小学生の習い事、一番人気は「スイミング」

2012/06/11 12:00

スイミング英会話教室を運営するGABAは2012年5月28日、小学生の教育に関する保護者の意識調査結果を発表した。それによると小学生の子供を持つ調査母体においては、子供に習わせている「習い事」としてもっとも多いのは「スイミング」だった。約1/4の子供が習っている。次いで「学習塾」「ピアノ」「書道」と続いている。子供の性別では男性が「スイミング」、女性が「ピアノ」がトップに挙がる結果が出ている(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2012年4月27日から5月7日にかけて、携帯電話によるインターネットリサーチ方式で行われたもので、有効回答数は1000人分。小学一年生-小学六年生の子供を持つ30-59歳の男女(父親500人、母親500人)を対象としており、複数の子供がいる場合は末子について条件が合致した場合にのみ回答している。子供の性別・学年別区分は男女、及び各学年でほぼ均等割り当て。

以前【そろばんやスポーツ、外国語会話など…高校生までの学校外活動費動向をグラフ化してみる】でも紹介した通り、学校外活動費のうち、塾や家庭教師以外の活動費用「学校外活動費」は、子供が小学生時分の際に使われる額がもっとも高い。

↑ その他の学校外活動費(万円)
↑ その他の学校外活動費(万円)(再録)

それでは具体的にどのような習い事をしているのか、それをかいま見られるのが今回の調査結果。まずは「現在子供が習っているもの」についてだが、「スイミング」がもっとも多く24.8%。4人に1人はスイミングスクールに通っている計算になる。

↑ 子供が現在習っているもの(複数回答、上位10位)
↑ 子供が現在習っているもの(複数回答、上位10位)

次いで「学習塾」が18.9%、「ピアノ」が16.7%。子供の性別で男女が混じった結果なので、少々違和感を覚えるかもしれない。

一方、「無い」という意見も25.5%。逆に考えれば「習い事をしていない小学生は1/4程度しかいない」との見方もできる。

これを子供の性別で区分して再構築したのが次のグラフ。男性は「スイミング」がトップ、女性は「ピアノ」がトップについている。

↑ 子供が現在習っているもの(男女別、複数回答、上位5位)
↑ 子供が現在習っているもの(男女別、複数回答、上位5位)

「ピアノ」「サッカー」などは男女で差異が出るのは当然として、「スイミング」「学習塾」「書道」などは男女共に好まれているのが分かる。特に「スイミング」は2割を超えており、人気の習い事であるのが分かる。

「スイミング」が人気の習い事という事実は、親側から見た「今後子供に習わせたいもの」の順位でも明らか。

↑ 子供に習わせたいもの(男女別、複数回答、上位5位)
↑ 子供に習わせたいもの(男女別、複数回答、上位5位)

親から見ても「スイミング」は子供の性別を問わず、魅力的な習い事に見えるようだ。また「英会話」が高めに位置しており、小学生五年・六年で必修化された英語授業への対応を模索している親の気持ちがすけて見えてくる。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー