歯みがき時間どれくらい? 「1-3分未満」が過半数

2012/06/10 06:45

歯みがきライフメディアのリサーチバンクは2012年6月6日、歯に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、97.9%の人が毎日歯をみがいていることが分かった。そして歯をみがく人の歯みがき時間としては、1-3分未満の人がもっとも多く約半数、3割強が3-5分未満という割合だった。中には3%前後、10分以上みがく人も確認できる(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2012年5月26日から5月31日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1359件。男女比は664対695、年齢階層比は10代・20代・30代・40代・50代・60代でほぼ均等割り当て。

中には何もしない、あるいはうがいや「歯みがきガム」で済ます人もいるが、多くの場合は食事の後に歯を磨き、虫歯や口臭予防を心がけるもの。今調査母体でも「毎日歯は磨かない(歯を磨かない日もある)」とする人は2.1%に過ぎなかった。

そこで「一日一回以上歯をみがく人」に限り、その歯みがきではどれ位の時間をかけるのかについて聞いたのが次のグラフ。

↑ 一回当たりの歯磨き時間は?(一日一回以上歯を磨く人限定)
↑ 一回当たりの歯磨き時間は?(一日一回以上歯を磨く人限定)

約半数は1-3分未満。3-5分未満が3割強、5-10分未満が1割程度と続く。極端に短い(1分未満)・長い(10分以上)はごく少数。男女別ではわずかに女性が長いようにも見えるが、10分以上の項目で男性が0.5ポイント多いため、ほぼ同じと見て問題は無い。

無論歯の磨き方は人それぞれで、単に時間が長ければ良いというものでも無い。【100円玉1枚で出来る、歯みがき時間を守る方法】にもある通り、日本歯科医師会では10分程度が目安としており、一方で他の調査結果でも大体3分前後が平均という結果が出ている。

また、磨き方を間違っていては、いくら時間をかけても効果は望めない。例えば日本歯科医師会の専門ページ【ブラッシング - 歯とお口のことなら何でもわかる テーマパーク8020】などを参考に、あるいは専門医が登録した動画を参考に正しい歯の磨き方を再確認した上で、歯みがき時間についてあらためて留意してみてはいかがだろうか。


■関連記事:
【「80歳で20本の自分の歯」達成者は38.3%】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー