熱疲労の「シグナル」に注意する

2012/08/09 12:10

夏気候の急激な変化に体調の調整が追い付かず、難儀をする人は少なくない。特に高年齢層、慢性疾患の保有者、乳幼児は急激な寒さや暑さへの変移に対応しきれず、体を壊してしまうかもしれない。【アメリカ疾病対策予防センター(The U.S. Centers for Disease Control and Prevention、CDC)】では【Health Days】を介し、急激な暑さの中で体調の調整が追い付かずに熱中症などの発症リスクを持つ、あるいはすでに体調不良に陥っているかもしれない人たちの「シグナル」について列挙している。特に年配者に対しては、この傾向が確認できた場合、熱疲労(熱中症の症状の一つ)、そして熱中症発症を疑う必要がある。

スポンサードリンク


・大量の汗をかいている。あるいは顔が青白く見える。

・筋肉をけいれんしている(つっている)、頭痛、吐き気をもよおす。あるいは実際に吐いている。

・めまいや脱力、疲労感を覚える。元気が出ない。

・皮膚に触れると冷たく、湿った状態であることが確認できる。

・弱弱しく、しかし頻度の高い脈。浅く、高頻度な呼吸。

熱中症の症状は【熱中症についてまとめてみる】などでもまとめているが、特に高齢者では「体の反応そのものが鈍い」のに加え、「体の反応に本人が気が付きにくい」「体の異様を覚えても、がまんしてしまいがち」などのリスク要因がある。また、昼間の屋外だけでなく、室内で、夜間でも起きうる。

本人が特に訴えていなくても、周囲の人がこれらの症状を目に留めたら、しかるべき対応を施してほしいものだ。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー