家庭内での子供のインターネット利用状況をグラフ化してみる(2011年分反映版)

2012/07/05 06:40

子供の携帯インターネット総務省では2012年5月30日に同省公式サイトなどで、平成23年(2011年)調査における通信利用動向調査の結果を公開した(【発表ページ】)。これは日本のインターネット、携帯電話に代表される情報通信に関わる各種調査結果をまとめ上げたもので、毎年7月頃に発表される【情報通信白書】の基礎にもなる、同省の情報通信統計としては非常に重要なもの。現時点では概要、及び統計データのe-Statへの収録のみで報告書の類は完成していないが、今回はそのデータから「世帯単位での子供のインターネット利用状況」をグラフ化してみることにする。

スポンサードリンク


調査概要や調査対象母集団数などは2012年6月12日付の記事【光回線浸透継続の一方で意外なモノの伸びも-自宅パソコンのネット接続回線の種類をグラフ化してみる(2011年分反映版)】の通り。詳しくはそちらを参照のこと。

まずは子供の世代別・該当する子供のインターネット利用状況。なお以降のグラフも同様だが、あくまでも回答者の保護者が把握している範囲での話。つまり家庭外(友達の家や学校の端末)での利用は、回答には反映されていない。また「インターネットの利用」にはパソコン以外に一般携帯電話・スマートフォンなどによるものも含む。

↑ 子供のインターネット利用状況(自宅・家庭内把握範囲)(2011年末)
↑ 子供のインターネット利用状況(自宅・家庭内把握範囲)(2011年末)

小学生未満は17.0%。これが小学校に入学すると4割強に増え、中学生に至ると9割近く、高校生になるとほぼ100%に達する。同様の調査が過去にも行われているが、確実に値は増加しており、子供たちの間へのインターネット普及状況をうかがい知ることができる。

続いてこれらの「インターネット利用」がどのような機器で行われているかについて。大きく「自宅のパソコン」「一般携帯電話」「スマートフォン」で区分しているが、各世代のネット機器の利用状況がつかみ取れる。

↑ 子供のインターネット利用状況(複数回答)(自宅・家庭内把握範囲)(2011年末)(主要機器別)
↑ 子供のインターネット利用状況(複数回答)(自宅・家庭内把握範囲)(2011年末)(主要機器別)

小学生未満でも自宅内のパソコンを使って、インターネットにアクセスさせている世帯は約1割。スマートフォンは6.0%と案外高め。これが小学生となると1/3強にまで増加する。以後中学生・高校生は8割強と、多くの子供たちが自宅のパソコンを用いてインターネットへアクセスしている状況が把握できる。

興味深いのはモバイル系端末利用率。中学生では一般携帯・スマートフォンがそれぞれ2割・1割足らず。これが高校生になると過半数・2割強に増える。高校生のスマートフォン利用率が2割強という結果は、昨今の急速な普及状況を改めて認識するのに十分な値といえる。

最後は携帯電話の種類について。一般の携帯電話以外に、子供専用の携帯電話(アクセス制限機能などさまざまな仕様が追加されている)が各企業から発売されているが、その利用実態をうかがえる結果となっている。

↑ 子供のインターネット利用状況(複数回答)(自宅・家庭内把握範囲)(2011年末)(携帯電話の種類別)
↑ 子供のインターネット利用状況(複数回答)(自宅・家庭内把握範囲)(2011年末)(携帯電話の種類別)

小学校高学年までは、やや一般の携帯が多いものの、子供向け携帯電話と一般携帯電話の利用率に大きな違いは無い。ところが中学生になると一般携帯電話の利用率は大きく上昇し、高校生では5割近くに達する。一方で子供向け携帯電話は中学生で8%足らず、高校生で1割強でしかない。

二つ目のグラフの値と比べると、ごく一部に「一般」「子供向け」双方の携帯電話を持つ中学生・高校生もいるようだが、多分に中学生以上は大人と同じ携帯電話を好むようである。なおこれが大人側からの配慮によるものか、子供の要望によるものかまでは、今データからだけではわからない。



インターネットは今や社会的インフラとして、生活の上で欠かせない存在となりつつある。必然的に子供のうちに、正しい利用方法の習得が求められる。今後子供のインターネット利用状況の値も漸次増加を見せるに違いない。それと共に学校などにおける啓蒙活動も重要度を増してくるだろう。


■関連記事:
【「小学高学年」「中学入学」「高校入学」がタイミング…子供の携帯電話保有開始時期をグラフ化してみる】

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー