めしたい。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー