大学生の学生生活費をグラフ化してみる(最新)

2020/07/16 04:35

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-0706大学生ともなれば日常生活の行動も多様におよび、生活の上で必要となる費用も高校生までとは比べ物にならないほど増加する。一人暮らしなら、一般社会人と同程度の出費が必要となる人も多いだろう。実体としてはどの程度の額を大学生諸氏は生活費として費やしているのか。独立行政法人日本学生支援機構が2020年6月19日に発表した【「平成30年度学生生活調査」】などから必要となる数字を抽出し、その実態を確認していくことにする。

スポンサードリンク


今調査の調査要項は先行記事【大学生のアルバイト事情をグラフ化してみる】を参照のこと。

今調査結果によれば直近調査となる2018年度(2018年11月実施)における、大学昼間部での平均的な(年間)学生生活費(学費と生活費の合計。学費+生活費=学生生活費)は191万3500円、うち授業料などの学費は120万8800円、食費や住居・光熱費、娯楽費などの生活費は70万4700円となった。なお学生生活費などの詳細区分は次の通り。

・学生生活費=学費+生活費

・学費……授業料、その他学校納付金、修学費、課外活動費、通学費

・生活費……食費、住居・光熱費、保健衛生費、娯楽・嗜好費、その他日常費(通信費含む)

家計で例えればおおよそ学費が非消費支出、生活費が消費支出と見ればよいだろう。

2018年度における学生生活費に占める学費の割合は63.3%、6割強が該当する。

↑ 平均学費・生活費(大学・昼間部、年間、円)
↑ 平均学費・生活費(大学・昼間部、年間、円)

↑ 平均学費・生活費(大学・昼間部、年間、学生生活費に占める学費・生活費の比率)
↑ 平均学費・生活費(大学・昼間部、年間、学生生活費に占める学費・生活費の比率)

抽出可能な過去のデータも合わせて、1994年度以降の金額、そして学生生活費全体に占める学費・生活費の割合についてグラフ化したが、

・学生生活費は2000年度以降逓減傾向だった。その学生生活費の減少に加え、学費の上昇が加わり、生活費は圧迫されていた。

・2010年度で学生生活費は底を打ち、それ以降はおおよそ漸増の動き。学費が大体漸増しているのが主要因。

・直近2018年度では前回調査から学生生活費は増加、学費と生活費はともに増加を示した。単純試算では月あたりの生活費は約5万8700円。

・学生生活費全体に占める学費の割合は、2000年度まではほぼ横ばい、それ以降は増加を続けて、生活費の圧迫感が見て取れた。2008年度以降は再びほぼ横ばいを継続している。

などの傾向が確認できる。学生生活費そのものが低い水準に留まっているのに加え、学費が上昇傾向にあるため、生活費が二重のプレッシャーに追い詰められている状況が見て取れる。ここ数年、生活費が増加の動きにあるのは幸いだが、それでも前世紀末の金額と比べれば2万円前後の差があるのも事実。

もちろんこれは平均値を用いた動向確認によるもの。大学の種類(国公立・私立)や居住形態で大きく異なる。私立よりも国公立の方が、そして下宿やアパートよりも学生寮、自宅の方が学生生活費、生活費ともに安くつく。

可処分所得の低迷を考えると金銭面においては、都市圏(近郊)に引っ越して下宿しながらの就学より、自宅から通える範囲での大学へ通う方が保護者にも、そして子供自身にも負担が軽そうではある。自宅からの通学者比率が増加傾向にあるのは、金銭事情が大きな要因かもしれない。


■関連記事:
【奨学金事業の推移をグラフ化してみる】
【ちょっと気になる大学の受験勉強にかかった費用、中には100万円以上も】
【子供の大学進学、増える負担、親はどうする?】
【大学初年度の平均納入金は156万円、私立はプラス20万円】
【マンガ、外食、異性との付き合い…大学生のこづかいの使い道、昔と今の変化を探る】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS