スマートフォン所有率は31.0%、男性20-30代は5割超え(2012年)

2012/07/03 06:50

メディア環境研究所は2012年6月13日、毎年2月に実施している「メディア定点調査」の最新版「メディア定点調査・2012」の抜粋編を発表した。それによると今調査母体においては、スマートフォンの所有率は全体で31.0%となり、前年調査の16.5%から2倍近い伸びを示していることが分かった。特に若年層では男性の20-30代で5割超え、女性20代では6割超という、高い値を示している(【発表ページ】)。

スポンサードリンク


今調査は郵送調査方式で行われ、2012年2月3日に発送、2月16日投函を締め切りとしたもの。東京・大阪・愛知・高知の4地区を対象に RDD(Random Digit Dialing)方式で選ばれた15-69歳の男女に対し調査票が送付され、2651通が回収された。デジタル手段ではなく郵送方式で調査が行われたことから、比較的片寄りの無い、昨今の状況を表したデータと評価できる。なお、特記無き限りデータは基本的に東京地区のもの。また各値はウェイトバックがかけられている。

今調査ではスマートフォンの所有状況について掲載されているが、昨年記事からのデータを加えて再構築したのが次のグラフ。所有率は9.8%・16.5%・31.0%と、倍々ゲーム…にはやや足りないが、それに近い勢いで増加しているのが分かる。

↑ スマートフォン所有状況
↑ スマートフォン所有状況(東京地区)

昨今の主要携帯電話キャリアにおいても、新製品はスマートフォン中心であるところを見ると、普及の流れは今後さらに加速していくに違いない。

このデータを性別・世代別に区分したのが次のグラフ。

↑ スマートフォン所有状況(性別・世代別)
↑ スマートフォン所有状況(性別・世代別)

スマートフォンに限らないが、デジタル系の新アイテムは若年-中堅の男性(いわゆるデジタルマニア、ギーク層)に浸透し、そこから波及していく傾向が強い。スマートフォンもまたその例にならい、20-30代の男性の所有率が高い値を示しているのが分かる。

また、昨年は「女性20代の伸びが目に留まる。最近はスタイリッシュなデザインのものも増えてきたことから、元々携帯電話の性能には目ざとい若年女性の間にも、スマートフォンが受け入れられるようになった」とのコメントをしたが、その動きは加速中のようで、今年のデータでは男性陣を抜いて女性20代の所有率がもっとも高い値を示すことになった。

地域別では東京がもっとも所有率が高く31.0%、他地域では10-20%の値を示している。

↑ スマートフォン所有状況(性別・世代別)
↑ スマートフォン所有状況(性別・世代別)

新製品の浸透度の違い、購入ルートが身近にあるか否かなど、地域によって違いが出る理由はいくつか考えられるが、東京での所有率の高さはそれなりに納得ができる。大阪や愛知が高めで、高地が伸び悩みを見せているのも、都市化の度合いの違いが要因の一旦と思われる。

今件調査は今年2月に行われたもの。調査母体の大小と合わせ、数字的にややぶれが見受けられるものの、スマートフォンの浸透状況を推し量るには十分かつ納得のいく値といえる。現時点でもスマートフォンの所有率が日に日に上昇しているのは明らかであり(今調査では一般携帯電話を併用していても、スマートフォンを所有していれば「所有」者としてカウントされる)、来年の同調査にはさらに値を上乗せしているに違いない。


■関連記事:
【携帯電話の普及率現状をグラフ化してみる(2012年版)】

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー