コンビニでのお買物、一度にいくら位使う?

2012/07/27 12:10

お財布[マルハニチロホールディングス(1334)]は2012年7月26日、コンビニエンスストア(コンビニ)の利用実態に関する調査結果を発表した。それによると週一以上でコンビニを使う調査母体においては、一回のコンビニでの買い物で平均755円を使うことが分かった。女性は男性よりも100円強金額が大きい。また世代別では歳を経るほど金額が上がる傾向がある([発表リリース、PDF])。

スポンサードリンク


今調査は2012年7月5日-9日にかけて携帯電話経由のインターネット調査方式にて、コンビニを週一以上で利用する人に対して行われたもので、有効回答数は1000人。男女比は1対1、世代構成比は20代から50代まで10歳区切りで均等割り当て。調査機関はネットエイジア。

今調査母体(予備調査時点。コンビニの利用頻度の制限なし。回答数2374人)にコンビニの利用頻度を尋ねたところ、週一以上での利用者は66.0%に達した。毎日利用している人も13.2%いる。

↑ コンビニの利用頻度
↑ コンビニの利用頻度(再録)

今本調査ではこのうち、週一以上のコンビニ利用者、つまり「ある程度日常的にコンビニを利用している人」を対象にしている。

さてそのコンビニ常用者に、コンビニでの一度あたりの買い物金額を聞いた結果が次のグラフ。500円台との回答がもっとも多く3割、次いで1000円台前半が1/4程度。

↑ コンビニでの買い物の一回当たりの支払金額
↑ コンビニでの買い物の一回当たりの支払金額

もっとも今件はレシートやプリペイドカードの履歴で精査したわけでなく、あくまでも「コンビニでのお買い物では、1回あたりいくら位使うことが多いか」という概要的な質問に対する答えでしかない。ある程度区切りの良い500円や1000円といった金額に回答が集中するのも、当然といえる。

これを属性別に区分した上で平均額を算出したのが次のグラフ。

↑ コンビニでの買い物の一回当たりの支払金額(平均金額、円)
↑ コンビニでの買い物の一回当たりの支払金額(平均金額、円)

男女別では男性よりも女性の方が額が大きい。個人ベースの需要充足以外に、世帯単位での買い物もありえるのが一因といえる。また、世代別では男女ともに若年層よりも高齢層の方が額が大きい。特に女性50代は平均で1000円近くの出費をしている。リリースでは特に言及は無いものの、世帯向けの買い物をコンビニで済ます、あるいは複数の店舗に渡って買物をする面倒さを省くため、コンビニでまとめ買いをしている可能性がある。

これは別項目で語られている話、「コンビニ利用の頻度が増えた人に聞いた、その理由」から透けて見える。

↑ コンビニを利用する頻度が増えた・購入する頻度が増えた商品がある理由(コンビニ利用回数が昨年と比べて増えた人)(女性)(上位3位)
↑ コンビニを利用する頻度が増えた・購入する頻度が増えた商品がある理由(コンビニ利用回数が昨年と比べて増えた人)(女性)(上位3位)

今までコンビニで買えなかったようなもの、買わなかったものが買える・買うようになる。店を渡り歩く労苦を考えれば、一か所でまとめて買った方が……と考えるのも道理だろう(スーパーもその点では同じようなものだが、身近にあるという点でコンビニは有利となる場合が多い)。

【コンビニ来訪客の世代分布をグラフ化してみる(2012年7月時点)】でも触れているが、コンビニの利用者数も人口構成比同様、少しずつシニア層が増加しつつある。客単価の高いお客はコンビニに限らず、どのような小売店でも歓迎対象。コンビニがシニア層向けの動きを見せるのも、当然の結果かもしれない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー