教習所のメニューに追加してほしい項目、トップは「駐車・車庫入れのコツ」

2012/07/15 06:30

駐車ソニー損害保険は2012年7月10日、初心者ドライバー(運転免許取得後1年未満者)に対する自動車関連の調査結果を発表した。それによると調査母体においては、「教習所で通常の教習メニューとして加えてほしかった」ともっとも多くの人が考えた項目は「駐車・車庫入れのコツ」だった。4割強の人が同意を示している。女性は特に要望が強く、ほぼ5割に達している。次いで「スタンドでの給油方法」「車の維持費・税金の知識」「車検の知識」などが続いている(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は運転免許取得後1年未満の人に対してインターネット経由で行われたもので、有効回答数は600人。男女比は1対1、成人・未成人比はほぼ均等割り当て。調査機関はネットエイジ。

自動車教習所に通いつめ(あるいは合宿でもよいが)試験をクリアし免許取得をすれば、法的には自動車運転が認められる。一方で教習時には教わらなかったものの、実際に運転をし始めてから「これは知らなかった」「教えてくれてもよかったのに」と思う事柄も少なくない。

今件では教習所の通常メニューには無いものの、「これを教えてくれたら後々役立つのに」と思う項目について、複数回答で尋ねている。最上位についたのは「駐車・車庫入れのコツ」で、全体では44.8%という値を示した。

↑ 教習所で通常の教習メニューに加えてほしかったもの(複数回答)
↑ 教習所で通常の教習メニューに加えてほしかったもの(複数回答)

いざ自動車を運転するとなれば、必ず必要になるのが駐車・車庫入れ。教習課程にもそれなりに駐車や車庫入れの仕方はあるはずだが、設問に「コツ」とあることから「実践的な、役に立つ」方法を求めているようだ。見方を変えれば「運転免許取得後1年未満」の人たちは車庫入れ、駐車に難儀している人が多いと考えて良い。

駐車次いで多いのは「スタンドでの給油方法」、そして「車の維持費、税金の知識」。電車での通勤に例えるなら「通勤定期の(上手な)購入の仕方」「改札の利用方法」「電車時刻表の見方」などに該当する。「そのような当たり前のことを」と思う人もいるかもしれないが、それは「知っているから」こそ言える言葉。そして誰かに教わるか自ら学ぶことをしない限り、「知らない」から「知っている」には変わりえない。見よう見まねで覚えられる部分もあるが、やはり知識ある人に教えてもらえれば、安心できる。特にお金周りの話は知っているのと知らないのとでは大違いということも多く、「知恵者」の知恵を授かりたい人は少なくあるまい。

以下、「車検の知識」「エコドライブのテクニック」「夜間・悪路を安全に走るコツ」など、指摘されれば「確かに教習ではあまり、あるいは全然教わらないことだが、運転をする立場になれば必要な話」と納得してしまう項目で高い同意率が続く。

また、男女別で見ると、「車のメンテナンス方法」以外の項目で女性の方が高い値を示している。

↑ 教習所で通常の教習メニューに加えてほしかったもの(複数回答)(男女別)
↑ 教習所で通常の教習メニューに加えてほしかったもの(複数回答)(男女別)

女性は男性より学習意欲が旺盛なのか、あるいは教習所で教わった内容だけでは不安を覚えているのだろう。



これらの項目すべてを課程に取り込むのは難しいが、「これは入れてもよいのでは」というものもあるのは事実。善処を望みたいところだが、あまり増やしすぎると今度は免許取得までの行程が長くなる問題が生じる。難しいところだ。

見方を変えれば「運転免許取得後1年未満」の人たちには、これだけの知識・訓練の需要があることにもなる。学習塾的な展開、あるいは公共団体での地域サービスの一環として提供するのも面白いだろう。


■関連記事:
【居眠り運転の徴候チェックリスト】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー