携帯電話普及率が急上昇中の新興国における上昇具合をグラフ化してみる(2012年版情報通信白書より)

2012/07/24 07:00

世界の携帯総務省は2012年7月17日に2012年版となる【情報通信白書】を公開した(【該当発表リリース】)。構成要素のうち一部はかつて【インターネット機器としてのモバイル機器とパソコンの所属世帯年収別利用率をグラフ化してみる(2011年分データ反映版)】などでも分析した「通信利用動向調査」の結果をベースとしている。一方で、他に多種多様な資料を元に注目すべきデータを多数収録しているのがポイント。今回はその中から、特に携帯電話の普及率上昇が著しい新興国の、その上昇具合を見ていくことにする(【該当ページ:第1部 特集 ICTが導く震災復興・日本再生の道筋 第2節 グローバルに展開するICT市場】)。

スポンサードリンク


【アフリカ地域を中心に世界のモバイル加入者数推移をグラフ化してみる】【アジア太平洋地域を中心に世界のモバイル加入者数推移をグラフ化してみる】などでも記しているが、携帯電話≒モバイル端末の普及浸透は特に新興国で著しい。端末本体・利用料金の低価格化や、「ラストワンマイル」をあまり気にしなくてもインターネットへのアクセス権を得られること、それが果たせなくてもSMSや通話機能を用い、交流の機会が飛躍的に高まり、日常生活が一変し新たな世界への窓口を手に入れられることなど、普及理由は山ほど存在する。

今件項目では新興国の中でも、携帯電話の普及を強力に推し進め、金融サービスや情報流通の活性化で、国内を富まそうという動きを見せる諸国(インドネシア・フィリピン・コートジボワール・ケニア・シリア)を取り上げ、その国の携帯電話普及率推移を提示している。元の記事では2010年までしか値が用意されていないが、大本のデータ出典元である【国際電気通信連合(ITU: International Telecommunication Union)のデータ項目ページ】から該当するデータを取得。いくつかの確定値への修正と共に、値を2011年のものまでとした上でグラフ化を行った(参考比較値として日本も掲載)。

↑ インドネシア・フィリピン・コートジボワール・ケニア・シリアの携帯電話普及率(2000-2011年)
↑ インドネシア・フィリピン・コートジボワール・ケニア・シリアの携帯電話普及率(2000-2011年)

国により差異はあるものの、取り上げた諸国はいずれも2005年前後から大きく普及率を上げている。特に【モバイル大展開…ニールセンのレポートからインドネシアのネット事情をかいま見る】をはじめ、モバイル経由でのインターネットアクセスと、それに伴うFacebook利用者の多さで何度か取り上げているインドネシアでは、普及率カーブが急上昇を描いている。

これらの諸国での具体的な携帯電話の活用について、白書では一通り解説をしている。詳細は白書自身を参照してほしいが、

・ケニア……金融サービスのインフラ
・インドネシア……他のインフラに先んじて整備活用(国土の特性が原因)
・シリア、コートジボワール、フィリピン……難民の食糧支援に活用

などの話が紹介されている。特に最後の事例では、「携帯電話を活用した食料引換券プロジェクト」という、興味深い話が寄せられ、注目に値する。

ちなみに直近、2011年(ITUから取得)の普及率は次の通り。

↑ インドネシア・フィリピン・コートジボワール・ケニア・シリアの携帯電話普及率(2011年)
↑ インドネシア・フィリピン・コートジボワール・ケニア・シリアの携帯電話普及率(2011年)

携帯電話はあくまでもツールでしかなく、そのツールで何をしていくか、できるかが問題となる。見方を変えれば多種多様な使い方が可能なツールの浸透で、世の中を良い方向に変えていく切り口を考え、実践する機会を得られることになる。

手のひらに収まる小さな「箱」が、自分の生活を、周囲を、地域を、そして世界を変えていく。携帯電話はその普及と共に、夢を現実へと近づけてくれるに違いない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー