2012年の全体喫煙率21.1%、女性は間もなく1割未満に

2012/08/02 06:50

喫煙とグラフ【JT(2914)】は2012年7月30日、2012年5月に実施した「全国たばこ喫煙者率調査」の結果を発表した。それによると2012年5月時点での全国の喫煙率は21.1%となり、前年比で0.6ポイントのマイナスとなった。男女別では男性が1.0ポイント減少、女性は0.2ポイント減少。女性の喫煙率減少は男性と比べて少なめだが、1割を割り込むのももう間もなくのように見える(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は1965年以降JTが毎年実施しているもので、今回調査は層化二段抽出法にて郵送依頼・郵送回収法で実施。成人(20歳以上)男女3万2000人を対象に依頼し、1万9897人の有効回答が得られた。喫煙率の算出の際には、回答者の性別・年齢階層において、成年人口構成比に合わせて補正が行われている。

今回の調査結果をグラフ化すると次の通りとなる。

↑ 全国喫煙率(2012年7月、JT発表)
↑ 全国喫煙率(2012年7月、JT発表)

↑ 全国推定喫煙人口(2012年7月、万人、JT発表)
↑ 全国推定喫煙人口(2012年7月、万人、JT発表)

JT側では今回の結果について、「喫煙者率が減少傾向にあるものと考えております。この要因は複合的であり一概には言えませんが、高齢化の進展、喫煙と健康に関する意識の高まり、喫煙をめぐる規制の強化や、増税・定価改定等によるものと考えております」とし、昨年よりはウエイトが低いものの、喫煙率の減少の一端に、たばこの値上げがあると評している。

昨年は震災の混乱で確定値の公開が遅れ、それに伴い性別・年齢階層別喫煙率の発表にも遅延が生じていた。しかし今年は今件発表の時点ですでに最新(2012年分)の性別・年齢階層別喫煙率のデータも確認できる。【世代別成人喫煙率をグラフ化してみる(2011年分反映版)】に関しては、後日最新の値を反映した上で、記事の更新を行うことにしよう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー