子供の虫歯は減少中!? 乳歯の「う歯」数の年次推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)

2017/06/08 05:08

厚生労働省は2017年6月2日、歯科疾患実態調査の2016年調査分の概要を各種データと共に発表した。今件調査結果には「う歯(齲歯。齲蝕した歯。いわゆる「虫歯」)」をはじめとした、歯に関する状況を推し量れるさまざまなデータが盛り込まれている。今回はその中から、乳幼児などにおける乳歯と「う歯」の関係についてグラフ化を試みることにする(【歯科疾患実態調査】)。

スポンサードリンク


今調査の調査要綱は先行記事【「80歳で20本の自分の歯」達成者は50.2%】を参照のこと。

今回対象としたのは乳幼児など(各法令に「乳幼児」として定められた0-6歳のうち1-6歳、さらには取得可能な調査年においては14歳まで)における平均的な「う歯」の数の推移。グラフ中に「dft指数」とあるが、この「dft」とは「Decayed and Filled Teeth」の略で「虫歯」と「(虫歯を)処理済みの歯」のことを意味する。つまり「dft指数」とは一人当たりの「虫歯か、虫歯だった歯の数」を意味する(ちなみに大文字は永久歯、小文字は乳歯を指す。今件は資料では小文字で記述されているため、乳歯の動向となる。「虫歯」「(虫歯を)処理済みの歯」双方を持たない人も含めた被験者全員の平均値であることに注意)。

↑ 乳歯の一人平均う歯数(dft指数)(2016年、年齢階層別)
↑ 乳歯の一人平均う歯数(dft指数)(2016年、年齢階層別)


↑ 乳歯の一人平均う歯数(dft指数)推移(1-14歳)(1993年以前、1999年以降では「未処理歯」の診断基準が異なるため、純粋な継続性は無い)
↑ 乳歯の一人平均う歯数(dft指数)推移(1-14歳)(1993年以前、1999年以降では「未処理歯」の診断基準が異なるため、純粋な継続性は無い)

「未処理歯」の基準が変わっているため厳密な意味での継続性は無いものの、大まかな値動きとしては「成長するにつれて虫歯が増える。6歳がピークで以降は減る(永久歯に生え替わり始めるから)」「以前よりも最近の方が、乳歯の虫歯の数は少なくなる」傾向なのが分かる。直近の2016年では6歳児の平均虫歯+虫歯だった歯は2.4本だが、1987年時点では8本近く存在していた。

「乳歯にう歯(未処理・処理済み含む)を持つ人の割合」そのものも減少を続けており、1987年時点では5歳児で89.9%・6歳児で90.5%だったものが、2016年時点ではそれぞれ39.0%・45.5%にまで低下している。dft指数が減退しているのも、「乳歯にう歯(未処理・処理済み含む)を持つ人の割合」そのものが減っているのも一因ではある。

↑ 乳歯にう歯(処置完了・未処置合わせ)を持つ人の割合の推移
↑ 乳歯にう歯(処置完了・未処置合わせ)を持つ人の割合の推移

この理由についてリリースでは特に説明は無いが、多分に公衆衛生の進歩、歯みがきをはじめとした虫歯予防の啓蒙の結果など、多方面での努力の成果によるものと考えられる。個体差もあるためゼロにすることは事実上不可能だが、このままさらに減少の動きを見せて欲しいものだ。


■関連記事:
【1日何回歯をみがく? 毎食3回は2割足らず】
【子供達の虫歯の状況推移をグラフ化してみる】
【歯の定期健診、何か月おきに受けてます? 「受けていない」人は……】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー