一般携帯電話とスマートフォンのネット利用状態をグラフ化してみる(2011年分反映版)(世代・男女別編)

2012/06/16 06:40

モバイルインターネット総務省が2012年5月30日に公表した、平成23年(2011年)調査の通信利用動向調査(【発表ページ】)は、日本のインターネット、携帯電話のような情報通信関連に絡んだ調査結果の類を反映した報告書。毎年7月頃に発表予定の【情報通信白書】の根幹をなすものでもあり、同省の情報通信統計の中では一線級の素材である。現時点では概要と各種統計データのe-Statへの収録のみで報告書の類は完成していないが、今回はそのデータから先行記事で算出・掲載した「携帯電話(PHSやスマートフォンなどを含む)における、インターネットの利用時における機種区分」に関し、「男女に分けた上での世代別動向」をグラフ化してみることにする。今件は記事掲載後にいただいた要望の中から、「男女別々の動きも見てみたい」とするご意見に応える形の記事でもある。

スポンサードリンク


調査概要や調査対象母集団数などは2012年6月12日付の記事【光回線浸透継続の一方で意外なモノの伸びも-自宅パソコンのネット接続回線の種類をグラフ化してみる(2011年分反映版)】の通り。そちらを参照してほしい。

またグラフ化の際に取得したデータの内容や精査方法は、先行する記事「一般携帯電話とスマートフォンのネット利用状態をグラフ化してみる(2011年分反映版)」の通り。詳しくはそちらを参照のこと。

まずは世代別構成比。前回の記事でも掲載したもので、男女合わせての値である。

↑ モバイル系端末(一般携帯(PHS等含む)・スマートフォン)でのインターネット利用状況(過去一年間)(世代別)
↑ モバイル系端末(一般携帯(PHS等含む)・スマートフォン)でのインターネット利用状況(過去一年間)(世代別)(再録)

未成年層のスマートフォンの浸透ぶり、そして60代以降の「携帯インターネット」とはほぼ「一般携帯電話」経由であり、「スマートフォン」経由を意味しないことなどがうかがえる。

そしてこれを男女別に区分し、それぞれについて再計算をしたのものを挙げる。

↑ モバイル系端末(一般携帯(PHS等含む)・スマートフォン)でのインターネット利用状況(過去一年間)(世代別)(男性)
↑ モバイル系端末(一般携帯(PHS等含む)・スマートフォン)でのインターネット利用状況(過去一年間)(世代別)(男性)

↑ モバイル系端末(一般携帯(PHS等含む)・スマートフォン)でのインターネット利用状況(過去一年間)(世代別)(女性)
↑ モバイル系端末(一般携帯(PHS等含む)・スマートフォン)でのインターネット利用状況(過去一年間)(世代別)(女性)

まず全体では意外にも男性の方が利用率が高い。これは中堅層以降の高さが影響している。そしてスマートフォン利用率でも男性が上。

若年層、未成年者の層では女性が全体値は割高になっているが、これは防犯目的で端末を利用する事例が多いため。一方この世代からすでに「スマートフォンは男性の方が高利用率」という図式が現れる。

成人になると40代ぐらいまではモバイルインターネット利用率そのものに男女の差異はほとんどない。ただしスマートフォン利用率は男性が上で、女性は一般携帯を利用している率が高い状態にある。とりわけ30-40代は一般携帯・スマートフォンの関係において、男女差が大きく出ているのが分かる。

50代を過ぎるとモバイルインターネットの利用率そのものに男女差が大きく出る。スマートフォン利用率が低いという点では同じだが、一般携帯電話に限っても10ポイント近い差が出ている。



男性の方がスマートフォン利用率が高いであろうことは予想が出来たが、未成年者では女性の方がモバイルインターネットそのものは高利用率・しかしスマートフォン利用率は男性が上、そして50代以降は男女の差が大きく出るという動きは新鮮に見えてくる。

「通信利用動向調査」は毎年行われるもので、スマートフォンやタブレット機の独自区分が現れたのは今回から。次回以降どのような変移を見せるのかが気になるところだ。


※2012.06.17. 各数字の再算出とグラフの再構築を行いました

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー