20代男性の彼女持ち、学生2割・会社員4割近く、フリーターは?

2012/11/12 12:00

カップルライフネット生命保険は2012年11月5日、20代独身男性を対象にした実態調査結果を発表した。それによると調査母体においては、会社員の1/3強が彼女持ちであることが分かった。「今まで彼女が居た経験は無い」との人は15%強でしかない。一方学生の彼女持ちは2割、フリーターは1割強にとどまっている。また今の彼女か否かは別として、将来の結婚に関する願望・可能性については、会社員が1/3強・学生が3割近くが「したいし、できると思う」と回答しているのに対し、フリーターは2割強にとどまっている(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2012年9月3日から5日にかけて、東京23区・政令指定都市居住の20代独身男性にインターネット経由で行われたもので、有効回答数は450人。会社員(正社員)は150人、学生150人、フリーター150人。他に比較対象として40代会社員(他条件は同じ、設問で問われていないので結婚・未婚の別無し)150人が回答に加わることもある。

今調査母体に対し「恋人の有無」を聞いたところ、学生では2割、会社員では4割近く、フリーターは1割強が「いる」と答えた。「今まで彼女などいたことが無い」は学生・フリーター共に3割強、会社員は1割強。

↑ 恋人の有無(20代男性)
↑ 恋人の有無(20代男性)

会社員はもっとも彼女持ち率が高く、恋人がいた経験が無い人の割合が低い。一方、学生とほぼ同じ、あるいはやや年上のはずのフリーターは(今件調査は20代を対象としているが、20代後半の学生は考えにくい一方、20代後半のフリーターは十分にありうる。おのずから、平均年齢的にフリーターの方が年上となる)、現在彼女が居る割合は学生の半数強に留まっている。経済的、時間的に余裕がないのか、あるいは結婚願望が薄いのか。

その心境を垣間見れるのが次のグラフ。全員に「(今付き合っている人がいる場合、その人を対象とするか否かは別として)将来結婚したいか」と聞いた結果だが、学生と会社員の結婚願望はほぼ同じ割合なものの、フリーターがかなり低い値に留まっているのが分かる。

↑ 将来結婚したいか(20代男性)
↑ 将来結婚したいか(20代男性)

「できる・できない」は別として「結婚したい」と考えている人は、学生・会社員が7割近く、それに対してフリーターは5割強でしかない。「結婚できないと思うし、したくない」という完全否定の選択肢は、学生が2割近く、会社員が1割強なのに対し、フリーターは3割を超えている。

結婚したくないからフリーターなのか、フリーターだから結婚したくないのかまでは今グラフだけでは判断できない。詳しくは次の機会に回すが、結婚したくない(願望)、結婚できない(可能性)それぞれの該当者にその理由を聞いた結果でも、経済的な不安感が上位を占めている。学生・フリーター・会社員の中でもっとも経済的な土台がもろいフリーターが、結婚したいと思わなくなるのも、ある意味当然かもしれない。


■関連記事:
【昼食スタイルにも現れる、非正規社員のお財布事情(2012年発表分)】
【2011年は176万人、前年比で2万人増加・フリーターの推移をグラフ化してみる】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー