揚げパン一番、カレーが二番…子を持つ母親、自分が小学生の時に好きな学校給食の主食は?

2012/09/17 06:50

学校給食パルシステム生活協同組合連合会は2012年9月13日、学校給食に関する調査結果を発表した。それによると小学校に通う子供が居る30-49歳女性から成る調査母体においては、回答者自身が小学生の時の学校給食で、一番嬉しかった主食は「麺類」であることが分かった。一方で待ち遠しかった主食として最上位についた具体的なメニューとしては「揚げパン」が最上位についている(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2012年8月16日から22日にかけて、学校給食を実施している小学校に通う子供がいる、30-49歳の女性に対して、携帯電話を利用したインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1000件。回答者の世代構成比は30代・40代で均等割り当て。調査実施機関はネットエイジア。

回答者の30-40代女性に対し、本人が小学生の時の学校給食で、どのような主食が一番嬉しかったかを聞いたところ、最上位には「麺類」がついた。回答率は40.2%。

↑ 回答者自身が小学生の時の学校給食で、一番嬉しかった主食の種類
↑ 回答者自身が小学生の時の学校給食で、一番嬉しかった主食の種類

あのころ学校給食で食べた懐かしのソフト麺この麺類には多分に「ソフトスパゲッティ式麺」が該当する。併用する汁・ソースで多種多様な麺類に「変身」する汎用性の高い麺で、その応用力の高さもまた、人気のポイントである。

次点は「ご飯(米)類」だが、「パン類」とほぼ同数で、事実上同率2位と見て良いだろう。見方を変えれば、パンやご飯と比べ、麺類は10ポイント以上もの差をつけて、「回答者の小学生時分における憧れの主食」だったことが分かる。

これをもう少しメニューを細分化し、「給食の時間が待ち遠しくなる主食メニュー」として聞いた結果が次のグラフ。複数回答・上位10位のみのため、「あのメニューが無い」と残念がる人もいるかもしれない。

↑ 回答者自身が小学生の時の学校給食で、給食の時間が待ち遠しかった主食メニュー(小学生の時に学校給食があった人限定)
↑ 回答者自身が小学生の時の学校給食で、給食の時間が待ち遠しかった主食メニュー(小学生の時に学校給食があった人限定)

大まかな区分では「麺類」がトップだったが、(設問が多少異なるものの)具体的な品目では「揚げパン」が最上位。次いで「カレーライス」「ソフト麺」と続き、ここまでが4割超え。あとは「炊き込みご飯」「わかめご飯」などが続いている。「麺類」は個々の品目ではやや弱めだが、上記説明にある通り「多種多様に『変身』できるソフトスパゲッティ式麺」のおかげで、多様な麺類のメニューが上位についており、それが総合的に順位を押し上げたものと考えられる。

当時と現在とでは社会全体としての食の趣向も異なり、回答者の好き嫌いも変化している(小学生当時と成人の現在とでは、味覚の変化も大きく変わっている)。それでも当時の給食の美味しさが記憶に刻まれ、これらメニューの懐かしさ・美味しさを思い起こす場面も少なくあるまい。【学校給食をコンビニで! 給食の人気メニューを集めた「給食メニュー弁当」6月9日から登場】などのように、大人向けの学校給食を模した商品やサービスが展開されるのも、納得できよう。


■関連記事:
【30余年の学校給食費の推移をグラフ化してみる】
【ターゲットはR45世代! 給食ソフト麺やホームランバーも登場するレトロな商品がファミマで発売】

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー