出版物の種類別売上の変化をグラフ化してみる(前年比)(最新)

2020/11/19 05:28

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-1113昨今は「出版不況」「書籍不況」なる言葉も日常化し、紙媒体に関しては書籍に限らず新聞、そして手帳などの文房具ですら、ビジネスの上で厳しい状態が続いている。これもひとえにデジタル機器の普及に伴う、利用者側の購入・利用性向の変化によるもの。今回はその中から特に景況感の上で取り上げられることが多い出版物の売上状況について、主要種類別に関する動向を、日販の「出版物販売額の実態」最新版(2020年版)を基に確認していくことにする。

スポンサードリンク


出版物の分類別、売上高の前年比を記したのが次のグラフ。前年2018年分(今件では年度算出ではなく年算出、1月から12月の集計であることに注意)と比較するとプラス分類数は3つ。「コミック」「新書」「ビジネス」がプラスを示している。なお分類中「実用書」は「地図旅行」も含んでおり、「学参」は「辞典」も含み、「事典」「日記」「手帳」「その他」をまとめて「総記」と呼んでいる。

↑ 分類別売上高前年比(2019年)
↑ 分類別売上高前年比(2019年)

プラスの分類のうち「コミック」は毎度お馴染みの「ONE PIECE」「進撃の巨人」がセールスで上位に連なっており、さらに2019年は「鬼滅の刃」が加わり、これらの名作が全体をけん引したものと考えられる。特に「鬼滅の刃」は人気が出たタイミングもあり、例えば【紀伊国屋書店の2019年ベストセラー】のコミック部門では、上位20位のうち14冊が「毀滅の刃」で占められている(「ONE PIECE」が4冊、「進撃の巨人」が2冊)。

「新書」は「一切なりゆき 樹木希林のことば」や「妻のトリセツ」「ケーキの切れない非行少年たち」のような話題作、さらにはコミックで人気を博した作品のノベライズ作品「鬼滅の刃 しあわせの花」「約束のネバーランド〜ママたちの追想曲〜」などが貢献したもよう。「新書」のフィクション部門ではジャンプJブックスがほぼ独占した形となっており(【日本出版販売の2019年新書フィクションベストセラー】)、人気コミックのノベライズが新書にもセールスの面で影響を与えているようだ。「ビジネス」は「メモの魔力」「FACTFULLNESS」などが上位に入っているのが確認できる。

「文芸」のマイナス10%をはじめ、「文庫」のマイナス7.0%、「総記」のマイナス5.4%など、マイナスの分類には大きな下げ幅を示しているものが多く、プラスの分類やマイナスでも下げ幅が小さい「児童書」「学参」などと対照的な動きとなっており、二極化のような雰囲気を見せているのが興味深い。



2014年分までの記事ならばこの後に、書店面積別の動向分析が入るのだが、「出版物販売額の実態」の2016年版(2015年分)からは関連値が非公開となってしまい、言及ができなくなってしまった。小規模、個人経営の書店の閉店が相次ぐ中で、状況把握には大いに役立つ内容だっただけに、残念でならない。


■関連記事:
【ローソンで「書籍」販売拡大へ…千店舗に専用商品棚を導入】
【書籍をどこで買う? トップは大型書店、そしてネット書店】
【60年あまりにわたる書籍のジャンル別出版点数動向をグラフ化してみる(最新)】
【「セブン-イレブンは街の本屋」コンビニが本屋さんを名乗る時代】


(C)日販営業推進室出版流通学院「出版物販売額の実態2020」

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2021 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS