小学生が好きな給食メニューは「から揚げ」「ハンバーグ」、苦手なものは……?

2012/10/01 06:35

給食パルシステム生活協同組合連合会は2012年9月13日、学校給食に関する調査結果を発表した。それによると小学校に通う子供が居る30-49歳女性から成る調査母体においては、回答者の子供が好む学校給食のメニューの最上位についたのは「鶏のから揚げ」だった。次いで「ハンバーグ」「カレーライス」「オムライス」と続いている。一方で苦手なメニューとしては「魚の塩焼き」が最上位につく結果となった(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2012年8月16日から22日にかけて、学校給食を実施している小学校に通う子供がいる、30-49歳の女性に対して、携帯電話を利用したインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1000件。回答者の世代構成比は30代・40代で均等割り当て。調査実施機関はネットエイジア。

以前【揚げパン一番、カレーが二番…子を持つ母親、自分が小学生の時に好きな学校給食の主食は?】で触れたように、今調査母体の回答者(母親)自身において、もっとも好まれた主食メニューは「揚げパン」次いで「カレーライス」「ソフト麺」だった。

↑ 回答者自身が小学生の時の学校給食で、給食の時間が待ち遠しかった主食メニュー(小学生の時に学校給食があった人限定)
↑ 回答者自身が小学生の時の学校給食で、給食の時間が待ち遠しかった主食メニュー(小学生の時に学校給食があった人限定)(再録)

今回は回答者「の子供(小学生)」に、「学校給食に出たら嬉しいメニュー」(=好きなメニュー)を尋ねている。主食以外も含まれていることに注意。最上位には「鶏のから揚げ」が約3/4の回答率で位置することになった。少なくとも今調査母体の小学生は、3/4が「鶏のから揚げが好き」ということになる。

↑ 回答者の小学生の子供が思う「学校給食に出たら嬉しいメニュー」(複数回答、上位10位)
↑ 回答者の小学生の子供が思う「学校給食に出たら嬉しいメニュー」(複数回答、上位10位)

次いで「ハンバーグ」が71.6%、「カレーライス」が67.3%で、ここまでが2/3超。「オムライス」「スパゲティ」「ピザ」「グラタン」など、洋食系(見方を変えれば「冷凍食品で良く見かける商品」)のメニューが続く。「学校給食にピザ!?」と思う人もいるかもしれないが、海外ではごく普通に出るメニューの一種であり、日本国内でも【学校給食用のおススメメニューとして存在する(一例、PDF)】のが確認されており、さほど珍しい話でもないようだ。

一方これとは逆に「嫌がるメニュー」(=嫌いなメニュー)としては「魚の塩焼き」が最上位についた。次いで「雑煮」「ビビンバ」と続く。

↑ 回答者の小学生の子供が思う「学校給食に出たら嫌がるメニュー」(複数回答、上位10位)
↑ 回答者の小学生の子供が思う「学校給食に出たら嫌がるメニュー」(複数回答、上位10位)

傾向としては「ドロっとしたもの」「魚介類」「和食」などが該当する。他方、「複数回答形式」にも関わらず各項目の回答率が低いこと、「特になし」の回答率が3割を示していることから、「学校給食で出そうなメニューで嫌いなもの」はさほど多くはない、あるいは趣向が分散しておりまとまった値が出にくいことが考えられる。



「好きなもの」のところで「冷凍食品で良く見かける」という表記を用いた。単に子供の好き嫌いの上で人気のあるメニューが冷凍食品として多数展開しているとの考えもあるが、一方で「冷凍食品やインスタント食品に慣れた子供たちが、その味覚・メニューを好み、必然的に学校給食でも欲してる」と考えることもできる。

今調査だけで結論づけることはできないが、「好きなメニュー」「嫌いなメニュー」を見比べると、その仮説もあながち的外れではない気がしてならない(そばの好き嫌いの違いで、そのような話を耳にしたことがある)。反復行動は「慣れ」につながり、趣味趣向を形成する。色々と考えさせられる話ではある。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー