【更新】QE3も実働宣言で好感触…海外投資家、2週連続の買い超し(12/09/21)

2012/09/22 19:30

東京証券取引所は2012年9月21日、2012年9月10日から9月14日(9月第2週)における株券の投資部門別売買状況を発表した。それによるとこの週に外国人投資家が株を売った総額は2兆7906億9175万4000円なのに対し、買い総額は2兆8701億3262万3000円となり、差し引き794億4086万9000円の買い超しとなった。これは先週から続いて2週連続の買い超しとなる。なお法人は売り超しに転じ、個人も売り超しに転じ、証券会社も売り超しに転じている([最新発表リリース、PDF])。

スポンサードリンク


9月10日から9月14日における各部門別の売買動向は次の通り。

・法人……4111億3075万8000円/4049億9224万7000円(61億3851万1000円売超)
・個人……9745億4616万7000円/8039億1773万7000円(1076億2843万0000円売超)
・外国人……2兆7906億9175万4000円/2兆8701億3262万3000円(794億4086万9000円買超)
・証券会社……958億0548万9000円/875億6551万0000円(82億3997万9000円売超)

(それぞれ売り/買い(差し引き))

また、この5週間における外国人投資家の動向は次の通り。

8月13日-17日……941億5035万4000円買超
8月20日-24日……641億3590万4000円売超
8月27日-31日……580億6184万7000円売超
9月3日-7日……366億4457万6000円買超
9月10日-14日……794億4086万9000円買超

今回該当週は先週触れたように欧州中央銀行理事会の動向でポジティブな材料が出たことから日経平均株価も上昇を見せた。QE3も(これまでのQEと比べれば実影響力は抑えられそうだが)実働が宣言された。日経平均株価もこれに伴い、計測期間中では一様に上昇している。前週「日経平均株価は直近最高値の9200円台まで手が届きそうな勢いはある」としたが、まさにそこまで手が届きそうな形。

次週計測週では日銀の金融緩和策の内容が不十分であるとし、日経平均株価は再び9200円台後半で頭を押さえられそうな雰囲気を見せている。また再び狭いレンジでの値動きに戻ってしまうのだろうか。そろそろ上抜けする材料が出てきて欲しいものだが。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー